ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

「第1回 クレバーリーグ第9節2st 4nd」(1/29)

2012-01-31 00:00:00 | Weblog

チェルビーズが出場するクレバーリーグ第9節に行って来ました。

では、今回もチェルビーズ中心に簡単に内容をレポさせて頂きます。

今回から2週連続で豊平区体育館での試合になっていましたが、クレバーリーグは12時40分から
スタートとの事で、私はバスで12時前に体育館に入り、昼食後、試合開始を待ちました。

チェルビーズは、ここまで12チーム中、10位で、ちょっと苦しい状況でしたが、
第1試合の相手は、ここまで第5位の「バーバーイヤンズ」でした。

そして、今回からチェルビーズに新人が加入!18歳の小川桃花ちゃんで、この日から、
チームに合流していました。

尚、この日はチェルメンも欠場者が居て、キャプテンの沙織ちゃん、そして、ブログチェックで判ったのですが
風邪を引いてしまったらしい、あっきーも来ていませんでした。(^^;

試合は12時40分スタートの予定でしたが、チェルビーズが出場するBコートは、その前に行われた
ノービスリーグでの遅れが少し有り、12時50分に始まっていました。

スタメンは、前衛ピヴォにAKIちゃんと桃子ちゃん、中盤フィクソに、由里加ちゃんと香菜美ちゃん、
そしてゴレイロ聖菜ちゃんの布陣で挑んでいました。尚、ベンチには、副キャプテンの晴菜ちゃん、
更に、沙菜ちゃんと新人、桃花ちゃんの3人が控えていましたが、晴菜ちゃんは、
まだ足の怪我が完治してないとの事で、試合には出ないとの事でしたね。(^^;

前半開始直後、チェルビーズメンバーは、ちょっと動きが固い感じで、AKIちゃんから、桃子ちゃんに
パスが通り、シュートする場面が有ったり、聖菜ちゃんのナイスセーブも有り、0-0で進行していましたが
開始7分過ぎに、ゴール近くでのパスを「バーバーイヤンズ」にカットされて、シュートを決められ、
相手チームにリードを許す展開になっていましたが、中盤以降、チェルビーズの動きも序々に良くなり、
期待を持たせながらも、前半は0-1で折り返していました。

そして後半もスタメンは同じ5人で始まっていましたが、開始直後に由里加ちゃんが放ったシュートを
相手キーパーが弾き、そこに詰めた桃子ちゃんが落ち着いて蹴り込み、アッサリ同点となっていました。
何か、最近の桃子ちゃんは相手の動きを冷静に見る、ゆとりを感じさせてくれますね。(^^)

しかし、その桃子ちゃんにアクシデント発生!AKIちゃんが放ってゴール附近に転がったボールに
桃子ちゃんが突っ込み、ここでキーパーと衝突!2人とも、しばらく立ち上がれない状況になり、
相手ゴレイロは、少しして立ち上がったものの、桃子ちゃんは足首を押さえて、しばし起き上がれず、
見守る、我々サポーター側も、先月の沙織ちゃんに続き、叉か?と、やや不穏な空気が
流れていました。(^^;

ベンチでは、直ぐに沙菜ちゃんがアップして備えていましたが、序々に桃子ちゃんも痛みが和らいだようで
5分位、中断した後、元気にピッチに戻って試合再開!ここからチェルビーズメンバーに、一気に、
スイッチが入り、まず、再開直後に得たコーナーキックを香菜美ちゃんが蹴ると、そこに反応した
AKIちゃんが正面から蹴り込んで見事ゴールイン!遂に逆転すると更に、その1分後には、
香菜美ちゃんがセンター附近から単独で持ち込み、豪快にシュートを放つと、これが見事に決まり、
3-1とリードを広げました。その後、パスミスが有り、1点を返されたものの、後半も攻めの姿勢を貫き、
終始、押し気味に展開する中、試合終了となり、チェルビーズとしては、昨年11月以来の
久し振りの勝利となっていました。試合後、桃子ちゃんに怪我の具合を聞いてみましたが、
元気良く、大丈夫です!と言う答えが返って来たので、ちょっとホッとしましたね。(^^)

一方、Aコートでは、第2位の「グランドゼロ」と第3位の「シェロ」が対戦していましたが、チェルビーズ戦に
集中していた為、あまり状況は把握出来ませんでした。試合は、どうやら「グランドゼロ」ペースで
展開していたようで、前後半に、それぞれ1点を入れた「グランドゼロ」が2-0で勝利していました。
「シェロ」としては相手陣内に攻め込むものの、最後の決め手が、やや不足していた感じだったようですね。(^^;

第2試合はAコートで、ここまで全勝で首位の「あかつきFC」と最下位「東海大学」が対戦していました。
最初は、かなり両チームにはチーム力の差が有るかも?と思っていましたが「東海大学」の動きが良く、
やや「あかつきFC」が押し気味の展開ながら「東海大学」も必死で凌いで、開始10分頃に、
「あかつきFC」が入れた1点だけで凌いで1-0で「あかつきFC」がリードして折り返していました。

後半に入っても同じような展開で「東海大学」は、良く守って失点を防いでいましたが、
中々、相手陣内に攻め込めず、そんな中「あかつきFC」が中盤でゴールを決めて2-0として、
結局、その後、点が動かず「あかつきFC」が2-0で勝利していました。
全体的に「あかつきFC」の動きは、やや鈍い感じで、逆に「東海大学」は、いい動きをしてましたが、
それでも「あかつきFC」が勝利したと言うコトで、やはり、この時点での実力の差を感じましたね。(^^;

一方、Bコートでは第9位の「OnNAPO」と第7位の「FCナデシコ」が対戦していました。
試合は、ほぼ互角の展開で開始4分後に「FCナデシコ」が先制すると、その5分後は、
逆に「OnNAPO」のセットプレーが決まって正面からゴールが決まり1-1のタイで前半を終えていました。
後半も、ほぼ同じ展開で、一進一退する流れで試合が進行していましたが、開始7分後に、
「FCナデシコ」の選手が相手ゴール前の混戦から、こぼれたボールを、しっかり蹴り込み2-1とリード!
結局、そのまま試合終了して「FCナデシコ」が勝利していました。「OnNAPO」は、後半、
ちょっと疲れが出た為か若干、動きが遅くなり、そこを狙われた感じでしたね。(^^;

第3試合はAコートで、ここまで第8位の「メリエンダ」と第6位の「L.T.f 」が対戦していました。
こちらも試合展開は、ほぼ互角で推移していましたが、やや「メリエンダ」のボール支配率が高い感じの中、
前半は0-0で終えていました。後半も同じような流れで進行していましたが「メリエンダ」の選手は、
集中力が後半になっても衰えず、果敢に攻め込んでいました。そんな中、開始7分過ぎに「メリエンダ」が
センター附近から豪快に蹴り込み、ようやく先制!結局、そのまま試合終了して1-0で「メリエンダ」が
勝利していました。今回は「L.T.f 」の選手の動きも悪くは無かったんですが、
それより「メリエンダ」の選手の方が、集中力で勝ってるように感じましたね。(^^)

Bコートでは第4位の「オリヴァリズム」と第11位の「北星学園」が対戦していました。
以前「北星学園」は5人のみで試合に参加するケースが多かったんですが、序々に人数も増えて来て、
今回は10人がベンチ入りしていました。やはり、なでしこブームの影響が、
いい感じで、その辺にも現れているのかも知れませんね。(^^)

