おきらく社労士の事件簿

軽い読み物です。
ここに書かれたことは、フィクションであり登場人物や会社等は、現実のものとは一切関係ありません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第12話 遺族年金殺人事件(その14)~おきらくの恋人2

2007年05月30日 | 事件簿シーズン2(第7話~第12話)

毎回、ご愛読ありがとうございます。

第1話から第6話までは、カテゴリー(シーズン1)に収録しています。 目次は、こちらから…


第7話から カテゴリー(シーズン2)となります。 お話の最初からお読みになりたい方は、事件名をクリックしてください。
第7話 退職後就職制限事件 ・ 第8話 迷走する労働争議事件 ・ 第9話 リアルおきらくの憂鬱(法改正~こうなる保険給付)
第10話 日雇派遣入れ知恵事件 ・ 第11話 パワハラ事件 ・ インターバル ~通勤災害事件 ・ 第12話 遺族年金殺人事件



ブログリンク人気blogランキングへ…今日も ぽちっとクリックお願いします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「恵美ちゃん、俺を信じられるかい?」

   ( ̄~ ̄;)?? 何で急に???

「どんなことがあっても、信じてくれるかいってこと。」
「先生のこと信じてついていきます。」
「ありがとう。 この先、そう長い期間じゃないけど、俺のすることに口を挟まないでほしい。
 マスコミから、質問があっら、自分の思うことを述べてもいい。ただし、依頼人に関することは
 一切語らない。一言でも語ったらそのときは…」
「そのときは?」
「コンビ解消だ。」

   (* ¨)(* ・・)(¨ *)(・・ *)ウンウン

おきらくの、気迫にのまれたように恵美はうなずく。
おきらくは、電話を取り、洋子に電話した。

「先輩、先日の申し出受けます。それと、交際してください。」

   Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン 交際だって~~~  
     ρ(。 。、 ) イイモンイイモン  いじける恵美であった。

「詳しくは、お会いしたときに… ええ、ちょっと訳ありで… 

おきらくは、建具屋さんに電話して窓ガラスの入れ替えを依頼し、飛び出して行った。

          **********

夕方になってもおきらくは帰ってこない…

扉が開いた

♪カララ~~~ン

「先生♪ おかえ…  な~んだ 源さんか~
「なんだはないだろう。 あれ? おきらくさんは?」
「それがまだ帰ってこないの… 大野木さんに会いに行ったきりで…」
「そうなんだ、娘の方も出産して落ち着いたし、うちのも退院してきたんで、久しぶりに、
 おきらくで一杯やろうかとと思ってきたんだけどさ…」
「源さん、一緒にやろうよ♪」

いそいそと、ビールやつまみを冷蔵庫から出してくる恵美であった。

     ゴクゴク ⊂(^^ )
        (‥)←¬~(▼▼#)~~  おきらくなんてダイキライ…

「おいおい、恵美ちゃん絡み酒はごめんだよ。」
「だって~~~  意味不明のこと言ってさぁ、その後、すぐ洋子に交際申し込んじゃったりして…」
「どう言うことだい?」

源さんは、気になりそれとなく聞いてみる。恵美は、酔いに任せて愚痴っている。

   α~ (ー.ー") ンーー  考える源さん…

「恵美ちゃん、ここは、おきらくさんを信じないかい?」
「へっ???」

   (@_@?)(?@_@)(@_@?)(?@_@)(@_@?)

「前のときだってよ、意味不明の行動をとったじゃん…」
「アークトックのこと?」
「以前から、おきらくさん、一発逆転を企むときは、意味不明の行動をとってたよ。
 ただし、そんときゃ、『信じるかい?』なんて言わなかったけど… 今回、洋子さんとやらに
 交際を申し込んだって言うけどさ、何か訳ありだと思うよ。」

恵美は、無言で考えていた。






つづく


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 



昨日は、84人ほどの方に読んで頂きました。
皆様のコメントとぽちっとが、モチベーションの原動力でございます…

コメントも書いてくださいね…でないといじけちゃいます(笑)

現在14位付近をウロウロしています! 目指せ10位以内でございます。



ブログリンク人気blogランキングへ…今日も ぽちっとクリックお願いします。



社会保険労務士の認知度を上げるため、この小説(?)を出版してくださる会社、ドラマ化してくださるTV局を探しております。
もしお目に留まりましたら、左の ブックマークの『おきらく社労士お問合せ窓口 』よりご連絡いただければ幸いです。
ご奇特な、担当者の方・・・ 

ドラマ化を念頭に…行間を顔文字で埋め尽くしておりますが、文章にすることも可能かと…
    こんな程度の小説(?)に、まだ主張するか・・・

      作者…おきらく社労士は、4文字で…厚顔無恥…と書き表せますな(爆)




この作品は、フィクションであり 登場人物、会社名等は、実在の無いものであることをお断りしておきます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 第12話 遺族年金殺人事件... | トップ | 第12話 遺族年金殺人事件... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
謎とき (いも源氏)
2007-05-30 11:42:23
敵を欺くには、味方から。
人の口に戸は立てられませんからね。
深謀遠慮を高みの見物としゃれこみましょう。
いも源氏さんへ (おきらく社労士)
2007-05-30 14:56:14
この場合は、「敵を欺くには、味方から。」と言ってよいのでしょうかね???

この後、恋の道行きが待ってますよ
濃い恋来い! (かきのたね)
2007-05-30 18:15:31
もっと恋愛モードが強くなって、じれったくなるのも面白そうですね。

しかし・・・今日も結末が見えませんでした。
最近すっかり煙にまかれている気分ですよ。
かきのたねさんへ (おきらく社労士)
2007-05-30 20:39:50
明後日には、全容が読めますよ…たぶん
明後日の分までストックしたから…たぶん

それで、その後一気に解決に向かいます…たぶん

えっ?! もういって…たぶん(笑)


今、ホンマもんの内職をする羽目に…(汗)

コメントを投稿

事件簿シーズン2(第7話~第12話)」カテゴリの最新記事