鎌倉 佐助の風街便り

陶芸、街歩き、クルマ、オーディオ・・。思いのまま徒然に

70回目を迎える鎌倉花火大会、まもなくドド~ンと始まります。

2018-07-24 16:05:36 | 日記

かのサッカーワールドカップ終盤あたりから猛暑が続き、昨日は埼玉県熊谷市で日本国内記録となる41,1℃を観測するに至りました。気象庁が緊急会見の席で「命の危険がある暑さ。一つの災害と認識している」というくらいの歴史的猛暑は今あたりがピークとはいえ、あと2週間くらいは猛烈な暑さが続くそうなのだとか…。

おりしも昨日は二十四節気で最も暑い頃とされる「大暑」でした。これまでの例では実際に最も暑くなるのはもう少し先になるのですが、今年に限っていえば暦と暑さがぴったりマッチの「大暑」となっています。

まあ、「超」が付くくらいの寒がりのワタシにとっては、どんなに猛暑であってもツラくはありません。西の空に陽が沈むのと時を合わせて「サッポロ赤星」を飲り始めれば、即座に「気分はすっかり避暑地の夕餉」…となります。

とはいうものの、昨夜の暑さはハードでした…。ワタシはいつも眠る時は、自宅二階の屋根裏部屋で独りゆっくりと睡眠を取っています。外壁の断熱性能が高い構造のようで、夏季でも屋根裏部屋は快適、でした、一昨日までは。

常ならばこの窓から心地よい夜風が入って来るのですが、昨夜は風がまったく感じられず、悲しいかなほぼ一睡もできずに朝を迎えてしまいました。

ウチの黒猫ノワールもときどき屋根裏部屋に駆け上がってきては、金網と網戸越しに闇夜の「風待ちロマン」しているようでしたが、風は終ぞやって来ず、ハッピーエンドとはならなかったようです。

睡眠不足か夏バテか、はたまた遊びが少々足りないのか、いささか物憂げそうなノワールに「今夜はちょっとうるさい音がしますよ」と学習させて

いざ、打ち合わせかたがた 街の様子を見に。

あと4時間ほどで始まります。かつては由比ガ浜海岸まで歩いていって目の前で観ていたのですが、ワタシ自身はとりたたて花火好きというわけではないので今では自宅や友人宅から控えめに眺める感じが定着しています。

数部あった案内パンフレットもどこかに消えてしまい、今あらためて市ホームページで開始時間等を確認する始末です。

街に出てみれば準備は徐々に整い始め、メインストリート・若宮大路には交通規制のための赤いパイロンがきれいに並んでいます。

傍らの広い歩道は海岸に向かう人の流れが絶えることがありません。そして写真はありませんが、浴衣姿の若いお嬢さんのなんと多いことか…。

海岸近くの海浜公園附近には露店が急ピッチで設営作業を続けています。


花火が上がる前のなんとなくソワソワとした街の雰囲気こそが、花火大会の楽しみのひとつなのかもしれません。お昼過ぎに駅前のお店に出かけた折、偶然出会った佐助のお店仲間「甘味処こまめ」のかえさんと仲良くお買い物。そして顔馴染みの人生の先輩さん達と遭遇することしきり…。出会った瞬間、合言葉のように「花火、どうしてるの…!?」ということになります。

そして、花火の後の週末は「鎌倉 佐助のさんぽ市」。

ウチの佐助Room114では毎年恒例のマグカップ絵付け体験を「さんぽ市」特価1500円にてお楽しみいただけます。そして鎌倉スパイス、鎌倉紅茶、鎌倉黒珈琲はじめチー坊ノワール各アイテムも取り揃えています。
絵付けはマグカップの他に、お皿への絵付けも出来ます。


