これは したり ~笹木 砂希~

面白いこと、妙なこと、不思議なことは、み~んな私に近寄ってきます。

レニングラード、ペトログラード、ピーテル

2019年01月06日 21時07分11秒 | エッセイ
 かつて、「レニングラード」と呼ばれた都市がある。



 元々は、ピョートル1世が1703年に欧州に倣って築いた都市であり、ドイツ風に「サンクトペテルブルク」と命名された。だが、第一次世界大戦が勃発し、ドイツが敵国となったため、「ペトログラード」に改名された。その後、ソビエト連邦となってからは「レニングラード」に変わり、ソ連が崩壊してからようやく、住民投票によって当初の「サンクトペテルブルク」に戻ったというわけだ。
 もっとも、地元の住民たちは正式名称が長いから「ピーテル」と略して呼ぶそうだ。「あけおめ」みたいなもの? ちょっと違うと思うけど、私も楽したいから使わせてもらおうっと。
 残念ながら日本からの直行便はない。モスクワでシベリア航空の国内線に乗り継ぎ、ドイツ風のこの街にやってきた。
 初めてのロシアで驚いたことは、トイレットペーパーを流してはいけないというルールである。個室には大きなゴミ箱があり、ペーパーが小高い山を築いていた。トイレはもちろん水洗なのだけれども、ロシアのトイレットペーパーは水に溶けないようで、流すと詰まるというのが理由だった。
 事情を知らない観光客もたくさんやってくる。ある飲食店では、トイレにこんな貼り紙をして、観光客に協力を呼び掛けていた。今後、ロシアに行かれる方は、ぜひご注意を。



 トイレで後れをとったとしても、観光地としては超一級である。見どころ満載で退屈する暇がなかった。



 まずはエカテリーナ宮殿。



 冬だと、ピーテルの朝は暗い。10時過ぎに日が昇り、やっと明るくなってくる。でも、15時過ぎからまた暗くなってきて、16時には完全な暗闇と化す。日照時間が短いのだ。夏だと白夜のようにいつまでも日が沈まないと聞いた。
 雪で履物が汚れるせいか、ここでは靴カバーをつけて歩く。



 ロマノフ王朝の夏の宮殿だけあって、階段からして洒落ている。



 ヴェルサイユ宮殿に通じる雰囲気を感じた。





 召使いの衣装。



 この広さでは、一体何人の召使いがいたのやら。



 食器はマイセンと説明された気がする。





 さり気なく飾られた陶磁器も実にセンスがいい。



 部屋がいくつもあったのに、メモしなかったことが悔やまれる。



 これは誰だっけ~?



 せっかく現地ガイドさんが解説してくれたのに。



 明日から絶対メモをとるぞ、と決心した。
 エカテリーナ2世の戴冠式での衣装と、他の方のブログに書いてあった。



 これじゃ、自動改札は通れないね。はははっ。



 こんな衣装もあったけれど、着られる衣装はない。残念だ。
 栄華の名残に触れたあと、明るくなった時間に宮殿出口でパシャリ。






 聖イサク寺院の力強さにも圧倒された。



 教会や寺院はいくつか中に入ったけれど、ここの装飾は群を抜いている。







 いやあ、素晴らしいとしか言いようがない。



 正面の柱には大戦中の弾痕が残っている。被害はあったけれど、収蔵品が守られたのはキリストのご加護があったからだろう。素直にそう信じられる、厳かな雰囲気が漂っていた。
 血の上の救世主教会も、ロシアの美をあちこちから集めてきたような佇まいを見せてくれる。



 残念だったのが、修復中の中央の塔。ガイドブックではこうなっていた。



 中も惜しみなく見せてくれるところがうれしい。





 ピーテルの一番人気はエルミタージュ美術館。



 別ブログにまとめたので、よろしければこちらから。

 計算外だったのがバレエ鑑賞だ。
 クリスマスの時期だったこともあり、ミハイロフスキー劇場でくるみ割り人形を見た。



 9列目だったのに、前の男性の頭が邪魔でよく見えない。集中力も途切れがちになり、だんだん眠くなってきた。
「ぐー」
 ……やはり寝てしまったか。バレエは私に向いていないらしい。
 ピーテルからモスクワに移動するとき、空港でマクドナルドに寄ってみた。ロシア語表記は面白い。



