ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

「HBCラジオさなみよアップステージ」第82回前編 (10/26)

2014-10-31 00:00:01 | Weblog

  

今回もボリュームが膨らみましたので前編、後編に分割してレポさせて頂きます。

(S=沙菜ちゃん、E=絵梨香ちゃん)

S 「こんばんは、伊藤沙菜です!」
E 「こんばんは、三好絵梨香です!」 
S 「サァ、今週も、やって参りました、さなみよアップステージです。」
E 「は~い!」
S 「メールが届いていますよ!」
E 「オッ!」
S 「ラジオネーム“さっぽろスズランさん”から頂きました。」
E 「有難うございます。」
S 「有難うございま~す!“8月10日放送の、テレアプ大作戦コーナーで、道重さゆみちゃんが、
サプライズでスタジオに乱入した場面でオンエアされていましたが、先週の、さゆみんのラジオ番組の中で、
そのコトが話題になっていて“・・」
E 「オ~!?」
S 「“絵梨香ちゃんの話になり、さゆみんは、絵梨香ちゃんが、最近は美勇伝の頃より、
天然度がアップした感じがすると話していました“・・」
E 「アハハ、エ~?」
S 「“私は、ここ最近の絵梨香ちゃんは、天然な印象より、大人な女性の雰囲気を増していると、
感じているのですが、絵梨香ちゃんは最近、さゆみんと会った時、そんな印象を、さゆみんに与えたと、
思い当たるコトって有りますか?もし、有ったら、その経緯(いきさつ)など教えて下さい“」
E 「はい、全く無いです!」
S 「アハハハ」
E 「フフ」
S 「早っ!食い過ぎじゃないですか?」
E 「イヤ、でも、さゆみちゃんが自分の番組で~、その、こないだのサプライズのコトを、
話してくれたのは嬉しいね!」
S 「う~ん、ねぇ!」
E 「ねぇ!」
S 「さなみよアップステージって言う名前も、出してくれたんですよ!」
E 「エ~、嬉しい!イヤ、私もアノ、美勇伝の頃より“さっぽろスズランさん”が言うように~!
しっかりしたと思うんですよ!」
S 「オ~?フフフ」
E 「フフフ」
S 「成る程~!?」
E 「・・だし~、その、さゆみちゃんが、そうやって~!美勇伝の頃よりも増して、
天然に、なってると言うのも~・・。」
S 「う~ん!」
E 「正直、心当たりが無いし~!」
S 「う~ん・・。」
E 「イヤ、大人に、なったんですけど~!って、感じなんですけど~!フフフ」
S 「アハハハ」
E 「エ~?・・」
(マァ、特に、絵梨香ちゃんは結婚後は、大人の自覚が芽生えて来た感じがしますけどね)(^^)

S 「アノねぇ、もう1人、届いているんですよ!」
E 「は~い!」
S 「ラジオネーム“セイコマさん”から頂きました。」
E 「有難うございます。」
S 「“こないだ、道重さゆみちゃんが、ラジオで、さなみよアップステージに出たと言う、
お話をしていました”・・」
E 「う~ん!」
S 「“三好さんのこと、会う度に綺麗に、なってるって褒めていましたよ”・・」
E 「ア~・・。」
S 「“後、某テレビ番組で、三好さんと、さゆみんが絡んだ時、さゆみんが、三好さんのスカート、
可愛いね!って言ったら、チャックを開け始めたらしいじゃないですか?・・“」
E 「フフ、ア~?・・」
S 「“さゆみんが言うには、三好さんはドンドン、天然に、なっていると、いう事です。
そこで質問なんですが、沙菜さんから見て、三好さんは天然ですか?又・・年々(噛んでます)
天然が・・進行していますか?“」
E 「フフ、何、何、何?」
S 「アハハ」
E 「何って言ったの?」
S 「フフフ、失礼・・“又、年々、天然が進行しているように思いますか?”っと頂きました。」
E 「フフ、ちょっと待って!それ、昔の話だ!」
S 「昔?・・」
E 「昔、前、一緒にテレビ番組に出た時にね・・。」
S 「はい!」
E 「その、東京に居た時!その時に~、アッ、何となく思い出した!何か、スカート可愛いねぇ!って
言われて~!アッ、そう、有難う~!って、言って、チャックを下ろしちゃったの!」
S 「フフフ、そうする~?フフ」
E 「フフ、違う、それは~、それはね、アノ、恥ずかしかったの!」
S 「フフ、うんうんうん!」
E 「アノ、褒められて!」
S 「イヤ、もっと恥ずかしいコト、やってるけど!フフ」
E 「フフ、そうなんだけど!あんなね、可愛らしい~、自分でも可愛い、私が世界一可愛い!って、
言ってる~、可愛いフフ、さゆみちゃんにね!フフ、アノ、ちょっとアノ~、アレも入りましたけど~!」
S 「フフフ」
E 「毒も入りましたけど~!・・に~、可愛いね!って、唐突に言われて~!」
S 「う~ん・・」
E 「どう返していいか、判んなくなって、アッ、そう~?って、何か、ふいに~、何か、チャックを、
下ろしちゃった~!フフ」
S 「フフフ、アハハ、どう言うコトですか~?」
E 「そう~!ビックリですよねぇ!・・」
(マァ、さゆみんに、そのスカート、プレゼントしようとしたんですかね?)(^^;

S 「イヤ、でもねぇ、絵梨香ちゃんは天然だと思いますよ、私も!」
E 「イヤ、ホント、沙菜ちゃんも思う~?」
S 「アノね、数字に弱いなって思うコトが~・・。」
E 「フフ」
S 「凄く、多くて~!」
E 「マジ?う~ん!」
S 「それこそ~、ま、一緒にね、アノ、やってるテレビ番組なんですけど~!」
E 「うんうん!」
S 「その、ロケで~、ま、2014年何月何日って言う~!・・」
E 「うんうん!」
S 「コトを言わなくちゃイケなかったんですよ!」
E 「はいはい!」
S 「でも、練習から~、ずっと2012年って言ってて~!」
E 「アハハハ」
S 「フフ、絵梨香ちゃん、2014年ですよ!って、アッ、間違えた、とかって言って!又、練習でも、フフ、
2012年って言って!フフ、イヤ、だから2014年だってば~!って!アッ、判った、本番で気を付けるって
言って!本番も案の定、2012年~!って言って!フフフ」
E 「有ったねぇ!」
S 「もう、自信満々に言うし~!何かこう、時間とかも~、例えば、15時30分とかだったら~!」
E 「うん!」
S 「5時30分!みたいな~、感じで、こう~、1を抜かして~!」
E 「う~ん!」
S 「そもそも、3時の15時なのに~!フフフ」
E 「フフフ・・」
S 「5時って言っちゃったりとかね!」
E 「イヤ~、確かに、それは有るかも!数字には弱いかも!」
(マァ、絵梨香ちゃんは普段から日時は、あまり気にしないタイプなんですかね)(^^;

S 「イヤ~、でも~、そんな~、先輩も、私は可愛いとフフ、思います。フフ」
E 「フフ、エ~?沙菜ちゃんに言われると、何か?イヤ、でも、アッ、そうですか~?でもホントに~、
アノ~、札幌、帰って来てから~、ま、年齢のアレも有るけど~、ドンドン、ドンドン、年々~、アノ、
しっかりして来たなァって思うし~!天然だね?って、言われるコトも無くなったんだよね!
結構しっかりしたハズなんですけど~!ま、久し振りだったからかな?さゆみちゃんに会ったの!」
S 「ねぇ、リスナーの、今、聴いてる、あなたは、どう映ってるんでしょうか?フフ、絵梨香ちゃんを!」
E 「フフ、はい、教えて下さい!」
S 「教えて下さい。メールも、お待ちしています。では、今日も張り切って参りましょう!
S&E 「さなみよアップステージスタート!」

ここで今月のテーマミュージックが流れていました。

S 「改めまして、こんばんは!伊藤沙菜です。」
E 「三好絵梨香です!」
S 「さなみよアップステージのオープニングテーマは月替わりです。」
E 「はい!」
S 「今月は10月15日発売、モーニング娘。‘14のシングル“TIKI BUN”です。そして先週に引き続き!」
E 「は~い!」
S 「モーニング娘。‘14の皆さんが、この後、登場してくれます。是非是非、聴いて下さい。
そして皆さんからのメッセージもお待ちしています。(ここでアドレス告知していました)・・お待ちしています。」

“さなみよテレアプ大作戦”

