たて琴リラ(ライアー)工房

千と千尋の神隠しで有名になった竪琴リラ(ライアー)を製作している工房でのできごとを紹介します。

楽譜つくり(編曲の力)

2018-06-13 18:08:56 | リラ(ライアー)

リラの曲は、ポロンポロンとメロディーをためし弾きしながら音を重ね、楽譜を仕上げていくやり方もありますが、これだと、弾きやすいフレーズを知らず知らずに選んでの曲作りになりがちです。

たまたま、これが上手くいく場合もあるので、ダメとは言えません。

が、私が、リラで弾くための編曲をお願いしている方々の作品は難しいです。

でも、それを、つたない演奏力で、頑張って弾いて録音します。

それを聴いた第一印象「恥ずかしいな」です。

でも、さらに練習して、それを聴くと、曲の骨格がしっかりしているせいか、それなりに音楽になっています。

音楽家の楽譜作りの力を感じます。 

(写真は、スタジオで楽譜の打ち合わせをした時)

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 成功の保証はないけれど | トップ | 駅前の賑わい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リラ(ライアー)」カテゴリの最新記事