無から有を生じ~

2016年に思うこと、接すること、感じること

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クラーナハ展とゴッホとゴーギャン展

2016-11-26 | Weblog
クラーナハ
僕にとっては、初めて聞く名前だった
500年後の誘惑に誘われて、国立西洋美術館に向かった
何といってもあの女性の眼差しと剣と生首が・・・妖しい
髪の毛の一本一本が繊細過ぎて、見惚れてしまった。

ゴッホとゴーギャン
東京都美術館では、20分待ちの混みように
南仏アルルでの2人の習作、代表作で期待されていた。

ゴーギャンの影響を受けたというゴッホの表現の作品
「収穫」「グラスに生けた・・・」など。

ピサロの「ヴェルサイユへの道」なども見ごたえがあった。

もう一度、ゆっくりと見に行きたい。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄3日目 帰路に着く | トップ | お昼は蕎麦で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事