ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

「HBCラジオさなみよアップステージ」第169回後編 (6/26) 

2016-06-30 00:00:01 | Weblog

 

中編からの続きです。

状況はリスナーのメッセージ紹介、4通目からです。

(S=沙菜ちゃん、E=絵梨香ちゃん)

E 「はい、まだまだ、メッセージが来てますよ~!」
S 「はい!」
E 「ラジオネーム“ほやてつとさん”からです。
“沙菜ちゃん、みーよ、こんばんミ~!先日、行われた、初のイベント、行きましたよ!
最高に楽しいイベントでした。どんなイベントに、なるかなァ?と、思っていたら、
かなり、アットホームな内容で、アッと言う間に時間が過ぎました。特に印象に残ったのは、
沙菜ちゃんの、鼻くそで全国デビューの経緯です。同じ事務所の辻田沙織ちゃんにも、
久々に会えて嬉しかったです。次回は未定と、いう事ですが開催されるのを楽しみにしてるので、
決まったら早めに、教えて下さい“」
S 「有難うございます。」
E 「有難うございま~す!」
S 「ま、それこそ、最近の話を~・・。」
E 「うんうんうん!」
S 「絵梨香ちゃんと話したんですけど~!」
E 「は~い!」
S 「マァ、全国ネットで流させて頂いたのは、マァ、ダサいコト言いますけど、ホントに嬉しくて!」
E 「うん!」
S 「ホントに、ホントに嬉しくて!」
E 「はい!」
S 「何で、その経緯を、ま、ラジオでも、話したんですけどね!」
E 「うんうんうん!」
S 「ま、細かく・・依り、細かく話したんですけど~!そうそうそう!それこそ、鼻くそ~の、全国・・」
E 「お食事中の方、すみません・・。」
S 「フフフ」
E 「ホントに、アノ~、フツーに、何かもう、喋っちゃってるけど~!」
S 「アハハハ・・イヤ、アハハ・・オハナのタネ!」
E 「うん、オハナのタネ!」
S 「アノ、オハナのタネの~、ネタで~、その、全国ネットに出させて貰う、経緯の中で~!
ま、さなみよ~の、お陰だったりとか、するんですよ!ラジオで~、その、オハナのタネの話をした時に~!」
E 「うん!」
S 「さなみよ、いっつも聴いてくれてるリスナーさんが~、自分のブログに~、こう、全部、
書き起こしてくれてたんですね~!・・」
E 「はいはいはい!」
S 「で、その書き起こしてくれた~、私~を、その全国に連れて行ってくれた方が、イベントにも、
来てくれてたんですよ!」
E 「うんうんうん!」
S 「なので、ちょっと経緯も含めて話したんですけど!・・」
(マァ、イベントで話を聞いて、少しでも沙菜ちゃんのお役に立てたコトが嬉しかったですね)(^^)

E 「イヤ~、今、初めて聴いた人は、良く、判んなかった人も居たかもフフ、知れないけど!フフ」
S 「アハハ・・アハハハ」
E 「フフ、あんまり、良く伝わってない方も居るかも知れないんですけど~!」
S 「アハハハ・・イヤ、そうですよね?フフ、何か、知ってる呈で凄い、話しちゃいましたけど~!」
E 「う~ん!」
S 「で、その~、ま、デビュー出来た、キッカケを、くれた方が~、イベントに来てくれてたんですよ!」
E 「リスナーさんの、お陰で~、全国のテレビに~、オハナのタネでネタ、出れたんだよね!」
S 「そうなんです。でも、感謝も言えましたし!・・」
E 「うん!」
S 「良かったかなと!」
E 「ねぇ!」(是非、これをキッカケに、又、全国オンエア番組に出演して欲しいですね)(^^)

S 「はい、思っております。」
E 「はい!」
S 「そしてラジオネーム“マー君さん”から頂きました。
“みーよ、沙菜ちゃん、こんばんミ~!さなみよちゃん、初のトークイベント、VitChi、参加して来ました、
いい意味で、手作り感で緩い雰囲気で、楽しめましたよ!お互いの第一印象を、話して照れていたり、
みーよの厄年、ハムスターアレルギー疑惑の、お話、沙菜さんの全国ネット番組、鼻くそ“・・
アッ、ここは、いいかな?・・“出演までの道のり”・・」
E 「フフフ」
S 「“凄く、興味深くて面白かった、など、いつも、ラジオを聴いているような感じで、トークが聞けて、
嬉しかったです。参加型のコーナーでは、2人に選ばれた、お客さんが、絵を描いたり、
早口言葉で対決して、さなみよちゃんの勝敗を決めて、罰ゲーム、やったり、和やか~!に、
楽しめましたね!私物抽選プレゼントでは、沙菜さんが、まさかのプレゼントを、持ってくるのを忘れて、
買ってきたスルメイカに、ステッカー、貼って渡すと言う“・・」
E 「フフフ」
S 「“ことも有りました。とにかく、参加してる皆さん、ずっと笑顔で楽しいイベントでした。
お二人の誕生日辺りで、みんなでお祝いイベント、したいなァ!“と頂きました。」
E 「イヤ~、何かもう、今の~、お手紙、メッセージで~、もう、イベントの内容を、ちゃんと全部~、
教えて貰えたと言うか~!」
S 「は~い!」
E 「どんなコト、やったのか?って言うのを、伝えて貰ったね!」
S 「もう、カッコ纏め、ですね。これ!」
E 「う~ん!フフフ」
S 「纏め!」
E 「フフフ・・」
(マァ、イベントの概要が、しっかり纏めて書かれていると言う感じですかね)(^^)

S 「アッ、で“!PS、そうだ!みーよ、有難うございました。今年は初でしたけど、会えて、
お話、出来て嬉しかったです。いつでも遠くから応援しているので、楽しく、お仕事してね!
プレゼントで当たった、サイン入りのタオル、記念に大切にします“・・東京から来てくれた、
もう、絵梨香ちゃんのねぇ!」
E 「“マー君”ねぇ!」
S 「そう“マー君”」
E 「最前列で観てくれてたねぇ!」
S 「もう、絵梨香ちゃんのコトを!・・が、大好きで!で“マー君”にさァ、その日にさァ、いつもさァ、
その、さなみよで“マー君”メッセージ、くれるじゃないですか!」
E 「うんうん!」
S 「メッセージ、読む時~、沙菜が読むコトが多いんですよ!」
E 「うんうんうん!」
S 「だから、いつも~、アッ“マー君”の読んじゃった!って言うと、何、何って言うんだろう?
やっぱ、絵梨香ちゃんに読んで貰えたほうが、嬉しかったりとか、するんじゃないですか!」
E 「エ~?そうなのかな?・・」
S 「ファンとしては!だから、ごめんね、の気持が有って~・・。」
E 「う~ん!」
S 「“マー君”と会えたから~、イヤ、いつも、その、メッセージ、沙菜が読んでごめんなさい、って!」
E 「そんなコト、言ってたんだ?もう!フフフ」
S 「伝えたんですよ!したら、ちょっと何か~!フフ何か、いいよ、いい、いいんです、いいんです~!って、
言っておきながら~、そうだよ~!って、言う顔を、ちょっと浮かべてたので~!」
E 「なのに、又、読んだの~?」
S 「又、読んだ!」
E 「アハハハ」
S 「イヤ、ごめん“マー君”謝っておきながら!」
E 「フフ、今でも、このメッセージ、アノ~、割り振りと言うか~!」
S 「はい!」
E 「アノ、じゃあ、沙菜ちゃん、これ読む~!私、これ読むって配ったの、沙菜ちゃんだからね!フフ」
S 「イヤ~!フフフ、イヤ、そうですね!イヤ、申し訳ない!」
E 「“マー君”の、取ったね?じゃあ!」
S 「“マー君”の取っちゃった!又、読んじゃった!」
E 「はい、じゃあ、又、是非ね、ま、東京、遠いですけど、遊びに来てくれたら嬉しいで~す!」
S 「有難うございま~す!」
(マァ、さなみよの中では、メッセージの選択権は、沙菜ちゃんが握ってると言うコトですかね)(^^;

