団地夫婦の日々

常盤平団地の53年、団地内散歩で気付いた事を時々に

常盤平団地の53年16 ツルッ・ツルッ・ソロ・ソロ

2018-01-28 11:49:16 | 日記

先日の雪、当団地も10㎝以上の雪が降って、その後毎日寒い日が続き未だ雪が消えていません、コンクリートの路地は溶けた雪が今は凍って、歩くと所々ツルツル滑ります。

二人揃って散歩に出ました。団地から通りへ出るまで50m余り、巾1m1半程の小径が続いています。普段は人がすれ違う時、どちらかが道路わきの芝生の上を通って譲り合いして、すれ違うのです。

向こうからお年寄り女性が一人、手に大きな袋、お買い物の帰りでしょうか、5m程先に近づいて止まりました。

「どうぞお先に・・」「いえいえどうぞお先に・・」・・「そうですか・・」やっとお年寄りはこちらの方へ足を運びます、足元ツルツル歩幅はソロソロ、すぐ傍まで来て「どうも・・・」ニッコリ笑顔で、お辞儀して・・こちらも笑顔で「雪はね~氷ね~ツルッツル・・」・・団地奥の方へ帰られたお婆ちゃん「何処の人?」「知らないけど・・」お互い年寄りどうし、外を歩けるだけでいいのです・・

  

近所の元気な子供とお母さんの共同作品、チョンマゲ姿?の頭に毛の生えた雪だるまですが、二人が帰る頃には強い風に吹き飛ばされたのか、小枝毎無くなっていました。尤もダルマさんって、元々ヒゲは生えてるが、カミの毛は生えてない和尚さんですよね~。今日も寒くてダルマさん、ジッと動きません・・・

  

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 常盤平団地の53年15 雪解け | トップ | 常盤平団地の53年18 凧 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凍った道の譲りあい (さんたろう)
2018-01-29 19:49:52
sasanoha7920さんのブログはいつも温かいです。ご夫婦お二人さんの心が温かくでいらっしゃるからなんでしょうね。雪が凍ってつるつるの道を譲りあって微笑みを交わす、心が温まります。

会津じゃあ冬の舗装を歩くのは子供か熟年の老人です。現役の人たちは皆車です。除雪された歩道が吹雪いて道が細くなって道を譲りあうときは譲ったほうに譲られた人が軽く会釈をして通り過ぎるのがエチケットで言葉をかわすことなどありません。知り合いの人どうしなら別ですが。ごく当たり前のことでなんです。

木の葉いっぱいの雪だるまさん可愛いですね。私の子供の頃は雪だるまやかまくらをつくって楽しみました。かまくらの中にむしろを敷いて女の子とおままごとそれはそれは楽しいものでした。今の子どもたちは学校から帰ると塾やスポーツ少年団でいそがしくてそんなことしている暇がありません。なんか爺いは寂しく思うんですけど時代ですね。
さんたろうさんへ (sasanoha7920)
2018-01-30 11:15:34
先日の雪の後、気温の低い日が1週間も続いたのは珍しいことです。この辺では雪が積っても翌日からは見る見る溶けて道路がぐちゃぐちゃになるのが例年なのですが、今朝も未だ建物の北側には凍った雪が残っています。
雪が降り積もる会津坂下の厳しさも、晴れ上がった冬の青空も町並みも写真で見る限り、どちらも「・・らしくて素晴らしい!」は無責任でしょうか?
連日雪道を7000(雪道30%増し=1万歩)以上歩いていらっしゃる、万全の雪道歩行対策も装備されてるとは思いますが、お気を付けて・・会津坂下の冬便りこれからもどうぞお願いします。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事