ブースに、リ~ン、リ~ンと電話の呼び出し音が響いていました。

E 「さなみよテレアプ・・」
S&E 「大作戦~!」(ここで“恋のダイヤル6700”のイントロが流れていました)
E 「さなみよテレアプ大作戦!このコーナーでは、ハロープロジェクトの中から毎週1名をランダムに、
ピックアップ!電話を通して、その方の素顔に迫ります。ですが私達は、電話が誰と繋がっているか、
全く知りません!ラジオをお聴きの皆さんも私達と一緒に、電話の相手が誰なのかを考えて下さい。」
S 「電話の相手が判った方は、その人の名前を書いて番組までメールを下さい。
勿論、話の途中でも構いません!判った瞬間にメールを送って下さいね!メールは、こちらまで、
お待ちしています!(ここでアドレス告知していました)・・では、早速、電話を繋ぎましょう~!」
S&E 「もし、も~し!」(この後、G=今週のゲスト)

G 「もしもし~!」
S 「こんばんは~!」
E 「こんばんは~!」
G 「こんばんは~!」
E 「元気~!」
S 「何か、サバサバしていますねぇ!」
E 「うん!」
S 「宜しくお願いします。」
E 「お願いします!」
G 「宜しくお願いしま~す!」
S 「質問して行きます。」
G 「はい!」
S 「出身地は何処でしょうか?」
G 「埼玉県で~す!」
E 「オッ、元気ですね、何か!」
S 「何か~、アレ?聴き覚えが有りますね!」
E 「有りますねぇ!フフフ」
S 「フフフ」
E 「はい、では、血液型を教えて下さい!」
G 「A型で~す!」
S 「A型!」
E 「A型!・・」
S 「あなたはグループ内で、どんな役回りですか?」
G 「エ~と、ま、ボーイッシュですね!」
S 「ボーイッシュ!?」
E 「アノ~、声から、それが伝わって来るよね!」
S 「ねぇ、ボーイッシュ!成る程~!」(マァ、ちょっと絞られて来ましたね)(^^;

E 「では、これだけは誰にも負けないって言うモノを教えて下さい!」
G 「エ~と~、声なんですけど~!」
E 「うん!」
S 「はい・・。」
G 「メンバー1、ハスキーボイスだと思ってます。」
S 「オ~、自分でも、こう、自覚みたいなモノ、有りますか?」
G 「有りますね!」
S 「有ります?」
G 「みんなより!ちょっと低いなァって言う、感じとかも有りますし~!もう、ファンの方とかも~、
凄い、いい声してるね!って言って下さるので~、自慢ですね!」
S 「う~ん!」
E 「イヤ~、もうねぇ、私、判っちゃった~!もう~、この声、特徴、有るも~ん!」
S 「ホント~?イヤ、聴いたコト有るワ!と思うんですけど~・・。」
E 「フフフ、う~ん!」
S 「歌ってる時の歌とか、アノ、声とかも~!やっぱり、低かったりとかしますか?」
G 「そうですねぇ!はい、アノ~、結構、目立つほうだと思います。低めなので!」
S 「オ~?!」
E 「じゃあ~、もし、生まれ変わるなら~、何に、なりたいですか?」
G 「生まれ変わるなら~・・。」
E 「うんうん!」
G 「うんと、男性アイドルに、なりたいです。」
E 「エ~?女の子じゃなくて?」
G 「はい!」
S 「エ~、どうして、どうして~?」
G 「アノ~、今は結構~、男性のファンの方に~、応援して貰えるコトが!・・勿論、女性も、
居るんですけど~!アノ~、キャ~!って、言う声援を浴びたいですよ!」
S 「アハハハ」
E 「フフフ、アノ、黄色い声援、ってヤツだ!?」
G 「はい!なので~・・。」
S 「どちらかと言うとね、こう、声援も低いほうですよね!オ~、みたいに、なっちゃってね!フフフ」
G 「そうなんですよ。はい!」
E 「イヤ、でも~・・。」
G 「で、黄色い声援を!」(マァ、結構、最近はハロプロの、女性ファンも増えてますけどね)(^^;

E 「ボーイッシュなキャラも有って~!女性のファンが多そうなイメージが!?」
G 「そうなんです。最近~、その~、キャ~!って声が増えて来たなァって思うので~!
その~、何か、ま、この調子で~、増やして行けたらいいなァとも思っていますけど~!
やっぱり、勿論、アイドルの方に敵わないので~!」
S 「う~ん!」
E 「男性アイドルに、なりたい!?」
G 「やっぱり、は~い!いいなァって思います。」
E 「エ~、そうなんだ!」
S 「成る程~、因みに~、ま、似た感じに、なっちゃうんですけど~!」
G 「はい!」
E 「あなたの性格を一言で言うと?何でしょうか?」
G 「エ~?・・少年ですね!」
E 「アハハハ」
S 「オ~、やはり!」
G 「フフ、何かもう、私のイメージで、今日のゲストさん、今、ピンと来てる子は~、もう、
見た目からしても~、少年、みたいな~!」
S 「アッ、ホント~?」
E 「うん、可愛らしい、少年みたいなのが、見た目からも伝わってくるかも!?」
G 「フフフ」
S 「じゃ、最近の~、髪型とかって、ど~んな感じ?」
G 「髪型は~、ショートカットです!」
S 「オ~!」
E 「うんうん!」
S 「判った~!フフフ」
G 「判った、判った~?」
S 「フフフ」
E 「じゃあ、ここら辺にしときましょうか!取り合えず!」
S 「フフフ、そうですね!」
E 「皆さんも判りましたか~?判った方はメールを送って下さい!ここからシンキングタイムに入ります。」
(ここで“恋のダイヤル6700”の曲が流れていました)

S 「もう、ショートで、この声!イヤ、聴いたコト有るな!もどかしいな?と思ったんですけど~!」
E 「イヤ、でもねぇ、ま、合ってるかは、まだ判らないんですけど~!」
S 「はい!」
E 「ボーイッシュって言ってるけど~、もう、凄い、美少女だと思うの、私!」
S 「イヤ、凄い、整ってますよねぇ!」
E 「う~ん、羨ましいなって思う位!で、その見た目と、その声のギャップにも惹かれるし~!」
S 「うんうん、うんうん!」
E 「サバサバしてて気持いいよね!」
S 「女子が、こう、好きになる!」
E 「うん!」
S 「女性ですよね!」(ここで曲が止まりました)
E 「サァ、メールの受付けは、ここで終了です!皆さん、有難うございました~!」
S 「有難うございま~す!」
E 「では、予想した、ゲストの、名前を!」
S 「はい!」
E 「発表して行きたいと思います。」
S 「じゃあ、1人ずつ行きますか?」
E 「行きますか!」
S 「はい!」
E 「じゃあ、私から行きたいと思います。私が予想したゲストさんはモーニング娘。‘14の工藤遥ちゃん!」
S 「私も同じく、工藤遥ちゃん!」
E 「お名前を、お願いしま~す!」(ここでジングルのSE)
G 「モーニング娘。‘14の工藤遥で~す!」以後、H=遥ちゃん)

E 「オ~、当たった~!」
S 「アハハハ、食い気味で来ました!有難うございま~す!」
H 「は~い!」
S 「これは判った方、多いんじゃないですか~?」
E 「う~ん、イヤ、もう、やっぱ、声がね、凄い素敵~!で、特長、有る声だから~!」
H 「有難うございま~す!」
(マァ、遥ちゃんの声質は、ちょっと個性的ですからね)(^^)

この後、後編に続きます。

コメント

安倍なつみ「あなたに会えたら」NO284後編 (10/26) 

2014-10-30 00:00:01 | Weblog

  

