さるみみ屋

夫サボさん、私さるみみと2000年生まれ長男コナンくん
2004年産次男エナリくんとの「人生楽ありゃ苦もあるさ」日記。

「政治的に正しい警察小説」読了

2017-12-19 21:08:42 | さるみみ文庫2017
葉真中顕の短編小説集。

通勤時間を利用して読むにはやはり短編小説。
地下鉄に乗ってる時間自体が10分ちょっとしかないので、その間に本を読もうとすると
やはり難しい。朝はラッシュだしね。

短編はサクサクと読めるので通勤向け。
葉真中顕のハードカバーは2冊本棚に積んであるけど、それまだ読めてない…
年末にかけてしっかり読了するぜ!

全部で6編の短編があったんだけど、中でも面白かったのは「推定冤罪」と「神を殺した男」
あとは「秘密の海」かな~

「推定冤罪」は文字通り冤罪がテーマだったんだけど、めっちゃブラックユーモア
これが私の中では一番衝撃的だったかも。

「神を殺した男」は将棋がテーマで、天才棋士と呼ばれたある棋士の没後20年にあたって
棋士の足跡をたどる記事を書くことになったライターが、その過去をたどる中でたどり着いた
棋士の死の真相!ってので、これも面白かった!
なんせ今将棋ブームじゃない?藤井くんとか三月のライオンとか、羽生さん永世七冠とかね。
それだけについ注目しちゃうのよね。
でも、将棋そのものの描写とかがあるわけではなく、棋士が小説の中に出てくるだけで
何があるわけではない。そもそも短編なんだから本格的に書くって、そんなの難しいけどさ(笑)
でもその死の真相について、それが真実かどうかは結局わからないんだけど
読後感はなかなかよかったね。

「秘密の海」は虐待がテーマで、これも途中から「ん?何これ?」って感じで
展開がよくわからなくなって、「なんか都合よすぎじゃないか?」っていう部分もあるにはあるが、
全体としての印象はそれほど悪くなく。

他の短編も含めて振り返ると、基本ブラックユーモアな1冊だね、間違いなく。

社会派ミステリー作家の重たいハードカバー作品を読んできた身としては
「へえこんなのも書くんだ」と思った。

今年も全然本読めてないんだけど、年末年始に期待か。

ホント切実にじっくり本を読む時間が欲しいわさ。
コメント

「君たちはどう生きるか」読了

2017-12-03 23:32:03 | さるみみ文庫2017
この本は、かつてエナリが公文で国語をやっていたときに教材の中に出てきてて
エナリは「コペルくんのお話」と言ってた作品。

最近また注目されているので「あ、あのときのエナリの…」と思ってたのよね。
私自身はこの本を読んだことがないので、これを機会に読もうと思って早速購入。

今はマンガ版も出ているようだけど、断然ちゃんと読むべきだと思うわよ。

結論。

この本は本当に素晴らしい!
帯の通り、歴史的名著だと思った。
かなり昔に書かれているんだけど、テーマは普遍的なものばかりで
人が生きていくうえで大切にしなくてはいけない心の持ちようについて
小難しい表現を使うことなく、わかりやすく、本当に心にストン、と落ちるように書かれていて
本当によかった。特に格差問題や、貧困についての叔父さんのコペルくんへのメッセージは
私もコナンやエナリにこうしっかり伝えられたらよかったんだろうな、と思えるほどだった。

これは公文の教材で一部しか読んでいないエナリに「絶対読め」と言っておいたが
今更ハリーポッターシリーズを読んでいるエナリは適当な返事。

だけど、この本は子どもから大人まで絶対に読むべき、本当に歴史的名著で間違いない。

サボさんも年内に読むべき、と強くおすすめしたわさ。
みなさんもぜひ。マンガではない方で。
コメント

「原因と結果の経済学」読了

2017-11-08 23:21:51 | さるみみ文庫2017
ちょっと前に「データ分析の力」をサボさんにおすすめされて読んだんだけど、
私は中室牧子さんの「学力の経済学」がよかったので、
こっち楽しみに(メインに)して「データ分析の力」を読んでたわけ。

でも、結果として「データ分析の力」がものすごく読みやすかったので
この本を読んだら「あ、それあの本でもう読んでた」って感じで
同じ話が結構あったのね。
だから、サボさんが「それは読まなくてもいいんじゃないの?」って言ってたけど
本当にそうだった。


わかりやすかったのは間違いないけど、「おお、そうなんだ」という新しさも特になく。

因果関係分析に興味のある人は、どっちか1冊読めば十分だな、と思う。
でも、とにかくこのテーマは面白かったし、なるほど、って思えるものだった。
最近なかなか小説にぐぐっと入り込めていないのだけど、
こういう本がむしろ疲れなくていいと思うのは仕事が忙しすぎるからなのかな?

