団地夫婦の日々

常盤平団地の53年、団地内散歩で気付いた事を時々に

車検OK

2017-01-14 21:23:17 | ウイングロード31万km
電話して、どうやら車検パスしたらしい。良く車検が取れたものだ、前回も前々回もデーラーさんだと車検の取り方も違うのか、フロントガラスの5㎜位のひびでガラス一枚取り替えなければ車検は通らないと言われて、それから前の通り、今の修理工場に頼んでいる。そもそもこのウイングロードも月賦で買った時、間に入って貰ったから、デーラーさんは新車購入の際の保証期間だけ整備して貰う事が代々の車に共通してきた。そして今回の車検、私「どうでしたか?」「ハイOKです、但し次は軽に替えるお話も有るので、費用の掛かる修理は致しておりません、オイルも先日取り替えたばかりで今回は取り替え無しです」(と言うけど前回は5か月程前である)「解りました、取り敢えず安心して乗って大丈夫?」鍵が付いた我が愛車ウイングロード無事工場を後に、ガソリン満タンにして駐車場へ。
お陰様で3日間緊急の仕事無し(暇なのも困るが)昨日は午後1時から高田馬場で高校クラスの更井(担任恩師)会の38回目の新年会、今回は昔5~6歳の時、遊んだ戸山が原跡、何か残ってないか捜し歩いて見たいと思って早めの出発、新年会お開きの後も少し昔の戸塚3丁目と戸山が原を歩いて見たいと出掛けてきました。毎年更井会は喋り過ぎて興奮状態?で夜寝つきが悪い為、今日は今申した通り五香へ車引き取りと、新京成線みのり台近くの耳の医者へ出掛けるだけで、妻に頼まれ娘たちに宅急便を出しに行って、ポアロとビデオで取った東芝パナソニックラグビー5時半から大相撲丁度稀勢の里が7勝目を挙げる所から、結びまで一日終了・・連日の一万歩越え、車も人間もヨタヨタ走るよ、ヨタヨタ歩くよ、呆れるよ全く?
コメント (2)

ウイングロード31万km ガソリン価格

2016-12-26 09:30:27 | ウイングロード31万km
私のブログに一年前の記事が出てました、ガソリンを満タンにしてました、去年はクリスマスでスタンドのお兄ちゃんが、お菓子をプレゼントしてくれました。1ℓ105円でした。
24日同じスタンドでガソリン満タンに今回はお菓子も貰えませんでした、と言っても去年の事は忘れてましたから・・スタンドも値上げの時の方が苦しいのかも?、永年商売をしている経験から値上げの時はお客様に納得して頂くのが精一杯なのです。現在121円です。ガソリン価格は此の処じわじわと上がってましたが改めて節約しなくてはいけない、そう言っても今も急ブレーキ、急発進は全くしてないし、高速道は原則100㎞以下で走行してます。私のポンコツ車リッター10㎞~12㎞位かな。安全走行が燃費節約走行かも知れません。1月29日迄に車検です31万㎞超の車検は不安乍らも、片方でワクワクもしています。今年も調子が良いので気が付くとオイルが切れそうになっていたり、劣化したオイルゲージの首のプラスチック部分が折れたり、現在もハンドルを大きく切ると違和感が有ったりしますが、整備工場が「車検の時までは大丈夫」と保証付きです、お蔭様で我老ウイングロードは今年も一年間良く走ってくれてます。

人間様も鍛えなければと、30年間(もっと前からだと思いますがスポーツジムを卒業?してからです)も毎朝飯前のストレッチをしています。4kgのダンベルを持ち上げたり、後ろ足を蹴り上げたりで1枚目のバスマットは御覧の通り、折りたたんで未だ使っています、現在は奥の2枚目(流石綺麗なもんです)、でも私の後頭部と同様、部分的に薄くなってはいます。
コメント