しかし、試合展開は、ほぼ「オリヴァリズム」ペースで進行!前半3分過ぎに「オリヴァリズム」が先制すると
その後も、ほぼ「オリヴァリズム」がボールをキープする流れで得点を重ね、前半は4-0で「オリヴァリズム」が
リードして折り返していました。後半は、やや「オリヴァリズム」の勢いが落ちていましたが、それでも
「北星学園」は、殆どシュートする機会を得る事が出来ず、中盤でカットされる場面が続いていました。
そして後半6分頃に「オリヴァリズム」が追加点を挙げ、更に終了間際にも、相手ゴレイロが弾いたボールを
「オリヴァリズム」選手がゴールして6-0となり、そのまま試合終了していました。
「北星学園」は、選手数は増えたものの殆ど、選手交代無しで臨んでいた事も有り、かなり
ピッチに立っている選手には疲労感が現れていました。
マァ、チーム自体、まだ若いので、これから序々に力を蓄えて行く感じかも知れませんね。(^^;

第4試合は、Aコートで「シェロ」と「OnNAPO」が対戦していました。
試合は、ほぼ互角の展開でしたが、お互いに、最後の詰めが甘い感じでゴールを奪えず、0-0で
前半を終えていました。しかし後半に入ると、序々に「OnNAPO」の選手の動きが良くなり、
中盤に先制点を挙げて、これで逃げ切る感じでしたが、「シェロ」も、ここから奮起して、終了間際に
同点ゴールを決めて、結局1-1で試合終了していました。「シェロ」は前半こそ、前の試合の、
疲れが出た為か、やや動きの鈍い感じも有りましたが、後半の攻めの姿勢を見る限り、
結構、チームのスタミナは有るようですね。(^^)

Bコートでは「バーバーイヤンズ」と「グランドゼロ」が対戦していました。
尚、この試合ではチェルメンが記録係で登場して、晴菜ちゃんも副審を務めていました。
試合は前半から、ほぼ「グランドゼロ」ペースで、開始3分過ぎに先制点を挙げると終了間際には、
オウンゴールも有り、2-0で「グランドゼロ」がリードして折り返していました。
後半は、更に「グランドゼロ」のキープ力が勝り、ほぼ「バーバーイヤンズ」陣内で試合が展開する中、
「グランドゼロ」のゴレイロがセンター附近まで出て、そこにパスが通り、更に相手陣内に持ち込んで、
豪快にシュートを放つと、これが見事に決まり3-0となっていました。しかし、その後、再度、同じように
ゴレイロがセンターまで出た時、相手にボールが渡り、危うくゴールを決められそうになり、ゴールライン手前で
手を出してボールを止めてハンドの反則となり、イエローカードを出されていました。
マァ、あまりに調子に乗るのは、ちょっと自粛したほうがいいかも知れませんね。(^^;

結局、そのファールキックは決まらず、その後「グランドゼロ」が2点を加えて5-0で勝利していました。
特に後半は、ほぼ「グランドゼロ」ペースで展開していて、何か、選手同士が、
シュートを、どう決めようか?と楽しんでる余裕さえ感じましたね。(^^;

第5試合ではBコートにチェルビーズが登場!相手は「北星学園」でした。
スタメンは初戦と同じで、AKIちゃんと桃子ちゃんが前、中盤を香菜美ちゃんと由里加ちゃん、
そしてゴレイロ聖菜ちゃんの5人で挑んでいました。

試合は終始、チェルビーズが圧倒する展開で、開始2分後に、中央附近のAKIちゃんから、
左側に詰めた桃子ちゃんにパスが通って、素早く蹴り込んで先制!更に、その1分後には、
左サイドに来たAKIちゃんから、今度は由里加ちゃんに綺麗にパスが渡り、これで2点目をゲット!
しかし、チェルビーズの攻勢は、まだまだ続き、その直後、右サイドのAKIちゃんから、ゴール前の
センター附近に詰めた香菜美ちゃんにパスが入り、アッサリゴールイン!3-0となっていました。
この辺り、AKIちゃんはアシストに徹している感じでしたね。(^^)

その後、AKIちゃんがコーナーキックをゴール附近に蹴ると、相手ゴレイロが弾き、そこに詰めた、
香菜美ちゃんが、この試合2点目のゴール!更に、その後、AKIちゃんから中央附近に居た、
桃子ちゃんにパスが通って、これを落ち着いて桃子ちゃんがキックしてゴール!
5-0として前半を終えていました。
「北星学園」は、2試合目で疲れが出ているのか、かなり動きが鈍く、殆どパスもカットされていて、
ほぼ終始、チェルビーズがボールを支配する展開でしたね。(^^)

こうなったらサポーターとして期待するのはベンチ組2人の出場でしたが、後半はスタメンに沙菜ちゃんが
桃子ちゃんと共にピヴォの位置で登場!後ろは由里加ちゃんと香菜美ちゃん、聖菜ちゃんで固め、
試合に臨んでいました。そして、後半もチェルビーズの攻勢は続き、開始直後に由里加ちゃんが、
左サイドから単独で持ち込み、豪快にシュートを放つと、これが見事に決まって6-0!

そして、ここから小まめにチェルビーズは選手交代する中、開始5分後には、香菜美ちゃんも、
単独でセンター附近から持ち込んで蹴り込みゴールイン!これで7-0となっていました。
この間、ほぼ相手陣内で構えていた沙菜ちゃんにもチェルメンが、かなりパスを回し、
シュートシーンも見られましたが、残念ながらゴールには至りませんでした。
でも沙菜ちゃんの動きは悪くなく、初ゴールも何か、早期に期待出来そうな雰囲気を感じましたね。(^^)

試合は、この後も、チェルビーズが、ほぼボールをキープする展開で推移し、後半6分過ぎには、
中央附近のAKIちゃんから回ったボールを香菜美ちゃんが右隅から蹴り込んで8点目!
そして、この後、試合終了間際の1分前に、遂に、先日加入したばかりの桃花ちゃんが、
由里加ちゃんと交代してピッチデビューしました。マァ、あまりにも登場時間が少なかった為、
動きとかは良く判りませんでしたが、それでもボールに触る機会も有り、今後、早く、
スタメンでピッチに立って欲しいと期待しながら、サポーターも見守っていましたね。(^^)

試合は結局、8-0でチェルビーズが勝利!この日は貴重な勝ち点6をゲットしていました。
マァ、チェルビーズも、キャプテン沙織ちゃんや晴菜ちゃんが出れない中、小人数で、この所、
頑張って練習して来た成果が、ようやく結果として現れた印象も有りました。
是非、この調子を維持して残り3試合にベストを尽くして挑んで欲しいですね。(^^)

一方、Aコートでは「東海大学」と「メリエンダ」が対戦していましたが、1試合目と同じように
チェルビーズ戦に集中していた為、あまり詳細は掴めませんでした。試合は前半「メリエンダ」が、
先制して折り返し、後半「東海大学」が反撃して開始直後に同点ゴールを決めたものの、
終了間際に「メリエンダ」が再度、加点して結局2-1で勝利していました。
マァ、詳しくは判らないものの「東海大学」としては、かなり頑張った展開だったと思いますね。(^^)

第6試合はAコートで「L.T.f 」と「オリヴァリズム」が対戦していました。
試合は、やや「オリヴァリズム」が押し気味なものの、ほぼ互角の展開で進み、前半は0-0で折り返し
後半も、同じような流れでしたが、中盤頃「オリヴァリズム」が先制点を入れ、結局、そのまま1-0で
「オリヴァリズム」が勝利していました。「L.T.f 」は、かなり攻め込んでいましたが、最後の詰めが、やや甘く、
相手ゴレイロのファインセーブも有って、どうしてもゴールには結び付かなかったようですね。(^^;