E 「はい、そして、もう1通、ご紹介しますね!ラジオネーム“さっぽろスズランさん”からです。
“沙菜ちゃん、絵梨香ちゃん、こんばんミ! 先日、行われた、イベント
参加しました。どんな雰囲気のイベントになるかな?と思って見ていましたが、
全体的に、ファン参加型の楽しいイベントで、2人の掛け合いトークも、
とても楽しめましたし、2人の、暴露?話も、有ったりと、予想以上に、
面白い内容だったと思います。そして、さなみよの、お二人も、元気一杯で、
パワーも感じました。次回のイベント、今から、楽しみにしていま~す!“」
S 「はい!」
E 「有難うございま~す!」
S 「有難うございま~す!」
E 「イヤ~、ちょっと~、想像以上に楽しい内容だったと思います。って、言って貰えて~!・・」
S 「イヤ、良かったです!」
E 「嬉しいねぇ!」
S 「ねぇ、もうホント、嬉しい!イヤ、暴露話?ま、その~、何か、質問コーナーみたいのが有って~!」
E 「うんうん!」
S 「皆さんに、そのアノ、アンケートね、事前に書いて頂いて~!私達が答えるって言う、
マァ、コーナーだったんですけど~!ま、そんな~に、暴露ってコトも無かったんですけど~!
マァ、ここでは言いませんけどね!絵梨香ちゃんが、ふいに、私の暴露を~!・・」
E 「アハハハ、言っちゃたね!」
S 「・・つき始めて~!完全に何か?ねぇ、私、発信じゃない所で~・・。」
E 「アハハハ」
S 「でも、本当の、その暴露話、みたいなコーナーになって~!」
E 「マァ、あの場だけでねぇ、終わって欲しいですけど~!」
S 「フフフ」
E 「でも~、それは~・・。」
S 「イヤ、こっちの台詞ですよ!」
E 「それはアレだよ!ホン・・ホントだと思ってないから、言ってるって言うか~!・・」
S 「アハハハ」
E 「その何って言うの?凄い~、例えばさ!・・」
S 「うん、はい!・・」
E 「全然、カッコ良くない人にさァ・・。」
S 「フフ」
E 「エッ、カッコ良くないですねぇ!って言えないじゃん!」
S 「ま、それは、ちょっとした、ウリになるか?」
E 「う~ん、だから、ホントだと思ってないから~!敢えて暴露したって言う、部分も有るからね!」
S 「アッ、ちょっと焦ってますね?」
E 「フフ、アッ、ちょっと焦ったね!はいはい・・次々!」
(マァ、どうやら、この日の暴露話には、少しは真実も含まれていたようですね)(^^;

S 「アハハ、又、何だ?何だ?・・フフ、続きまして!・・」
E 「フフフ」
S 「ラジオネーム“ムーさん”から頂きました。
“さなみよちゃん、こんばんミ!先日のトークイベント、お疲れ様でした。書きたい所は、色々有ります。
R.Y.U.S.E.I.の、ダンス、踊ると言って、ランニングマンじゃない所を踊った人、初めて見ました“・・」
E 「アハハハ」
S 「“しかも、エレガントな装いにも係わらず、あんなキレキレなダンスで!このイベントの1番の目的は、
ファンと会う場を作ってみたい!っと、いう事だったのだと思いますが、そういう意味では、
大成功だったと思います。少なくとも、私は、とても楽しめました。そして第2回目が有ったら、
行きますので、是非是非、宜しくお願いします“っと!」
E 「有難うございま~す!」
S 「有難うございま~す!」
E 「イヤ、改善点の、第2回目の改善点の1つだと思うのが~・・。」
S 「はい!」
E 「その沙菜ちゃんに~・・。」
S 「う~ん!」
E 「ま、無茶振りでね、その“R.Y.U.S.E.I.”を、踊って~!みたいな!」
S 「うん!」
E 「感じになったんですよ!」
S 「有りました!」
E 「見たいです!みたいな、アノ、質問が来て!」
S 「はい!」
E 「あの時に、曲も掛からずね!」
S 「ま、曲も掛から・・掛けなかったね?」
E 「自分で歌って、自分で踊るって言うね!」
S 「だからダンサーと、何かねぇ、ボーカルとダンス、1人、2役する、みたいな!」
E 「フフフ」
S 「イヤ、普段、私、アノ、それこそアノ~、三代目j soul brothersさんの~、
アノ“R.Y.U.S.E.I.”って曲を~、マァ、絵梨香ちゃんにね、私、披露したりとか~!」
E 「うんうん!」
S 「・・してるのを~、多分、知ってくれてたんでしょうね?」
E 「うんうんうん!」
S 「して、イベントで踊るって、なったんですよ!で、いつもは~、もう、申し訳ないんですけど~!
ELLYさんの役として、勝手にね、やらせて頂いてるんですよ!」
E 「うん!」
S 「今回、ボーカルとダンサー、両方だったから~!あんまりねぇ、アノ~、発揮出来なかったんですね!」
E 「アハハハ、イヤ、もうアレ、急だったからさァ!・・」
S 「急だったの!」(マァ、現場でも、まさかの展開!っと言う感じに、なってましたからね)(^^;

E 「勿論、しょうがないけど~!アレ、曲が有って~、踊ったら~!・・」
S 「有ったらね!」
E 「もっとね、キレキレだったのにね!」
S 「うん、で、何か、それこそ~、アノ、イベント、全体~、でも、
マァ、BGMとか、有ったらいいんじゃないかなァ、と、思いました!」
E 「うんうんうん!フフフ」
S 「フフフ・・」
E 「ここで、反省会ね!」
S 「フフ、反省会~!」
E 「はい、マァ、そんなイベント、来てくれた、皆さん!本当に、有難うございました~!」
S 「有難うございま~す!」
E 「マァ、第2回、やる時は~、早めに、ご報告しますので、是非、遊びに来て下さい!
そして、ここで、皆さんにプレゼントが有ります!・・」

