goo

私の顔って…

ライヴから一週間経ちました。
梅雨明けの便りも届き始める中、
新潟も今週中には梅雨明けしそうとのこと。
そして夏休みシーズン到来、夏本番です。

皆様この夏のご予定は?
私は何処かに行きたくて発狂しそうです。
外国ひとり旅したいんだよなぁ。
まだ何も決めてないけど。
この定期演奏会を無事終えたら行って来ようかな。。。
まっ、この話は置いといて。

今回のblogの内容はとってもふざけた内容となりますがあしからず。
軽く楽しんで頂けたら幸いです。


そもそもの始まりは。
こないだの定期演奏会のリハスタで。
まだセッティング中に、ふと、
ライヴ制作スタッフ江島さんのかぶっているキャップに缶バッジが付いているのが目に留まり、
指摘したところ、

『やっと気づいてくれましたか笹川はん、いやぁ気づかれなかったらどうしようかと思いましたよ。
これまだ他にもあって…カバンをごそごそ…これらを見て何か気づきません?』

?????。。。。。もしかしてこれ私!?

そう、缶バッジに描かれていたのは私の似顔絵。
なんでも、他現場の沖縄での打ち上げで、誰が絵心無いのか選手権になり、
笹川を描こうってなったらしく。
江島さん他事務所スタッフの皆様が面白いからバッジにしちゃおう!
ってな事で、缶バッジとなり私の目に届いたのであります。

記念にどーぞ。と頂いて参りましたんで、
どうせなんで、似顔絵本人のコメント付きで、
一つずつご紹介致しましょう。
最初に言っておきますが、何とも低レベルな戦いです。

まずは事の発端となった作品から。

江島さん作。
なすびだろこれ…
こないだ姪っ子がお絵描きした時、同じ様なの描いてたわ。
もう髪なんて一筆書きだかんね。
それがなすび感を助長してんだよ!
確かに女子大生時代、皆を何かに例えるのが流行って、
美和は野菜に例えると茄子だねって言われた事あったけど…
ん?って事は江島さん、ある意味特徴捉えて…いや!認めん!

はい次!

ディレクター安藤さん作。
これは皆にズルい!って言われてた。
何故なら吹き出しで、笹川ですって言ってるから…
そーゆー問題じゃねぇと思うけどね。
でもまぁ、4人の中で一番くちびるのたらこ感出てるよね。
江島さんに比べたら、鼻もあるし…人感は出て来てはいますね。

続いてはこちら。

山本さん作。
この中で、唯一写実的な作品。
薄幸感、出てますねぇ。
中学時代から幸が薄い顔やら、愛人顔と言われ続けて来ている中で、
特徴を良く捉えられているかと(笑)
でもね、山本さん。
腕が波打ってアメフラシみたいになってる。
指5本ねぇし。
せっかくピアノも書いたんだから、指5本ちゃんと描こう。

番外編。

山本さんが描いた江島さん。
江島さんのお顔が気になる方は、2013.10.14のblogをどーぞ。
似てると思う、ってか恐い。
安藤さんが、『えじーって言うより、サッチモに似てるよね!』って言ってたけど確かに。
ちなみにサッチモとはあのジャズトランペット奏者のサッチモね。
うん、サッチモに似てる(笑)
ってか、私の似顔絵バッジくれるのは分かるんだけど、
江島さん似顔絵バッジもくれたのは何故だ?
まっ、いっか。

そして最後は。

たらちゃん作。
丸たはたらちゃんのたです。
一番笹川の特徴を捉えていると言われている作品。
まぁ、小さい目に厚いくちびる…
やかましいわ!
ほっとけ!

なんだかんだ言ってところで、
みんな似たり寄ったりの絵だから、つまりは私の顔ってこーゆー事よね。
ちなみに私は自分の顔を平安顔だと思っている。
平安時代の絵巻物に描かれている女性像の顔と私の顔が良く似ているから(笑)

と、言う事で何ともふざけた今回のblog。
楽しんで頂けたでしょうか?

