たて琴リラ(ライアー)工房

千と千尋の神隠しで有名になった竪琴リラ(ライアー)を製作している工房でのできごとを紹介します。

2012-05-29 16:16:41 | 日記

先日見た「高橋由一展」の感想です。

徳川時代の終わりに生き、明治維新後に自らのちょんまげを落とし、画家としての活躍をした高橋の西洋から学んだのではない自らが生み出した油絵の作品を見てきました。

鮭・花魁は重要文化財となってます。

自らのちょんまげの自画像もあるように、たぶん江戸時代の空気も残しながら描いたであろう、迫真の鮭は手に取って触れてみたくなるほどでした。

6月24日まで上野の芸大でやってます。 

コメント   この記事についてブログを書く
« 良きパートナー | トップ | 弾き手の爪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事