この後、既に、応募締切は過ぎていますが、今回のイベントグッズから、ミニタオル各1枚、
シール1枚の合計、3名にプレゼントすると言う告知をしていました。
マァ、是非、そのグッズ、まだ、在庫が有るなら、毎週、プレゼントして欲しいですね。(^^)

ここで1曲、掛けていました。

♪いいんじゃない?♪ (LoVendoЯ)

“エンディング”

E 「はい、エンディングの時間です。」
S 「はい!」
E 「今日は、イベントの話をタップリと~!させて頂きましたけど~!」
S 「う~ん!メッセージも沢山、頂きましたねぇ!」
E 「ねぇ、有難うございました~!」
S 「有難うございま~す!」
E 「第2回目はねぇ、どうしようかねぇ?・・」
S 「どうしようかねぇ?マァ、話してたのは~・・。」
E 「う~ん!」
S 「居酒屋とかで、やったら~!何か、いいんじゃないかなァ、って!」
E 「うん、いいねぇ、いいよねぇ!」
S 「やりたいよね!」
E 「もっとホントに、更に、近い感じで~!」
S 「そう、みんなと話したいなァ、と思って!」
E 「ねぇ、語り合いたいよね!」
S 「フフ、語り・・アハハハ」
E 「是非、遊びに来て下さ~い!そして来週は、こぶしファクトリーが登場します!
楽しみにしていて下さい!そして更に、ラッキーデーと言うコトで~!」
S 「ホゥ!」
E 「沙菜ちゃんのさァ・・」
S 「う~ん?・・」
E 「忘れた私物、プレゼントしようよ!」
S 「そうする?いいね!イヤ~、上げたい~!何か、喜んで貰えるか、判んないけど~!
プレゼントした~い!」
E 「私も、何が、実際、プレゼントなのか?正直、知らないんですけど~!・・」
S 「はい!」
E 「イベントで上げれなかったプレゼントを、さなみよで!ラッキーデーで、プレゼントしようよ!?」
S 「そうしましょう!」
E 「はい、っと言うコトで皆さん、楽しみにしていて下さい。30分間、お付き合い、有難うございました、
お相手は・・」
S 「伊藤沙菜と・・」
E 「三好絵梨香でした~!」
S&E 「バイバ~イ!」
(マァ、実際の、沙菜ちゃんのプレゼントが、何だったのか?楽しみに待ちたいですね)(^^)

そして、又、今週も、最後に2人の占いコーナーが流れて来ました。
(O=女の子の声)

O 「さなみよ占いの時間だよ!春生まれの、あなた!」
S 「ラッキーナンバーは、33!運動したら、痩せ易いよ!33が書かれているTシャツを着てみて!
手描きでもOK!」
O 「夏生まれの、あなた!」
E 「レモン水を飲むと、気分がスッキリ!目覚めも良くなるよ!」
O 「秋生まれの、あなた!」
S 「植物を育てよう!リフレッシュが出来て、体の疲れが、きっと、取れるよ!」
O 「冬生まれの、あなた!」
E 「メールで絵文字を使う時は、ホシマークを使ってみよう!会話がスムーズに進むよ!」
O 「あなたの運勢は、どうだったかな~?これを聴いて、明日からの1週間も頑張って下さいね!
アッ、因みに、この占いは、さなみよの勘なので、外れちゃったら、ごめんなさ~い!
あなたに素敵な1週間が訪れますように!では、まった、来週~!」

コメント

「HBCラジオさなみよアップステージ」第169回中編 (6/26) 

2016-06-29 00:00:01 | Weblog

 

前編からの続きです。

状況はリスナーのメッセージ紹介、2通目からです。

(S=沙菜ちゃん、E=絵梨香ちゃん)

E 「はい、まだまだ、メッセージ、届いているので~、ご紹介したいと思います。
ラジオネーム“サトシンさん”からです。」
S 「はい!」
E 「“沙菜ちゃん、絵梨香ちゃん、こんばんミ~!トークイベント、お疲れ様でした!
とっても楽しかったですよ!“・・」
S 「オ~!」
E 「・・お二人のトークでタップリ、楽しませて貰いました。抽選会では、クジ運の強さが出たのかな?
貴重な、33のキーホルダーが当たりました!メッチャ、嬉しかったです。生で、お二人を見れて良かった。
絵梨香ちゃんは綺麗で美人だし、沙菜ちゃんは可愛かったよ!“・・」
S 「フフフ」
E 「“イベントでは、鼻くそ、ほじってなかったね?”・・」
S 「フフフ・・」
E 「“2回目のイベントが開催されることを期待しています。後、アリョーナが、突然、出て来て、
ビックリしましたね。辻田沙織ちゃんも来てましたね?イベントに参加して本当に良かったです。
有難うございました“」
S 「有難うございま~す!」
E 「有難うございます。アッ、憶えてますよ~!私の私物のプレ・・、抽選会では、私物のプレゼントも、
有ったんですけど~!その時にプレゼントした、その33、って書いてある、キーホルダー、
当たってましたねぇ!」
S 「イヤ~、おめでとうございます。」
E 「凄い、当たった瞬間に~、凄い、満面の笑み~!・・」
S 「フフ」
E 「笑みで“サトシンさん”が~!・・」
S 「でも、今回で、1番の目玉賞品でしたから!」
E 「イヤ、そうなんですよ~!」
S 「フフフ、1番のね、フフ、キーホルダー!」
E 「喜んで貰えて良かったです~!」
S 「良かったです!だって、さなみよ~、それこそ、33、ですから!」
E 「うん!」
S 「伊藤沙菜の、さ、と、三好絵梨香の、み~!」
E 「マァ、そういうキーホルダーでは無かったんだけどね!」
S 「フフフ」
E 「フフ、そういうキーホルダー、って言う訳では無かったんだけど~!」
S 「違いましたね!フフ」
(マァ、偶々、さなみよに関連する数字のキーホルダーだったと言うコトですかね)(^^)

E 「マァ、そう、後はね、私達の仲間でも有る~、アリョーナちゃんも来てくれたり!
手伝ってくれたりとか~!」
S 「もう、贅沢ですよねぇ!」
E 「ねぇ、後~、久し振りにね、同じ事務所の、辻田沙織ちゃんもね!」
S 「う~ん!・・」
E 「タイから~!」
S 「帰って来て!」
E 「帰って来てね!・・」
S 「そう!」
E 「子供と一緒に来てくれたりとかね!」
S 「沙織なんて、もう凄い、もう、応援してくれて~!」
E 「う~ん!」
S 「その、ブログで~、アノ、VitChiのイベントの告知とか、してくれたり~!」
E 「ねぇ!・・」
S 「有難い、先輩ですよねぇ!」
E 「う~ん・・。」
(マァ、沙織ちゃん親子の、元気な様子も、久々に見れましたからね)(^^)