そして工房のイベントに際していつも大人気を博する星井サトル先生の算命学占いも「さんぽ市」特価15分1500円にて承っています。

絵付け体験、算命学占いともに只今予約受付中です。

予約希望の方は工房電話番号0467-24-5872までお申し込みください。

あらためまして、今年で9回目を迎える「鎌倉佐助のさんぽ市」のご案内。








コメント

仙台の「にゃっ展」開催中、そしてまもなく「鎌倉佐助のさんぽ市」も始まります

2018-07-14 10:18:58 | 日記

それは今週半ばの水曜日早朝、愛車メガーヌを駆って久しぶりのロングドライブ。サッカーワールドカップ準決勝フランス対ベルギー戦の動向を気にしつつ、東の空に昇りかけた朝陽を意識しながら首都高横浜湾岸線をひた走ります。

ゲームの流れもよく分からぬまま、それでもリアルタイムでフランスの勝利を確認し、横浜ベイブリッジを渡り都心を抜けて進路を北へ…。

約4時間半をかけて午前9時ジャスト…、仙台臨海部に位置する 夢メッセみやぎ で12日・木曜日から開催の「第7回 全国やきものフェアinみやぎ」会場に到着。


場内では、岡山の備前焼や加賀・九谷焼をはじめ、全国各地から集まった窯元が搬入作業を開始しています。

翌日のオープンまでまだ20時間ほどあるためか、比較的ゆったりとしたペースで展示準備が進められているようでした。

出展作品の傾向は伝統的な和の作風のものが多いようですが、会場中央に設けられたノリタケのブースは、磁器特有の洗練されたテイストで統一されています。

ブースのほんの一端が仕上がったところまでしか見ることができませんでしたが、そのスペースは「ゴージャス」な雰囲気に仕上がっていることでしょう、たぶん…。

そしてこちらが、ワタシども佐助Room114の作品、ならびにウチの同居人さんが主宰するチー坊ノワールの鎌倉スパイスをはじめとする各アイテムを展示販売するブース。猫をテーマにさまざまな作品を展観する特別ブース「にゃっ展」の出品者としての参加です。

「にゃっ展」に出品された各作家さんの猫作品はいずれも「猫モード」満載。その中にあってワタシの作品やチー坊ノワールの各アイテムは、「猫」というよりも「ネコ…」という感じでアピール度はだいぶ控えめ…。されど、搬入作業を進める各窯元の先生、そして会場設営業者さんの間でも鎌倉スパイスは「これはナニ?」という感じで早くもなかなかの注目を集めていました。

一日目を終えたやきものフェアの様子はこちらから。そして同フェア特設ブース「にゃっ展」の詳細はこちらから。


おりしもワールドカップもまもなくファイナル。4強が揃ったときに「フランスと大好きなクロアチアの決勝になったら、どっちを応援したらいいの?」と思っていたのですが、本当にその顔合わせとなり、思わず腕組み…。
そしてサッカーばかりでなく、ウインブルドン、大相撲名古屋場所、プロ野球オールスター戦、高校野球各地区大会…といった具合にイベントが目白押し。

そのような中、ワタシが住む佐助の夏を彩るイベント「鎌倉佐助のさんぽ市」もまもなく開催の時を迎えます。昨夜はさんぽ市に参加するお店仲間が集まって、イベントに向けて「最後のミーティング」。

スタンプラリーの手順再確認から始まって突発災害時の対応まで、ユルユル、じっくり話し合いながら、「さんぽ市」の盛況を祈願しました。

今回は新たに佐助町内の5店舗が参加の運びとなり、佐助稲荷神社と銭洗弁財天、そして20店舗が皆様のお越しをおまちしています。

ウチの佐助Room114では毎年恒例のマグカップ絵付け体験を「さんぽ市」特価1500円にてお楽しみいただけます。そして鎌倉スパイス、鎌倉紅茶、鎌倉黒珈琲はじめチー坊ノワール各アイテムも取り揃えています。
絵付けはマグカップの他に、お皿への絵付けも出来ます。


そして工房のイベントに際していつも大人気を博する星井サトル先生の算命学占いも「さんぽ市」特価15分1500円にて承っています。

絵付け体験、算命学占いともに只今予約受付中です。

予約希望の方は工房電話番号0467-24-5872までお申し込みください。

あらためまして、今年で9回目を迎える「鎌倉佐助のさんぽ市」のご案内。

チラシ表紙と裏面

今年のスタンプラリー景品のオリジナルバッグに描かれたマークの色は深緑。

中面見開き地図はよりポップな装いに紙面刷新しました。

なんとなく楽しげな雰囲気が伝わってきます…!?

