ふくいんちょのつぶやき

山形県 米沢市 笹生歯科医院 副院長Kazuyoshiの
日常を通してのつぶやき

SMD

2013-08-31 06:26:27 | 医院ができるまで

 

SMD・・・セーフティ メモ ディスク

リーマーを何回滅菌したのかの目安になるものですね。



色といい、形といい、向日葵に似ている・・・・と勝手に思っています。 


山形県 米沢市 笹生歯科医院 副院長のKazuyoshiでした。
コメント

ピープー

2013-08-30 07:24:55 | 診療中

昨日の出来事ですが

スタッフのSさんが「先生~ パソコンから変な音がして動かないんですけど」

って確かにパソコンからピープーと耳障りな音。

どれどれ・・・どこがおかしいのかな?って見たところでさっぱりわからん!

まさかコツコツたたいて改善するわけないし。

9時から診療だけど、取り扱っているメーカーは9時にならないと連絡つかない。

でも患者さんは来院するわけで・・・

焦りましたが、30分後受付Sさんとメーカーさんとの電話でのやりとりで復旧。

良かった~。 


山形県 米沢市 笹生歯科医院 副院長のKazuyoshiでした。

コメント

「調子どう?」あんたが聞くまで絶好調

2013-08-29 07:16:41 | 最近読んだ本

スタッフのMさんから貸してもらって読んだ本です。

サラリーマンの川柳も耳にしたことあるかと思いますが

これはOLの本音が炸裂している女子会川柳。タイトルを読んだだけで笑えてしまうのですが、

ページをめくって読み進めていくとさらに笑えてしまいます。

短いので5分もあればあっという間に読めてしまいます。が、繰り返し読んでしまいますね。



とりあえず、スタッフに「調子どう?」って聞かないようにしよう(笑)


山形県 米沢市 笹生歯科医院 副院長のKazuyoshiでした。
コメント

向日葵

2013-08-28 08:32:35 | 今日の花

日も落ちると涼しくなってきて、秋を感じさせる気配ですが



さすがに日中は暑いですね。



今日の花は向日葵。向日葵っていいですよね~。

 

こっちはちょっと雨で濡れた向日葵。 向日葵は、なんだか元気がでる色ですね。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 副院長のKazuyoshiでした。 

コメント

足を運んで

2013-08-27 06:20:06 | 日常


上野でのセミナー後、帰りの新幹線の時間までに余裕があったので


 
浅草駅へ移動し、駅周辺を少し歩きました。

目的が終わってぽっかり時間が空いてしまうと、

そういう時間の費やし方に困ってしまう私にしては上手い時間の使い方だったと思います。

 



絵になる建物がたくさんあるな~。


山形県 米沢市 笹生歯科医院 副院長のKazuyoshiでした。 

大阪の桜

コメント

上野でみてきたのは

2013-08-26 08:45:43 | 日常

上野のヨシダ本社についてみると



どこかでみたような後ろ姿・・・先輩のT先生もいらしていました。偶然ですねー。



さて、上野でみてきたのは、第一大臼歯の第4根管口。そしてその先の奥の世界。



せまーい口腔内は実はひろーい世界。 広く深い世界。


山形県 米沢市 笹生歯科医院 副院長のKazuyoshiでした。
コメント

よく出会う場所

2013-08-25 07:06:00 | 日常

思いを吐露した翌日の今日。

さて、日帰りで上野のヨシダ本社7階にあるマイクロスコープ研修室へ向かっています。

当然、山形新幹線での移動なのですが、よく知り合いの歯科医師や友人に会うんですよね。

まぁ、山形新幹線一本で東京へ行くんですから山形県民が乗っていて当たり前ですし、
帰りも山形へ向かうのですから当然山形県民が乗ることが多いわけで・・・



今日も誰かに出会うかな?


山形県 米沢市 笹生歯科医院 副院長のKazuyoshiでした。
コメント

臆病者

2013-08-24 19:14:22 | 東日本大震災


「ただちに健康に影響はない」と言われてまもなく2年6ヶ月。

原発は今は汚染水という問題がある。 「ただちに健康に影響はない」

でもある日問題になってくる日がやってくると思うのは私だけでは無いと思うのだが。


歯科疾患に例えるのはもはや規模が違いすぎるがあえて例える。

小さなむし歯があってもただちに健康に影響はない。
だがやがて大きくなり歯髄炎を起こし痛みがでる。そこまで至るには時間がかかる。

歯周病は日常に潜んでいる。だが腫れた、動く、痛い、と生活に影響を起こすには時間がかかる。

かみ合わせの問題もすぐには問題にならないが年齢を重ねていくと歯周病の増悪に関わってくる。

「ただちに影響はない」

だが、その時(痛くなる時 困る時)はいつかやってくるのだ。

その時が来たら痛みや不安に耐えて治療しなければならない。

治療しなければ痛みや不安とつきあっていかねばならない。

だから早期発見、早期治療が大切であり、予防が大事なのだ。


原発問題も同じなのだと思う。それはもはや歯科疾患に例えれるモノでは到底ない。

大きな代償と引き替えになんとかしなければならない時がくる。

いや、引き替えにももはやならないのではないか。

原発事故が起きたときから大切なモノをすでに失ったのだと思う。

特に地震が多い日本で原発を持つということはそういうリスクを背負うということなんだ。

そしてこれからもそれは続く。早い対応が肝心。原発はないほうがいい。

もし後世にこの事故を残さないようにできる術が存在したとしてそれは一体どんな方法?

チェルノブイリでは何十万人と動員し石棺にしたという。ではこの日本ではどうやって?

臆病な私はいろいろと考えてしまう。これからどうなっていくのだろうかと。

世界の国々は日本をどうみるのだろうかと。そんな風に思いながら生活をおくっている。


山形県 米沢市 笹生歯科医院 副院長のKazuyoshiでした。 

コメント (2)

感じる季節

2013-08-24 06:21:51 | 日常

虫が嫌いな人はごめんなさい。



カブトムシ。子供と探しに行くのですが自分が童心に返ってしまいます。

このカブトムシは街灯の下に落っこちてきたヤツ。



蝉の声もお盆過ぎるとなんか夏の終わりって感じ。

 

大きなメスカマキリをみつけると、もう秋を迎えつつあることを感じます。

残暑もあるでしょうけどね。


山形県 米沢市 笹生歯科医院 副院長のKazuyoshiでした。 
コメント

3つの坂

2013-08-23 07:52:26 | 日常

人生には3つの坂があるんだそうです。

上り坂 下り坂 そして・・・まさか。

これをどう捉えていいものか。自分は今一体どこにいるのか。上り坂なのか下り坂なのか。

これらの坂は幾度も繰り返されるんでしょうね。

上り坂が続いたと思えば下り坂になったり、下り坂かと思えば上り坂になったり。

若いときには上り坂は苦もなく駆けていくのかも。でも時には上り坂が苦しく感じる時もあるのかも。
下り坂は楽に感じる時もあれば、辛く感じる時もあるのかも。

そして時にはまさか。まさか、まさかの連続もある。

まさかは突然の出来事。嬉しい「まさか」なら良いが、その逆ならどうか。

人生色んな坂があるみたい。


山形県 米沢市 笹生歯科医院 副院長のKazuyoshiでした。
コメント