リラハープ工房

古代ギリシャ以来の弦鳴楽器を現代楽器に進化させたリラハープを製作している工房でのできごとをご紹介しています。

楽器の命

2021-10-21 19:50:10 | リラハープ

伝統的な楽器の多くは半永久的に使われています。

一方、現代の電子オルガンなど電気製品に分類される楽器は、故障もするし部品が無くなれば終わりです。

1550年ころ完成したヴァイオリンに代表される伝統的な楽器は、今も弦などの消耗品も無くならず、製作者も健在でメンテナンスもできています。

そして、これからも、この楽器を使う若い演奏者が次々と生まれ、楽器製作者と二人三脚で名演奏を繰り広げてくれると思います。

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« リラハープ用の椅子 | トップ | 最初の聴衆 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

リラハープ」カテゴリの最新記事