お勧めの1冊。

コメント

「論理的思考力を鍛える33の思考実験」読了

2017-10-22 22:23:45 | さるみみ文庫2017
まあ、タイトルそのままのさまざまな「考える問題」が載ってて
最初はサンデル教授の白熱授業で取り上げられて有名になった、
ブレーキの利かなくなった列車の話があって、とにかく最初の方に載っていた問題が
知ってるものだったり、面白そうなものだったので読んだんだけど
最後の方の思考実験ということで紹介された題材は、はっきり言っていらないと思う。

いろいろと考える頭の体操として面白かったものは、前半に集まってたかな。
列車の話や、モンティホール問題、5億年ボタンの話とかね。

途中で、数字が関係している内容なんかだと全然わからなかった私。
息子たちに言わせれば「こんなの簡単じゃん」とか言われたりして、
そもそも何が問題なのか、何が変なのかわからないのが多くて、ストレスフルだったわよ。

今すごく話題になっていて、売れてるみたいだけど、結論としてはそんなに言うほど
面白いって思うネタはそれほどなかった、という感じかな。

なんかエナリが興味を持ってる様子だったので、学校で読む本なくなったって
言ってたのもあったので、読んでから渡したんだけど、もう半分くらい読んでた…
中学生でも読めるレベルだったってことね。

何かを考えるきっかけになる、って面ではよかったと思うんだけど
もう少し深く考えられるようなテーマが欲しかったわ。

もちろん、もしかしてこの本は深い思考練習のためのきっかけづくりという意味合いで出版されてて
そういう意味では目的を達成しているのかもしれないけど。。

さてさて、次は何を読もうかな…
最近はまたペースよく本を読めているのが嬉しい!

コメント

「ナラタージュ」読了。

2017-10-14 21:05:27 | さるみみ文庫2017
最近、映画化されたみたいね。
結構いろいろな場所で宣伝聞いたし、本屋でもこの作品平積みしてPOPつけて
ちょっとにぎやかになってたから、読んでみたわよ。
恋愛小説があまり得意ではない私なのだけどね。

で、実際読んでみて。
うーん。やっぱりこの手の小説はちょっとあまりよく味わえないわ、私。

松本潤が演じる先生が、まず人物的に理解不能。
坂口健太郎が演じる役どころの男の子もなんかキモい。結構病的なキャラの割に
すんなり別れることができてるのも、よくわかんない感じだし、
後輩の死のエピソードもこの小説にとって必要だったのかどうかわからないし。

キングオブ女子な方々には大うけするのだろう。
50万部も売れたらしいので、共感できる人は多数存在するのだろう。

当然、私は嵐にも興味がないので(今はロバート秋山の方が魅力的)
映画は見に行きませんわ。
島本理生の著書も、もう読まないと思われる。

コメント

「俺たちの明日」下巻 読了

2017-10-09 22:08:00 | さるみみ文庫2017
下巻の場合は、4日くらいで読めたね。
それもそのはず、すでにロッキング・オン・ジャパンで既に読んでる記事とかあるし。
しかもライブの映像とか家に残ってたりするのもあるので、
「ああ、このライブのときってこんな演出とかあったよね」
などと言いながら本読んでみたり。

まあ、とにかく30周年祝祭ムードでこれまでの(途中からだけど)
歴史を振り返ると、みやじも大人になったんだな、ということをあらためて思わせられる。
まあ本人も今は51歳なんだから、そりゃ当然なんだが。

ますますこれからも目が離せないエレカシさん。

もちろん新曲のCD初回限定盤も予約済。

今日もWOWOWで録画したライブを見て充電。
明日からの仕事を前にパワーチャージ完了。

さあ、頑張ろうぜ!だわさ。

コメント

「俺たちの明日 上巻」読了。

2017-09-28 21:21:39 | さるみみ文庫2017
今年はデビュー30周年の記念の年なわけだけれど、
47都道府県ツアーは、ほとんどの都道府県でsold outだし、
メディアへの露出もハンパないし、何よりも今年はNHKとの関係が結構密接なエレカシ。
もしかしたら、紅白への出場もあるんじゃないかと思ったり。
だとしたら、あのミヤジの独特のトーク下手さがどうなっちゃうんだろう…と
心配する自分もいたりして。

今年の祝福yearにrocking on JAPANでのインタビュー記事を集めた
エレカシの歴史を読む本が上下巻で出たのよね。

もちろん発売前に予約。
こんな本は普通に書店で平積みとかないでしょ。

16日の発売日には間に合わなかったけど、先週末には届き、
早速上巻を読んだわさ。

通勤時とか短い時間しかないのに、もうひどく集中していたのかサクサクと読んだわよ。

何言ってるのか壊れているミヤジだったり、熱く語るミヤジだったり
スピッツの草野マサムネとの対談があったり、
それぞれのアルバムの時期やアルバムの中の曲と重ね合わせて
(ときにはそれぞれのアルバムを聴きながら記事を読んだり)
あのときはそんなことを考えてたんだ~なんてことを思いつつ上巻読破。

