今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

人はいつ主に立ち返るのか

2019-12-03 00:01:14 | ルカの福音書


ルカの福音書15:18-19

立って、父のところに行って、こう言おう。「お父さん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。

もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。雇い人のひとりにしてください。」

 

人生のどん底で主に出会った人が一番多いです。

 

すべてが思い通りに進む時、幸せで何も不足がない時にわざわざ主を求めて主の所に来る人はまれです。

 

頼れる存在を必要としないからです。

 

しかし自分の力ではどうすることも出来ない問題や困難に直面すると、人間は助けてくれる存在、頼れる存在を求めます。 

その時に、主の所に立ち返る人が多いです。

 

主ご自身も重荷を負って苦しんでいる人たちに優しく手を差し伸べて、主の元に来るように招きます。

 

それに応じる人は主の恵みと助けと救いを受けて回復することが出来ます。

 

決して主がその人たちを拒むことはありません。

 

今、人生のどん底で苦しんでいる人がいますか。 

今が恵みの時、救いの時です。

 

主イエスの御名を呼んでみて下さい。 

近くのキリスト教会を訪ねてみて下さい。

 

【祈り】

主よ。主から離れた者たちが主に立ち返りますように。


【聖句をノートに書きましょう】

-悔い改める-

  • 第2歴代誌7:14
  • 箴言28:13
  • エゼキエル書33:11

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 罪の汚れを洗う | トップ | 一粒の種 »
最新の画像もっと見る