たて琴リラ(ライアー)工房

千と千尋の神隠しで有名になった竪琴リラ(ライアー)を製作している工房でのできごとを紹介します。

銀座の今

2019-11-06 20:51:22 | 日記

銀座には松屋デパートなど当たり前に存在すると思っていた老舗デパートも時代の変遷にどう対応するか、気の抜けない戦いがあったようです。

銀座に私が一番魅力を感じたのは昭和の頃で、デパートは街のシンボルのように存在し、ジャズ喫茶、ハワイアン喫茶、シャンソン喫茶、日劇ホールなどなど、演奏や演劇がいつでも手軽に観られた時代です。

それは学生でも、月に一度くらいは見に行ける入場料のところもあり、芸術、芸能がだれにでも提供されてました。

今の銀座に何があるのか詳しくは分かりませんが、ショッピングの高級店が軒を連ねる街の印象です。

銀ブラで歩くだけではさみしいですね。 

 

コメント