今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

ガラテヤの中心思想

2018-10-04 00:04:19 | ガラテヤ


ガラテヤ2:16

しかし、人は律法の行いによっては義と認められず、ただキリスト・イエスを信じる信仰によって義と認められる、ということを知ったからこそ、私たちもキリスト・イエスを信じたのです。これは、律法の行いによってではなく、キリストを信じる信仰によって義と認められるためです。なぜなら、律法の行いによって義と認められる者は、ひとりもいないからです。

 

人間は本質的に堕落しているので、自分の力や努力、行いで自分自身を救い出すことは不可能です。

自分自身をきよめることも出来ません。

 

しかしユダヤ主義クリスチャンは救いを受けるために律法を守ることが重要であると強調しました。

ユダヤ教の教理がそのまま残ったままキリストを信じて、それを救いに当てはめました。

 

パウロは人間が律法を行うことで救いを受けるのではなく、信仰によって義と認められることを明確に語りました。

 

人間がきよめられるのも聖霊の力によります。

ですからガラテヤの中心思想は「信仰による義による救い」です。

 

他の方法は一切ないことを知らなければなりません。

 

【祈り】

主よ。誰が律法を全て守ることが出来るでしょうか。守ることが出来ないので主は信仰による救いの道を開いて下さいました。


【聖句をノートに書きましょう】

-義人-

  • 創世記15:6
  • ローマ3:20
  • 第1コリント6:11

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涙の預言者エレミヤの嘆き | トップ | 聖書に出てくる管理人とは »
最新の画像もっと見る