中編からの続きです。

状況は、なっちのニューアルバム、光へ Classical & Crossoverの曲解説、12曲目からです。

なっちは、それでは最後の曲で、ボーナストラックに、なるけども、12曲目は“白のワルツ”で、
この原曲は今井美樹さんが歌っていて、作詞作曲は、布袋寅泰さんの曲で今回、ボーナストラックを、
どの曲に、しようかなと言うか、リリースする時期が、10月の末だったので、時期的にも、クリスマスも、
近くなるよね、で、クリスマスソングを入れたいね、と、なって、何がいいかな?とのコトで、一杯聴いて、
その中で、リクエストが有った曲で、私も今回、知ったけど、こういう曲が有ったんですね!と言う、
三拍子のワルツのノリの中で♪ツッタッタ♪(歌ってます)と、踊りながら歌ってるような感じになってる、
何か、やっぱり、クリスマスを意識して作られた曲だと思うけど、何か、ハッピーな気持になる、
素敵なナンバーだなと思うとの事で「・・う~ん、レコーディングの時は、やっぱりこう、踊ってるような感覚で
ワルツのリズムを感じながら、歌わせて頂いたんですけど!ねぇ、何か、聴いてくれた方が、笑顔に、
なってくれると、いいなァ、なんて思って!ねぇ、歌わせて頂きましたけど!何か、プレゼントって、
言う意味で!歌ったので、私も、ちょっと気持が、こう軽やかですね!フフフ、に、しても凄い高音でね、
歌ってますねぇ!フフフ、そうそう、ねぇ、この曲~の最後が~、そうなんですよ~!アノ~、歌詞がね、
アノ~、そう“世界で1番大好きよ、あなたが!”で、終ってるんですよ!これもね、そうなんですよ!
プレゼントですねぇ!フフ、アハ~、フフフ・・」と言ってました。
マァ、このアルバムの中では他の曲とは、ちょっと違う感じのメロディで、これも新鮮に聴こえましたね。(^^)

なっちは、と言うコトで、今週は、後半の6曲を解説して来たけど、如何だったでしょうか?
初回限定盤には映像も2曲、入ってるし、見ても楽しめるし、ホントに今回、1曲1曲が私にとって、
大きなチャレンジだったとの事で「・・マァ、曲に依って、私もアプローチを替えたりしたんですけど、
マァね、もう既にアルバムが手元に有るよ~!って方も、いらっしゃると思うんですけど!ねぇ、
沢山の曲の中から選びに選んだ、ナンバーです。是非、皆さん、じっくり聴いて下さいね!
それでは、ここで1曲、今、ご紹介した、後半の6曲の中から、ニューアルバム、
光へ Classical & Crossoverの9曲目、エ~、望月さんとデュエットさせて頂いた曲です。
ホントに難しいナンバーでした。エ~、それでは、お聴き下さい。安倍なつみで・・」
と言って曲を掛けていました。

♪この祈り♪ (ザ・プレイヤー、with 望月哲也)

10月のテーマは“夢を自由に語ってみよう!!”との事で早速、投稿メッセージが紹介されていました。

最初は千葉市の、ラジオネーム“タッツンさん”からで
“私の夢は、宝くじを当てて、築50年に、なる、家を建て替えたいです。その前に結婚する事が、
今、1番の夢です。因みに相手は、まだ居ません。今度、11月の15日に、婚活パーティが、
有るんですが、参加して来ます!“との内容でした。

なっちは「・・アッ、エッ、私の1コ下の方ですね!男性の方!エ~、婚活パーティとかって有るんだ~?
知らなかった!アッ、みんな結構、知ってるんですねぇ!婚活パーティとかってフフ、有るんですね!
エ~?そうなんだ~?築50年に、なる家を建て直したい!何か、そういう番組、有りますよね?
何~・・何、ビフォーアフター、みたいな?有りますよね?アレって夢が有る番組ですよね!何かね、
ボロッボロだった家がさァ、エ~?みたいな!おじいちゃん、おばあちゃんとフフ、一緒に住んでたねぇ、
お家が、何かねぇ、色々、住むにも狭かったけども、みたいな!快適~!・・アッ、
快適ビフォーアフターか?アッ、劇的?もう~・・ま、いいか!ま、そうフフ、そう言うね、番組に!
アラ、そうですか~?でも、いいですね、素敵な方に出会って!ねぇ、そこから、ねぇ、家を、
建て替えたい!って、凄いですね!アッ、でも、マァ、宝くじを当てて、だからね!フフ、ちょっと、
そうか、そう言うコトか?う~ん、そう言うコトですよね!う~ん、でも、まず、そうだなァ?夢~は、
まず、1番の夢は結婚するコトって書いてるからね!う~ん、それが叶ったらマァ、その彼女さん、
出会った、ねぇ、方と一緒にさァ、どうするか?ってコトを考えればいいよね!う~ん、ま、それが叶うと、
いいねぇ!32歳、いいですねぇ!そっか~、婚活パーティ、参加~・・してみる~?私、フフフ、そう~、
アノ~、東京都から来ました~、安倍なつみです~!って言ってさァ、何か、ネームプレートとか作ってさ!
フフ、どうなるかなァ?フフフ、ねぇ、何か、面倒臭そうと思われるかな?フフフ、大丈夫かな?
ねぇ~、イヤ~、そうかなァ、大丈夫かなァ?う~ん、いいですね!」と話していました。
マァ、なっちが婚活パーティにサプライズで現れたら、ちょっとパニック状態に、なるかも知れませんね。(^^;

続いてのメールはラジオネーム“モモンガさん”からで
“私の大きな夢は、航空管制官です!(なっちは「航空管制官?エ~、初めて聴きました!
管制官?」と言ってます)・・高1の時に、分離選択で悩み、職業から調べていたら偶然、見つけたのが、
キッカケです。元から飛行機が好きで、航空関係の仕事に就きたいと思っていたので、航空管制官の、
名前を見た瞬間に、ビビビッ!と来てしまいました。今は受験で勉強ばかりですが、夢を叶える為に、
頑張ります!“との内容でした。

なっちは「・・エ~?何か、航空管・制・官・・フフどういう~?(ソンちゃんが何か、アドバイスしたようです)・・
管制塔?じゃ、偉い人なの?・・国家公務員なの?じゃあ、お給料、高いの?アッ、そうなんだ?
アッ、じゃあ、偉い人・・アッ、じゃあ、必要な重要な、仕事って言うコトなんですね?へぇ~?
でも、ビビビっと来た、お仕事、に~、アレなんですよね?就きた~いと思って~!今、勉強、勉強して、
頑張ってるってコトなんですよね?イヤ~、何か、難しそう~?試験が~!イヤ~、でも、でもね、
そこにこう、叶えたいんだって言う気持が有れば~、行けますよね!しかも何か、オ~!って来たってコトは
その直感を信じて~!是非、叶えて頂きたいですねぇ!難しいと思うけど、私には~、絶対、無理!
う~ん、でも“モモンガさん”“モモンガ君”頑張って下さいねぇ!イヤ~、凄いですねぇ!右良し、左良し、
みたいな感じなの?フフ、そう言うコトじゃ無いの?フフ、もっと行け~!みたいなコト?(ここで、又、
ソンちゃんが何か、言ってます)・・アハハ、到着するんでしょ?到着した~!みたいなコト言うの?
(ソンちゃんは「エ~と、ひとまず、そのフフ、何って言うんですかね?一杯有る、到着する便を、
エ~と上手~く、その一杯有る便を、事故の無いように無線で・・」と言ってます)・・事故が無いように、
良し~!(「パイロットと無線で・・」と言ってます)・・アッ、そうなんだ?アッ、事故じゃ無く、飛ばすのね?
アッ、何だ、その単に見えてるコトじゃ無くて!アッ、そう言うコトなんだ、空に飛んでて~、アッ・・
(ソンちゃんは「地上に居て、空に!」と言ってます)・・
(マァ、ここでは普段、あまり届かない、マネージャー、ソンちゃんの声が、かなり良く聴こえてましたね)(^^;

地上に戻って空に飛んでる~人と~、コミニュケーションって!フフ、言うか、何か、遣り取りして、
アッ、離陸良~し!みたいな、滑走路!混んでないから、いいよ~!みたいな!いいよ~、
飛んでいいよ~!到着してフフ、いいよ~!みたいな!・・ちょっとバカが、バレますね!喋ると!フフ、
ア~、ごめんなさい、ごめんなさい!もう~、ホントに判んないんですよ!そういう、でも、そういう方が居て、
私達はね、飛行機、無事に、ねぇ、離発着出来てるってコトだから~!有難う~!フフフ、そういう方達、
居てくれて有難うだし~!こう、その“モモンガさん”何より、頑張って頂きたいと思いますので、ねぇ!
ごめんなさいねぇ!宜しくお願いしま~す!は~い、何がだ?ってフフ、話したけどフフ、宜しく、
お願いします。は~い!有難うございます。・・」と言っていました。
マァ、なっちが迷った時の、ソンちゃんとの遣り取り、もっと、しっかり聴いてみたいですね。(^^;

