美山たそがれメール

山村の四季情報や暮らしを発信します。

たそがれ世代のおばちゃんのブログです。

高齢者と言われるが

2019年10月29日 | 日記
今日も朝から雨。夫は6時過ぎに出かけた。林業視察
とかで飛騨の高山に行くと言う。
私達は71歳で高齢者と呼ばれるようになった。71歳同士
の友人2人と隣村の75歳の友人の家に行く。4名で昼食を
とる。75歳の友人の手つくり料理をよばれる。イタドリの煮物
千切りの煮物、胡瓜とじゃこの酢の物、きのこごはん、それに
私の差し入れの筍と牛肉の煮物も並べた。私達は自分が高齢者
とはだれも思っていない。4人とも元気で何らかの仕事もしている。
それに4人ともよく喋るので賑やかである。私達は年に2度ほどは
こんな機会を持つ。話題は老後のことにも及ぶ。誰が先に死ぬかは
誰にも分からない。残ったものが葬儀をしてあげようと確認する。
20年以上の付き合いだから遠慮もない。一人は夫に先立たれたが
彼女は自立して生きている。子供に頼ることもない。少しは彼女の
生き方も参考になるだろう。11時から2時過ぎまでよく食べよく
喋ったなあ。次回は寿司パーテイにでもしようか?

老後、介護、超高齢時代を生きるのも難しい。
コメント   この記事についてブログを書く
« 朝霧と松茸と蝮 | トップ | 洗濯日和と読書 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事