美山たそがれメール

山村の四季情報や暮らしを発信します。

たそがれ世代のおばちゃんのブログです。

栃餅 栃の木(モチモチの木)

2019年11月18日 | 日記
天気予報通りに夕方から雨になった。今日は暖かだ。

何気なくテレビを見ていたら限界集落に住む90歳以上の
3人のおばあさんが映し出された。京都の山奥と出ている。
ピンときた。綾部市の山奥の古屋集落だ。彼女たちは
栃餅を作っているのだ。最近脚光をあびている。
栃の実拾いから灰汁合わせをして栃餅にする過程が映った。
「あれだけの手間暇をかけなければならない栃餅をよく作られるなあ」
とただ感心するのみ。彼女たちはこの地に産まれ結婚して90代の
今までずっとここで生活している。最後に「ここが一番や」と笑顔で
話される3人に拍手。

10時からはEテレビの「ヘンデルのかまど」でも栃餅がとりあげられた。
ここの栃餅のレシピは山形県のおばちゃんのだった。彼女も
「この栃餅は手間がかかり大変ですが、皆さんが喜んでくれるので
作り続けています」と語っていた。最近栃餅は人気がでてきているのだ。
ついでに「モチモチの木」の話も出てきた。子供たちが小さい頃読んだ本だ。

私も今年から栃餅を作り始めました。ほんとうに大変なのですが
民宿のお客さんに雑煮にして出そうと思ったからです。
栃餅のほろ苦さはぜんざいや白味噌雑煮によく合います。
栃の木は私の集落の近くの群生地にまだ残っています。
裏山に私が植えた栃の木も30年以上たち実がなるようになりました。
私は威風堂々と山奥で立っている栃の木は大好きです。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 佐々里峠の紅葉 | トップ | 人口減少で »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
栃餅・納豆餅 (オリーブ)
2019-11-19 09:56:32
現在は曇り空なんですが
夜になれば少し雪がチラつきそうな天気予報です。
気温がプラスなので、ミゾレかも?

栃餅ほろ苦くて美味しいですよね。
自宅で作った硬めの納豆をはさんだ納豆餅
市販の納豆では・・・・・イマイチ美味しさにかけますよ
沢尻に住んでいた
祖母の味(1950~1970年)に戻ってみたいです
京北の納豆餅 (sumireです。)
2019-11-19 11:01:54
こちらは曇り空ですが暖かです。京都市内の紅葉が始まりました。毎日どこかの紅葉名所をテレビ中継しています。栃餅がこのごろ脚光を浴びてきました。NHKでも放送するのですから。テレビ東京では綾部市の限界集落古屋の90代の3人おばあさんの栃餅つくりを放送していました。納豆餅は京北の名物ですね。私の実家の茅葺きの里周辺ではあまり食べませんでした。ここ佐々里は山一つ越えると弓削ですので、冬には納豆餅を作ります。夫の大好物です。現在周山の道の駅で山国の加工グループの納豆餅が売られています。そこでは納豆も作っツているので、おいしいと思います。家で作った納豆の味とは少し違いますが。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事