サラの苑 スタッフが、仕事の様子やプライベートをブログでお届けします。
ペットのお寺「サラの苑」スタッフブログ






前回の記事でもご紹介した、沙羅の苑の事前見学。

ペットちゃんが亡くなられる前に、「心の準備」として
ぜひ見学にきていただければ、ということを書きました。

今回は、事前見学の際、飼い主さまから寄せられる質問について。

最もよく聞かれるのは
「亡くなってすぐ火葬したほうがいい?」というご質問です。
人の場合は、手順がある程度決まっており、
葬儀社の方におまかせするとよいことが多いようです。

一方、私たちがご提案するペットちゃんのご葬儀では、
できるだけ飼い主様のご希望に沿ってご対応したいと考えています。

通常は、ペットちゃんのお体の状況や、時季なども考慮しつつ
「お通夜」として1日ゆっくりお別れされた後
ご葬儀・火葬を行う方法をお勧めしています。

ただ、可能な限り飼い主様のご希望をご優先いたします。
「長く一緒にいたい」とおっしゃる方は、ドライアイスを使っての
安置方法をアドバイスいたしますし、当日のご火葬のご相談も承ります。

また、同じように「納骨はいつすればいいの?」といった
ご質問も多くいただきます。
納骨とは、ペットちゃんの霊を仏様のところへとお納めするという意味。

当苑は、寺院が経営するペット霊園ということもあり、
人と同様、四十九日法要でのご納骨をお勧めしています。
しかし、こちらも、飼い主様が納得したお別れができるよう、
長くお骨をそばに置いておきたい方には、百か日法要での納骨など
ご要望に応じたご提案をいたします。


不安なこと、分からないことは、
理解し、対策が分かれば「安心」へと変わります。
皆様のご相談・ご来苑をお待ちしております。


\そろそろ近づいてまいりました/
※沙羅の苑の万燈供養、送り火についてはコチラをご覧ください
  
=======
盂蘭盆会万燈供養のお知らせ
日時:令和元年8月10日(土)
   18時開場、18時半開式、20時終了予定
場所:公園墓地菩提樹園内 鐘楼堂広場
※参加無料
※駐車場あり、スタッフの指示に従ってください。ただし限りがございますので、できるだけ公共の交通機関をご利用ください。
問い合わせ:
沙羅の苑:096-211-3001
=======

※沙羅の苑では、普段から、お参り用の生花の準備をしております。
 お参りの際に、「お花を忘れた」という方は、ぜひ事務所までお声掛けください。
 写真はご用意しているお花です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ペットちゃん... 無財の七施(... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。