リラハープ工房

古代ギリシャ以来の弦鳴楽器を現代楽器に進化させたリラハープを製作している工房でのできごとをご紹介しています。

のど自慢

2020-10-12 21:14:06 | 音楽体験

日曜日の昼はほぼNHKののど自慢を見ています。

出場者の熱唱する歌を楽しんでいますが、同時に少人数でもオーケストラに近い伴奏をするバンドマンの演奏も聴いています。

これは電子音でオーケストラの音を出すキーボードの存在もあると思いますが、なんと言っても歌い手と個々の楽器演奏者に相互作用とも言える調和があるからだと思っています。

この相互作用(インタープレイ)という言葉はジャズの世界でも語られていました。

リラハープのアンサンブルでも大事にしたい演奏表現ですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加