美山たそがれメール

山村の四季情報や暮らしを発信します。

たそがれ世代のおばちゃんのブログです。

坂の上の家

2020年02月21日 | 日記
我が家は急な坂道を登り切った所の茅葺き屋根の一軒家だ。
この坂道がすごい。自動車学校での坂道発進でもないほどの
急な坂である。車で降りるのも慣れるまで怖かった。特に
冬のアイスバーン状態の坂道は運転していても生きた心地が
しなかった。今年の冬は雪がほとんど降らなくてアイスバーン
状態にもならなかった。私はこのごろ歩いてこの坂道を登っているが
、何度通っても疲れる。3回ぐらい休むこともある。でも登らなければ家に
たどりつかない。夫も子供たちも車を使い歩くことはない。

でも登り切った丘の上は広くて見晴らしもいい。田んぼも山も家の
所有地なので、何をするのにも遠慮はいらない。大きな茅葺きの家が
堂々と建っている。夫の生まれた家だが、今は私達は住んでいない。
夫の両親が7年前まで住んでいたが、亡くなってから農家民宿にした。
空き家にしておいても、朽ちるだけだから有効利用を考えた。
今の所、多くの人たちが訪れてくれる。こんな過疎の限界集落まで
車で来てくださるが、感謝のほかはない。

コメント