S 「は~い!そして、まだまだ届いております。さなみよネーム・・アッ、嬉しい!“プールルメリットさん”から、
頂きました。」
E 「う~ん!」
S 「有難うございます。
“沙菜ちゃん、絵梨香ちゃん、こんばんミ~!18日のイベント、お疲れ様でした!お楽しみ抽選会で、
沙菜ちゃんの私物の、イカの、おつまみも当たり、又、イベントに、同じ事務所の辻田沙織さんも、
駆け付けていましたね。アリョーナさんも居ました。とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
次回のイベント予定は、まだ未定とのことでしたが、是非、2回目の開催を期待しています。
イベントの後、打ち上げしたのですか?それとも反省会でしょうか?イベントの後、どんな、お話をしたのか、
教えて貰えませんか?宜しくお願い致します“」
E 「イヤ~、ちょっと、沙菜ちゃんの私物の、イカ~?・・」
S 「フフフ」
E 「イカって言うか、それ、私物じゃないんですよ!」
S 「フフ・・」
E 「その~・・ちょっと沙菜ちゃん、自分で言って~!フフ、ちょっと~!」
S 「イヤ、もうねぇ・・」
E 「フフ、言ってよ~!」
S 「イヤ、ちょっとね、ホントに申し訳ない!もう1番~、ホントに申し訳・・1番~、1番ばっかり、
言ってますけど~!沙菜が、ビックリしたんですけど~!その、抽選会って~、アノ、
絵梨香ちゃんの私物と~、沙菜の私物を~、ま、用意するって!」
E 「うんうん!」
S 「で、皆さんに、こう、アッ、当たった方にプレゼントするって言う~!
そういうコーナーだったんですけど~!まさかの~?そのプレゼントする私物を、
家に忘れてきまして~!・・」
E 「フフフ」
S 「もう、ホント、ま、絵梨香ちゃん、怒るコト無いんですけど~!その絵梨香ちゃんに~・・
アッ、沙菜ちゃん、何にした~?って!」
E 「うんうん!」
S 「聞かれた時、ア~?玄関に忘れました~!って、言った場面で、ちょっと待って?!みたいな!」
E 「アハハ・・」
S 「イヤ、それは無いワ?みたいな感じで~!」
(マァ、今回のイベントでは1番、盛り上がる目玉企画コーナー、みたいな感じでしたからね)(^^;

E 「イヤ、流石に~!・・だって、他に~、その当日~!イベント当日の朝、
私達、会場に行くじゃないですか!?」
S 「はい!」
E 「特に、特別、持って行く物も無かったんですよ!」
S 「フフフ・・」
E 「唯一、持って行く物が~!・・」
S 「アハハハ」
E 「その~、私物としてプレゼントする物だけ、だったんですよ!」
S 「うん!」
E 「それを~、まさか、忘れるとは~?フフフ」
S 「忘れないように、前の日に、ちゃんと玄関に、置いてたんですよ!」
E 「う~ん!フフ」
S 「それが良くなかったのか?当日のほうが良かったってコトか?・・」
E 「イヤ、どっちでも、変わんないかな?フフフ」
S 「フフ、イヤ、ホント、申し訳ない!ホントに申し訳・・それでもう~、急きょですね、
マァ、私が好きなね、アノ、オヤツを、フフ皆さんに~、プレゼントするって言う!」
E 「イヤ、でも、VitChiのステッカーを貼ってね!?」
S 「フフフ」
E 「VitChiオリジナル何とか!とか、言ってたよね?・・イカ~とかね!」
S 「イヤ、もう悪用は、しませんので、ホントに申し訳ございませんでした!ま、でも、喜んで貰えたので!
良かったですよ!ちょっと強気に、なりましたけど!フフ」
E 「アハハハ」
S 「フフフ・・」
(マァ、沙菜ちゃんが直接シールを貼った、手作りプレゼント?と言う感じですかね)(^^;

E 「イヤ、でも、打ち上げ、そう言えば、してないね?」
S 「イヤ、してな~い!したいですね!」
E 「してないんですけど~!終わった後に~!」
S 「うん!」
E 「ま、色々、勿論、楽しいイベントになったなァ、とは思ったんですけど~!」
S 「はい!」
E 「アノ、反省点とかね!」
S 「はいはい!」
E 「改善点は一杯、有ったから~!」
S 「有りましたよ~!」
E 「ま、次に向けて~?・・」
S 「はい!」
E 「こうこう・・こういう風にしたいねぇ、とか~!」
S 「う~ん!」
E 「アッ、次は、こういうトコで遣りたいねぇ、とかって言う~、話では盛り上がったよね!」
S 「はい、盛り上がりました!マァ、反省会のね、コトはね、ちょっとリアルな感じになるので!
マァ、置いといて!」
E 「フフフ」
S 「2回目、開催が決まりましたら、ご報告しますので!」
E 「は~い!」
S 「楽しみにしていて下さい!」
(マァ、当日、会場では次回は、カラオケ大会も、いいかも、とか、話も出てましたけどね)(^^;

この後、後編に続きます。


コメント

「HBCラジオさなみよアップステージ」第169回前編 (6/26)

2016-06-28 00:00:01 | Weblog

  

今回も諸事情に依り、前編、中編、後編に3分割してレポさせて頂きます。

(S=沙菜ちゃん、E=絵梨香ちゃん)

S 「皆さん、こんばんミ、伊藤沙菜です!」
E 「こんばんミ、三好絵梨香です!」 
S 「今週も始まりました。さなみよアップステージです。最後まで、お付き合い下さ~い!」
E 「はい、早速、メッセージを1通、ご紹介したいと思います。」
S 「ホィ!」
E 「ラジオネーム“ニセAonAさん”からです。
“絵梨香ちゃん、沙菜ちゃん、こんばんミ~!先日、行われました、イベント、お疲れ様でした。
今回のイベント、行けなかったんですが、イベントでは、どんな楽しいことが行われたんですか~?“」
S 「メッセージ、有難うございま~す!」
E 「有難うございま~す!」
S 「そうなんですよ!私達、2人のね、初めての主催のイベントが先日、行われまして~!
マァ、その他にも、沢山、来ていますので!・・」
E 「ねぇ!」
S 「後程、タップリ!」
E 「はい!」
S 「お話したいと思いま~す!メッセージ、有難うございます。では、今日も張り切って参りましょう!」
S&E 「さなみよアップステージスタート!」

ここで今月のテーマミュージックが流れていました。

S 「改めまして、こんばんミ!伊藤沙菜です。」
E 「三好絵梨香です!」
S 「さなみよアップステージのオープニングテーマは月替わりです。今月は、アップアップガールズ(仮)の
“パーリーピーポーエイリアン”です!」
E 「は~い!」
S 「ま、この曲~、何か、口ずさんじゃいますよね!」
E 「ねぇ!そして盛り上がるよね~!」
S 「うん、パッパッパリピ、が、結構ね、週にねぇ、4回はね、脳みそで流れてる!」
E 「ホントに~?」
S 「ホントに~!」
E 「フフフ」
S 「凄いねぇ!歌っちゃう!アッ、アッ、ディレクターさんも?」(ブースの外で頷いてるようです)
E 「やっぱり?そういう人、多いんだね?」
S 「ねぇ!もう~、是非、まだ、チェックしてない方は、チェックしてみて下さい!
そして皆様からのメッセージお待ちしております。(ここでアドレス告知していました)・・
お待ちしております。では、ここで1曲、お届けしま~す!モーニング娘。‘16で“泡沫サタデーナイト!”」
(マァ、今回のアプガの曲は、かなりハイテンポで、印象に残る感じの曲調ですからね)(^^)

♪泡沫サタデーナイト!♪ (モーニング娘。‘16)

E 「はい、オープニングでもメッセージ、紹介しましたが!・・」
S 「はい!」
E 「6月18日の、土曜日に私達、2人の、バラエティトークイベント、開催したんだよね!」
S 「そうなんですよ!」
E 「その名もVitChi(ヴイッチィ)と言うタイトルで!」
S 「そうです。VitChi~!」
E 変な意味じゃないですからね!」
S 「そうです!」
E 「フフフ」
S 「フフ、VitChi~、って上がるほうですね?」
E 「そうです!」
S 「はい!」
E 「やったんですけど~!イヤ、楽しかったよね!」
S 「楽しかった~!」
E 「私達も~、アノ~、想像してたよりも~、何か、お客さんと、一体に、なれたって言うか・・」
S 「う~ん!」
E 「一緒に楽しめたし~!ま、きっと、お客さんにね、楽しんでくれたんじゃないかなァ、って思って~!」
S 「それこそ、アノ、さなみよに行くよ~!って、アノ、メッセージを頂いた方は~・・。」
E 「うん!」
S 「もう、ホントに、みんな来てくれて~!」
E 「うんうん!」
S 「それこそ、ラジオだから、お顔、判んないじゃないですか!」
E 「うんうんうん!」
S 「初めて会う方とかも、凄い、沢山、居て~!お話も出来て~!」
E 「ねぇ・・。」
S 「嬉しかったですね!」
E 「ねぇ、凄い、ゆっくりねぇ、過ごせたよね!」
S 「はい!」
E 「で、そんな来てくれた、皆さんからも、メッセージを沢山、頂いてるので、ご紹介したいと思いま~す!」
(マァ、個人ん的にも、予想以上に盛り上がって、楽しいイベントに、なってましたからね)(^^)

S 「はい、ラジオネーム“ヤッタンさん”から!頂きました~!
“沙菜ちゃん、三好さん、こんばんミ~!初めてメールします。毎週、仕事場で楽しく聴かせて、
頂いています“・・有難うございま~す!」
E 「有難うございま~す!」
S 「“さて、6月18日に行われた、お二人のイベントに、行かせて頂きました。偶然にも、仕事が、
休みだったので、直ぐに申し込みました“・・」
E 「うん!」
S 「“お二人のトークが、生で聞けたり、参加型のコーナーが有ったりなど、イベント終了後に、
ミニタオル2種類と、シールを購入し、沙菜ちゃんとも、お話が出来て、とても楽しかったです。
沙菜ちゃん、覚えていますかねぇ?紫色っぽい、ブラウスを着ていたのが私です“・・オッ、覚えてます!
“途中、寄り道をして、ニセコの家に着いたのですが、夜、8時半頃でした。もし、2回目が有れば、
是非、行きたいな!これからも応援してますよ!又、メールします!“」
E 「アッ、ニセコから来てくれてたんだねぇ!?」
S 「イヤ~、遠くから、有難うございます~!」
E 「有難うございま~す!」
S 「イヤ、勿論、覚えてますよ~!で、紫・・紫っぽい、うん、ブラウス着ていた!で、ちゃんとねぇ!・・」
E 「うん!」
S 「アノ~、グッズ、今回、アノ~、作らせて頂いたんですけど!」
E 「そうなんですよ!」
S 「アノ、ミニタオル~、色、2種類と~!」
E 「うん!」
S 「アノ~、ステッカーも、ちょっと作ってみたんですけど~!」
E 「は~い!」
S 「その~、ミニタオルも~、今回、その、VitChiって言う~、その名前は~、マァ、2人で、
考えたんですけど~!ロゴのデザインを担当させて頂きまして~!」
E 「ねぇ、沙菜ちゃんがね!」
S 「はい、で~、1回目なんで~!そのVitChiって言う~、そのロゴを、ガッツリこう、押し出したほうが、
いいんじゃない?みんなに覚えて貰えるよね!」
E 「うんうん!」
S 「で、そのミニタオルの、真ん中に、ドド~ン!と描かれているんですけど~!
そちらを購入して頂いたと言うコトで!」
E 「ア~、有難いねぇ!」(マァ、当日は結局、最後に、そのグッズは完売してましたからね)(^^)

S 「でもねぇ、その、ステッカーも作ったんだけど~、マァ、色んな種類の~、ま、そのVitChiとは、
描かれているのは統一なんだけど~!1、2、3、4、5、6、7、8・・8種類の!」
E 「う~ん!」
S 「色んな色のステッカー、作ったんですけど、ハサミで切る~、パターンの~!
ま、ステッカーなんですけど!」
E 「はいはい!」
S 「ちょっと、文句、有ったね?」
E 「文句、有った~?・・」
S 「ちょっと文句、有ったね!」
E 「フフ、アッ、切れてないんだ?って!」
S 「アッ、切れてないんだね?って!自分で切るんだ?イヤ、敢えて切らないように、って、
作ってみたんですよ!」
E 「もう、自由自在に!だからね、そっちのほうがね!・・」
S 「ねぇ、色んなさァ、こう、ハートにしてみたりさ!」
E 「フフ・・」
S 「フフ、ちょっと、ハートって言うのは~、ちょっと形には難しいかも知れないけど~!・・」
E 「フフフ」
S 「う~ん、ちょっと丸っこくしてみたり!」
E 「うんうん!」
S 「角を落としてね!ま、色々、出来るように~!自分で作るように、作ってみたので~!
それは~、ちょっと、皆さんに楽しんで貰えたらなァ、と思います。」
E 「ねぇ、色んな所に貼って欲しいよね!」
S 「はい!」
(マァ、カラフルで、カッコいい感じのステッカーでしたからね)(^^)

この後、中編に続きます。

コメント

モーニング娘。'16牧野真莉愛の「まりあんLOVEりんですっ♡」第4回その3(6/21)

2016-06-27 00:00:01 | Weblog

  

