goo

物事は流転する。 江國香織著 「流しの下の骨」より

みなさん、いかがお過ごしですか?

blog更新、前回はお正月でした。
その時には、まさか世の中がこんな風に様変わりするなんて、ちっとも思っていませんでした。

今はTwitter、Facebookで近況やら、日常や感情のあれこれを吐露することが多いですが(一応Instagramもしているけれど、あれは趣味の吐露場所)、音楽人生初めてのコンサート中止を受けて、blogに今の気持ちを書こうと思いました。

まずはそう、5月に予定していた『笹川美和 Tour 2020 〜万緑は短夜に躍る〜』が、自粛による中止になりました。
楽しみに待っていてくださったみなさん、本当にごめんなさい。
みなさんの、大切なお時間と、大事なお金を頂く以上、心置きなく満喫して欲しいと思うのです。

お部屋に閉じこもる生活は、もともと出不精で、ひとりで過ごす時間も好む私には、
以前と、以後であまり変わりがないですが、より好きなものと、必要なもの。嫌なものと、不必要なもの。がはっきりしてきている様に思います。
それが分かったからと言って、しかし。立派になるわけでも、偉くなるわけでもなくて、相も変わらない、狭心な心をもった、おそろしく未熟で、怠惰な人間のままですが(笑)、

ただ、好きなものと、必要なもの。嫌なものと、不必要なもの。を、じゃあ知った気づいた上でそれらをどうするのか?の答えぐらい出せたらいいな。と思っています。

話が逸れてしまいましたが、自分の五感を、心置きなく愛するものに直に触れることはまだまだ難しいようです。

次歌う時の季節は寒いあたりかな。
と、希望と期待を込めて、いつでもステージに立てる心がまえを切らさずいなくっちゃ。と、思っています。

みなさんもどうかお元気で。
また会える日を楽しみにしています。

笹川美和
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

明けましておめでとうございます。

いや早、1年ぶりのblog更新。。。

年女、なんとか終わりました。笑

東京に引っ越したことは大きかったなぁ、やっぱり。
本当にジェットコースターのごとく、喜怒哀楽忙しい一年でした。

今年は、揺らぎ少ない、穏やかな心でいたいもんです。。。
そして2020のオリンピックイヤー、すでに楽しみなことが幾つか決まっています。
この一年をかけて自分の音楽再認識ツアーになりそうな予感です笑

何卒、お付き合いくださいませ!

写真は実家の南天。

難を転じて福と為す。
縁起もんでございます。

笑み多き一年になります事を!
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

三回り目の年女。

親愛なるみなさま。
明けましておめでとうございます。

平成最後の年夜は、我が家本家でもあるもんで、いつものように慌ただしく、そして賑やかに過ごしました。
年が変わる瞬間は、Eテレさんの2355テレビが新しい年をお知らせしてくれるのを、正座しながら観るのがここ数年のお気に入りです。

2018年を振り返ってみると。
やっぱりメジャーデビュー15周年。を掲げて走ってきたな、が最初に思い浮かびます。
そして“歌う”と云う事を強く強く意識した年でした。

やっぱり、シンガーソングライター。歌ってなきゃですね。笑
完璧!なんて思えるライヴは死ぬまで一生来ないんじゃないだろうかと思うくらい、
いつもいつも反省点がありました。
もっともっと、歌うことへの追求と云うか欲求と云うかが尽きないの!笑

それでも昨年のライヴで観た景色、聴こえた音達は私の心を高揚させるものでした。
一重に聴きに来てくださり、応援してくださるみなさんのおかげ。
感謝でいっぱいです、ありがとう。

また例年以上に出会いの多い年でもありました。
本当に出逢いとは生きていくうえでの財産。
どんな人との出逢いも、経験も自分をより濃く造り上げる糧なのだなと思いました。

とは言え、傷つきますし、腹もたちますし…
まだまだまだまだ、自分の器のちっささを、練りあげにゃーならんと、忸怩たる思いです。
今年は昨年より人間的にも大きくなる。これもひとつの修行のひとつと致しましょう。

2019年の今年は、三回り目の年女。
昨年デビュー15年目にしてやっとスタートラインに立てたと感じた私です。
今年はスタートを切ったわけですからね、まだ見ぬ胸高鳴る景色をただただ目指し、走る!のみです。
そう、亥年だけに猪突猛進ってやつです。笑