Bコートでは「FCナデシコ」と「あかつきFC」が対戦していました。前半は、やや「あかつきFC」が、
攻め込むシーンが多かったのもも「FCナデシコ」も良く守って、失点を1に抑え「あかつきFC」が1-0で
リードして折り返していました。しかし後半は「あかつきFC」の攻勢が目立ち、開始直後にゴールすると、
ここからは連続して相次いで得点を入れ、更に4点を加点して6-0で勝利していました。
最初は、動きもやや固めだった「あかつきFC」ですが、後半は本来の首位らしい素早い動きが
戻っていましたね。(^^)

こんな感じでクレバーリーグ第9節は終了し、この結果、チェルビーズは3つ順位を上げて第7位に
なっていました。そして4位とも勝ち点2差に詰めているので是非、来週も頑張って、
更に順位を上げて欲しいですね。(^^)

では、叉、いつも通り、第9節終了時点のクレバーリーグの成績と前節までの
ノービスリーグの成績を掲載しておきます。

以上、クレバーリーグだい9レポでした。

2011クレバーリーグ第9節(1/29) 2st 4nd終了現在

第1位 「あかつきFC」 勝ち点24 (8勝 +32)
第2位 「グランドゼロ」 勝ち点21 (7勝1敗 +25)
第3位 「オリヴァリズム」 勝ち点18 (6勝2敗 +9)
第4位 「シェロ」 勝ち点13 (4勝3敗1分 +3)
第5位 「メリエンダ」 勝ち点13 (4勝3敗1分 -1)
第6位 「バーバーイヤンズ」 勝ち点12 (4勝4敗 -6)
第7位 「チェルビーズ」 勝ち点11 (3勝3敗2分 +1)
第8位 「FCナデシコ」 勝ち点10 (3勝4敗1分 -5)
第9位 「L.T.f 」 勝ち点9 (3勝5敗 -3)
第10位 「OnNAPO」 勝ち点7 (2勝5敗1分 0)
第11位 「北星学園」 勝ち点3 (1勝7敗 -33)
第12位 「東海大学」 勝ち点0 (8敗 -18)

2011クレバーリーグ第5節(1st終了)

第1位 「グランドゼロ」 勝ち点30 (10勝)
第2位 「OnNAPO」 勝ち点22 (7勝2敗1分)
第3位 「バーバーイヤンズ」 勝ち点19 (6勝3敗1分)
第4位 「チェルビーズ」 勝ち点17 (5勝3敗2分)
第5位 「シェロ」 勝ち点16 (4勝2敗4分)
第6位 「オリヴァリズム」 勝ち点15 (4勝3敗3分)
第7位 「メリエンダ」 勝ち点13 (4勝5敗1分)
第8位 「L.T.f 」 勝ち点11 (3勝5敗2分)
第9位 「FCナデシコ」 勝ち点8 (2勝6敗2分)
第10位 「東海大学」 勝ち点6 (2勝8敗)
第11位 「北星学園」 勝ち点0 (10敗)

2011ノービスリーグ第8節(12/11)終了現在

第1位 「ホワイトステラ」 勝ち点15 (5勝 +10)
第2位 「m.m.c」 勝ち点12 (4勝1敗 +13)
第3位 「ローザ」 勝ち点11 (3勝2分 +7)
第4位 「テンペスタ」 勝ち点9 (3勝2敗 0)
第5位 「ミラグロ」勝ち点8 (2勝1敗2分 +8)
第6位 「ガンドリ」 勝ち点6 (1勝1敗3分 0)
第7位 「メニーナ」 勝ち点6 (2勝3敗 -5)
第8位 「ソウルメイツ」 勝ち点3 (1勝4敗 -4)
第9位 「コレーガ」 勝ち点1 (4敗1分 -6)
第10位 「アミスタッド」 勝ち点0 (5敗 -23)

コメント

「里田まいの産地直送!カントリー娘。」NO569 (1/28)

2012-01-30 00:00:00 | Weblog

オープニングで、まいちゃんは「・・サア、1月も、もうラストです。早いですねぇ~!ホラ、早く終った!
もう1月は直ぐに終るんですよ!ホ~ントに、こないだ、年明けたばっか、でしたよねぇ!
イヤ~、どうですか?お正月気分は抜けましたか?フフ、私はアレからですねぇ、アノ~、初詣に!
やっと行きまして!はい、その後、直ぐ行って~!エ~、1人でね、行きました。は~い、で、
おみくじを引いて何だと思う?エ~と去年、去年が~、末吉だったんです、確か!
今年~も末吉でした。フフ何か、何か?ム、ム~!って感じでしょ?フフ何か、ム~ン?!って感じ!
フフ、ま、何、どっち?みたいな!特に話す必要が無いぐらいな!感じでした。
これって1人で行ったからエピソードも無けりゃ~、ねっ!1人で行ったから、
何か、ちょっと大吉とか、そう言う、ま、最悪~、凶とかでも、いい訳ですよ!
大凶とか!話せるならば!話、引き続き、末吉ってのは、う~ん?現状維持~!
みたいなね、う~ん、ま、でも末吉だった!フフ、マァ~ね、いいんじゃないですかね!
マァ、程ほど、いいと言うコトで!欲張らずに!今年1年も頑張ろうと改めて思いましたけれども!
(マァ、末吉と言うコトで、やがては、いいコトに出合う!と言う感じですよね)(^^)

マァね、その、お正月に~、お餅も食べて、一杯食べたし~!もうグ~タラしてたんですよ!本~当に!
もうグ~タラ、グ~タラ!働きもせず!フフ、グ~タラ、グ~タラ、いつまで寝てんだ?自分!
と言う感じで~、ま、居たんで~!ちょっと、やっぱ~、太ったりとかも、するのも気になって、
マァ、で、それで~、1月中~旬ぐらいから~、もう食事~制限をして!最近そうしてて~!
したコト無かったんですよ、殆ど!そう言うコトは!何ですけど、その通ってる~、トレーニングが~、
中々、先生が、売れ・売れに売れてましてですねぇ、中々、予約が取れず~!で、自分で階段登ったり、
降りたりしてるんですけど、それだけじゃ、マァ追い付かないので~、食事制限して~!もう、朝昼で、
ガッツリと炭水化物を摂ってたりとか~!マァ食べたい物、食べて、夜は~、昨日に関しては4時、
4時半に、マァもう食べ終わってまして!フフ早いでしょ?4時半ぐらいに、もう、夜ご飯食べちゃって~!
そう、もう~、そういう炭水化物は、ちょっと、もう抜いて~!お野菜とか~、ま、豆腐とか~、
そういう物を中心に、で、2コ食べる時も、ま、ささ身とか言ってる。もう、アスリートかよ?って言う!フフフ、
ま、少し、そういう食事制限をしながら~!ま、ビタミンとかも、ちゃんと摂って、お肌の為にも!何かこう、
自分の体~も、しっかりこう、ちゃんとケアしないとな、って言うコトで~!やっぱ外食とか~、そう言うの~、
生活、お酒とかも凄い飲んでたから!フフフ、ホ~ントにダメな~!ダメって感じだったから~!
それ続けると、やっぱ良くないね。早いうちに戻さなきゃと思って!最近は、ちょっと気合を入れて!
胃袋と戦っておりますので!皆さんは如何ですか~?お正月、もう、お正月、お正月なんて、
言ってられない!もう1月も末に、なりましたから~!う~ん?大抵の方もね、フフ、食べて食べて、
食べて食べたツケが回ってきますから早めの対処で、お互いに頑張りましょう!サアっと言う訳で、
今日も最後まで、お付き合い下さい!」と言って始まっていました。
マァ、最近の、まいちゃんを見ても全然、太ってる感じには見えませんけどね。(^^;