その2からの続きです。

状況は“真莉愛の、何でもベスト3”コーナーの投稿メール、2通目からです。

マリアンは「・・じゃあ、次、行きますよ!次の、お題はですねぇ、稲沢市のラブリンネーム、
“ひじき丸呑みさん”からです。・・ひじき、丸呑み出来るの?でも、アレって黒いヤツですよね?
ひじき、って!アレ、でも、噛む・・噛むのかなァ?アレって!だって、小さいからね、噛むか、呑むのか、
判んないけど!凄~い!ひじき、丸呑みするなんて!凄いと思いますよ!じゃあ、お題はですね・・」
と言って、メールを読んでいましたが
“モーニング娘。‘16に入って、ビックリしたこと、ベスト3を発表して下さい”との内容でした。

マリアンは「じゃあ、行きますよ!第3位は!(ジャンのSE)・・3回も武道館公演をしている!
これ~、何か、この、お題を聞いた時に~、モーニング娘。‘16に、なってからなのか~?
真莉愛がモーニング娘。に、入ってからなのか~?ちょっと不安で~、もう不安で判らないから、
取り合えず、どっちも書こうと思って書きました。だから~、次とかは~、モーニング娘。‘16に入ってから、
ビックリしたコト、言うけど!これは、モーニング娘。に入って、ビックリしたコトです!
だって、武道館公演って、フツーは、当たり前に出来ない所じゃないですか~!?
なのに~、3回も武道館公演を、してるって言うのは、凄いな、って思いますし~!
それはアノ~、先輩達が居るから、って言うのも有ると思いますけど~!こう~、これからも、
武道館公演、沢山、出来るように~、アノ~、真莉愛も一生懸命、頑張りたいなと思います。
(マァ、やっぱり、大きい場所でのライブは気合いも、依り、入ると言う感じですかね)(^^)

じゃあ続いて、第2位は?(ジャンのSE)・・15(ワンファイブ)の時よりも、16(ワンシックス)って言う、
呼び方に、慣れ・・るのが早かった!フフフ、へへへ、ちょっと文、途切れちゃった!
アノね、モーニング娘。‘14(ワンフォー)の時に、一応、入ったんですよ!私、加入したのは!
で~、14(ワンフォー)14(ワンフォー)って、初めて、その~、年号が付いたのも、14(ワンフォー)の、
時からじゃないですか!で、14(ワンフォー)に、慣れ過ぎて~!15(ワンファイブ)って言うのを~、
良く、直ぐに言えなかったんですよ!だから、1月からの15(ワンファイブ)2015年の1月から~!
15(ワンファイブ)に、なったけど~!直ぐに~、何か、サインを書く時も~、14(ワンフォー)って、
書いちゃうし~!言う時もモーニング娘。‘14の~、って、言っちゃってたんですけど~!
今年は早かった!もう、1月中には、もう~、16(ワンシックス)って言えるように、なってたんですよ!
しかも全然、間違えない!15(ワンファイブ)って、言ったコト、多分、無いかも知れない!
16(ワンシックス)に、なってから!アッ、言うよ、フツーに、モーニング娘。‘15の時は、とかは、
お話するけど~!もう、モーニング娘。‘16の牧野真莉愛です!とか、絶対に15(ワンファイブ)って、
言ったコト無い!これ、凄いと思う!何で、何ですかね?でも、次の17(ワンセブン)は、ちょっと~?
不安だな?17(ワンセブン!)何か、カッコいいな!セブンって入ったら、カッコいいね!17(ワンセブン)って、
ちゃんと言えるか、判んないけど、マァ、その時は、その時ですね!
(マァ、後、半年したら、もう、自然とワンセブンに、なりますからね)(^^;

でも、聞いて下さい!これ、16(ワンシックス)って~!16(ワンシックス)とは書きますよ!
フツーに、モーニング娘。‘16って、サインとか、書けるけど~!何か、或る時~、日付を書くのを、
間違えたんですよ!何か、例えば、6月21だったら~、6月21日ですよね?今日、って言って!
はい、書きます、って言って、6月の24みたいな~!フフ、言いながら、21日、21日って、言いながら、
書いたのに、24って書いちゃったって言う、事件が有りました!これは、ちょっとヤバい事件ですね!
しっかり、しなきゃね!良し、頑張るぞ!
(マァ、手と口が違う動きをするコトって、たまに有りますよね)(^^;

じゃあ、第1位は!(ジャジャジャンのSE)・・もう、鈴木さんが卒業してから、1ヶ月経ってる!
マァ、21日しか、経ってないけど~、早いですよ!だって、もう~、もうですよ、もうですよ!エ~?
う~ん、慣れてるかな?真莉愛、大丈夫かなァ?鈴木さん~、イヤ、早いし~!何か、鈴木さんが、
まだ~、モーニング娘。‘16に、居る感じがする!その幽霊とか、そういう感じじゃなくて~、
フツーに居そうな気がする!だから~、うん、何か~、寂し過ぎて~!これって何って言うんだろう?
現実逃避って言うんですか?何か、現実に戻って来てないかも知れない!真莉愛、ちょっと、
夢の中に居るかも知れない!だから~、鈴木さんが~、卒業した分も~、真莉愛、鈴木さんの分も~、
元気に、一杯、頑張って行きたいな、って思いますし~!鈴木さんに~、天からじゃ無くて~、
アノ、ちゃんと~、お家から~、モーニング娘。‘16を見守ってて下さいますように!
真莉愛、頑張るから、鈴木さん、見てて下さ~い!お願いします!」と話していました。
マァ、ズッキが卒業後も、マリアンとのメールやLINEは、しっかり継続してるようですからね。(^^)

マリアンは「・・はい、じゃあ、続いての、お題に、行きたいと思います。伊勢市のラブリンネーム
“マリアージュさん”からです。有難うございます。“鈴木香音さんが、卒業されましたが、
もし今、鈴木さんが、このラジオを聴いてくれているとしたら、伝えたいコト、ベスト3は、何ですか?“
との内容でした。

マリアンは「第3位は~!鈴木さんからのメッセージ!ま、ちょっと、お題と~、お題と、ちょっと、話は、
変わっちゃうけど~!鈴木さんが~、ラジオ、聴いてくれてるなら、何にしたい?って、感じで、
自分で解釈しちゃいました!ごめんちゃいマリア!でもね、鈴木さんから~、こうやってリスナーさんが、
メッセージ、下さってるように、鈴木さんからも~、ちょっと紛れ込んでたら、面白いなと思って!
鈴木さんのメッセージが!で~、久し振り~、香音だよ~!とか来たら、もう、ビックリしますよ、真莉愛!
それ、読んで~、鈴木さんが~、このラジオ、聴いてくれてたら嬉しいなって思います。
(マァ、最近は、地元に居なくても、色んな方法で聴くコトが出来ますからね)(^^)

