自然コレクション

秋田の田舎暮らし!
アウトドアー生活を紹介します。

ヤマボウシが採り頃

2022年09月18日 04時30分00秒 | アウトドアー

ヤマボウシは日本の北海道以外の山野に自生する落葉高木で、樹高は10mに達します。大きく枝を横に広げる樹形は美しく、葉もよく繁るので庭木にすると存在感があります。春には白い花を付けとても良い香りがします。

由利原にログハウス村みたいな別荘地がありますが、取り付け道路に植えられたヤマボウシの実が真っ赤になってきました。


下の方から熟れていくのでまだ上部は緑です。

まさに採りごろです。
ヤマボウシの実をこの辺の人は食べませんが実は、マンゴーみたいな味がしてそのまま食べても美味しいです。ただタネがやたら多いのと皮は食べても美味しくないのでタネや皮を吐き出さなければならないので下品なのです。



ヤマボウシの実にはビタミンやカロチン、アントシアニンなどを含み、滋養強壮や疲労回復などの効能があるといわれています。果実を乾燥させてから利用すると、下痢や腹痛にも効くそうです。



ヤマボウシの実で果実酒を作ることもできます。まず収穫した果実のヘタを取り、しっかりと水洗いをして汚れを落とします。キッチンペーパーなどで水気を取り、果実酒用の容器に入れます。

ホワイトリカー、氷砂糖、レモンを加え2~3ヶ月間浸け置きします。2~3ヶ月後に果実を取り出してさらに半年~1年間熟成させれば完成です。

水洗いの際に、実を潰さず丁寧につぶつぶを落としておくと、漬け込み中の見た目が良くなりますよ。

● ホワイトリカー 実の3倍の量
● 氷砂糖 ホワイトリカー1Lに対して100g
● レモン 1/4個


果実酒を作る際、氷砂糖を入れますが、これには理由があります。ベースとなるホワイトリカーに砂糖を入れると、溶媒としての濃度が濃くなり、浸透圧によって果実のエキスが浸出しやすくなるのです。ホワイトリカーの糖度が高くなければ、果実のエキスを浸透させるのにより時間がかかってしまうのです。更に、砂糖を入れることでカビや腐敗などから防ぐという効果もあります。が、甘いのを好まない私はしっかり除菌してプレーンな果実酒を作り始めました。これが微妙に飲みにくいのです。良薬口に苦しです。これ薬?などと自問自答する秋本場です。


正月が飲み頃ですが、結局あまり飲んでないな!




コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« アイコの冷凍保存はどうか | トップ | 9月にウドを喰う »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アウトドアー」カテゴリの最新記事