goo

お庭を散策してみましたの巻。

近々。
新発田市市議会議員選挙が控えている為、
連日、選挙カーが町の隅から隅までを、縦横無尽に声高ら、走り回っております。

皆様、ご機嫌ようでございます。

4月も下旬に差し掛かろうとしておりますが、
新年度、どの様にお過ごしでしょうか??

今日の紫雲寺は薄曇り、時々極小小雨、風の強く吹く日ではありますが、
とても暖かい日です。

落ち込むわっ!
って、ほどからっぽの頭で、ピアノの前に座って、
しかしこんな時に限ってピアノの音色が澄んで聞こえると言うやるせなさ。。。
それでも思いつくままに、鍵盤の上を、窓の外をぼーっと眺めながら、ただただ指を動かしておりました。

何より目に付いたのは、我が家の山桜。
今が満開。
我が家の山桜は松の木立の合間に、一本と言う出で立ち。
背丈、色(雪のように真っ白)、葉とのバランスがまぁ、見事で(個人的に)。
それはそれは、控えめで可憐なのです。

ついつい、表に出て間近で愛でたくなり、
それでは、祖母が大事に手入れをしているお庭を散策がてら。と相成りました。

まずは山桜。

ちなみに、ソメイヨシノはもう散ってしまっていますが、
紫雲寺では山桜がどこも満開です。
元々、校歌でも歌われるほど、松林が多い町なのですが、
近年松食い虫と言う害虫にやられてしまい、あんなに鬱蒼としていた松林は、
すっかすっかに。私の好きなところが徐々に無くなって行くのを見て、心を痛めておりましたが、
怪我の功名、と言いましょうか、光明と言いましょうか。
松の陰に隠れて見えなかった山桜達がよく見えるように!
これが大変に綺麗なのです。

そこに存在しているのに、見えていないだけ。気付いていないだけ。
と言うものは在るのだよな。と改めて気づかされた次第です。

さてさて、せっかくだから、一体幾種類の花が咲いているのだろう?
と、数えようとしたのですが、あまりの多さに諦めました。
しかもこの上、咲くことを今か今かと待ち焦がれている花達もあるのですから!
やはり私はこれからの季節が一年中で一番好きだと改めて思うのです。

でも何故か、色とりどりの庭なのに、私が写真に収めたものは緑ばかり(笑)

例えば、

そう、苔。

私、小さい頃から苔が好きで。
祖母は好まないらいしいのですが(笑)
なんだか、小人が、虫達が住んでそうな気がして、好きだったのだろうと思います。
今もその名残か、苔を見るとワクワクしてしまう、そんな植物です。
水草も好き(笑)
小雨に濡れた苔は、美しいです。

あとは、

こいつとか。
はい、アスパラ。
根っこさえあれば、毎年勝手に生えてきてくれる、優等生野菜。
ただ今年は、不作かも。。。
こいつも細せーですし。

新緑や、濃い緑に並々ならぬ愛着のある私ですが。
やはり花の色は目にも嬉しい。
花の香りが混ざった、この季節の匂いは、ほんのり甘くてとてもいい匂い。
表向きは穏やかな印象のある季節、春なれど、一気に動植物がざわめき、どこか危なげな儚さ、色香の伴う季節なわけで。
そんな季節と青春をかけて、

春は短し、恋せよ乙女。

とは、うまいキャッチフレーズだなぁと思うわけです。


そろそろ。
一体、この長ったらしい内容の無い文章はなんなのだ?
そして、お前は何キャラなんだ?
と思われる方もおられるかと存じます。

そうです、からっぽ過ぎる頭からの現実逃避です。

んでもって、変な話し方なのは、
きっと選挙カーのウグイス嬢の言葉が影響しているかと思われます。

“皆様、車の窓から失礼いたします。”とか、
“本日も元気一杯、お願いに参りました。”とか、

畏まった言葉が入ってきているもんですから。


何て。
現実に戻らなきゃ(笑)

せめて夕飯は筍の炊き込みご飯。とか、タラの芽の天ぷら。とか、菜の花の辛子和え。とかなら、
も少し気分も晴れやかなのに、、、

今日の夕飯は冷蔵庫のあり合わせで何かを作らなきゃ。。。チェッ
作りがいもないわっ!

などと。

ここまでのご閲読、ありがとうございました。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )