団地夫婦の日々

常盤平団地の53年、団地内散歩で気付いた事を時々に

常盤平団地の52年 102 10月のカレンダー 

2017-10-01 22:04:00 | 夫婦

「アッと言う間に1週間、気が付いたら今日から10月よね~」溜息をつく妻、年を取る程,月日の経つのを早く感じる二人です。

2DKの我が家のに掛けてあるカレンダーを数えたら6枚もありました。沢山有っても1週間は1週間、ひと月はひと月、カレンダーを見ては溜息付いても月日は急ぎ足です、じきに12月のカレンダーで1年はお終いです。今のカレンダーは前後1か月の日にちが載ってて私みたいに今日昨日の事も忘れてしまう限りなく認知症に近い健忘症老人には親切になってます。バブルの頃、有名企業が余ったカレンダーを集めて東京駅地下で展示の傍ら、誰でも好きなカレンダーを好きなだけ只で呉れてた時代が有りました。沢山貰って袋に詰めて、又小脇にも抱えて帰宅後片端から広げて楽しみ、気が付いたらカレンダーが団地の狭い部屋のアチコチに飾られて、更に残った筒状のカレンダーが棚の上で翌年まで放置されてた事も有りました、景気後退が進むに連れて企業がカレンダーを余分には作らなくなり、中には全くカレンダーを出さなくなった企業も有ったようです・・然しカレンダーは自社企業名が1年間毎日私達の目に入り、宣伝媒体としてはティッシュ等に比較しても効果は抜群と云えるのではないでしょうか。但し良いカレンダーから良い場所に使われると思うので、1度も使われることも無く丸まった儘1年間を棚の上に置かれたままではカレンダーが可愛そうです。最も企業名のないカレンダーとしてのカレンダーも売れているようですが、売れ残ったら如何するのでしょうか、余計な心配をしてしまいました。企業のカレンダー係りの方々「何卒今後共良いカレンダーを作って、企業名を程々に入れてね・来年もオネガイシマス」

2か月のカレンダー

日めくりで毎日良い事が書いて有るこれもカレンダーらしいのですが、良い事「うんうん成程為になる・・」と読むの事も滅多に有りません、良い事も実行出来ないから、聖人君子にも成れないのだと写真に納め乍ら思いました。

書き込みが出来るカレンダーを妻は毎年同じ場所に掛けています。病院へ行く日の書き込みが多いのですが、私の誕生日も書かれてます、但しトイレに掛けられたカレンダーですが・・

左側のペン立てにボールペンが1本、昔はなぞかけの答えもメモって、後で妻に「アレ何?」・・トイレ内の頭脳の閃きも近頃は不発です。未だ風呂場にだけはカレンダーも時計も有りません。防水時計は有るけれど、防水カレンダーは高くつきそうです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 常盤平団地の52年 101... | トップ | 常盤平団地の52年103 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

夫婦」カテゴリの最新記事