今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

福音伝道に忠実な協力者シラス

2019-05-24 00:01:13 | 使徒の働き


使徒の働き16:25

真夜中ごろ、パウロとシラスが神に祈りつつ賛美の歌を歌っていると、ほかの囚人たちも聞き入っていた。

 

シラスはエルサレム教会の指導者の一人でした。 

シラスはパウロを助けてヨーロッパ伝道に献身した人でした。

 

シラスはパウロと比べると、目立つ人物ではありませんでしたが、彼の献身と熱心が無かったならばパウロの働きは決して成功しなかったと思います。

 

彼はパウロとペテロの同労者として働きながらも、自分を現さず、謙遜に仕えた人でした。 

謙遜と協力は、聖徒たちが学ばなければならない姿です。

 

迫害されて牢の中に入れられた時も挫折せず、祈りと賛美を主にささげました。

 

このような成熟した信仰を神は喜んで下さいます。

 

【祈り】

主よ。本当に模範的な姿です。学びたいです。


【聖句をノートに書きましょう】

-必要な働き人-

  • 使徒の働き15:40
  • 第1ペテロ5:6
  • 使徒の働き17:13-14

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 福音によって解放された奴隷 | トップ | 愛を実践した女弟子 »
最新の画像もっと見る