そして、なっちは、来週からは、新しいテーマで、11月のテーマは
“ちょっと早いけど、2014年の自分を漢字1文字で表現してみよう!“で、今年、2014年は、
皆さんにとって、どんな年でしたか?ちょっと早いですが、今年を振り返って、あなたのこの1年を、
漢字1文字で表して下さい!メールには必ず、何故、その漢字にしたのか、理由を教えて下さい!
と言って、アドレス告知していました。この後「・・あなたに会えたら!今夜のラストナンバーはも、
今週、22日にリリースしました、私の新たな挑戦となったアルバム、光へ Classical & Crossoverから
これからの葛藤の中でも、大切な1曲に、なると思います。オリジナル楽曲です。聴いて下さい。
安倍なつみ・・」と言って曲を掛けていました。

♪光へ♪ (安倍なつみ)

ここで又、日記風に読んでいました。

「○月×日、いよいよ、発売されました。光へ Classical & Crossover、
嬉しいですねぇ、ドキドキしますねぇ!皆さんの感想が聴きたいです。
そして、まだ聴いてないよ!と、言う方は是非、聴いて頂きたい、
そんな作品ですねぇ!1人でも多くの方の心に届きますように!」
(マァ、1度、聴いたら絶対、又、聴いてみたくなるアルバムだと思いますね)(^^)

エンディングで、なっちは「・・イヤ、何か、今日はねぇ、ちょっと何だろなァ?言わせて貰うとねぇ、何かねぇ、
こう、ボンヤリしたまま~、何か、お届けした感じが有ってアノ、気持的にはね、ちゃんと、そのね、
大事な週だしね、ちゃんと遣りたいって気持が有ったんですけど、何か、呂律が回んなくて、頭ん中が、
ちょっとアレ、でしたね、ごめんなさいね!何か・・何か、ごめんなさいね!来週からは、ちょっと気持、
入れ替えますから!フフフ、そんな時も、マァ有る!でも、ちゃんと遣りましたよ!そうです。はい・・」
と言って、この後、インフォメーションを色々、語った後「それでは、あなたに会えたら!
来週、日曜日の夜9時、ここで、あなたに会えたら!フフ、大丈夫だったかな?今日の放送?フフ、
何か~、ヘラヘラしたかなァ?頑張るねぇ、来週から、又!フフフ、そんなコトは無いんですけどねぇ!
何か、ポリポリポリ・・!フフ、っと言うコトで、今日も、お聴き下さいまして有難うございます。
はい!っと言うコトで安倍なつみでした。それじゃあ、みんな、したっけねぇ~!バイバ~イ!」と
言って終っていました。
マァ、今日の放送も、なっちらしくて充分、楽しめた素敵な内容だったと思いますけどね。(^^)

コメント

安倍なつみ「あなたに会えたら」NO284中編 (10/26) 

2014-10-29 00:00:01 | Weblog

  

前編からの続きです。

状況は、メッセージ紹介が終わった後からです。

なっちは、ここからは只今、リリース中の、ニューアルバム、光へ Classical & Crossover特集の
後編で、先週1曲目から6曲目までを解説したので、今夜は、後半の7曲目からの
“私だけに”からですね!と言って、スタートしていました。
そして、この曲は、ミュージカル、エリザベートの劇中歌で、この中に登場する王妃、エリザベートの、
大きな決断、決意の大ナンバーで、私も、王妃になったつもりで、歌わせて頂いたけれど、ホントに、
これまでの自分の経験とかを振り返ると凄く、リンクする部分が多い曲なんです、と話していました。
そして、この詞の中には、ホントに、エリザベートは自由を愛した人なので、私も、何処か、何か、
こうじゃないとイケないとか、こうしないとイケないと言う所に居た時に、ホントに私は、こうやって、
自由な世界へ飛び立ちたいとか、何か、型に入れられた自分はイヤだな、もっと自由な所に、
羽ばたきたいなと言う、エリザベートの気持と、私の気持がリンクする部分が有ると思うとの事で
「・・う~ん、誰しも有りますよね、でもね、何か、ア~、今、居る自分の場所が、環境が、
窮屈だなァって!もっともっと、こう、夢を見たりとか!う~ん何か、そういう経験有ると思うんですけど、
私は、そういう部分を重ね合せて、う~ん、レコーディングしたんですけど!イヤ~、結構、でもね、
アレでしたね、ミュージカルナンバーなだけに結構、やっぱり、大変でしたね。う~ん、この曲は、
音符に忠実に、と言うよりも、何かこう、上から音を宛てるような感じで、ちょっと高い所から、
歌っているような意識で、イメージをしながら歌ったナンバーです。はい、そうなんですよ。
このね、アルバムをね、マァ、聴いて下さった方?マァ、ずっと私、雑誌のインタビューとかさ、色んなアノ、
ラジオとか、番組で何か、聴きましたよ!って方の感想とかも・・で、多かったのは“私だけに”の声?
歌い方を聴いて、イヤ、これ、ホントに、なっちなの?みたいなコトを思った、って言う声は、この曲に関して
結構、多く、聴くコトが多かったですね。う~ん、そうなんですよ。は~い!」と語っていました。
マァ、初めてこの曲を聴いた時は、その素晴らしい、なっちの歌声に圧倒される感じでしたからね。(^^)

続いて8曲目は“オン・マイ・オウン”で、この曲はミュージカル、レ・ミゼラブルの劇中歌で、これは、
エポニーヌと言う役の女性が歌う、とても切ないナンバーだけど、片思いをしてて、家庭も貧しくて、
その思いが届かずに終ってしまう、何か、切ない思いで、この1曲の中で、とても色んな気持に、
私も、なるし、何か、曲の中にドラマが有って、片思いの切なさだったりとか、ホントに切ない、
苦しい思いになって何か、このイントロが流れた時から私は、そのエポニーヌの気持に、
なってしまうと言うか、歌ってると言うか、演じている、そういう気持になるとの事で
「・・う~ん、この曲を初めて歌ったのは去年の本田美奈子さんの~、その、メモリアルコンサートの時に、
初めて、そう、お客さんの前で歌いましたね。う~ん、なので更に、そのエポニームの気持?と言うか、
マァ、ストーリーの中で!っと言う感情で歌うのかな、って言うのを改めて、作品と向き合って、う~ん、
でもねぇ、何か、エポニーヌって、でも男の子っぽく居ようと!その片思いしていた、マリウス、何か、
男友達みたいな男同士みたいな感じで、ずっと小っちゃい頃から育ってきてて!でも、気付いたら、
その友達だと思ってた人が何か、好きな人に変わって行って!ねぇ、って、気付いた時には~、
でも想いを何か、素直に打ち明けられない、でも、こう1人に、なった時に、何か、独り言のような感じで
自分の感情を、ポロポロ、ポロポロ、独りぼっち!私は独りぼっちだけど、でも、あなたのコトを大好きだよ!
と言うか、愛してるって言葉で!う~ん、ねぇ、とても素敵だよねぇ!この曲は、私はレ・ミゼラブルの中の、
大ナンバーだと思ってます。は~い、ねぇ、皆さんも是非、聴いて見て下さいね。」と話していました。
マァ、メモリアルコンサートで、なっちが歌ったコトがキッカケで、このアルバムが生まれたと言う意味でも、
なっちに、とって大切なナンバーですよね。(^^)

そして9曲目は“この祈り、ザ・プレイヤー”で、望月哲也さんと一緒に歌わせて頂いたナンバーで、
望月さんはオペラ歌手の方で、初めて今回、お会いさせて頂いたけど、ホントに素敵な歌声を、
お持ちの方で、望月さん本人もホントに、穏やかで素敵で、何か、見た目はクマさん、みたいな人で、
温かい方で、声量に、もうビックリしたけど、でも、アルバムの中で唯一のデュエットナンバーなので、
何か、寄り添う感じで歌えるといいなァと思って、でも寄り添うように、でも何か、やっぱり強い芯を持って、
歌いたいなと言うのも、何処かに有って、この曲は、色んな方が歌ってるけど、何か、今の私で、
お届け出来るザ・プレイアーになるといいなと思いながら歌わせて頂いたけどホントに難しかったですね。と
言っていました。やっぱり、2人がハモったりとかも、途中でドンドンして行くけど、それが、もう大変で、
音取りと言うか、それを追うのが、もうパニックになってレコーディングの前日とか、ずっと鍵盤を叩きながら、
そう、家に、ピアノが有って、その鍵盤の音符の、これ何?みたいな感じで、ずっと1人で、それをやって、
スタジオに入ってからも、ずっと、やってたけど、難しいんですよ!と話していました。
マァ、所詮、なっちは、今まで男性とデュエットしたコトって、殆ど無かったですからね。(^^;