文句は言ってるけど、他現場の打ち上げで笹川を思い出してくれていたのは本当は嬉しいよ。
ただ、ただね。
みんな、耳描き忘れてる。
サッチ…じゃなかった江島さんには耳描いてるのに山本さん…。

って事で、全員絵心無しっ!!!!!
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

定期演奏会vol.1 ~曙-青空~ を終えて。

定期演奏会vol.1 ~曙-青空~。
ご来場の皆様、
そして応援してくださっていた皆様、
心よりお礼申し上げます。
ありがとう。

ライヴ前に、緊張より楽しみが勝ったライヴは今回が初めて(笑)
もう本っ当に気持ちよく、そして楽しめたライヴでした。
blogにもこのライヴに対する想いを綴ったけど、
こんなにもライヴ一つに思い入れが強くなるものかと自分でもびっくりです。
自分の足で立ってるなぁ今。とか思った(笑)
もちろん、来てくださった皆様の温かさと、支えてくれていたスタッフあっての事なんだけどね。
だから、ライヴ後は胸が温かさでいっぱいでした。

曙-青空。
感じてもらえたかなぁ。
新曲『君よ 君よ 君の』気に入ってもらえたかなぁ。
カヴァーさせて頂いた、ちあきなおみさんの『喝采』喜んで頂けたかなぁ。
そして満足行く時間を過ごし、楽しんで頂けたかなぁ。
それが何より嬉しい。


この会場の雰囲気いいですよねぇ。
木の感じとか。




おかげさまで気持ちよく歌わさせて頂きました。


お客さんと近いのもこのライヴの特徴。
皆さんのお顔、良く見えてるよ(笑)

まだまだまだまだ。もっと良くしたい。良くなるはず。
私にとって本当に意義深いライヴになりました。
重ねてありがとう。


次回は、~茜-黄昏~。
この物語の第二章です。
楽しみにして頂けたらと思います。
これから茜-黄昏をイメージした新曲も書き下ろすよ!
カヴァー曲候補ももうあるんだよ!
第一章を観てくださった方、是非第二章も一緒に楽しみましょう。
もちろん!第二章からだって楽しんで頂ける様頑張ります!

9月。
定期演奏会vol.2 ~茜-黄昏~
心よりお待ちしております!



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

どきどきする。

7月になりました。

日向は、ミストサウナみたいじゃ。
でも熱々のハーブティー飲んでおるんだけどね。
万年末端冷え性だから(笑)

さて、ついに定期演奏会の第一回目が今週日曜日にあります。

約束のライヴのタイトルについてお話したいなと。

定期演奏会 vol.1 ~曙-青空~

定期演奏会 vol.2 ~茜-黄昏~

定期演奏会 vol.3 ~宵-宵闇~

これが全タイトル。
お気づきかと思いますが、そう、1日の時間の経過を3つの時間帯に分けているの。

前にも話したのだけど、
今回のライヴは3つで一つの物語になるようにしたいと思っていて。
もちろん、ひとつひとつ単独で観たって物語に仕立て上げますから(笑)

今まで、こういうかたちのライヴってしたことないから。
ほらツアーでもないし、ピアノ旅でもないし、何かの記念ライブでもなくて、
だからいつかしてみたいなって思ってたことをする良い機会だって思って。

その中の一つ、曲を自分の中で思う時間に分けて、ライヴするというもの。
つまり今回は、夜明けから昼間くらいまでの時間帯を曲で感じてもらおうと思っているの。


ずばり、私は自分をプロデュースするのが苦手(笑)
だからこんな風にライヴの構想考えたの(正確には考えてたけど‘いつか’って思ってた)初めてで。
‘いつか’は突然、今来た。
本当はもっともっと早く。
もっと言ったら、デビュー当時から自分をプロデュースすることが出来なきゃ駄目だったんだろうなぁと思う。
でも小さい頃から、何をするにも人の何倍も時間をかけないと、物事の本質を理解出来ない不器用過ぎる私は、
やっと、周りのたくさんの大切な方達の支え合って(もちろんそこにはこれを読んでくださっているあなたも)
自分を表現することを自分の中で許せ始めたんだと思う。

今までは歌に自分の神経を集中させること、そして歌い上げることが精一杯だった私。
今回からはそこから一歩足を踏み出して、ライヴに流れる空気をひとつにまとめることにも集中したい。
ひとえに成長したいから(笑)
それが、今まで歌を続けて来れた恩返しの一つだと思ってるから。

今この機会を与えてくれた私のスタッフさんにも心から愛情を込めて感謝。
面と向かって言わないけど(笑)


そんな感じなもんで、もう緊張している(笑)
胃がキリキリ傷むくらいに(笑)
追い込むのはいいことだ(笑)
私はそんくらいじゃないと駄目なんだ、テヘッ(笑)

来てくださる皆さまは今まで通りでおいでくださいな。
そして楽しんで頂けたら、それがわたしにとっての喜びです。
もちろん私も私なりに楽しむことに変わりはありませんので(笑)

夏はこれから。
我が家の、のうぜんかずらも満開。

物語を仕立て上げたとき、また新しい物語を紡げる自分がそこにいたらいな。

みんなで素敵な時間を過ごせること、心から楽しみにしております。



左下に翼竜がおる(笑)











コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )