今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

信仰による義

2019-08-25 00:00:07 | ローマ


ローマ4:5

何の働きもない者が、不敬虔な者を義と認めてくださる方を信じるなら、その信仰が義とみなされるのです。

 

もし人間が善行によって救いを得るならば、善行を行う人に対して神は必ず救いを与えなければなりません。

そこに恵みは要らないです。

 

しかし神はその方法で救いを与えるとは語っておられません。

 

神は義を得るために律法を行わない者であっても信仰を持つならば、救いを与える恵みの神です。

 

信仰の先祖と言われるアブラハムが善行を積み重ねたから救いを得たのではありません。

 

別に悪い者ではなかったですが、アブラハムが義と認められ救われたのは、彼が神を信じたからです。

 

神は彼の信仰を見て彼を義と認めて下さいました。 

これは私たちに対しても同じく適用されます。

 

エペソ2:8

あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。

 

【祈り】

主よ。行いではなく信仰による義で認められることを感謝します。


【聖句をノートに書きましょう】

-義-

  • ピリピ3:6
  • ピリピ3:9
  • へブル5:13
  • へブル11:33

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


この記事についてブログを書く
« 主にあって死ぬ者の幸い | トップ | 何も不足がない »
最近の画像もっと見る

ローマ」カテゴリの最新記事