この後、リスナーのメール紹介という流れでしたが、まいちゃんは「・・今日はですね、葉書とか、お手紙で!
エ~、ファックス以外にも届いておりますねぇ、フフ、ファックス以外にも・・ファックスは1枚も届いてなかった。
フフ、ウソです、ウソツキです。今の!フフ、はい葉書~!」と言って読んでいました。

最初は網走の“カブさん”からで
“初めまして、こんにちは!毎週、聴いています。葉書出すの、初めてです。宜しく!応援してますよ。
全道的に寒い日が続いています。風邪、引かないよう、お仕事頑張ってね!“との内容でした。

まいちゃんは「もう、急いでたんだろうね?もう~、頑張ってね!が、もうガン、ガンバトッ・・
みたいになってね、フフ、ガンバトッ・・って、なっちゃってるから~!う~ん、ねぇ、はい、
有難うございます~!網走!いいですねぇ、イヤもう最近、北海道好きで!何故なら北の国からに
嵌まってる!もう、大~好きなの、今!もうねぇ、面白い!皆さん、北海道の方は勿論、
ご覧になってるんですかね?私は実は見たコトが無かったんですよ!エ~、ホントに、そうなんですよ!
道民のクセして!それでアノ~、最近、うちの母親が~、見るようになって~、
DVDを貸して貰ったんですけれども、マァ、面白い!今~、1回、ドラマバージョン全部見て~!
もう1回し、始まりましたから、私!アンコールで、は~い!イヤ~、それを見てるとねぇ、
北海道って、もう~、網走は勿論ねぇ、同じ北海道、いいトコだなと改めて思いますよ!
もう常に~、北の国からの五郎さんのコトしか、もう、恋をしたかのように!
五郎さんのコトしか、考えられない!何をするにも、純が、こう、話し掛けてくる感じ?
もう~!イヤ~、それだけで、もう、ずっと喋れるんじゃないか?フフって言うぐらい、
今、好きですが!フフ」と話していました。
マァ、どうやらブログに依ると、まいちゃんの北の国から!好きは周囲にも広がってるようですね。(^^;

続いても、お葉書で豊平区のラジオネーム“タロスケさん”からで
“初めまして!初、お手紙!さて、先週、酢豚のパインの事を話していましたが、実はアレには、
意味が有ります。(まいちゃんは「ア~、酢豚のパインが何で入ってるか?許せない、許す!とか、
そんな話ねぇ!」と口を挟んでます)・・曰く、中華料理は、昔から医食同源の目標で作られております。
酢豚はビタミンBを含む、豚肉を使います。酢には疲労回復のクエン酸が含まれていますが、
パインを入れる事で、その吸収の効果を高めると言う話を、昔、聞いた事が有ります
(まいちゃんは「アッ、知らなかったです!」と言ってます)・・里田さんが、パインが甘いって言ってましたが、
きっと、その、お料理屋さんは、パインをキチンと油通ししていないと思いますよ。料理と言うものは、
様々な国も智恵から出来ておりますので、色々と研究してみると面白いです“との内容でした。

まいちゃんは「ア~、勉強になる!へぇ~?うん、豚にB・・ブタミン!フフ、ブタミンだって!フフフ、
ビタミンBはね、アレでしたけれども!疲労回復、お酢はね!そこにパインを入れると、もっと吸収!アッ、
じゃあ、酢豚って凄く体にいい、食べ物なんですねぇ!因みにですねぇ、アノ~、料理屋さんじゃ無くて、
家の母親の場合は、どうしたらいいんでしょうか?フフ、って言う感じで、は~い!食べてったのを!
母親のね!美味しかったですよ。でも!はい有難うございました。貴重なご意見!」と言っていました。

続いては、お便りで“まいママさん”からで
“初めて、お便りを出してみました。今回、何故、お便りかと言いますと、私は九州の鹿児島出身!
(まいちゃんは「ア~、いいトコですよね!鹿児島、食べ物、美味しいしねぇ!」と言ってます)
・・まいちゃんに鹿児島弁のクイズを出そうと思ったのです。北海道弁とは違った面白さを
感じてみて下さい!“

この後、質問形式になっていたので、ここは、簡略方式で書いてみます。

(“”=リスナーのヒント&解答、【】=鹿児島弁の問題 「」=まいちゃんの答え&感想)

“1問目”【ラーフル】
“ヒント、ラーフル、持って来てよ!”
「エ~?ラーフル?・・ラー油!エ~、ラー油フルーツみたいな?!フフフ、う~ん?ラーフ・・?
ライフジャッケット!フフフ、持ってこない?あんまり!ライフジャケットとかさ、
違うかなァ?じゃあ、一気に行っちゃいますね!」

“2問目”【おやっとさァ~!】
“ヒント、お仕事の仕事後なんかに使います”
「アッ、お疲れ様です~、だ!これは絶対、そうですね。おやっとさァ!アッ、お疲れ~!って、
おやっとさァ!って意味だ。へぇ~?面白いねぇ!」

“3問目”【からう!】
“ヒント、ランドセルを、からう!”
「ランドセル?・・からう!ア~、もう放る!う~ん?関西で言うと、放るみたいなコトじゃない?
ア~、アノ~、投げるとか!・・ア~、ダメだ!ランドセル投げる状況、おかしいねぇ!フフフ、
イヤ~、もうアハハ、そうだ!ヒントを無視するって言うクセが有るんですよ。私!いっつもね、
1つのコトに、そう集中出来なくて~!ランドセル、もう捨てる訳、無いよねぇ!?からう!だから~、
ちょっと横にズラすとか~!フフフ、ちょっと横にズラすじゃ、ホラ、隣の人~、
席の人が邪魔だからって、ちょっと横にズラす、みたいな!違うかなァ?・・」

“4問目”【よか、おごじょ!】
“ヒント、私、まいちゃん!”
「よか、おごじょ?・・よか、いい!おごじょ!エ~?おごじょでしょ?お・・お尻みたいな!良いお尻、
みたいな!アハハ、いい、お尻してるね!とか、違う?ア~、あんま言われたコト無いから違うかなァ?」

“5問目”【わっせ!】
“ヒント、わっせ、ウける~!”
「ってコトは、アッ、なまら、みたいなコトじゃない?なんま、ウケる~!とか、北海道で言うと!」

“うちの地域とかでは、語尾に、だぜん!これ、何とか、だぜん!や、け~!
これくらいけ~?など、使いますよ~!“
「だって!う~ん?今の、まだ全然、判んない!じゃあ、解答もね、一緒に入れてくれたので!
見てみましょう!」

“答え、1番、ラーフルとは、黒板消し!”
「ライフジャケットじゃ無いの~?エ~、黒板消しのコト、ラーフルって言うんだ!知らなかった~!?」
(マァ、道民としては、想定外の解答ですよね)(^^;

“2番、おやっとさァ!は、お疲れ様”
「おやっとさァって名前の焼酎も有るって!ア~、美味しいもんねぇ、焼酎も鹿児島!」
(マァ、まいちゃんはPabo繋がりで、鹿児島焼酎とか飲んでる感じですかね?)(^^;

