みのお9条の会

憲法9条を守ります

3月16日(日)午後1時30分から、西谷文和さんを招いて、憲法学習会をひらきます。参加歓迎。

2014-02-22 14:11:55 | 日記
      
       <盛会だった1月の学習会>

 1月19日(日)午後1時から4時まで「特定秘密保護法と日本国憲法」とのテーマで開いた学習会には、30人を超える参加があり、箕面在住の重鎮・藤木博顕さん(88歳)の戦争体験に基づく講演に耳を傾けました。
 1941年、藤木さんが旧制中学4年生の時、旧制四高の朝鮮人学生ら15名が治安維持法違反として逮捕される事件がありました。当時は、新入生歓迎会や送別会、読書会といった集まりでさえ、秘密結社と疑われて逮捕される時代でした。同年の特高月報によると、「12月8日、対英米宣戦布告ニ伴ウ非常事態ニ即応シ12月9日主要人物ニ対シ396名ヲ予防検束、予防拘禁セリ」との記述がみられます。
 治安維持法は、改悪を重ね、正式の団体でなくグループでも取り締まり、「予防拘禁」と言って犯罪行為がなくても犯罪予防のために拘禁することが許され、「思想良心の自由」を奪う社会をもたらしたのです。人々は、自由にものを考え、意見を言うことのできない上、真実が知らされず、目・耳・口を塞がれた状態で、国策である「戦争」に突っ走らされたのでした。
 藤木さんの話は、敗戦後の憲法制定経過、戦後史の汚点「レッドパージ」と自身のレッドパージ体験、破壊活動防止法の制定など戦後の歴史を振り返り、さらに、現在、特定秘密保護法強行で安倍内閣が「戦争国家」への法体系づくりを目指している危機敵状況を指摘しました。
 講演の後、参加者からの質問、意見が続き、時間いっぱいの話し合いで盛り上がりました。


       <3月の憲法学習会は、フリージャーナリスト・西谷文和さんを招きます>

 3月16日(日)に、下記の通り学習会を開きます。
 どなたもお気軽にご参加ください。 
 
   みのお9条の会3月学習会のお知らせ
  
  日 時:3月16日(日)午後1時30分~4時
  会 場:箕面市民会館(グリーンホール)2階大会議室 (市民会館は箕面市役所の西隣りです)
  テーマ:「国際社会から見た安倍政権と日本国憲法」
  講 師:西谷文和さん(イラクの子供を救う会代表)
      西谷さんは、紛争地で苦しむ子供たちに薬品や食料を届ける活動を続ける一方、カメラ取材によるレポートをテレビなどで発表し、
      各地で精力的に講演活動をしているフリージャーナリスト。海外取材の報告集、DVDなども多数発行。
  参加費:200円
  問い合わせ:電話・ファックス 072-725-8244

この記事をはてなブックマークに追加