そして女性だからと言って、男性と一緒に歌う時に、上のパートを歌う訳では無くて、私が急に、
下のパートを歌ってたかと思ったら、上のパートに行って、又、フツーのメロに行くとか、いう風になるので、
それが結構、吊られちゃって、その主メロが有る程度、自分の中に入ってたので、イメージして覚えてた、
メロディーに吊られてしまうと言うか、そうなんですとの事で「・・フフフ、そうでした。そう、これは~、
プレイヤーの時は、オケ録りは、一緒に歌って、望月さんと同じブースに入って!で、レコーディング、
歌入れの時はバラバラで~!っと言っても、マァ、先に、望月さんに歌って頂いて~!私は、その後、
ブースに入って!そう、熱気で、ちょっと凄かったんですけど!フフ望月さん!それフフ、はい、
ちょっと暑いなァ、ま、夏だったって言うのも有るんですけど、すみませんね!フフ、それで、ちょっと、
涼しくしながらね、フフ、マァ、望月さんの声も、こうやってね、アノ~、上げたりして!フフ、そうそう、
ね、素敵でしょう?今、流れてるけど(バックメロディーで流れてます)・・そうなんですよ!
は~い、何か、2人の、こう、やっぱり、こう、バランスとかって言うのも有るので、そこも、やっぱり、そう、
望月さんとの持ってる、素敵なこう、独特のと言うか、アノ~、オリジナルの、その歌唱法が有って!
で、私の歌声と、どういう風に聴こえるのかなァ?って言うのが、ちょっと心配でも有ったんですけどね、
う~ん!そうそうそう、でも何時かね、一緒にこう、ステージで歌えるといいなァ、なんて思うんですけどね!
は~い!・・」と語っていました。
マァ、是非、今度、テレビでも2人のデュエットで、この曲、披露して欲しいですね。(^^)

続いて10曲目は“夢はひそかに”で、この曲は、ディズニー映画、シンデレラの劇中歌ですけど、
シンデレラは素敵なストーリーで、今回、曲を選曲して行って、ディズニーのナンバーは、実は、
何曲か、有ったけど、その中でも、私は、この曲は何か、子供達とかが聴いてくれた時に、何か、
笑顔に、なってくれたりとか、優しい気持に、なってくれたらいいなと思っていたとの事で「・・夢とか、
愛とか、ホントに何か、柔らかくて優しくて、温かい~!気持で?何か、子守唄、歌うみたいな感じで、
歌いたいなァと思って!う~ん、この曲に決めたんですけど!う~ん、そう、この曲だけね、何かこう、
何だろな?う~ん、歌い方を、ちょっと変えてるんですね、う~ん、何かこう、何って言うんだろうな?
流れるようにと言うか、うん、この何か、流れてるメロディ?う~ん、っ、と一緒にこう、何だろ?何かこう、
一緒に歌う感じ?う~ん何か、いい感じでした、ねぇ、幸せ!って感じですね。ホントに素敵な、
ナンバーですね、ホントに!気分はね、うん、シンデレラでしたよ。ホントに!フフフ、すみません、はい!」
と話していました。
マァ、聴き馴染の有る曲ですが、なっちが歌うと、何か、依り新鮮な感じに聴こえますね。(^^)

そして11曲目は、このアルバムの中で、唯一のオリジナルナンバーで“光へ”で、この曲は、やっぱり、
私の中で、大きな挑戦で、チャレンジで、新しい世界観で表現すると言うコトで、やっぱり、せっかくだから、
オリジナルナンバーが欲しいなと思って、今回の音楽チームの皆さんに、それを伝えたら、そうですね!って、
言って下さって、曲を書き下ろして頂いたけど、作詞は、吉元由美さん、作曲は、村松崇継さんに依る、
オリジナルナンバーなんですけど、これは丁度、レコーディングスタジオに私が居て、何か、オケ録りを、
していた時に、丁度、出来上がりました~!って届いて、もう聴いた時に鳥肌が立って、その瞬間の、
私の姿が、何とドキュメンタリー映像に、なっていたとの事で「・・アッ、この時、アノ“光へ”の、曲、
出来上がって来て感動してる時のヤツだって!多分ねぇ、私が何か、その~、レコーディングスタジオに、
有ったソファの所で~、脚をね、三角座りしてる感じで~!音を聴いてる姿が~、それが、そうだとフフ、
思うんですけどね!フフ、そうそうそう、その、マァマァ、そう言うのも有りながら!う~ん、この曲は、
ホントねぇ、イヤ~、何か、感慨深かったですねぇ!私、今まで、やっぱり、モーニング娘。時代から、
ソロに、なってからも、やっぱり恋愛のナンバーが多くてね、う~ん、でも、その中でも、やっぱり何だろな?
頂く、曲って言うのは成長してたと思うんですけど、10代から20代になって!でも、こういう世界観のねぇ、
何か、生きるとか~、命とか~、何か、生きる上で大切なコトを、この曲から私は、教わってるような、
感覚にも、なるんですよねぇ!う~ん、こういう壮大なナンバーを、私が歌わせて頂ける風になるなんて、
こういう曲を頂けるなんてさ、何か、ホントに、自分としてはね、感慨深いんだ!ア~、そうか~って!
ねぇ、やっぱり、大人になったんだなァとか~!う~ん、絶対に、ねぇ、10代20代では、
歌うコトは出来なかったようなナンバーだなと思うし~!う~ん、ねぇ何か、しかも、今の自分自身のこう、
心境と物凄く、重なるんですよね!何か、新しい道へと言うか、光のほうへ向かって行く、
夢に向かって行く気持!う~ん、何か、ホントに前向きに、なれるようなナンバーでも有るので、
何か、今、正に、そうですよ!って方も、きっと一杯、いらっしゃると思うので!う~ん、是非、何か、
そういう方達にも聴いて貰いたいなって、いう曲になったので!ねぇ、是非、聴いて貰いたいですねぇ!
う~ん!・・」と語っていました。
マァ、このナンバーは、ホントに素晴らしい楽曲なので是非、ソロ曲としてリリースして欲しいですね。(^^)

この後、後編に続きます。


コメント

安倍なつみ「あなたに会えたら」NO284前編 (10/26)

2014-10-28 00:00:01 | Weblog

 

今回も諸事情に依り、前、中、後編に、3分割してレポさせて頂きます。

オープニングで、なっちは「今夜もラジオの前で聴いてくれてる皆さん、ラジコで聴いてくれてる皆さん、
こんばんは、bayfmあなたに会えたら!安部なつみです。サァ~、今週22日にニューアルバム、
光へ Classical & Crossoverリリースと、なりましたが、皆さん、聴いてくれてますか?は~い、
そしてですね、一昨日、昨日と東京はCOTTON CLUBで、安倍なつみClassical & Crossover
スペシャルライブが行われました!が、いつもの如く、今、喋ってる私は、このライブの直前と言うコトで!
ドキドキ状態の私なんですけれども!ねぇ、本番は、どんなライブに、なったんでしょうかねぇ?
マァ、いつものコトのように、ねぇ、キンチョーしてたと思うけど!う~ん、何とか遣り切れてるといいなァ!
イヤ~、リハーサルではですねぇ、ま、そうですね、今回のライブの為に集められた演奏家の皆さんと、
一緒に、マァ、リハーサル頑張りましたけど、そのリハ中にですね、アノ、テレビの密着カメラが入ったりとか、
アノ~、マァ、いつもの私のソロのライブの?アノ~、リハーサルの雰囲気とは、又、ちょっと違う感じは、
有ったんですけどね、勿論ね、うん!スタッフの皆さんも違えばホントに新しいコトに挑んでいる訳ですから、
そういう環境の中で、やってるんですけども、ねぇ!イヤイヤイヤ、ドキドキですよ!フフ、まだ、
直前なんでねぇ、フフ、無事に終ってますように!エ~、是非、皆さん、アルバム、そしてライブの感想を、
番組宛てまで送って下さい。待ってますね!サァ~、そしてですね、今夜は光へClassical & Crossoverの
特集の後編と言うコトで!タップリと、お話させて頂きます。皆さん、お楽しみに!そして更に、今週、
bayfmはパワーウイーク!この、あなたに会えたら!も、スペシャルプレゼント、ご用意しています。
安倍なつみ、ニューヨークアルバム、光へ Classical & Crossoverの、特製クリアファイルに、
私の直筆サインと、あなたの、お名前を添えて、3名の方にプレゼント致します。ご希望の方は、メールに、
クリアファイル希望、と明記の上、必ず、本名、住所、電話番号、そしてクリアファイルに入れて欲しい、
あなたのお名前を書いて・・(ここでアドレス告知していました)・・まで送って下さい。当選者は、
番組ブログで発表しますので、チェックのほう、宜しくお願いしま~す!それでは特集、後編の前に1曲!
10月22日に、リリースしました、光へ Classical & Crossoverから、7曲目に収録しています。
ミュージカル、エリザベートより・・」と言って曲を掛けていました。
マァ、今回のニューアルバムは、なっちの新たな魅力を実感させる、そんな素敵なアルバムですよね。(^^)