7月最後の終末、28日(土)、29(日)、の2日間にわたって鎌倉駅西口から徒歩約5分の御成トンネルを越えた佐助の街で開催される「鎌倉佐助のさんぽ市」をよろしくお願いいたします。




コメント

まずは このたびの豪雨災害にお見舞い申し上げます。そして、このような折ではありますが、ブログを更新させていただきました…

2018-07-08 12:27:22 | 日記
ふと我が身をふり返ってみると取り立てて宗教に関する意識や信仰心が高いかと問われると、甚だ心もとないような気がします。されど神様や仏様に対する畏敬の念は持っているので、普段から神社やお寺が行なうさまざまな祭礼儀式には、少なからず関心を払いながらできるだけ参列をしたいと考えてきています。されど、この6月30日に行なわれた「夏越の大祓い式」に際しては、公私にわたりチョピット用事が重なり、あえなく「欠席」…。7月に入って間もなく、鶴岡八幡宮に向かい、「おはらひさん」の授受かたがたあらためて夏に向けてお参りをしてきたのですが、八幡宮はまさに「夏の装い」。

舞殿に飾られた夏飾りが気持ち良さそうに風に吹かれていました。


そして思い起こせば、ロシアでの西野ジャパンの戦いが終戦を迎えて早や1週間が経とうとしています。しかしながらワタシのまわりではかのベルギー戦の戦いぶりをふり返る会話が毎日のように交わされています。後半の早い時間に乾選手の見事な無回転ュートで2点目を取った後に友人知人から「これで安心して見られる」とのメールが送られてきた時、逆に「この時間帯で2対0は逆に危険。次にベルギーに得点を許すと負けちゃうかも…」と返信したのですが、最後はアディショナルタイムでガツンとやられて、みんなで「しょぼん…」。

ともあれメンバーが帰国した折の会見で西野監督が選手に贈ったねぎらいの言葉とともに「ベルギー戦が終わった後の背中に感じた芝生、見上げた空の色は忘れるな…」とのメッセージが、この1週間ずっと耳の中に漂っています。

ワタシの日々の暮らしに直接的に良い流れを導いてくれるような言葉ではありませんが、なんとなく、「原点、再出発…」という言葉とともに、大好きなジョン・レノンの最後のアルバム「ダブル・ファンタジー」に収められた「Starting Over」の歌声がイメージされました…。

ワールドカップもフランス対ベルギー、イングランド対ワタシがひそかに応援するクロアチアの準決勝となりました。決勝でフランスとクロアチアが対戦となったらどちらを応援しようか…、と嬉しい悲鳴!?の日曜の朝…。

このワールドカップにまつわる賑やかな話題とともに七夕の時を迎え、今年もワタシがかよっていた東京・下町の高校時代からの女友達が、勤務している職場にやって来る子供たちのために我が家に七夕の竹ならぬ「竹取物語」しに来ました。我が家の裏の崖に生えた竹をチャチャッと伐採して「はい、毎度!」とお渡しします。ご褒美に材木座もんざ丸さんの釜揚げシラスをいただいて、さっそくお昼ご飯のお伴に。

この若作りのオバサンと知り合って以来、約40有余年、あと数年も経てばなんと半世紀の付き合いにもなります。そして今や我が家の夏の風物詩のひとつにもなった「竹取物語」がいつまでも続くことを念じて止みません。