“3番、からう!”
「う~ん?ランドセルをからう!私は、ちょっと横にズラす、でしたけど・・」
“背負うです!”
「フフ、やっぱりね、う~ん?ランドセル背負って!とか言うよねぇ、うん!」
(マァ、ランドセル絡みとなると、背負うが妥当ですよね)(^^;

“4番、よか、おごじょ!”
「う~ん?これは、オッ!私は、いいお尻!とかね、ちょっとね、思ったんですけど、違いました!」
“美女!”
「オ~!ちょっとヒントで、これ、私を出すコトに依って全然、判らなくなるって言う、この自分がね!
はい、いい女!う~ん?とか、おごじょ!ア~、いい~!女、アッ、おごじょが、女の子だ!へぇ~!」
“因みに、美男子は「よかにせ!」です”
「へぇ~?よかにせ~!よかにせ~!、よかにせだぜ!とかって言う訳?もう全然、判んないよね!」
(マァ、おごじょ!は、たまに聞くコトも有りますよね)(^^)

“5番、わっせ!凄く!とか、凄い!”
「だから、こっちで言う、なんま!とか、なまら!とか、ア~、面白~い!勉強になりました。
有難うございました~!」
(マァ、れいなちゃんの私語とか、北海道民が聴いても全然、判らないですからね)(^^;

続いては厚別区の“こーへさん”からで
“14日、放送分のオープニングトークにて、何十年か前に、玄関の窓が開かなかったぐらい、
雪が積ったって話してましたよね?多分、16年前じゃないでしょうか?(まいちゃんは「ってコトは私、
11歳の時か?へぇ~、全然、覚えてないや!」と言ってます)・・この時、自分は高校生で、
冬休みの吹奏楽部の合宿を千歳の某所でしていました。最終日、豪雪で帰れないかも?と言う、
騒ぎになった思い出が有りますよ。その翌年は雪が、かなり少なく、雪祭りが開けるか、どうかの、
死活問題になったと思います。有ってますか?“との内容でした。

まいちゃんは「イヤ~、知らない人に聞いても!フフ、逆に投げ掛けたら戻って来たら、もう1回って言うね、
有難うございます。アッ、でも、そうかもね?16年前~、じゃないですかねぇ?違うかなァ?
何か、そんなような気がする~!う~ん?覚えてないのに気がするって言うのも何だけど!ア~、でも、
その、雪祭りが開けるか、どうか判んないぐらい、雪が少なかったのは覚えてる!それは~、覚えてます。
うんうんうん!有った有った!は~い、今年もね、もう直ぐ、雪祭りが開かれますけれども!
ワザワザ有難うございました~!」(マァ、何回かは、札幌も大雪の年が有りましたからね)(^^;

続いては、秋田県横手市の産直ネーム“ヨウさん”からで
“・・・僕も、まもなく高3になります。いよいよ受験が見えて来たなと実感しています。
これからは、テレビの視聴など、娯楽をいつも以上に減らして、勉強に明け暮れたいと思います。
この番組にメールを投稿する頻度も少なくなると思いますが、僕の事、忘れないで下さいね。では叉!“
との内容でした。

まいちゃんは「フフ、寂しいなァ!でも頑張って!どっか、高校3年生!これは~“ヨウさん”は、どの位、
ずっと送ってくれてたんだろうなァ?多分、中学生の時から聴いてくれてたんだと思うんですけどねぇ、
ドンドン、ドンドンみんな~、歳を重ねてるんですね、自分も含め!どうも有難うございました!」と
語っていました。マァ、時の流れのサイクルは、みんな共通ですからね。(^^;

エンディングで、まいちゃんはアドレスを告知した後「・では来週も土曜日、夜11時に、お会いしましょう!
いい夢、見ろよ!」と、いつもの決め言葉で締めて終わっていましたね。(^^)
コメント

「mignonヌーボー里田まいの、しゃかりき!」第39回 後編(1/25)

2012-01-29 00:00:01 | Weblog

前編からの続きです。

(M=まいちゃん S=沙菜ちゃん ST=沙織ちゃん A=あっきー 
NP=ナレーション、ピンクのブタおじさん 「()」=モニター越しの会話)

“mignon‘s eye コーナー”

最初は映画で“荒川アンダー・ザ・ブリッジTHE MOVIE”が紹介されていました。公開は2月4日からで
ナレーションでは「ヤングガンガンに掲載の漫画、荒川アンダー・ザ・ブリッジが、超豪華なキャスティングで
大胆に映画化されました。大企業の御曹司の青年と、荒川の河川敷で暮らす、奇抜な風貌の人々との
交流を綴るファンタジー!カッパ姿の小栗旬や、星型のマスクを被った山田孝之など、原作から、
そのまま出て来たかのようなキャラクターの再現振りに注目です!“と話していました。
マァ、この映画では普段とは、ちょっと違う、独特のキャラの、なっちが楽しめそうですね。(^^)

続いては音楽で、スマイレージが登場して番組宛てにコメントしていました。

(AW=彩花ちゃん KF=花音ちゃん MT=芽実ちゃん RK=里奈ちゃん、AT=朱莉ちゃん、
KN=香菜ちゃん、Z=全員)

AW 「ミニョンヌーボー里田まいのしゃかりき!をご覧の皆さん、こんばんは!」
Z 「スマイレージで~す!」
AW 「和田彩花です!」
KF 「福田花音です!」
MT 「田村芽実です!」
KN 「中西香菜です!」
RK 「勝田里奈です!」
字幕に“スマイレージ、チョトマテクダサイ!2月1日リリース”と出て、画面にPV映像が流れていました。

AW 「はい、2月1日に私達のニューシングル“チョトマテクダサイ!”をリリースしま~す!」
Z 「イエ~ィ!」
KF 「は~い、この曲は前回の“プリーズミニスカポストウーマン”とは違って、凄くコミカルで、
聴いていると、遂、体が動いちゃうような元気な曲に、なっているので皆さん、是非一杯、聴いて下さ~い!」
(この間、残りの5人は、激しく踊る振りポーズしていました)(^^)

AW 「はい、これからも24時間、年中無休、笑顔で頑張ります。応援宜しく、お願いしま~す!」
Z 「お願いしま~す!」
AW 「以上~!」
Z 「スマイレージでした~!バイバ~イ!」
(マァ是非、イベントとかで札幌にも来て欲しいですね。)(^^)

字幕に“老舗かまぼこ店で、お仕事体験!”と出ていました。

NP 「小樽の老舗、蒲鉾店で、お仕事体験中の伊藤君!今度は、ちくわ作りのお手伝い~!
伊藤君の仕事は、焼き上がった、ちくわの棒を引き抜く事!単純な作業ですが、
常に中腰なので、これが中々、大変です。」
ここで画面が4分割になり、沙菜ちゃんが中腰で一生懸命に焼けた、ちくわから、
棒を抜き取る様子が映っていました。

A 「(アッ、面白~い!)」
YK 「何度か・・。フフフ」(沙菜ちゃんの作業を見ています)
S 「(何か、凄くない?これ、ドンドン、ドンドンねぇ!)」(かなり次々と、棒付きちくわが運ばれてます)
M 「(何か、やった気持、辛そう~!)」
YK 「フフ、頑張れ~!アハハ」
A 「(メッチャ、美味しそう、食べたい!)」
YK 「ドンドン行きますよ!中に入ってるだけだから頑張って!」
S 「はい!・・(ここで社長が焼き立ての、ちくわを持って沙菜ちゃんに差し出しました)・・出来たて?」
YK 「出来たて!これがねぇ、何って言っても美味しいのよ!」
S 「やった~!ほくほく!」(手の感触を確かめてます)(^^)