 私はコーヒー、娘はフルーリーを頼み、カードで会計をすませる。



 コーヒーは、日本で飲むよりコクがあり美味であった。ウホウホ。



 ロシアグルメも知名度が高い。別ブログでこちらからご覧ください。
 次回はモスクワ観光をお送りし完結させていただきます。


    ↑
クリックしてくださるとウレシイです♪

※ 他にもこんなブログやってます。よろしければご覧になってください!
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
 「うつろひ~笹木砂希~」(日記)
『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« ロシア旅行入門 | トップ | 360度 聖ワシリー寺院 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
残念~ (ZUYA)
2019-01-06 22:16:25
てっきり“砂希先生のロシア風のドレス姿の写真が出てくるかも~”と右手のマウスでのスクロールに力が入りましたが~

各国のトイレ事情でと言うものは本当に面食らう時がありますよね。私は8年前のマレーシアで“洗礼”を受けました~
【異国2】 (心機朗)
2019-01-07 09:55:05
「あたりまえ」が実はあたりまえではないってことですね。トイレといえば、日本で一般的な洋式トイレでもあの便座の上に乗っかって和式スタイルで使用する人がいる・・・みたいな事を聞いたことがあります。
しかし、建造物や衣裳や品々はミゴトですね。とはいえ、何も聞かなければベルサイユ宮殿とかフランスのどこかかな?って思ってしまうのは、無知だなぁと反省。まぁ、縁がないから仕方ないか。
もう既に他のブログにも記事をアップしたんですね。順次読ませてもらいますわ。
ピーテル (ヤッギー)
2019-01-07 13:46:10
ロシアのピーテルは見どころ満載ですね。

ロシアではトイレの紙を流してはいけないのですね。
大の方をしたときはちょっと大変かも。
みんなびっくりトイレ事情 (Hikari)
2019-01-07 18:22:25
高速のサービスエリアには、これでもか‼️と図解入りで、トイレットペーパーを流せと説明がついているのを、ずっと不思議に思っていましたが、流しちゃいけない国があるのですね~!
世界は広いなあ。
戴冠式のドレスで自動改札機は通れないけど、紅白歌合戦に出たら話題をさらうでしょうね。
どこもかしこも美しく、写真に見入っています。
マレーシア (砂希)
2019-01-07 20:28:46
>ZUYAさん

マレーシアのトイレ事情って……。
なにやら怖そうですね。
実は、事情を知らずにモスクワ空港ではペーパーを流してしまいました。
旅行会社も事前情報として周知すべきだと思います。
ドレスは着てみたいところですが、サービス精神を理解していないロシアでは無理でしょうね。
国民はまだまだ社会主義です。
ありがとうございます (砂希)
2019-01-07 20:33:28
>心機朗さん

宮殿がどの国でも似通っていたらガッカリします。
ロシアとフランスの区別はつきませんが、ひとまず美しいのでオーケーかな。
教会はロシアっぽくて嬉しい限りです。
あのネギ坊主的な屋根がいいんですよ。
雪をかぶってしまい、視界が悪くなったのが残念。
日本人にもいろいろいます(笑)
最近は和式のトイレを敬遠する人が増えていますから、正しく使っている証拠?
まばゆい都市 (砂希)
2019-01-07 20:35:39
>ヤッギーさん

朝の9時に観光に出発しました。
暗いからまだイルミネーションがついているんですよ。
宝箱みたいでキラキラ光っていました。
うまく撮れなくて、アップできませんでしたが。
街並みもキレイで、本当に見どころ満載でした。
目の保養ができてうれしいです。
トイレ七不思議 (砂希)
2019-01-07 20:39:34
>Hikariさん

なるほど、外国人が使用したあと、ペーパーが予想外の場所に捨てられていたりするんですね。
そもそも発想の基礎が違いますもの。
ロシアのトイレはニオってしまって困ります。
夏場はどうなるんだろう…ゾッ。
そんな事情があるからか、有料のトイレが多いんですって。
戴冠式のドレスで紅白出場とはお見事です。
小林幸子さんあたりにお願いしたいですね(笑)
実は私も何回もトイレで失敗しましたよ (鹿島田の純)
2019-01-08 07:55:03
以前にフィリピン滞在2日目に突然扁桃腺を腫らして手術の為に1週間個室に入院した時に(海外旅行保険で直接病院代支払ってくれる為)同じフロアの共同トイレで普通に紙を流して詰まらせてしまい女房にエライ怒られましたよ。(それも2回も)フィリピンの自宅は日本式に紙を流しても大丈夫なようにしてあります。(笑)
フィリピン (砂希)
2019-01-08 21:18:20
>鹿島田の純さん

フィリピンもロシアと同じなんですね。
でも、排水管はロシアの方が太いかも。
ちょっとやそっとじゃ詰まらないようです。
輸入に頼る国でも、トイレットペーパーは自国産業なのかもしれません。
そういう国はいくつもあるようですね。
もっとも、水を守る観点からすれば、ペーパーは燃えるゴミにすべきだと思います。

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事