ところで今年の七夕を前に、身のまわりには大きな出来事や気象災害が相次いで起こり、

織姫と彦星もすっかり影が薄くなってしまっています。

おりしも6日の金曜日、市内・材木座の光明寺での開山忌法要に際しては、その式典後にとてもありがたい講義!?が用意されていることを伝え聞いていました。作陶を午前中に済ませて「いざ、世の中の邪気を払いに!?」光明寺へ。

開山忌法要に臨んだ各地の浄土宗僧侶の方々や檀信徒さんで賑わう駐車場の向こう、堂々たる本堂を目指します。

そして、このたびの「ありがたい講義」とは、落語家・林家正蔵師匠と林家たま平が講師を務めるというカタチの親子競演落語会。ワタシの家は浄土宗の壇信徒ではないので、本堂の座敷には上がらず周り廊下から「講義」を観ることとにしました。

たま平は、ちょっぴり頭の弱い与太郎が変てこな褒め口上を語る「牛ほめ」を、そして正蔵師匠は「松山鏡」を約30分かけての熱演…。「先ごろ、銀座シックスの能楽堂で落語しましたが、さすがに銀座。みなさんお金持ちでキレイな客さんばかり。そして本日の鎌倉は由緒あるお寺。どことなく教養があって落ち着いていて、時代の付いた方々が揃っていて、とてもありがたいかぎり…」と、会場に集った多くのお歳を召した方々の心をまずはひと掴み。そして江戸時代・越後の松山村での鏡を知らない夫婦の噺を進める正蔵師匠の表情には、時として「昭和の爆笑王」と評された父・先代 故林家三平師匠瓜二つという場面が何度もあり、ワタシにとってはこれもまた「ありがたい講義」になりました。

講義2題が跳ね、境内の記主庭園前の蓮池の蓮は間もなく見ごろ。7月21、22日には毎年恒例、蓮と抹茶を愛でながら静かな時の流れにひたる…「観蓮会」が催される予定になっているのだとか。


夏越の声に誘われて 蹴鞠と酒宴の杯競い 噺の間に間に先代拝眉…
コメント

梅雨明けとともに想う、試合に負けて勝ち抜いた絶妙の「武士は食わねどパス回し」…

2018-06-30 07:13:30 | 日記

このところすっかり真夏を思わせる陽気の日々が続いていましたが、昨29日は気象庁から「関東甲信地方が梅雨明けしたとみられる」と発表されました。記録に残る限り、関東地方で6月に梅雨が明けるのははじめてなのだとか。ちなみに今年の梅雨明けは昨年よりも7日早く、平年と比べるとなんと22日も早いのだそうです。

まさに「夏本番」となったこの日の陶芸教室は、さながら「プチ国際交流」の場に。今やワタシにとっては「還暦前に知り合った青い目の幼馴染み!?」であるインド在住のオランダ人ディルクとともに陶芸しているのは、ワタシの高校時代からの女友達とそのお仲間さん。

お互いに自己紹介もそこそこに、ワタシの日常を「マキロウはイージー・ライフ…」とイジりまくって笑い合うほど親しくなっちゃってます。仲良くなってくれるのはとっても嬉しいのですが、「マキロウはイージー・ライフ」という認識に対しては「それはね、違うのね。それなりにビジー・ライフなのね」と、ちょぴっと抵抗したくなったりもします。

たとえば一昨日の夜を思い返しても、ワタシはとても「ビジー」でした。

サッカーワールドカップ・グループリーグH組最終戦 対ポーランド戦。今さら詳しく記述する必要性はありませんが、このH組は日本が初戦のコロンビア戦に勝利したことから海外の各メディアは驚きとともに「これでH組はとても難しい展開になる」と予測していました。そしてその言葉どおりの流れに。

グループリーグ最終戦を前にして、日本がポーランドに負けた場合でもセネガルがコロンビアに勝利すれば、決勝トーナメントに進出できることをしっかり「予習」しておきます。