NP 「焼き立ての、ちくわを試食してみるコトに!美味しそう~!」

YK 「これ、メッチャ美味いから!」(沙菜ちゃんが一口食べました)
S 「メチャ美味い!」
YK 「ねぇ~!」
S 「何だ?これ!」
YK 「何だ、これ?でしょう!」
S 「これ、ちくわ~!?」
YK 「ちくわなの、これが!」
S 「ちくわじゃ無いみたい!今まで食べた、ちくわ、何だったんだろう?・・」
YK 「っと思うぐらい、美味しいでしょう?」
S 「美味しい~!」(マァ、画面で見ても何か、直ぐ食べたくなる位、美味しそうでしたね)(^^)

字幕に“休む間もなく、ちくわの棒を洗浄”と出て、沙菜ちゃんが、抜いた棒を洗っていました。

S 「ア~、結構、手に来るなァ・・。」

NP 「黙々と仕事をする伊藤君、頑張れ~!」
字幕に“出来上がった、ちくわをパッケージング”と出ていました。

NP 「出来上がった、ちくわをパッケージング!何から何まで手作業なんですねぇ!」

YK 「そうそうそう!そういう事、そういう事!」(ちくわの位置を指示してます)
S 「こうだ!」
YK 「そうそう、そうそう!」
ST 「(ここで、こうやって作ってるのね?)」
S 「(そうなんです!)」
ST 「(スーパーに有るじゃん!)」(パッケージを見て言ってます)
S 「(これ、全部、ここで出来るんです!)」(ミニョン部屋で説明しています)(^^;

S 「エッ、どうなってるんだ?ホォ~!こうなってる!凄~い!有難うございます。これで完璧ですか~?」
A 「(フフ、誰に言ってるんだ?)」
M 「(凄い!有難うございます。フフ)」(沙菜ちゃんは、ちくわに喋り掛けていましたね)(^^;

S 「お店の店頭に並ぶんですね?」
YK 「そういう事です。」
S 「完成~!何か、感動~!よし、一杯売れますように!」
YK 「はい、次は板で!フフ」
S 「いい!あれ・・だって?・・何処か、行っちゃった!」(既に社長は次の場所に移動しています)(^^;

NP 「今度は、板蒲鉾の、お手伝い!機械に入れた、魚のすり身が~?・・・」

YK 「ここで見てると、キュ~!っと下がって、すり身が出て来るので、見える?見えたら言って!」
(沙菜ちゃんは、下の出口を覗きながら見ています)
S 「アッ、見えた!」
YK 「見えた?・・有った~?」
S 「はい!見えた・・。」(まだ少し、奥に見えてるようです)(^^;

YK 「出て来~い!」
A 「(ア~!)」(ようやく少し見えて来ました)
S 「細い状態で、こう~!」
YK 「はい、出て来た~!はい!」

NP 「オ~!出て来た~!」

YK 「で、これが乗っかって出て来て、蒲鉾になる!」
S 「成る程~!」(ここで、女性社員“以後=JS”が、沙菜ちゃんにビニールの掛け方を教えていました)
JS 「下、横、横、上!」(畳む順番を指示しています)
S 「下、横、横、上!・・」
JS 「そしてこう!」(蒲鉾に金型を被せています)
S 「アッ、これで型を付けるんだ!」
字幕に“煉りたての、かまぼこを蒸し器に入れられるように、金属の型に入れる”と出ていました。

S 「成る程、こうやって被せて被せて、上、やって~、下、横、横、上、フュッ!はい!」
(何とか、金属の型に入れました)

NP 「煉りたての蒲鉾は、金属の型に入れて蒸し器へ!伊藤君は、型に入れる作業を、
お手伝いします。・・伊藤君、大丈夫~?実はこれ、慣れないとツルツル滑って大変な作業なんです。」

S 「大変~!滑る~!」(やや、焦り気味です)
字幕に“次から次へと、蒸す前の、かまぼこが出来上がってくる”と出ていました。

NP 「それでも、蒲鉾は次から次へと機械から出て来ます。伊藤君、急がないと大変だよ~!」

S 「はい、有難うございます。・・」(蒸す前の蒲鉾が、8本ずつ台に並べられて、沙菜ちゃんの前に
置かれていました。そして両隣では、社員の人が手際よく、型に嵌める作業をしています)(^^;

NP 「オ~!流石はプロ!これは早い!」

A 「(アレま?!)」
S 「(早いんだ!)
ST 「(でも、あんな型に入れるのって知らなかった~!)」
S 「早っ!」

NP 「伊藤君も遅いなりに、黙々と、お手伝い!う~ん、頑張りました!」
(ここで少し時間経過、社長が、何やら、沙菜ちゃんに言ってるようです)

S 「エッ?・・でも~、オリジナルの蒲鉾、作ってもいいってコトですか?」
YK 「そういう事です。何を作っても結構です。」
S 「やった~!」

NP 「一生懸命お手伝いした伊藤君に栗原社長から、ご褒美!オリジナルの蒲鉾を、
作らせて貰えるコトに!」
字幕に“どうやら、4人の名前らしい”と出ていました。

S 「もう、すっかり~・・・?」(一生懸命作っています)

NP 「アッ、どうやら、みんなの名前みたいですねぇ!」

S 「う~ん?何か可愛くない!・・・」(ブタオジサンの顔を作ってるようです)

NP 「な・・?何だ、これ?!」(自分の顔らしい形を見て焦ってます)(^^;

S 「ア~、バイバ~イ!ちょっとの、お別れ~!」(自分で作ったオリジナル蒲鉾を蒸し器に入れてます)
YK 「フフフ」
字幕に“蒸し器のスイッチオン!”と出て、沙菜ちゃんが機械のスイッチを入れ、手を合わせて祈ってます)

S 「今日は1日、有難うございました~!」
YK 「ごくろうさんでした。どうでした?1日、やってみて!?」
S 「イヤ、大変でした!」
YK 「ア~!・・・」
S 「何ってんですかね?こう~、1コ1コの作業が全部、手作業だったりとか、するじゃないですか!」
YK 「うん、そうだねぇ!」
S 「最後のオリジナルのも作らせて頂いて~、とっても楽しかったです。最後は!」
YK 「ア~、良かったです。」
S 「途中まで、メッチャ大変でした!フフフ」
YK 「アッ、そうですか?」
S 「・・違う!私~、みんなで食べる、お鍋の材料を~・・・。」(少し思い出したようです)(^^;

A 「(フフ、忘れてた~!)」
ST 「(アハハ)」
S 「(忘れてたの!)」(みんなに説明してます)
ST 「(一生懸命働き過ぎ!)」(マァ、見てる側も当初の目的を忘れてましたからね)(^^;

YK 「ねぇ~!フフフ、そんならねぇ、丁度アノ~、うちの店が~、アノ、南樽市場に有るから~、
そこで例えば、お魚だとか、鍋材料、有るじゃない?」
S 「はいはい!」
YK 「それにアノ、今、作ってたさァ、例えば今日、あなたが作った、携わった?アノ、ちくわとか~!」
S 「はい!」
YK 「アレのオリジナル?あれ使えば、何とか、なるでしょ!?」
S 「もしかして頂けるんですか?」
YK 「当たり前じゃないですか~!アハハハ」
S 「フフ、やった~!」
(ここでミニョン部屋に画面が切り替わりました)

