リラハープ工房

古代ギリシャ以来の弦鳴楽器を現代楽器に進化させたリラハープを製作している工房でのできごとをご紹介しています。

通勤時間ゼロ

2021-10-24 20:17:04 | 日記

東京からの移転計画は数年前から頭の中にあり、具体的には1年前から始めていました。

それはたて琴リラが一時的なブームではなく、長く弾いて頂けるスタンダード楽器だとの思いからスタートしたものです。

東京は土地も家賃も高く、それが楽器の価格にも反映されます。

リラハープを多くの人に弾いて頂くためにも、製作にかかる固定費は低い方が良いです。

今、ようやく群馬県館林市のリラ工房も通勤時間ゼロで動き始めました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 雑踏から静寂へ | トップ |  »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事