ここ十数年の間に日本代表チームが強くなったとはいえ、肝心なところで負けてしまうことは骨身に沁みてわかっています。それゆえに、最悪の状況から逆算することが習い性になってしまっています。それにつけても今から思えば、右下の「条件あり」がなんとも微妙な表現でもありました…。

そしていざ、運命の一戦がキックオフ。日本の勝利を祈りつつ、2画面にて同時刻キックオフのセネガルの戦いぶりにも目を配ります。

しばらくして日本がポーランドに得点を奪われて、すっかり「意気消沈」…。ところがセネガルがコロンビアに先制を許すと状況は一転。このままコロンビアがセネガルに勝つと日本は「フェアプレーポイント」の差でどうにかこうにか決勝トーナメントに進出できることとなります。そうなると、これまでセネガルに肩入れしていた立場からクルリとキビスを返してコロンビアに「1点も許すな!」と、俄然 黄色いユニホームへの応援にチカラが入ります。つくづく、ワタシはその局面局面であっけらからんとスタンスを変える、甚だ身勝手なヤツだと認識せざるをえません…!?。

コロンビア対セネガル戦の試合画面をちょぴっと大きくして、後半30分過ぎから2試合を複雑な思いで凝視。日本がひたすらパス回しを続ける間、「このまま日本が0対1で負け、コロンビアもそのまま勝ってね」とのなんとも妙な想いとともにゲームセットをただただ切望するばかり。元日本代表監督の岡田武史(岡ちゃん)さんも「試合をみていて、こんなに疲れたのははじめて…」と振り返っていましたが、「他力本願の極み」ともいうべき20分間は本当に「疲れたぁ」のひと言。そして、待望の「ゲームセット」…。

なんとか、決勝トーナメント進出へ。

ともに勝ち点4、得失点差も総得点も並び、直接対決もドローだった日本とセネガルの運命の分け目はフェアプレーポイント…。

後半30分過ぎからのけっしてフェアとは言えないように見える試合運びの末に「フェアプレーポイント」で優って決勝トーナメントに進出するということも、これもまたサッカー…。

この後半30分過ぎからの戦いぶりには賛否両論あります。西野監督も決勝トーナメント進出という結果を良しとしながらも「自分の心情としては不本意」と、喜びもイマイチ。

かつて日本代表チームの監督を務めながら病魔で退任したオシムさんならば、たぶん「人生には絶えず不条理がついてまわる。それはサッカーも同じ。大切なことは、その不条理をいかにして肯定することが出来るかだ」とでも言って今回の作戦を評価してくれるのではないでしょうか。

難しいことはさておき、決勝トーナメント対ベルギー戦を楽しめることを純粋に感謝したいところです。

そしてあらためて「歴史的展開」のゲームを何度も振り返りつつ


画面に陣取り監督気分 猫足からのスルーパス。
コメント

ワールドカップの戦い積んで夜が連れて、「パッパニーニョ」の笑顔が見たい…

2018-06-24 06:32:30 | 日記

つい3日ほど前の6月21日の夏至の夕刻、ちょぴっと駅前界隈に出かけた折、西の空には夕陽に染まる少々おどろおどろした雲が広がっていました。毎年、夏至を迎えると「今日を境に陽が少しずつ短くなっちゃう。夏本番はこれからなのに。なんとも不条理だよなぁ…」との想いをいだき、一抹の寂しさも感じるのです。

そして、このたびの夕暮れ模様は例年以上に「夏至に付きまとう物悲しさ」を感じさせてくれるのでありました。

閑話休題…。

夏至の頃はただでさえ陽が長いのですが、今年はサッカーワールドカップも開催中とあって、夜もとっても長く、熱くて、満足に眠れません。

特に去る19日の夜に行なわれた、西野監督が率いるチームの対コロンビア戦…。試合開始早々、先制点を取ったことで、すっかり勢いついてしまい、急遽 、大画面をセットしてみんなで熱烈大応援。


