「真面目285 歌舞伎」

2014-11-27 | 宮島朋宏

稽古前に
今回黒鯛で共演させていただく、佐藤正宏さんと
明治座で公演している十一月花形歌舞伎を観劇。



綺麗の一言。
舞で人の細かな心情を表現する職人技
の数々。

特に猿之助さんが雨の中で舞う場面では、終始口をあんぐり開けて魅入っていました。
魅せる、ってこういうことなのかなと。。。

大昔につくられた歌舞伎。

今みたいに技術が進んでるわけではないのに、お客様を惹きつける技法が盛りだくさん。
演劇の原点。
本当に尊敬です。

そしてそんな思いを胸に、

ピアノレッスン、なう。

名古屋公演まであと一週間をきりました!


通し稽古で物語の流れを身を持って感じる。

その中でどう存在するか?

まだまだわからないことだらけで模索中だけど、

なんとかして役と仲良くなりたい。

そして作品を名古屋、芦屋の方達に楽しんでいただきたい!

魅せられる作品目指し、
ラストスパートや!



この記事についてブログを書く
« 『清々しい朝』 | トップ | 『あと1ヶ月~』 »
最新の画像もっと見る

宮島朋宏」カテゴリの最新記事