今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

私が弱い時にこそ、私は強い

2018-05-30 00:04:12 | コリント


第2コリント12:10

ですから、私は、キリストのために弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。

 

人間は1人ではとても弱いです。

力も能力も知恵も体力もとても弱いです。

そして、そこに病気や問題、困難が生じるならば、さらに人間は弱いです。

 

誰かの助けで助かることもあれば、誰かの助けでも助からないこともあります。

その時、人間は自分の弱さや人の弱さに気付きます。

 

使徒パウロは多くの病人を神の力で癒しました。

人々は彼がどんな病気でも治す神の手を持っていると思いました。

医者でもなく伝道者である彼は、神の力で人々を癒しました。

 

しかし自分が抱えている病気は祈っても祈っても治りませんでした。

そのことで苦しみました。

 

「どうして助けて下さらないのか。」

しかし神は癒しの代わりにあることばを与えました。

 

第2コリント12:9

「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」


そのことばはパウロの辛い心を癒しました。

そして病気が癒されなかったことに意味があることを悟りました。

 

自分に頼らず、どんな時にも神に頼る者にするための神の恵みであること、そして自分が高慢にならないようにするために病気は神の安全装置であることを知りました。

 

神の力と恵みを忘れて、奇跡が自分の力だと勘違いする時、堕落し転落の人生が始まります。

 

人はうまく行く時よりは、弱い時にこそ一番神に頼るので、その時が一番安全で神の恵みを体験し、また守りを受ける時でもあります。



【祈り】

主よ。祝福だけが恵みではなく、時には苦難も主の恵みであることを信じています。


【聖句をノートに書きましょう】

-キリスト-

  • ローマ3:24
  • ガラテヤ2:4
  • ピリピ1:1

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

『癒し』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 種は福音である | トップ | 生きるにしても死ぬにしても »
最近の画像もっと見る

コリント」カテゴリの最新記事