今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

できるものならと言うのか

2022-05-04 00:00:52 | マルコの福音書

 

マルコの福音書9:21-24

イエスはその子の父親に尋ねられた。「この子がこんなになってから、どのくらいになりますか。」父親は言った。「幼い時からです。

この霊は、彼を滅ぼそうとして、何度も火の中や水の中に投げ込みました。ただ、もし、おできになるものなら、私たちをあわれんで、お助けください。」

するとイエスは言われた。「できるものなら、と言うのか。信じる者には、どんなことでもできるのです。」

するとすぐに、その子の父は叫んで言った。「信じます。不信仰な私をお助けください。」

 

主が語った多くのことばが福音書の中にありますが、よく思い出すことばが『できるものなら、というのか。信じる者には、どんなことでもできるのです。』のことばです。

 

疑いが出た時、弱さが出た時、勇気がない時に思い出すことばです。

信仰があるならばもっとうまくできたのに、信仰がなく疑いがあるために失敗したことが多いです。

 

しかし主のことばで叱責を受け、信仰を立て直した時が多かったです。

主のことばは真実なことばですから、そのまま信じて行動するならば奇跡が起こります。

 

【関連聖句】

ピリピ4:13

私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。

 

【聖書通読】

-イスラエルの罪-

  • エゼキエル書22:3-31

 

3分バイブルボイス 



最新の画像もっと見る