♪私だけに♪ (安倍なつみ)

ここからリスナーのメッセージが紹介されていました。

最初は東京都世田谷区のラジオネーム“愛しきなっちさん”からで
“さて最近、ラジオ出演や雑誌インタビューがドンドン発表されていて、光へClassical & Crossoverを、
盛り上げていますね。なっちの透明なソプラノボイスが全曲、聴けるんです。こんな嬉しい事は有りません。
感謝です。そして、なっちに、もう1つ、感謝と言えば、ミュージカルと言う世界を、我々、ファンに、
身近なものにして頂いたと言うコトです。今回、収録のエリザベート、レ・ミゼラブルを初め、私も、
様々なミュージカルの面白さや感動に触れる機会が増え、色々、俳優、女優さんの舞台にも、
興味を持って観るようになりました。中でも、この夏の、ミス・サイゴンは観る度に泣きました。
きっと、なっちの挑戦が無ければ、こうした名作に触れる経験は出来なかったと思います。
そういう思いも感じながら、アルバム、じっくりと味わいたいと思います“との内容でした。

なっちは「・・そうですよねぇ~!マァ、こういう大きな作品?エリザベート、レ・ミゼラ、ミス・サイゴンとかは
マァね、アノ、ヨーロッパのほうで生まれて~、マァ、日本で上演されてますけど~!マァ、ホントに、
素晴らしい作品と言うか、ホントに大作!うん、ねぇ、音楽も素晴らしいし、ストーリーも素晴らしくて~!
涙無しでは見れない位、ねぇ、ド~ンと!ホントにフフ、ミス・サイゴンなんて、特に、そうですよねぇ!
う~ん”サン・アンド・ムーン”なんて私は、ミス・サイゴンの中では好きですね。う~ん、好きですねぇ、
いい曲ですねぇ!イヤイヤイヤ、でもホントに、そうですよね。私のファンの皆さんが良く、言ってくれますね!
う~ん、やっぱり、なっちがミュージカルとか、舞台に出る身になって、そこで作品に触れて、
観るコトが出来て、こんなに、ねぇ、舞台の、お芝居の世界って素晴らしいんですねぇ!とか、
言って頂いて、ねぇ、それがキッカケで、色んな作品を観るようになった、って言うのも、何か、
嬉しいですね!」と、話していました。
マァ、ミュージカルや舞台の魅力を、なっちを通して新たに知ったファンも多いと言うコトですよね。(^^)

続いてのメールは、千葉県千葉市の“ミュウちゃん”24歳の女の子からで
“私は11月1日に25歳になります。ヴァンサンクです!(なっちは「うん、そうだね!」と言ってます)・・
余談ですがbayfm25周年と言うコトで、同い年なんです!(「ウォ~、そうだね!」と言ってます)・・
私は今年、自分に誕生日プレゼントを買うんですが、今年は少し早めに、高い目のプレゼントを、
買いました。(なっちは「高い目って言うのは、高い、って言うコトだね!」と言ってます)・・それは、
ディズニーランド、ディズニーシー共通の年間パスポートです。入場制限が無ければ、いつでも入れるので、
ご飯の為に行ったり、花火の為に行ったりと、常に贅沢な使い方をしています。なっちは自分に買った、
誕生日プレゼントとか、有りますか?若しくは、高かった買い物は何ですか?“との内容でした。

なっちは「だって!エ~?いいねぇ!エッ、ディズニーランドとディズニーシー共通の年間パスポートって、
スンゴイ高いんじゃないの?幾らするの?大人だよね?大人料金で~!(ネットで検索してるようです)・・
アッ、でも、エッ、高いね!でもね、8万2千円!エ~?!でも、どうなんだろう?でも~、何処に、
住んでるか?って、千葉~!の、千葉市ですよ。千葉県、千葉だから~、結構、近いんだね!
じゃあ、サクッて行けちゃう距離っちゃ、そうだよね!でも8万2千円出して買ったのねぇ!凄いね、
(ここで、マネージャー、ソンちゃんが何か言ったようです)・・15回?アッ、そう!でも花火見るだけとか、
ちょっと買い物に行くだけとか!ちょっと散歩に行くだけ~、とか、だったら、シーも、ランドも、
行けるって言うコトだったら、いいですねぇ!イヤ~、そうなんですか~!凄いですねぇ!いいですねぇ!
ウワ~、何か、贅沢だねぇ!私~?自分の為に買った誕生日プレゼント?っとか無いかも知れないなァ?
う~ん、何か~、でも~、私、頑張ってるよね、って!言い聞かせて~!買った物?何だろうね?フフ
う~ん、でも、生活に必要な物とかってさ、結構、高いじゃない?う~ん、だから、それは、
自分のプレゼントでは無いけど~!・・何だろうね?無いかも知れないなァ、私!う~ん、あんまり、
その~、そういう意味では何か~、あんまり、そういうプレゼント!みたいな物の、物欲みたいなのは、
無いかも知れないですねぇ、私!絶対、これが私、欲しいの~!買って~?みたいなコトって、
無いんだよね。人生の中で!フフ、何か~、有るじゃない、女子って必ず!何か、おねだり的な物だったり
絶対、これを買うの~、みたいなさ!無いんだよね、何か~!フフ、ダメかな?フフフ、そうだよね、ねぇ、
時計とかも付けないんですよね。私!何か、普段、ホントにアノ、時間に縛られてると言うか、結構、
アノ~、フフ、だから自由に居たいタイプで!フフフ」と語っていました。
マァ、なっちの自分へのプレゼントは、生活必需品の電化製品と言う感じですかね。(^^;

続いてのメールはラジオネーム“チカさん”からで
“こんばんは、初メールです。最近、テレビなどで、安倍さんが出演されている姿を見て、
モーニング娘。の時も可愛かったけど、増々、可愛くて綺麗な女性になってるなァと思いました。
そんな安倍さんに質問です。衣装は、スカートやワンピース系が多いように感じますが、
プライベートでは、どんな服が多いですか?教えて下さい“との内容でした。

なっちは「う~ん、そうですねぇ、私はねぇ、やっぱりねぇ、仕事上ね、現場に行って、直ぐ~、
衣装に着替えたりとか~!マァ、衣装合わせとかになると、何ポーズも着替えたりとか~!
移動が又、その私服に着替えて、又、移動して、お仕事して~、とかが多いから!まずアノ~、
着替え易い物と~!後は、メイクする日は~、アノね、脱ぎ着、楽な物!又は、前開きの、
ボタン付きの物とか、ジップアップの物とか、前がグ~ンと開いてる、う~ん、シャツとか、それが~、
優先されるのね、まず!フフ、だから、何って言うんだろう?そこ重視かな!フフフ、そうなの!
だから~、後はね、普段はね、パンツが多いかな?後は今位の時期だと~!長めのスカートとか~、
ロング丈、ミモレ丈のスカートとかだと~、中に寒い日は着込めるじゃないですか!何か、色々!
うん、だから、そういうのが多いかなと思ったりするけど!う~ん、後は、背が小っこいのでね、ホントに!
後は、トータルバランスかなと思うんですよ!ホントに、ラフな恰好してるコトが多いです。
後は肌触りとかね、う~ん、そう言うコトが多いかなァ!う~ん、スカートは、マァ、時々しか、
穿かないですねぇ、う~ん、そうですねぇ、は~い、でも穿いたほうが、いいかな?は~い、フフフ、
そんな感じで~す!はい!」と話していました。
マァ、是非、なっちも、見た目は気にせず暖かい恰好で、冬の季節を乗り切って欲しいですね。(^^)

この後、中編に続きます。

コメント

「今夜も、うさちゃんピース」第417回その2 (10/20)

2014-10-27 00:00:01 | Weblog

  

その1からの続きです。

状況は“さゆの小部屋”のメッセージ紹介、2通目からです。

続いてのメールは東京都の “伏見ケントさん”からで
“さゆみん、こんにちは!続、全力野菜娘。キャンペーンが始まりましたね。可愛い、さゆがプリントされた
カゴメ野菜1日これ1本!に、又、毎朝会えるのが楽しみです。又、今回のアプリはグッスリ眠っいてる、
メンバーを一生懸命起こすという、面白い趣向になっていますね。毎朝、さゆを全力で起こしていますが、
さゆの目覚めは良いほうですか?1番、起こすのが大変なメンバーは誰ですか?“との内容でした。

