団地夫婦の日々

常盤平団地の53年、団地内散歩で気付いた事を時々に

記事のタイトルを入力してください(必須)

2014-04-21 18:40:09 | 日記
今日が三日目最終日、昨夜はいわきワシントンホテルにテナントとして入っている源太寿司チェーンの「ふくふく」で三年ぶりの夕食、震災の後暫らくは休業してたようだが、味も変わらず美味しかった、今朝はホテルのバイキングで腹を満たして帰途も一般道中心です。先ずは市内国宝・白水阿弥陀堂へ参拝、今日は月曜日偶々団体の参拝客と同時に参拝したので、導師に依るこの寺の由来等有り難く拝聴出来て厳粛の内にもいい気分でした。境内は桜も満開朝の清々しい空気のなか久しぶりゆっくり散策が出来ました。時間に余裕の有るドライブ程楽しい、さて帰り道何処へ寄ろうか、考え考え国道六号線を小名浜、植田、勿来、磯原、高萩と来れば満開の桜は遠く近く思はず車を止めたくなる、常磐の真っ青な海の眺めも嬉しい、そろそろ昼時、取引先でもある「国民宿舎鵜の岬」でランチタイムとしました。月曜日とあってレストランはほどほどのお客さん、皆ゆったり気分で食事中、おすすめランチ750円程カレイの西京焼きの美味しいこと、家内も満足、(国民宿舎鵜の岬は十何年も稼働率日本一人気の秘密は食事の美味しいのも一因ですが、本当は従業員の極自然な接客のおもてなしの心と、何十年来のお付き合いで、何時もそう考えてます。何時も満室で中々泊まれないのが難ですが、お昼食だけでも良い、おついでの折り、是非寄っていらして下さい。)食後にサザコーヒーを頂いて、ついでに直ぐ近くの野菜売り場「鵜来鵜来」で、道の駅下妻、二宮道の駅で買い物が出来なかった鬱憤晴らしをして、ここがお楽しみの最終点、日立の桜祭りも昨日で終わりの筈ですが、折角なので長い日立市内を通り抜けて南太田インターで高速に入り柏インターまで、サービスエリアに寄り寄り我が家を目指しました。
白水阿弥陀堂付近で


いわきの花見山公園(有料300円)で移植された三春の桜が見頃でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鶴ヶ城蕾桜(旅の二日目) | トップ | 花見は一般道に限る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事