ST 「フフ、いい顔だよ~!」
A 「有難う~!」(全員で拍手しています)
ST 「オ~!」
S 「は~い、っと言う訳で、買い物だけじゃなくて~!ま、栗原さんに、
ちょっと、お仕事体験させて頂いたんですけど~・・。」
A 「凄い、凄~い!」
M 「アノ、手作業は凄いねぇ!全~部!機械も、そうだけどねぇ!」
S 「何から何まで~、最後まで、凄いこう、老舗なんですよ!」
M 「うんうんうん!」
S 「で、三代目なんです。今の社長!」
M 「う~ん!」
S 「だから、代々、代々、受け継がれてきた~、こう何て言うんですか?こう作業だったりとか~!」
M 「自由に、やらせるんだね?割りと!」
ST 「ねぇ!」
S 「イヤ、偶々(たまたま)じゃないですか?」
M 「フフフ」
S 「特別~!」
M 「フフ、イヤ、ちょっと待って!何で、偶々なの?」
S 「フフフ、」
M 「そ~んな気まぐれ、有る?」
A 「フフフ・・。」(マァ、沙菜ちゃんの場合は自由にさせたほうが、絵になり易いと言うコトですかね)(^^;

字幕に“伊藤くんの、オリジナルかまぼこ、いったい何?!”と出ていました。

NP 「伊藤君のオリジナルかまぼこは、とんでもないコトに~!」
ここでCMを挟んでいました。

“mignon‘s eye コーナー”

ここでも映画で“アフロ田中”が紹介されていました。公開は2月18日土曜日で、ナレーションでは
“ビッグコミックスピリッツに連載の”のりつけ雅春“による、人気コミックシリーズを実写映画化!
彼女いない歴24年の主人公、田中が、彼女を作ろうと空回りしながら、悪戦苦闘する姿を、
人気俳優、松田翔太の主演で描くラブコメディ、原作では登場しないヒロイン、加藤亜矢を、
モデルタレントとして活躍する、佐々木希が好演しています。」と語っていました。
何か、全体的に内容も楽しそうなストーリーになっているようですね。(^^)

字幕に“伊藤くんのオリジナルかまぼこ発表!”と出てミニョン部屋が映っていました。

S 「っと、言う訳で私が作った蒲鉾、完成しましたので!お披露目したいと思います。」
ST 「ジャン!」
S 「ジャ~ン!」(スタッフが4人の前に運んで来ました)
ST 「何?これ~!?」
A 「エ~?・・」(アルファベット風と、大きな固まりの蒲鉾が登場しました)(^^;

S 「これが~、おにぎりで~・・。」
ST 「ヒドイ!」
S 「こっちが坂口君です!」(大きな固まりは、おにぎりと、ピンクブタオジサンの顔でした)(^^;

A 「エ~?」(あっきーが隠そうとしてます)
S 「何?何?何すんだ・・・?」
A 「これ、テレビ、ダメだって!」
ST 「フフフ」
M 「これ、いいよ!これは、まだ、いいよ!こう!・・・」(おにぎり型を指して言ってます)(^^;

S 「はい!」
A 「これはエ~と、メールって書いてんのかな?英語で!・・メールでしょ?」
(1番上の名前の蒲鉾を見て言ってます)
字幕に“メール?”と出ていました。

S 「違います!これは、まいちゃんのMAIです!」
A 「これは?・・」(MAIの後に固まりが有りました)
S 「これはハートです。ちょっと何か、Mが失敗しちゃったんですよ!
だから~、ちょっとハートで紛らわせようかなと!」
M 「ア~、有難う、有難う!凄い嬉しい、うんうん!」
S 「MAIハート、・・SAO」
ST 「RI?・・・」(2列目は、3文字だけでした)(^^;

M 「RI、止めたんだね?」
S 「ちょっとねぇ、アノ~・・。」
M 「ハートは作れるけど、RIは止めたんだね?」
S 「フフフ」
ST 「簡略された?」
M 「基準が、判らない・・で?」
S 「で、AKI・・暁子のAKI!」(叉、3文字だけ作られてます)(^^;

M 「KOは止めたんだね?」
S 「KOは止めたの!」
M 「うんうんうん!」
S 「ちょっと足りないかなと思って!」
A 「うんうん!」
S 「で、SANA!」(4列目は、しっかり 4文字作ってます)
M 「SANAはいいんだね?・・で、足りないけど、坂口は全力で作った!?」
ST 「フフフ」
S 「そう、最初にこう、作ったんですよ!」(自分の名前を指してます)(^^;

M 「ア~!」
S 「結構、余ったんですよね。・・」
M 「って、配合、おかしいでしょ?こんだけ余るんだったら、KOも、RIも作れたんじゃない?」
A 「作れたワ!」
S 「そう、今、考えたら、そう思いますけど!」(マァ最初は、見通しも中々、立ちませんからね)(^^;

A 「これ、食べてみたい!でも・・。」
M 「ま、せっかくだから、ちょっと~!」
S 「是非!」
M 「アッ、ちょっと私~・・?」(それぞれ、自分の名前の蒲鉾を取ってます)

NP 「見た目は、ともかくとして、みんなで食べてみるコトに!さてさて、その、お味は~?」

S 「は~い!MAIのアッ、Aを!」(まいちゃんが、まず食べてます)
M 「頂きま~す!」
S 「だって、中々ねぇ~・・。」
M 「アッ、美味しい!」
A 「美味しい?」
S 「美味しい?良かった~!」
M 「味は確かですよ!」
S 「味は、そりゃァねぇ!」
M 「うん、美味しい~!」(他の2人も食べようとしています)(^^;

S 「美味しいと思います。」
A 「何か、コワ!後ろとか、もう~、ボロボロだよ!フフフ、頂きま~す!」
M 「美味しい~!」
A 「アッ、ホント、美味っ!見た目と違って美味っ!」
ST 「アハハハ」
M 「でも、これは思ったのは~、見た目って大事だね~!」
A 「大事~!ホント思う!」
字幕に“巨大かまぼこおにぎりを食べてみる”と出て、沙菜ちゃんが口に運んでいました)

NP 「伊藤君、おにぎり、似合うねぇ!」

ST 「アハハハ」
M 「ア~!アッハッハッ!」
S 「・・うん、味は美味しいけど~!」
ST 「ア~、フフフ」
S 「こんなに食べなくても、いいかも?フフ」(マァ、かなり厚めに出来てましたからね)(^^;

A 「見て!大容量、半端無くない?」(齧った場所をカメラに示しています)
S 「ズッシリしてる~!」
M 「ビッチリだね!」
S 「メガですね。これ!」
M 「これ、全部、すり身だからね。」
ST 「アハハ」
A 「魚も泣くわな!こりゃ!フフ」
(マァ、しっかりテレビには映りましたから、役目は充分果たしたと思いますけどね)(^^;

エンディングテーマとして、モーニング娘。の“ピョコピョコウルトラ”のPVが流れる中、
来週の予告映像が流れ、最後は、沙菜ちゃんがスーパーで摘み食いする場面が出て、
字幕に“また来週”と出て終わっていました。
コメント

「mignonヌーボー里田まいの、しゃかりき!」第39回 前編(1/25)

2012-01-28 00:00:00 | Weblog

今回もボリュームが膨らみましたので前編、後編に分割してレポさせて頂きます。

(M=まいちゃん S=沙菜ちゃん ST=沙織ちゃん A=あっきー 
NP=ナレーション、ピンクのブタおじさん 「()」=モニター越しの会話)

