今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

福音にいのちをかけたパウロ

2019-01-14 00:02:16 | 使徒の働き


使徒の働き20:24

けれども、私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、神の恵みの福音をあかしする任務を果たし終えることができるなら、私のいのちは少しも惜しいとは思いません。

 

一つしかないいのちを一番価値あるものに懸ける人は一番知恵ある人です。

 

何かにいのちを懸けてやっても、いのちを失ってしまうならば、それは無駄な働きをしたことになります。 

いのちを懸けてやったことで、永遠のいのちをも受けるならば、それは得した人生になります。 

 

キリストの命令に従って福音を伝える働きをしたパウロは、それによって自分が何をキリストから受けるかを知っていました。 

ですから彼は福音を伝えることにいのちを惜しまずささげました。

  

キリストに従うことは盲目的に従うのではなく、確実な利益があるから従います。

 

霊的祝福をたくさん受けます。 

主の約束です。

 

【祈り】

主よ。空を打つような無駄な働きはしません。福音にかかわる仕事は一番価値があります。


【聖句をノートに書きましょう】

-福音を伝える-

  • 使徒の働き20:19-21
  • 使徒の働き20:27

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

『癒し』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 主のことばを伝えていますか | トップ | 妬みは恐ろしい »
最近の画像もっと見る

使徒の働き」カテゴリの最新記事