さゆみんは、これはホントに、パジャマをみんなで着て、と、言っても、1人1人の撮影だったけど、
前回は、皆さんを起こす側で、ギターを弾いて、ジャ~ン!早く起きて下さい!みたいな感じだったけど
今回は、そのアプリを、やって下さる、みんなが、私達を起こすと言う、逆パターンだったけど、マァ、
さゆの目覚めは、ホントに良くなったと言っていました。そして昔は全然、起きれなくて、でも昔と言うのは
お仕事をする前で、13歳より前では、全然、起きれなかったけど、今は全然、起きれます、と、
話していました。だから、学校とかは嫌いで、何が嫌いかと言うと、学校に行くまでの距離を歩くけど、
小学生だから歩かなきゃイケなくて、中学校に上がってからは、自転車通学だったけど、さゆみは、
その距離がホントにイヤだったので、寝坊すれば、お母さんが車で連れて行ってくれるけど、それが、
もうホントに嬉しくて、しかも、行きを、お母さんに連れてって貰えたら、もう中学校は自転車通学なので、
自転車で行くだけの距離が有って、帰り、歩いたら、相当な時間が掛るし、プラス、さゆみは、
テニス部だったから、帰りが7時とかになって結構、暗くなって夜道は危ないからと言うコトで、
帰りも迎えに来てくれるので、その日は、ホントに1日、ハッピーで過ごせると言っていました。
だから、テニス部も、いつもは、そんなに頑張ってないけど、帰りが車で帰れるコトで、いつもよりかは
頑張ろうかな、って気になれるので、なので昔は、どうしても車で、連れて行って欲しかったから、
ワザと寝起きを悪くして、中々、準備をしないと言う作戦を取ったりしてたけど、今は、もう、ちゃんと、
お仕事とか、ア~、今日も仕事、楽しみ!と思いながら早起き出来るようになったと話していました。
マァ、さゆみんも歳を重ねて大人の女性に、確実に成長していると言うコトですかね。(^^)

そして、起こすのが大変なのは、マァ、さゆみは、メンバーと一緒の、お部屋に寝ないから判んないけど、
こないだ、ニューヨークに行かせて貰った時は、みんな、やっぱ時差ボケで凄い眠たくて、さゆみも結構、
時差ボケなのか、判んないけど、さゆみは常に、眠かったので、だから、それは時差ボケとは、
関係ないかも知れないけど、何か、凄い、お仕事の合間とかも、みんな結構、直ぐ、グッタリとかして、
寝ちゃったりとかしてて、ご飯中も、みんな寝てて多分、それって相当眠いんだと思うけど、食欲と、
睡眠欲で、睡眠欲が勝つって、結構な眠さだと、さゆみは自分の中では思うと言っていました。
そして、ご飯中も、夜、お仕事が終わって、お疲れ様です!と、乾杯した後、ご飯が来るまでの間、
みんな寝てて、マァ、みんなと言っても半分ぐらいで5~6人、ホントに椅子の上で、ガ~!と寝ていて、
ご飯が来たら、ちょっと食べて、直ぐ寝て、デザートが来たりとかすると、メンバーが起こしたりするとの事で、
「・・で、マァ、石田とか、鞘師とかも寝てたんですけど、石田とか、鞘師は~、アノ、鞘師は、普段だと、
起きないんですけど、目の前に食べ物が有るから直ぐ起きれるんですよ!でも~、それでも起きないのは
佐藤と小田なんだなと思いました。で、佐藤は~、マァ、ホントにこう、佐藤、起きて~!とか言ったら~、
何か、マーちゃん、要らないです。って、断って~!マァ、もう1回、寝る、みたいな!だからホントに、
睡眠欲が勝つんだなァと思って結構な私の中ではビックリなんですけど、食欲が勝たないって言うのは!
で~、そんな中で小田ちゃんは~、ホントに見事で、パ~ンって叩かれたりしても起きないんですよ!
で、5回位~、マァ、さゆみじゃなくて、隣りに居るメンバーが~、耳元で小田ちゃ~ん!とか、
言いながら~!何か、パ~ンって叩いたりしてたんですけど、全然、起きなくてビクともしないんですよ!
で~、アノ写真、撮ろうかな?って思ったんですけど~!みんなフフ、メンバーが、この小田ちゃんの写真、
ホントに爆睡し過ぎて、ブログに載せられないですよね?って、なって~!フフ、アノ、マァ、一応、
撮ったんですけど~!マァこう、小田ちゃんの了解を得ないと載せれないなって言う~、感じなので~!
マァ、ま、載せるコトは無いかも知れないんですけど~!それ位、爆睡してました。もう~、エッ、だって、
普段の小田は、別に寝てたとしても、あまり寝るトコは見ないんですけど~!寝顔、ひどくないのに~!
それ位~、もう、爆睡って言う位、寝れてたので~!何か、爆睡しちゃうと中々、起きれないのは、
小田ちゃんなんだなって言うコトをニューヨークで知りましたね。は~い、新たな一面でした。」と
語っていました。マァ、マーちゃんも小田ちゃんも、若さ故の爆睡ポーズと言う感じですかね。(^^;

続いてのメールは山口県の、うさちゃんネーム“キララ1番星さん”からで
“・・・さゆみん、思い出の場所でも有る、常盤公園で飼育されている、白手長ザルが先日、新しい
展示場所に引越ししましたが、その引越しの最中に脱走し、まさかの大捕り物に、なったことが、
地元、山口県のテレビで放送されたのでビックリしました。さゆみんは常盤公園で、飼われている、
動物達の中で、どの動物が印象に残っていますか?“との内容でした。

さゆみんは、常盤公園はホントに動物園かのように、結構、動物が一杯居て、でも、その中でも、
やっぱ、このサルが、一杯居て、色んな種類のサルが、一杯居るけど、でも残念ながら、私と一緒に、
バスツアーで常盤公園に行った時は、何か、そのサルの枠は、丁度、多分、この引越しとか、
やっていた為、見れなくて、施設を新しくします、みたいな工事をしていたと言っていました。
なので中々、見れなくて残念で見せて上げたかったなと思ったけど、凄いのは、色んな種類が居て、
小屋とかで分かれてるサルも居るけど、でも、常盤丸と言って、凄いデカい、船みたいのが有って、
そこにサルが一杯居る所が有って、船と言っても、展示されてる船だから、水の上では無くて、
マァ、別に判ると思うけど、でも、常盤丸と言う、船が有って、その船が、サルの住み家みたいに、
なってる場所が有り、それを、上から見て、ちょっと餌を上から、やってみたり、餌をやっていいのか、
判らないけど、何か、勝手に、お菓子とか上げたりしたのは良く、覚えてると言っていました。
マァ、その船のような建造物が、サル屋敷みたいな感じに、なってたと言うコトですかね。(^^;

そして後は、鯉とかが居るので、鯉に、かっぱえびせん、を上げてみたりとか、そう言うコトを、やったのも、
良く覚えてて、後、今、居るかは判んないけど、フクロウも昔、居て、そのフクロウも覚えてるのと、後、
1本で立つヤツ、何だっけ?と言って、フラミンコと言って、沢山居て、小学校の時に・・と言った所で、
スタッフから声が掛かったようで「・・フラミンゴ?フラミンゴも沢山居て~!フフ、アノ~、フラミンゴが居てね、
アノ~、それで、エ~と・・もう、忘れちゃったじゃん!自分の、せいだけど!アノ、フラミンゴが居て~!
アノ、小学校の時に~、お絵描きを~、しに行ったんですよ!学校の行事で!常盤公園、何処の絵を、
描いてもいいよ、って言う、行事だったんですよ!で、その時に、さゆみはフラミンゴをチョイスして~!
アノ~、描いたんですけど~!もうフフ、スッゴイ難しくて!フラミンゴ描くの、難しいんですよ!
アレ、描いてみて下さい。相当、難しくって全然、上手く、描けなかったんですよ!したら~、
お姉ちゃんが、1番、簡単だろう、って、思ったら、何か~、十字架みたいな、何かこう、十字架っぽく、
なってる~、何か、彫刻?宇部市なんですけど!常盤公園って!宇部市って彫刻の街なんですよ。
で~、その彫刻が~、1番、これ、簡単だろうと思って~!1番楽に描ける、その彫刻を~描いたら、
まさかの賞を貰ったんですよ!で~、フフ、何か~、お母さんが凄~い!とか、言ってたんですけど、
さゆみは、その話を知ってたから、お姉ちゃんが、その何か、みんな常盤公園で~、描かなきゃイケない、
って言う行事だったんで!小学校の時の!もう、全校生徒だと思うんですけど、
その中で、さゆみは頑張って、フラミンゴ描いたのに、誰からも褒められず~、自分の中でも、上手く、
描けなかったな、っと思った中で~、お姉ちゃんが、もう、私なんて直ぐ、描けるヤツ、描いたよ~!
楽勝だったよ~!って言ってるヤツを見たら、賞、取ってたから凄い、悔しかったのは今でも覚えてますね。」
と話していました。
マァ、要するに賞を取ったのは、お姉ちゃんで、それが1番印象に残ってると言うコトですかね。(^^;

“今週のお姉ちゃん!”

