そらまめ日記・猫と暮らす会(猫とクラス会)

静岡県浜松市を拠点に、人と猫とが上手に暮らせることを願い
共生をテーマに自分なりの言葉で日々を綴っています

ゆきおが交通事故に・・・!

2009-06-22 22:29:58 | 病気&事故の話し/猫編
今夜、きじ白のオス猫
ゆきおちゃんが交通事故にあって鳴いていました


いつもご飯をもらって、冬の間は寝床を提供してくれていたお宅の
すぐ脇で、大きな声で鳴き叫んでいました


抱っこすると右足がぶらぶらです
血も出ています


すぐに、動物病院に連絡して連れて行きました
右足の大腿骨が折れているようです




おしりのあたりも裂けていました



背中をなでていたら、ぐるぐるのども鳴らしてくれたし
診察の間もおとなしくしています


これなら、命に別状はなさそうですね
ただ、歩けてないし、立てないので心配です
薄く鼻血も出てます・・・


今夜は先生におまかせして明日様子を伺うことにしました
なんだか、とても疲れました


最近、どきどきさせられることが多くて
穏やかなまったりぽってりした日々につかりたいです






ゆきおちゃんは、もともと飼い猫で、捨てられました
平成19年8月29日に兄弟2匹で捨てられてました
お年寄りが飼っていて、亡くなったか入院したのか
親戚がもてあまして捨てていったという話しです


兄弟猫のくにおちゃんもいましたけど、今年の4月21日の火曜日
雨の日を境にぱったり姿を見ることはありません
とてもなつっこくて、このあたりのアイドル猫君でした


保健所にも何度も問い合わせ、清掃局にも数回たずねました
近くの交番にも行きました
ご近所の猫好きな方も、くにおちゃんのこと心配しています


そして・・・今回は事故のゆきおちゃん


もともと飼われていた猫が、どうやって生きてゆくのか
捨てた人間は考えたことがあるんでしょうか


こういうケースは何もこの子達に限ったことでもなく
わたし自身何度も経験して見てきました
飼い主となった以上、自分にもしものことがあったら
愛犬、愛猫をどうするのか、しっかり考えて誰かに伝えておいて
ほしいと思います


また、その家族親族の方も、遺産や資産も手にするのなら
命あるものもいっしょに連れて行ってお世話してほしいです


今まで人のぬくもりの中で暮らしていた子を捨てるのって・・・
わたしは、もっとも罪が重いと思ってます
人間の、もっとも醜い部分が露呈する行為だと思います


だからこそ、今は・・・
ゆきおちゃんの怪我がひどくありませんようにと
祈るばかりです

コメント (6)

預かりにゃんのちゃこちゃん

2009-06-22 21:24:26 | 新しい飼い主さん探してます
ちゃとらのちゃこちゃん
お見合いが成功して7月3日からホームステイに行くことに
なりました




350グラムでお預かりして、おなかに虫がいたり
風邪引きで涙目がなかなか治らなかったりしましたけど
現在650グラム
約2倍に成長しました




まだまだ、ちっこいのでもう少しこちらでお預かりして
ワクチンを接種してからステイに入る予定です



ちゃとらのメス、しかも全部ちゃとらんはめずらしくなりつつあります
ちゃシロのメスはいるんですけどね~


10ヶ月の先住猫さんがいらっしゃるお宅です
相性などの問題もありますが、先方のご家族が心待ちにしてくださって
いるとのことです



他の猫ちゃんともうまくやっていけるように育っているので
猫同士の社会性も身についています

楽しみですね~


拾われた小さな命・・・幸せになってほしいです
コメント (2)

完全室内飼いをお願いする理由

2009-06-22 00:26:51 | お便り紹介
今日、志都呂のペット愛ランドでGo!Catsのゆずる会がありました


そこに、1年前に保護して譲渡したグレーの男の子
グーちゃんが遊びに来てくれました




毛色毛並みのつやっつやのナイスボーイに成長してました
大きくなって、りっぱになって、でも知らない場所に
少しばかりいやそうでした


自分の関わった子が、こうして大切に育てられてると言うのは
とってもうれしいことです
久しぶりの再会にとても感激しました
拾った直後を思い出してしまいました



さてさて、話していると、ときどき脱走するとのこと
網戸を開けてしまうらしいのですが・・・


これは、猫のせいではないのです
脱走対策をしっかりと家族で話したり、脱走防止の強化方法を
考えてもらうことが大切ですね
万が一のとき、とりかえしのつかないことになってしまいます
なぜ徹底してもらいたいかというと、ちゃんと理由があるのです


他の猫と喧嘩して遠くに追われて戻れないかもしれません


他の猫と喧嘩して咬まれて感染症になって命を落とすかもしれません


交通事故にあうかもしれません


草むらで蚤やダニやしらみを連れてくるかもしれません


毒性のあるものを口にして中毒死するかもしれません


猫嫌いの人にいじめられるかもしれません


どこかに入り込んで自力で出られなくなるかもしれません


不妊手術の前に脱走して、戻った来たら妊娠していたという話しを
何度も耳にしたことがあります



糞尿の問題もクローズアップされていて、環境省でも室内飼いの薦めを
展開しています


その子の命を守れるのは飼い主さんだけです
どうか、くれぐれも脱走させないように気をつけてください~


この先、ずっとずっとグーちゃんが健やかで長生きできますように・・・
また、ときどき遊びに来てくださいね


コメント (4)