今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

なぜイエス様に十字架が必要だったのか

2017-02-03 00:05:43 | ヨハネの福音書


ヨハネの福音書3:14-15

モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子もまた上げられなければなりません。

それは、信じる者がみな、人の子にあって永遠のいのちを持つためです。」

 

「義人はいない。ひとりもいない。」

これが神の目に映る人間の姿です。

 

最初の人間であったアダムが犯した罪によって全世界に罪が入り、アダムから生まれた全人類は罪に支配され、罪人として生涯を生きていかなければならないです。

 

罪から来る報酬は死ですから、すべての人は霊肉とも死を迎えます。

この悲惨な状況を変えるために来られた方がイエス・キリストです。

 

死の道しかない所に、贖いの道、いのちの道を開くためにイエス・キリストは来られ、全人類の罪をその身に背負って十字架にかかりました。

 

それを信じる者は罪を悔い改める時に、自分の代わりに罪の代価を払ったキリストによって罪の赦免を受けます。

 

【祈り】

主よ。主が私の罪のために十字架にかかって下さったことを信じます。


【聖句をノートに書きましょう】

-主の十字架-

  • ガラテヤ6:14
  • エペソ2:16
  • ヘブル12:2


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※



この記事についてブログを書く
« 強い味方であられる神 | トップ | 祝福を受けるための三段階 »
最新の画像もっと見る