なんとも「ナイスまぐれ」的にも思える劇的勝利後、日本全国、「半端ない」ワールドカップモードの熱狂に包まれてしまっています。開幕前まではワタシもみんなも「西野ジャパンはダメかも。なんとなく盛り上がらない」と、言っていたのですが…。つくづく、人間というヤツは、都合が良い生き物だと思わざるを得ません…。

世界の強豪がぶつかり合う試合を観戦しつつ、折にふれて対コロンビア戦を何度も何度もリプレイしています。するとそのうち、ウチの黒猫ノワールも熱心に西野ジャパンの戦いぶりを凝視し始めています。

どうやらノワールにとって、野球は心に響かないようですが、サッカーワールドカップは琴線に触れる「何か」があるようです。

テレビや新聞をはじめマスコミも日本代表の戦いぶりや巷の盛り上がり具合を連日レポートしています。そのような中、西野監督がプレーヤーだった若かりし頃からその才能を見込んでいた人が紹介されていました。

その人は、今から約60年前、ワタシが生まれた頃からサッカー選手として鳴らし、その後は日本代表監督として采配を振るった二宮寛さん。


二宮さんは、現日本代表監督・西野さんが早稲田大学サッカー部選手当時からさまざまな指導を繰り返してきたのだとか。

大学時代の西野さん、若い…。

テレビでの二宮さんによると、

「西野君は監督の器を兼ね備えている。今から2ヶ月ほど前に西野君が監督に就任してから、チームのムードがガラリと変わったと思った」

「西野君と、将来の日本代表監督になるであろう長谷部君はさまざまな点でとても共通点がある」伝々、とても納得のゆく解説をしてくれました。

二宮さんは現在、ワタシが住む街に程近い葉山にて「パッパニーニョ」というカフェのオーナーとなっています。この「パッパニーニョ」という名前は、世界のサッカー界における伝説的プレイヤー、ベッケンバウアーが付けてくれたのだとか。「パッパニーニョ」とはたぶん「二宮パパ」の意味合いがあるのでしょうね。ノンビリした街なかに驚異的経緯に包まれたお店が佇んでいることをとっても、葉山の奥深さを感じます。

このお店のコーヒーとコーヒーゼリーはともに、とっても深い味わいが特徴です。そしてオーダーした飲み物を待つ間に供されるココアの甘さがなんとも心を癒してくれます。店内にはベッケンバウアーはじめ往年の世界サッカープレイヤーとともにツーショットに収まる二宮さんの写真が何枚も飾られています。そしてその他にも、世界に名だたる名門クラブチームのユニフォームをはじめ、貴重なサッカーアイテムで溢れています。お店でくつろいでいると、二宮さんみずから「今日のコーヒーのお味はいかがですか」と、にっこり笑顔でもてなしてくれます。

先ごろ、「テレビ観ましたよ」と伝えるべくお店に立ち寄った時、二宮さんは「ありがとう。また、お店に来てね。次の試合も応援してね」と笑顔を返してくれました。


二宮さんの笑顔を心に留めながら、クルマで10分弱の葉山森戸神社へ向かいます。

境内では、6月30日の「大払い式」参列の申し込み手続きをする方々が次々と。あらためて、昨年大晦日の冬の「大払い式」からあっという間に半年が過ぎたことを思い、少々タメ息が…。中年老い易く 楽成り難し…!?

森戸神社に詣でた主目的は、窯焼きの際に窯にお供えする「清め塩」を求めるためのものです。

今から約10年ほど前に当地に移り住んできた折、何かのきっかけでこの朱色の「森戸の清め塩」の文字を見た瞬間に「窯焚きの清めの塩に…」と決めて以来、この塩はウチの工房の必須の物となっています。

そしてこのたびは、本日夜遅くの大事な一戦に向けて、勝利へ向けての「清め塩」!

コメント