さゆみんは「サテ、天然パワーさく裂な道重家の長女、お姉ちゃん!人生そのものがギャグな、
私の、お姉ちゃんの行動を想像して送って貰うコーナーです。それでは早速、行きたいと思います。」と、
言ってスタートしていました。

では、ここからは、簡略方式とピックアップ、併用方式で書いて行きます。

(<>=投稿者の住所&うさちゃんネーム 【】=ネタ “”=判定、「」=さゆみんの感想)

1 <海津市、ピカタさん> 
【コップのフチ子さんを、粘土で自作する、今週の、さゆみ、お姉ちゃん!】
“3お姉ちゃん”

さゆみんは、コップのフチ子さんを最近、貰ったけど、もう凄い可愛くて、お姉ちゃんと全然、関係無いけど
さゆみがトマトを持っていて、野菜を持ってるメンバーと、持って無いメンバーも居て、私は持ってる、
メンバーの中でもトマトなので、やっぱ、野菜の中で、何か、トマトが女王様的な存在で、何となく、
そんな感じがして、絶対に脇役では無いし、どう考えても、トマトは先輩っぽい感じがするとの事で
「・・こう、トマトって華やかだし!だから、それなら自分の中で、野菜中の女王様と思っているトマトに~、
こう、何て言うんですか?選ばれたフフ、と言うか、トマトを持つコトが出来て、嬉しかったなァって言う、
お話でした。ま、ちょっと、お姉ちゃんとは関係無かったんですけど!」と話していました。
マァ、景品の、さゆみんのフチ子さんが、トマトを持ってたコトが嬉しかったと言う感じですかね。(^^)

2 <千葉県、パキラの木さん> 
【道重さゆみパーソナルブックSayuに載っている、自分も漫画の評判が知りたくて、さゆみんに、
握手会で、ファンの人に、感想を聞いて来てよ!と、おねだりする、今週の、さゆみ、お姉ちゃん!】
“5お姉ちゃん”

さゆみんは、マァ、お姉ちゃんに、おねだりは、あんまり、されてはないけど、でも、相当、気には、
なってるみたいで、お姉ちゃんのコトを書いたブログとかのコメントは、全部読んだりする位なので相当、
気になってると思うし、さゆみが、お姉ちゃんの絵、割と評判良かったよ!とか、絵、上手だよ!とか言うと
凄い喜ぶし、ファンの方の反応も、凄い知りたかったみたいで、絵を持って行ったスタッフさんの評判は、
凄い、気になったみたいだったとの事で「・・こう、持ってった、その日は~、何か、何って言ってた~?
みたいな!で、みんな可愛い、って言ってたよ~!って言ったら、良かった~!みたいな感じで、
結構、お姉ちゃんも頑張って徹夜して~、何日か、掛けて、描いてくれたので~!アノ~、自分が、
どんな感じで?って言うのは凄い、気になっていたみたいですね!はい、良かったらコメントにも、
書いて上げて下さい!」と言っていました。
マァ、お姉ちゃんの、プロ漫画家デビューも近そうですね。(^^)

3 <和歌山県、大阪の長兵衛さん> 
【テレビでドキュメンタリーを見ながら、人生、そんなに甘くねぇよ!っと吐き捨てる、
今週の、さゆみ、お姉ちゃん!】
“1お姉ちゃん”

「ま、でも、お姉ちゃんは結構、甘く見てる感じするんで~!フフフ、ただですね、何か、う~ん、あんまり、
でも、テレビに向かって何かを言ったりとかは、したのは見たコト無いかも知れないですね!は~い!」
(マァ、お姉ちゃんは、しっかり見入るタイプと言う感じですかね)(^^;

4 <山口県、エコ忍者さん> 
【さゆちゃ~ん、見て~!壁ド~ン!と言って、お家の壁に体当たりをして、お母さんに怒られる、
今週の、さゆみ、お姉ちゃん!】
“3お姉ちゃん”

さゆみんは、昔だったら有ったかも知れないけど、何か、昔は、ホントに壁に頭を打ち付けてる姿を、
見たコトが有ったので、マァ、有るかなとは思うけど、最近は見てないし、ちょっと、まともになって来たのか、
後は、近くに佐藤優樹ちゃんと言う、メンバーが居るんで、お姉ちゃんが、まともに見えちゃうとの事で
「・・もう、佐藤が~、出現してから~、佐藤以上は、ホントに~、もう~、もう、アノ~、未来に、
現れないだろうなって言う位~!凄いなァって!いい意味でね!いい意味で~、凄いなァと思う~、
言動を~、沢山、行動もするので~!何かこう、佐藤を見てから、お姉ちゃんや、亀井絵里ちゃんが、
何か、アッ、まともなんだな、この2人は!って思えるように、なっちゃいましたね!」と話していました。
マァ、さゆみんも、壁ドン!の意味は良く判ってないようですが、アレって確か、イケメンの男子が、
彼女を壁側に立たせて、いきなりドン!と片手を壁に付いて迫り、彼女がキュン!とする、
男子のポーズのコトなんですよね。(^^;

5 <東京都、伏見ケントさん> 
目上の人への、タメ口を注意され、済まぬ、かたじけない!っと、妙な敬語を使い始める、
今週の、さゆみ、お姉ちゃん!】
“1お姉ちゃん”

「フフ、これは、ちょっと良く、判らないんですけど!マァ、かたじけない、とか、済まぬ!って、
敬語なんですか?ちょっと、さゆみ、それすら、判らないので~!ちょっと済みませんね。
“伏見ケントさん”こんな感じで!」(マァ、昔の武士言葉は、ちょっと、さゆみんにはキツいかもね)(^^;

5 <広島県、パントキックさん> 
【食器洗い洗剤が無くなったので、取り合えず、ハンドソープで茶碗を洗い始める、
今週の、さゆみ、お姉ちゃん!】
“2お姉ちゃん”

さゆみんは、今日は、あまり、的を得てる感じのが、少ないなと感じちゃうけど、お姉ちゃんは洗い物は、
上手で、皿洗いも上手だし、お風呂洗いとかは、もう、お姉ちゃんの担当みたいになっていて、マァ、
ヤルことが無いから、ヤルのかも知れないけど、でも、お風呂場洗いは毎日のようにしてて、お家も凄い、
ピカピカにしてくれるとの事で「・・アノ、基本的に何か、そういう~、水回りの掃除が~、凄い、
お姉ちゃんは得意なんだなって言うのが判ります。お皿洗いとかも~、こう、う~ん、前アノ~、
何って言うんですか?ちゃんとアノ、ご飯食べたら残して置かないで直ぐ、洗うし~!何か、そう言うの、
見ると~アッ、何か、ちゃんとしてるなって思う時は、結構、有りますね!」と話していました。
何か、お姉ちゃんの評価が、又、1つ上がった感じですね。(^^)

♪笑えない話♪ (モーニング娘。‘14)

“妄想セクシーワード”

エンディングで、さゆみんは「では最後に何てコトの無いフツーの言葉を、ちょっぴりセクシーに言うだけで、
と~っても燃えちゃう妄想セクシーワード!本日のワード!」と言って、この日の投稿者で、あま市の
うさちゃんネーム“ゴールデン&レインボーさん”のワードで“オットセイ!”と、ちょっぴり色っぽい感じで、
言っていました。そして、この日の、うさピー大賞を“キララ1番星さん”“エコ忍者さん”に贈ると言って、
インフォメーションを色々、語った後「・・・っと言うコトで今週は、この辺で終了です。お相手は、
モーニング娘。’14道重さゆみでした。来週も、あなたのハートに、うさちゃんピース!おやさゆみ~ん!」
と言って終っていましたね。(^^)

コメント