団地夫婦の日々

常盤平団地の53年、団地内散歩で気付いた事を時々に

酸っぱいミカンの続き

2013-11-26 21:08:29 | 日記
前回投稿の「自家」は「直」に訂正
狙ったミカンを針に刺した後、テーブルの上を針に付いた糸を引っ張って手元までミカンを引き寄せるのだが、これが可なり難しい、何回も試みるうちにコツが解ってくる。先ず針はミカンの斜め上方に刺すこと、上手く刺せたら刺した位置の反対側から糸をゆっくり横に引っ張る、するとミカンはコロッとひっくり返って、針の上に乗っかる形、針の上のミカンを、そのまま糸を手前にソロソロと引いてくれば一丁上がり!然し途中で針が抜けて失敗する方が多いのだ。何れにせよ、段々熱中して来ると、片膝立てて力が入り、周りも固唾を飲んでミカンに視線が集まる。さて、私の番、前回はひっくり返す前に、針がスルッと抜けてしまった。今度こそと思いっきりミカン目がけて針を刺した、途端、我がお尻から一発、ブッ!やって仕舞いました。周りは大笑いです。恥ずかしくて顔真っ赤の私・・・子供の頃の懐かしい思い出です。(みかん釣りの説明、下手で今も恥ずかしい私です)
コメント

酸っぱいミカン

2013-11-26 11:32:55 | 日記
今朝NHKでみかんの風邪に良いと放送されてた、又ミカンが爆発的に売れちゃったりして・・
おせちの材料偽装も有るが、お正月は間もなくやって来る。昔からお正月に炬燵板の上にいつも乗ってたのはミカンだった。当時の子供達は外での遊びは、男の子が凧揚げ、女の子は羽子板でした。家ではカルタ取り位か・・。友達の家に遊びに行った時、「ミカン釣り」なるものをして、面白かったが酸っぱい(ミカンが酸っぱいのではなく)思い出がある。丸いお盆の上にミカンを山盛りにして、友達のお母さんが用意してくれた糸を通した小さな木綿針、右手の親指と人差し指に挟んで、上からミカン目がけて力一杯突き刺す(勿論自家に針を刺してはいけない) ゴメンナサイ昼ごはんで休憩
コメント

甘柿

2013-11-24 22:11:42 | 日記
今年は柿が当たり年?私のウイングロードを止めている駐車場の端で柿の木3本の実が鈴なりです。毎年、実が熟す頃、管理人の関係者が、鳥用に二つ三つ残して、全部取っちゃうのに・・
訊けば、年寄りばかりで取るのが大変なので、そのままにしてるとのこと。小さいけれど甘栗、「持って行け」と言われて枝ごと呉れた。帰ったら生協の宅配に柿が一袋、次の日頼んであった会津若松からの「みしらず柿」が届く。狭い我が家は柿だらけ。勿体ないから、近所におすそ分けしたり、毎日食べ続けていますが此の儘だと皆熟してトロトロになっちゃう。甘柿なんで干しても駄目だろうし、なんか上手い食べ方教えて欲しい・・・
コメント

おせんべい7

2013-11-17 15:22:02 | 日記
お煎餅茶漬け、お餅茶漬けをご存じですか?両親と男兄弟5人家族で高田馬場に住んでた頃、家族の食卓に登場し続けたのが、煎餅茶漬けです。戦後食料事情も徐々に変わってきて、母が毎週のように西武線の川越の方まで買い出しに行って、背負って帰って来た代用食のサツマイモ中心の主食から大根飯から白米のご飯に変わって、おかずも一つ一つ増えて行く中、育ち盛りの私達の中でいつの間にか定着したのが煎餅茶漬けです。大きなお茶碗に、丸い醤油のしみた煎餅を細かく割って乗せる、なんとその上に塩をパラパラ振って、あとは熱いお茶を注ぐだけで出来上がり、ご飯と煎餅、口に入れば初め香ばしく、終り頃には柔らかい煎餅にお茶の味も浸み込んで、まぁおかずは要らない(と言うより無い)。これが暮から正月にかけては煎餅の代わりに餅になる。待てよ?三が日はお雑煮だから、お雑煮の後、焼いた餅だけ雑煮椀に入れて醤油をかけてお茶漬けにしたっけ!そうだ!餅茶漬けが先で、煎餅茶漬けは後だ!栄養面、健康面から言えば今思うとチョッと問題、無茶漬けかも知れないが、81歳の兄を初め男兄弟5人共、今まで元気なんだなぁ・・・
コメント

お煎餅の続き6

2013-11-17 14:49:45 | 日記
古今一堂のお煎餅、先日お土産を買いに行ったついでに、久しぶりに食べたくなって、自家用に買った分を今日袋から出して、見た目満足、食べて又満足です。この膨れたところが特に旨い。炭火でしっかり着いた醤油の焦げ目、香ばしさが堪らない。食べ過ぎ禁物です。
コメント