ウイングロード31万km ブレーキランプ切れ2

2016-12-08 20:18:59 | ウイングロード31万km
午後3時修理屋へ到着、ヤレヤレ一安心、早速専務が見てくれる、若しかしての電気系統の異常では無かったのでランプ切れが確定、長い事ランプは切れなかったので止めネジが錆びついている、専務は工場の奥から太い+ドライバーを持って来て後部右の部分を外しにかかる、やっと外れたらしい、傍で見守る私・・・おや?中に何かいる?黒い楕円形、えっゴキブリ・・真っ黒な巨大ゴキブリ3cm?いや4cm位・・見つめる二人、ドライバーと外したランプを持って両手が塞がっている専務・・私が手を出そうとした一瞬の隙、・・ビックリは当のゴキブリも同じ事、急に動き出した、と思ったらランプ下の空洞から外へ飛び出してアッと言う間も無く車サイドを伝い、真下のどぶ板の境目の穴に消えてしまった、後は黒い暗い穴だけ何も見えない・・呆然、専務「今のゴキブリ?・・何処行った?」私「この穴に逃げ込んだ」・・・ウーン私は考えた、何処から入ったのだろうか、若しかして大分前に小さいゴキブリの赤ちゃんが入り込んで、長い年月(チョッと大袈裟か?)ランプの暗い内側で成長して、否、そうなら何を餌にして生き延びたか、否、どうして巨大ゴキブリに成長したか、然し古段ボールだって餌にするゴキブリだから、きっと中で生き延びて成長したんだ・・中の空洞に溜ったゴミを(コレゴキブリの糞かも)掃除してランプを取り替え、専務「プレーキ踏んでみて下さい」・・私「OK!」・・さて、もう片方のランプも取り替え完了、こっちはゴキブリ居なかった。然し可哀そうなゴキブリ君ではないか、嫌われ者のゴキブリ君だけど踏みつけなくて良かった、殺さないで本当に良かった、大きくても動きは敏捷、私みたいな、ご老体では無い、溝の中から出た君は「何年振りかの明るい(明るくも無いか)世界を生き延びて第二のゴキブリ人生、シッカリ旨い物食って長生きしろよ、根性ゴキブリ君」今はあのゴキブリ君にエールを送る82歳爺である。12年運転の我がウイングロード色々ありましたがマダマダ・・・
コメント

ウイングロード31万㎞ ブレーキランプ切れ1

2016-12-08 17:44:25 | ウイングロード31万km
環状16号を春日部方面に走行中、赤信号で停まっていたら、突然運転席の窓をドンドンと叩くオッサン「ブレーキランプ両方点かないよ!危なくてしょうがない」そう言ってサッサと後ろ自分の車に戻って行った、私慌てて「エッ両方?アリガトウ!」オッサンに聞こえたかどうか・・・信号が青になってスタート「何故?いっぺんに両方も?何故?」走り乍ら考えたが解らない、兎に角両方共ランプが点かない、と言う事は後ろから来る車は、私が何時ブレーキを踏んだのか解らない訳、今日はこの先50㎞位は走らなくてはならない、幸い昼頃だから当分暗くはならないから、明るい内に五香松戸自動車(ウイングロードの修理屋さん)に見て貰う事に決めた。さて慎重な運転、特に急ブレーキは禁物、赤信号に近づいたらユックリユックリブレーキを踏んで、相当前で停車、信号毎これの繰り返し、段々右足が疲れて来る、大変神経を使いながら運転中、又何故両方いっぺんにランプが切れたのだろうかと・・・・後で修理屋の専務(社長の息子だから若い専務である)が「電気系統では無いようです、ランプは片方切れたまま走行してるうちに、もう片方が切れたのでしょう」片方でも点いていれば誰も注意してくれないだろう、自分でも前の車が、ブレーキランプ片方点いていればわざわざ車を降りて前の車の窓は叩かない・・単純な常識かも知れない。そう言えば以前はガソリンスタンドで良く片方ランプが切れたのを指摘されて取り替えて貰った事が有った。ガソリンセルフだから気が付いて貰えない事も有るようだ。  つづく
コメント