もう幾つかのライヴに向けて動き始めています。
頭の中はどんなライヴにしようかと云う事でワックワク。
今年はもっとたくさんの人と街に逢いにゆく!
新しい音を紡ぐことに今年はもっと精進しなくては。
昨年より人として濃くなり、もっとずっと大地をしかと踏みしめるために。

元日の今、窓の外は新潟らしく雪がちらついています。
初詣へも行き、例年以上にしっかりと詣でてきました。
祖母が炊いたつぶあんはやっぱりおいしい。
代わり映えしない元旦を、家族皆無事に迎えられたことを幸せに思います。

みなさまにおかれましても、今年が昨年より笑みがひとつでも多き、
ご多幸の年となりますことを心より切に願っています。

亥年で年女の笹川美和より。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

今年最後の唄会。

11月も下旬に突入しようとしております。
毎年のことながら、時の流れの早いこと早いこと。
初のベストアルバム『豊穣』も無事リリースができ、
今年はやっぱり『15周年』がキーワードで走り抜けた一年でした。

さて、おかげさまでプロモーションもひと段落し、気持ちは今年最後の唄会に向いています。
セットリストもみなさんに良き時間を過ごして頂けるよう、悩み考えました。笑
ぜひ!同じ時間を共有してもらえたら、と思います。

それからオリジナ物販もかなり力を入れて取り組みましたよ!
写真付きのグッズ詳細は、笹川美和HPの最新情報をご覧になっていただけると幸いです!


今年の刈入れ前にドライヴがてらお出かけした時の写真。
向こうに見えるのは飯豊山。
曇りの塩梅と、たなびく雲、刈入れを待つ稲穂があんまり美しくて、
思わず車から降りて写真を。

豊かに実った一面に広がる稲穂を見ると“今年も大丈夫”と思えるふるさとの一場面です。

今年最後の唄会納め。
15周年を迎えた今年が『豊穣』となるように。

みなさまとお会いできること、楽しみにしております!!


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

15年ということ。と、明日。

15年前の今日。
私はメジャーデビューしました。

本当にあっと言う間でした。
でも、ちゃんと思い返すと、思い出がこぼれてこぼれて、やっぱり15年と云う歳月は決して短いものではないのだな。
と当たり前のことを思います。
そして10年目には感じなかった熱い思いが胸に込み上げています。

苦しくて苦しくてどこに逃げたらいいのかわからない時もありました。
心から楽しくて今が終わらなければいいのにと思うこともありました。
でもどんな時も、どんな事も、永遠には続かない。
だからこそ、15年と云う今日がやってきました。
何か一つ欠けても、今の私は存在していません。

正直に言うと、15年前の私は、15年後、音楽を生業としているなど想像さえしていませんでした(笑)

そんな私がベストを出すことになりました。
私にとって、ベストを出すことはご褒美の様なもの。
ご褒美を貰えるに値する価値が私にあるのか。自答し答えは出せずにいます。

ただ、この15年と云う流れのなかで、たっくさんの方が私に寄り添ってくださいました。
そして何より、私の音楽を待ってくださり、聴いてくださり、暖かく応援してくださり続けている皆さんの存在が、
不器用で弱い私が、潰れることなく、自分の足でしっかりと今を踏みしめるまでにしてくださったのは事実。

だからこのベストは、皆さんへの感謝の気持ちです。
本当に本当に。ありがとうございます。

ベストのタイトルは『豊穣』。
私にとって作品たちは実りであり、出逢いと云う実りをももたらしてくれるもの。
そう私にとってまさにこの15年は人生における『豊穣』なのです。

この実りを新たな種に、そして実りにすることが、皆さんへの恩返しだと思っています。

悲しくて悲しくてやるせない日々が待っていることもあるでしょう。
絶望や孤独は常に心のどこかで影を潜めながらも付きまとうことでしょう。

それでも。
覚悟の上で、感動に打ち震える喜びを知っているからこそ、
今から15年後の今日、きっと私は音楽を続けているのだろうと想像しながら。
今日という日を静かに噛みしめたいと思います。

深愛を込めて。

笹川美和
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