そらまめ日記・猫と暮らす会(猫とクラス会)

静岡県浜松市を拠点に、人と猫とが上手に暮らせることを願い
共生をテーマに自分なりの言葉で日々を綴っています

ペルシーはペルシャ猫

2009-06-24 23:08:29 | そらまめのひとりごと
ペルシャ猫のペルシー君の
里親さんを募集しています





捨て猫?迷い猫?
いずれにせよあまりになつっこくて性格のいいペルシー君
保護して里親さんを探すつもりで自宅に連れ帰ってくれたのが
リョーコさんとこのだんな様


本日、無事に去勢手術も済み
あったかい家庭、ペルシー君の家族を探すべく
協力依頼のメールをいただきました



なぜ使用前・使用後のようにマルガリータになってるのかが
彼女のブログに紹介されています
ビンビン Bambi!
http://yaplog.jp/babi-blo/


性格のよくわかった成猫というのは、本当に暮らしやすく
わたしとしてはとてもお勧めです


よかったら、みなさんのブログでもご紹介いただけると
うれしいです
コメント (4)

エイズキャリアのコロちゃん

2009-06-24 21:30:28 | 病気&事故の話し/猫編
永遠の居候の保護猫コロちゃん


1ヶ月に1回のステロイドの注射がかかせませんが
この注射はやはり他の臓器に負担が大きいので
接種する量をかなりコントロールしています


〈注射の前はよだれが出ています〉

また、注射と同時に口の中の口内炎の状態をよくするために
抗生物質もご飯にまぜてあげています


それでも、1ヶ月近く経つと食欲も落ち、血よだれが出て
毛づくろいなど到底できないため、ご機嫌も悪くなります


口が痛そうで、見ていてもとてもつらいです
水もしみて飲みづらくなるのか、やや脱水気味に・・・


毎月毎月、1日でも日をあけて注射しようと工夫したり
痛みを我慢させたりしますけど、注射後は別猫かと
見違えるほど元気になります



病気の猫の場合、いろんな考え方があるので、自分でいいと思ったやり方を
獣医さんとお話ししながら探っていくしかないのですけど
コロちゃんの場合は、2年前保護に踏み切るまでは
威風堂々たる野良猫で、喧嘩もしたし、そこら界隈をふらっついていたわけです


あのまま、わたしに保護なんてされなければ
もうとっくに死んでいただろうけど、野良猫だった彼が
果たして保護されて幸せかどうかなんて、まったくわからないわけです


看取るつもりでつれてきたコロちゃんですが
こんなせまっ苦しい6畳間に押し込めて申し訳ないと
考えたりもします


ただ、今となっては、せめて痛みをとることを最優先に考えたいし
細く長く生かそうなんて気持ちはわたしの中にはありません
おいしいものをたくさん食べて
最後のときを見させて下さいな


どっこわかったコロちゃんパンチ・・・
最近は、まったく出なくなりました
すっかり、家猫のコロちゃんになったんですね~
しかたに動物病院の先生にも、野良ちゃんだったのに
と~ってもいい子だね~ってほめてもらえました


お世話してる子ほめられると、すっごくすっごくうれしいですね
コメント (2)

愛ちゃんのワクチン接種

2009-06-24 21:18:03 | 新しい飼い主さん探してます
今日は預かりにゃんこの愛ちゃんのワクチンに行って来ました


写真、暗くてすいませ~ん

体重も800グラム
体調も良好、すこぶる元気です


ただ・・・やはり愛ちゃん病院ではびびりに逆戻りです
怖くてしかたないんですね~


ワクチン接種してもらって、ちょっと不機嫌さんですけど
これで、次の譲る会に参加できますね


と~っても可愛いロシアンブルー風の女の子です

里親さんを募集しています
コメント (4)