実はこれはあくまで上巻で、下巻もあり。
若かりしミヤジに出会えてよかった。

これはエレカシファンにしか喜ばれない1冊ではあるけれど、
ファンの私には死ぬほど嬉しいものだった。

下巻も頼むぜ~
コメント

「岬」 読了。

2017-09-27 22:25:16 | さるみみ文庫2017
今更だけど中上健次。

古典に触れるのもいいのかと思って、読んだんだけどさ。

まあ、純文学だよな、と思う。

主人公の秋幸をとりまく老若男女、様々な登場人物が出てくるんだけど、
小説の中に登場する主要な人物と秋幸の関係は
父親が違うけど母親が同じ兄弟同士、というもので、

秋幸の二人の姉と自殺した兄は、母の最初の夫との間の子で、
母の最初の夫は既に他界。
秋幸の父は母の二番目の夫で、すこぶる悪評が高く、よその女との間にも子どもがいる。

で、今秋幸の母は三度目の結婚をしていて、その夫には連れ子があり、
秋幸は、その三番目の夫(彼にとって義理の父)とその息子(彼にとっての義理の兄)、母と
4人で暮らしているという超複雑な構成。

その複雑な家族とも言えるのかわからないような家族の中で
自分の父親、悪評の高い男の血が流れているということに対する苛立ち、
それぞれ父親の違う兄弟や自分の母親に対する複雑な思い、
そうした中で自分とは何なのか、そういうことに苦悩する様子が描かれていて、とても重い。

暗くて重い。

ああ、純文学だな。
中村文則以来の重さと、「ああ、これ無理」と思う自分。

たぶんサボさんは中上健次好きになると思うな。
もう亡くなっているけど、今を生きていたら、この時代の閉塞感をどう描いたのかと思う。
血や土地、人々のつながりが希薄になり、個人主義がまるでこれまで何百年も根付いてきました的な
社会を見て、どう思って、何を書いたのかな、と思う。

好きな作家ではないな、と思ったけど(そもそもまあ、私自身純文学苦手だしね)
中上健次を知れたのはよかったかもね。
コメント

「流」 読了。

2017-09-10 22:51:50 | さるみみ文庫2017
サボさんが単行本の頃から気になっていたらしいこの作品。

読んだことない作家さんだから、失敗しないだろうか、とか思ってたみたい。
まあそうだよね。
文庫になってから買ったわけだけれど、
文庫としても厚さが結構あるわね。

サボさんが先に読んで「すごく面白かった!」と言ってたんだけど
ちらっと見たら、登場人物が中国人名…

名前の横にふりがなふってあったんだけど、読んでるうちに
正しい読みも忘れちゃって、結局日本語読み的になってた。

まあそれは本筋ではないんだけど(笑)

青春小説、とも言えるし、家族のルーツをたどりながら、中国と台湾の戦時中~現代にわたる
歴史をたどることになる大河ドラマ的小説でもあった。

最初はバイオレンス描写が多くてちょっと嫌だな、と思ったんだけど
ところどころにユーモアを挟みつつ、全体としては確かに面白かった。

帯に「20年に一度の傑作」とあったけど、そこまですごかったかと言われると
まあ大げさかな、と思う。
でも、面白かったことに間違いはない。

台湾の戦後庶民の街の雰囲気や、人々の生活の様子とか、台湾には行ったことないけど
そうした息遣いみたいなものはすごくはっきり感じられて、台湾に行ってみたいと思った。
コメント (2)

「データ分析の力」読了

2017-08-14 20:23:44 | さるみみ文庫2017
この本を読むきっかけになったのは、
「学力の経済学」著者の中室牧子さんが出した「原因と結果の経済学」を
読んでみようかな~という話をサボさんにしたとき、
サボさんが「あ、これ読みたいなら、この前読んだいい本があるよ」と
本棚から出してきたこと。

最初は「原因と結果の経済学」よりも難しそうだな~と思ったんだけど
サボさんが「絶対これ入門書としていいって。しかもこの本の中に他にも
お勧めの文献ってことで中室さんの本も同じ入門書として紹介されてるくらいだから
大丈夫だって!」と言ったので、ホント~?とか思いつつ読み始めたわけ。

そもそもなんで計量経済学に足を踏み込もうとしたのかというと、
いろんな政府の「〇〇調査結果」みたいなものが出たというネットや新聞の記事を読むにつけ
「あれ?本当にそんなこと言えるわけ?」」って思うことが続いたり
「それってどんな人を対象に調査したのかな?」って思うことがあったりしたから。

特にネットなんかでは「内閣府の調査では」みたいに出てると

① 政府調査、というだけでそのデータが本当に正しいと言えるのか

② そもそもどうやって誰を対象に調査したものなのか不明なんじゃないか

③ 結論は本当にそこなのか

と、疑問に思うことも多く、そんな中でデータに惑わされずいろんな物事を見るには
どんな視点が必要なんだろうというところから「計量経済学」という学問分野を知ったわけ。

最初は難しいだろうと思っていたこの本だけど、
非常に入門者にとってわかりやすく、いくつもの事例を扱っていて、
因果関係がある、ということと相関関係がある、ということの違いや
様々なデータ分析手法の紹介、それぞれの手法の強み、弱みなども紹介されていて
読みながら「でもこれってこうじゃない?」なんて疑問を思ったりすると
「実はこういう疑問が出てきますが、これについては…」と説明が出て来たりして
かゆいところに手が届く素晴らしい1冊だった。

やっぱり「原因と結果の経済学」も読んでみたい!と思ったわね、改めて。

コメント