じゃあ、次に行きたいと思います。第2位は!(ジャジャンのSE)・・鈴木さんと生電話~!
鈴木さんと生電話のコーナー、みたいなの作って~!毎回~、こうやって電話する時に、
アノ、電話、ラジオの中で~!プル~、プルプルプルル~プルル~!・・もしもし、
鈴木さんの、お宅でしょうか?は~い、鈴木香音で~す!」アッ、こんにちは!
まりあんLOVEりんです~!みたいなフフ、感じで~!ここで~、生電話したい!
楽しくないですか?そしたら!で~、鈴木さんだけじゃなくて~!道重さゆみさんにも~!フフ、
道重さんにも~、こうやってプルプル・・ハァ、道重さんの、お宅でしょうか?って、もう、道重さんも、
凄く、キンチョーしますけど~!そういう何か~、有ったらいいなって思います。コーナー!
ま、多分、絶対、叶わないかも知れないけど、夢は、見続けるのはね、大切なコトだと思いますよ!
いつか、現実になると思うから!フフ、はい!
(マァ、卒業メンバーと、番組内で、生電話出来たら、マジで凄いですよね)(^^)

続いて、第1位は!(ジャジャジャンのSE)・・鈴木さんに、サプライズで来て貰う~!
これ、メッチャ良くないですか?こうやって真莉愛は~、こうやってフツーに話してて、もしかして、
来るかも知れない?と思ってたら、本当に~・・真莉愛~!?って、来たら、ここ、ドア、開けて、
ガチャって、来て、真莉愛?って来たら、真莉愛、多分うん、気絶しちゃう!倒れちゃう!
多分、ビックリし過ぎて!イヤ~、これは、1番、嬉しいと思う!ね、絶対、ま、来ないかも知れない、
うん、ま、絶対、来ないと思うけど・・っと、思ってたら来たら、どうしますか?ホントにビックリしますよ~!
でも、いつか、夢を・・いつかじゃないよ!ずっと夢を見続けて!このラジオ、やってるので!
ま、鈴木さん、良かったら遊びに来て下さい、お待ちしていま~す!
(マァ、ズッキも、気軽に、ブースに来て、卒業後の様子など、語って欲しいですね)(^^)

それでは以上、何でもベスト3のコーナーでした~!っと言うコトで、ベスト3のコーナー!・・
アッ、間違えました。何でもベスト3のコーナーでは、皆さんからの、お題を募集してます。
ドシドシ、送って下さいマリア!(ここでアドレス告知していました)・・それでは最後に、
1曲、行きましょう!今日は何日ですか?・・21日~!今日は6月21日ですね!
それでは、6月21日に発売された新曲・・フフ、新曲じゃ無かった!フフ、もう~?
アノね、嚙み噛みに、なっちゃうのは許して!うんと~、滑舌、うん“ういろううり”って言うのを、
一杯、読んで、滑舌、直すから!もう、嚙み噛みなのは、ちょっと別だと思うけど!だ・・ホォ~?
丁度、10年前なんですって!真莉愛、この曲は、うんと~、うんと15(ワンファイブ)の時の~、
秋ツアー!15(ワンファイブ)の時の~、秋ツアーの、うんとPRISMで~!歌いました。聴いて下さい、
10年前の、6月21日に発売された・・」と言って曲を掛けていました。
(マァ、この曲がリリースされてから、もう10年経ったと言うのが、ちょっと驚きですね)(^^;

♪Ambitious! 野心的でいいじゃん♪ (モーニング娘。)

マリアンは「・・っと言うコトで、まりあんLOVEりんです!エンディングで~す!はい、さっき、
メッセージで頂いた、アッ、さっき、メッセージで“オチアイさん”から頂いた、無茶振りを!
忘れてないですよ!ちゃんと、遣りたいと思います。行きま~す!(ジャジャジャンのSE)
“OH!心が痛むと、いうのかい?う~ん、BABY それは恋、恋煩いさ、きっと僕と出会ったから、
君は恋をしたんだね!さあ、もう大丈夫、僕は、ここにいるよ、おいで、踊ろう~!
♪だから、慌てずにいこう、青~年♪“・・はい、終わりました~!フゥ~・・気が楽!もう、終わっよた、
終わった、終わった!もう、ねぇ~!フフフ、イヤ、言ったコト無いからね!その、ステージとかで!
だから~、フゥ~、一気に、キンチョーが解けた!よ~し!(パチパチ拍手してます)・・終わりました。
“オチアイさん”どうですか?感想、又、聴かせて下さいね!よ~し!・・」と言った後、
この日の、ラッキーラブリン賞を“タクボハルキさん”に贈ると言って、インフォメーションを色々、
語っていましたが、最後に「・・はい、今日はもう、メチャメチャ、テンション、上げ上げでね、
息、切れちゃってるけど、もう大声、出し過ぎて、喉、もう少しでガラガラに、なっちゃうじゃないか?って、
言う位だけど、メチャメチャ楽しかったです!何か、1人で話してるけど~!周りに~、聴いてる人が~、
その、真莉愛の目の前に、もう、千人ぐらい居る感じ!幽霊、見えてるとかじゃ無いよ!ホントに!
それ位、スッゴイ、楽しかった・・し、ちょっと熱くなった~!よし、頑張ったぞ!真莉愛、
来週も、上手に、もっともっと、お話出来るように頑張りたいと思います。っと言うコトで、
明日も嬉しいコト、楽しいコト一杯有るといいね!モーニング娘。‘16の牧野真莉愛でした~!
おやすマリア!」と言って終わっていました。
マァ、ミスムンの台詞部分も、最後に、しっかり言えましたし、今回は、マリアンとしても、それなりに、
満足出来て終わった、という感じですかね。(^^)


コメント

モーニング娘。'16牧野真莉愛の「まりあんLOVEりんですっ♡」第4回その2(6/21) 

2016-06-26 00:00:01 | Weblog



その1からの続きです。

状況はリスナーのメッセージ紹介、2通目からです。

続いてのメールは東京都の“サクボハルキさん”からで
“真莉愛ちゃん、こんばんワ~イ!(マリアンは「テンション高い、イエ~ィ!」と言ってます)・・
真莉愛ちゃんは、あかねちんに、妹キャラの点で、持って行かれてるようですが、声は、あかねちんよりも、
妹キャラなのに、もっとグイグイ、行っていいと思いますよ!“との内容でした。

