美山たそがれメール

山村の四季情報や暮らしを発信します。

たそがれ世代のおばちゃんのブログです。

小ぶりながらも美味しかった。

2019年12月02日 | 日記
一日中、雨が降ったり止んだりしていたが、暖かかった。
朝から夜まで編み物をして片袖がほぼできた。1枚の
セーターを編むのには時間がかかる。幸い教えてくれるNさんが
いるので、なんとか編めるのだ。本を見て段数表に増し目や
減らし目を記入して編めるようになったが、時々我流でやり
注意される。「おばちゃん流やなあ。次の時は分からな時
私に聞いてね」と言われる。1年に10枚ぐらい編めるように
なり、ベストやセーターは自分で編んだものはよく馴染む。

合間に畑に行ったり食事の準備をする。畑に行くとカリフラワー
が小ぶりながらもよくできていた。夕食に茹でてマヨネーズで
食べることにした。明日は丸大根を洗おう。
カリフラワーは美味しかった。もう少し大きくなっていれば
最高だが、苗を植える時期が2週間遅かったのだここは山間の
地域で晩秋になると一気に気温が下がり成長が遅くなるのだ。
カリフラワーは霜や雪を被り気温が下がると変色して美味しくなくなる。
コメント