美山たそがれメール

山村の四季情報や暮らしを発信します。

たそがれ世代のおばちゃんのブログです。

柿とりに京都へ

2019年10月31日 | 日記
今朝も寒かった。9時前から佐々里峠を越えて広河原経由
京都行き。昨年の台風で倒木の花脊峠を越えて京都市内へ。

私の友人のお寺は堀川下立売の京都のど真ん中にある。
100年以上続くお寺であるが京都ではそんなに古くないとか。
その境内に大きな1本の柿の木がある。名前も御所柿で御所の
西側でもある。この柿の木に毎年たくさんの実がなる。彼女が
住職で寺守りをしている。10月下旬に柿を取り報恩講の時に
檀家さんに配る。夫が梯子を持って行き取ってくれる。私と
友人と二人で柿をみがき並べていく。
10時半ごろに着いた。柿の木を見上げると今年はすくない。
昼食をはさんで2時半過ぎまで柿とりをした。天気も良く
気持ちよかった。一服をして3時過ぎに京都を出て4時半に
家に戻った。例年の行事になっているが、お互いに年々年をとるので
大そうになって来た。あと何年取り続けることだろう?
それにあの柿の木は何年生きるのだろうか?
コメント   この記事についてブログを書く
« 洗濯日和と読書 | トップ | 1年ぶりの熊の来訪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事