マリアンは「は~い、有難うございます。そうなんですよ!羽賀朱音ちゃんもね、甘えるのが、
上手なんですよ!うん、真莉愛は~、どっちかと言うと甘えに行きたいけど~・・甘えに行ってるけど~!
上手く言えないタイプ!う~ん、だから~、あかねちん・・あかねちんも凄いと思いますよ!
あかねちん、ねぇ、何かもう、笑い方から~、その何か~、仕草から~、全部、あの子は判ってる!
判ってると言うと、ちょっと何かフフ、ちょっと何か、アイドルみたいな感じで、うん?
計算高い、みたいに、なっちゃうと思うけど~!あかねちんは凄いと思います!うん、何かもう、
妹キャラ、って言うのを~、徹底してる!今、真莉愛、頑張って、言葉、使ったけど!
うんと、妹キャラって言うのが成り立ってると思う!で、真莉愛は~、うん、最初は何か、
そういう風に自分も甘えたいなと思ったけど~!もう15歳になったし~!高校生になったし~!
もう、あかねちんはね、子供で、今は、いいと思うけど~!真莉愛は~、ちょっとずつ、
大人っぽい真莉愛を、見せて行きたいし~!こうやって喋ってる時は~、多分、
15歳に見えないと思うよ?もっと年下に見えると思うから~!マァ、このまま行きたいと思います。
グイグイ行くかは、その時の真莉愛の気分次第!有難うございま~す!」と言っていました。
マァ、マリアンには、妹キャラと、女性っぽさ、両面を示す感じで、今後も行って欲しいですけどね。(^^)

続いてのメールは、神奈川県のラブリンネーム“オチアイさん”からで
“真莉愛ちゃん、こんにちマリア~!先日、鈴木さんの卒業を持って、ラストを迎えた春ツアーですが、
2ヶ月半の間、本当に、お疲れ様でした。真莉愛ちゃんにとっては、Mr.Moonlight愛のビッグバンドで、
メインの1人として見せ場が出来たことが、前回までのツアーからの、大きな変化かなと思います。
最初に見た時は、まさかのメインの男役だった、驚きと同時に、新たな魅力を見せてくれたことが、
とっても嬉しかったです。さて、この曲の間奏で、主役の工藤遥さんが、カッコ良く決めて、
台詞を言う場面が有りますが、これを真莉愛ちゃんがやったら、どうなるのでしょうか?っと言うのが、
ず~と気になって仕方有りません!是非とも、この場で、やって頂けませんでしょうか?“との内容でした。

マリアンは「ウワ~!来たよ、来た、来た!イヤ何か、恥ずかしいねぇ!フフフ何か、恥ずかしいね、これ!
う~ん?何だっけなァ?何だっけ、最初?アハハハ、イヤ、待って!これねぇ、アノ~、ワザとじゃ無いよ!
ワザとじゃ無いよ、今、思い出してるの・・♪LaLaLa・・Sing a Song~・・♪何だっけ?最初・・
“OH!心が痛むと、いうのか?う~ん、BABY それは恋、恋煩いさ、きっと僕と出会った・・”
フフフ、ちょっと待って~!フフ、ホントに判んな~い!イヤ、じゃあコレ、最後にしてもいいですか?
じゃあ、エンディングで言いますね!それまでに、ちょっと練習しとくので!ちょっと楽しみにしてて下さいね!
有難うございます。メッセージ!っと言うコトで、今日も沢山、メッセージ、有りましたが、うん、台詞は~、
イヤ、絶対、言うよ!絶対、言うよ、約束だから!だけど~、ちょっと、今は~、うんと~、
置いといて貰っても、いいですか?ごめんちゃいマリア!っと言うコトで、以上、
ラブリンメールのコーナーでした~!」と言って、コーナーを締めていました。
マァ、最後に、楽しみは取って置くと言う感じですかね。(^^)

“真莉愛の、何でもベスト3~!”

マリアンは「リスナーの皆さんが送ってくれた、色んな、お題に対する、ベスト3を発表するコーナー!
イエィ!早速、行っちゃいマリア~!レッツラゴー!」と言って、投稿メッセージを紹介していました。

最初は兵庫県のラブリンネーム“カンノンスマイルから来た男さん”からで、マリアンは
「来て下さったんですね!有難うございま~す!喜んで、お出迎えを致します・・フフフ、日本語、
合ってるか、判んないけど!・・」と言ってメールを読んでいました。そのメールは
“・・・ちょっと舌っ足らずな、真莉愛ちゃんの喋り方に嵌ってしまいました。早速、質問です。
好きなキャラクター、ベスト3は何ですか?“との内容でした。

マリアンは「ウワ、来たな?これ~!ちょっと舌っ足らずな、って言うコトは、もうイヤ、答え、もう、
決まってるんじゃないですか?よし、行くぞ~!第3位は(ジャンのSE)
ミッキー&ミニー!ホントはね、ミッキーとミニーちゃん、1番好きだよ、真莉愛!うん、1番好き!
ミッキーとミニーちゃんが~、真莉愛、色々、握手会とかでも~、アノ~、好きなキャラクター、何?って、
言われて~!ミッキーとミニーちゃんです!って、言うから~、本当に、ホントに、真莉愛、
ミッキーとミニーちゃん、大好きなんですよ!ま、ディズニーが大好きだからね!よし!って言うコトで、
フ~!・・第2位、行きたいと思います。(ジャジャンのSE)・・ラプンチェル~!ラプンチェルも大好き!
アノ~、ね、凄い綺麗じゃないですか、ってか、可愛い!真莉愛、プリンセス、大好きなんですよ!
で~、ラプンツェル、って~!ツェルの、ツェ、って、本当は、ツに、小さい、ェ、なんですって!
ま、そんなの関係無い!・・関係は有るけど!うん、ママも~・・、でも聞いて下さい!
真莉愛、ラプンチェルって言って~!アノ、メンバーの、みんなに、ラプンツェルでしょ?みたいなコト、
言われたけど~!そんなの~、ツに小さい、ェでも、チに、小さい、ェでも~、読み方は、別に、
いいんじゃないかな?って、思うんですよ!ま~、牧野家、みんな、ラプンチェルって言ってま~す!
だからもう~、ラプンツェルとも言える、言えない訳ではないよ?だけど~、ラプンチェルですよ!
ラプンチェル!はい、次、行きたいと思います。
(マァ、どちらでも、直ぐ、そのキャラクターだと判りますからね)(^^;

第1位は(ジャジャジャンのSE)・・白雪姫~(シラユヒキメと言ってるようです)・・イエ~ィ!フフフ、
イヤ、これも~、これも聞いて下さい!真莉愛、シラユヒキメって言うんですよ!真莉愛~、
シラユ~ヒキメ、うんと~、キと、ヒが~、逆に、なっちゃうんですね!小さい頃から、言えないんですよ!
滑舌が悪いのか~?覚え方を間違えたのか~?漢字で書いたら、そりゃ、判りますよ!白いに~、
雪に~、姫でしょ?だけど、シラユヒキメ!うん、3回ぐらい、言ってみて下さい!シラユキヒメ、シラユヒキメ、
シラユ・・ヒメ・・言えない、絶対、言えない!うん、だから~、シラユヒキメでいいんです!大丈夫!
はい、以上、この好きな、キャラクターでした!じゃあ、次、行きますよ!・・」と言っていました。
マァ、小さい頃に言ってた呼び方って、中々、修正は難しいと言う感じですかね。(^^;

この後、その3に続きます。

コメント