とうやのひとり言

佐藤とうや ブログ

ひさびさの鈴政

2021年03月20日 | 日記

 孫娘の大学合格祝いを口実に寿司割烹「鈴政」でランチとシャレ込んだ。昼過ぎ、店に入ると先ず満席の賑わいには驚いた。予約をしていたので部屋に案内されたが他の部屋からも話声が聞こえる。コロナ禍で私は1年も鈴政には行ってない。
 にぎりとドンガラ汁を注文した。「お飲み物はどうしましょう」と言うので「昼酒もいいか」と生ビールを注文した。ビールが先に来たので先ずは飲んだ。「うまい」と声が出てしまった。昼酒がこんなに旨いのか銘柄なのかは分からない。
 トロを先頭に食べ終わると一貫づつ次々と運ばれてきた。カウンター席と同じような贅沢な気分である。中ほどにドンガラ汁がきた。鈴政の焼き印が押された卵焼きと軍艦ウニで食事は終わった。
 帰り際、店主の秀ちゃんが居たので東京店はどうか尋ねると「家賃が100万円なんですよ。補償金の6万円で何とか頑張ってるが、店員に自分の分は自分で稼げと言ってるんですよ。常連客が少しいるので、コロナが収まってくれるのを待ってます」と元気よく答えてくれた。
 コロナが収まり仲間と酒宴を楽しみにしているのは私だけではない。

コメント   この記事についてブログを書く
« 北平田保育園3・11に避難訓練 | トップ | 山居倉庫が国指定史跡に »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事