今回は、沙菜ちゃんが、1人でロケバスに乗ってる場面から始まっていました。

S 「皆さん、こんばんは~!今日の、お仕事担当は、私、伊藤沙菜です!実は、今回ですね。
何も聞かされて無いんですよ!」(ここで画面が4分割になっていました)

A 「(フフフ)」
S 「高速、乗ってるんですけど、ちょっとコワいですねぇ!」(外を見ています)
S 「(イヤ、こっち見て~!フフ)」(モニターを見て自分に言ってます)
S 「来ました!(赤封筒を渡され、読んでいます)・・“お疲れ様です。寒い日が続きますね。
美味しくて体が温まる鍋料理とか、食べたくないですか?食べたいですよね?“
・・無理やりじゃないですか?・・“っと、言うことで、今回は港町小樽へ行って食料を調達して、
美味しい鍋料理を用意して下さい。みんなで食べましょう!”」
ST 「(ウワ~!)」
M 「(やった~!)」(モニター越しに喜んでます)(^^)

S 「“まずは、小樽でも有名な、かまぼこ屋さんに向って下さい。では、よろしくねぇ”・・
何か、遠方に、パシリみたいな感じですかね?フフフ、言っちゃえば!お買物?
この私が責任持って買って来ますね。みんな楽しみにしててね~!」
ここで、ミニョン部屋に画面が切り替わりました。

A 「やった~!」
ST 「いい子だ、沙菜~!」
S 「は~い、お買い物行きなさいって!」
M 「買い物?」
S 「そう!」
M 「ドンドン、ハードル下がってない?この番組、大丈夫かな?」
S 「イヤ~、何かね~・・。」

NP 「大丈夫~!ハードル下がってませんよ~!今回は伊藤君が、港町小樽へ行って、
美味しいお鍋の食材探し~!しゃかりきスタート~!」

ここで番組タイトルが出ていました。

字幕に“伊藤くんの、お鍋の食材探しに小樽へ、おつかい?”と出て、
更に“大八栗原蒲鉾店、小樽市入船1丁目11-19“と出ていました。

NP 「美味しい、お鍋の具材を求めて伊藤君が、まずやって来たのが、こちら!
栗原蒲鉾店~!創業明治39年と言う、老舗中の老舗の蒲鉾屋さんなんです。」
(沙菜ちゃんが、店の前に来ました)

S 「着いた~!ここだ~!(店内に入りました)・・色々、有る、こんにちは~!」

NP 「でも、何だか、様子がおかしいですよ?」

S 「アレ~?もしかして、まだ~、やってないんですか?」
(ここで社長“以後=YK”が出て来て、沙菜ちゃんに対応していました。)
YK 「エ~と、準備中と言うよりは今日、お話を伺っているのは、今日、
手伝って頂けるという事で、エ~、準備していたんですが!」
S 「何にも聞いてないです。アレ?・・・」(ここで叉、画面が4分割になっていました)
S 「(こう言うコトでした!)」(沙菜ちゃんが説明しています)
ST 「(そっか~!)」
S 「イヤ、まさかの?・・・」(叉、赤封筒が沙菜ちゃんに渡されました)(^^;

A 「(ア~、そう!)」
S 「(そう言うコトだったんですよ~!)」
S 「もしかして?・・“美味しい、お鍋の話に夢中で、さっきの手紙に書き忘れちゃいましたけど、
栗原蒲鉾店さんで、お仕事体験も有りますよ。新人アルバイトさんとしてガッツリ働いて下さい!“・・
伊藤沙菜と申します。」(社長に挨拶してます)
YK 「アッ、栗原と申します。宜しく、お願いします。はい。」
S 「宜しく、お願いします。」
字幕に“栗原蒲鉾店、社長、栗原康さん、マイブーム深夜のアニメ”と出ていました。

YK 「アノ~、もう既に下のほうでは、工場は~、始まってますので・・。」
S 「はい。」
YK 「後は着替えて頂いて、しっかり、やって頂ければと思います。宜しく、お願いします。」
S 「フフフ宜しく、お願いします!」(ここでエプロンを渡されていました)
字幕に“訳がわからないまま、とりあえずエプロンを着る”と出ています。

NP 「オ~!伊藤君、流石、切り替えが早い!取り合えずエプロンを着けて、お仕事モードですねぇ!」

YK 「・・はい、作っています。色々と・・」(着替えてる間も色々、説明していたようです)
S 「エ~?エッ、エッ!?イヤ、何にも聞いてないんですよ。ホントに!有り得ないですよ。ホントに!」
ST 「(アハハハ)」
字幕に“老舗かまぼこ店で、おしごと体験”と出ていました。

YK 「じゃあ、行くよ!」(下に降りて行きました)
S 「(メッチャ、似合うって乗せられたんですけど!フフ)」(ミニョン部屋で説明してます)
S 「何か?・・秘密部屋みたいな!地下に降りて行くんですね?」(一緒に階段を降りていました)
字幕に“蒲鉾の作り方を説明してもらう”と出ています。

YK 「蒲鉾を作る時に、初めはアノ~、蒲鉾の原料ってのは魚のすり身ですね、ただ、ここではアノ~・・。」

NP 「取り合えず蒲鉾の作り方を、1から教えて貰うコトに!何の知識も無い、伊藤君に、
栗原社長が判り易く、説明してくれます。」

YK 「・・・味付けの段階から、やります。で、その味付けをする機械が、この乱解機と言う機械です。」
S 「はい!」
YK 「今、ちょっと回すね。」(機械が作動すると、中に有る2本の棒が、すり身を掻き混ぜていました)
S 「オ~?!」
YK 「こういう状態になって煉って行く訳ですよ。」

NP 「しっかりと手を洗って~!いよいよ、お仕事開始です!う~ん衛生面は、しっかりとやらなきゃ~!」
(沙菜ちゃんは、手を洗った後、ゴム手袋を嵌めていました)

ST 「(アハハハ)」(沙菜ちゃんの手を洗う仕草を見て笑ってます)(^^;
字幕に“一口サイズの、つまみ揚げを作ってみる”と出ていました。

NP 「まずは、一口サイズの、つまみ揚げを作って貰うコトに!」

YK 「どっち?・・」(利き手を聞いてるようです)
S 「右手!」
YK 「はい。みんな、やっていい!任すから!」
S 「いいんですか?」
YK 「はい。」 (沙菜ちゃんは、少しずつ、すり身から、摘んで形にしていました)(^^;

NP 「任すって、大丈夫~?・・」

S 「ホイ!」(少しずつ、すり身を手で丸めて下に置いていました)

NP 「何とか、かんとか、形になったら、直ぐに油で揚げて行きます。」

YK 「では、そのまんま揚げましょう!」(沙菜ちゃんが作った、すり身を油の中に入れて掻き混ぜています)
S 「オ~?既に何か~?」(直ぐ、色が付いてきました)
YK 「はい、そうです。」
S 「キツネ色に、なって来ましたね。」
YK 「もう、ちょっとですね~!はい、良し、じゃあ上げよう!~!」
S 「はい!(網目の入った容器で、すくっています)・・ウワ~!キレイ~!」
YK 「ここへ、ここへ!上げるんだよ!」
A 「(何、これ~!)」
M 「(美味しそう~!)」
ST 「(ウワッ、美味しそう~!)」

NP 「エ~、これは確かに美味しそう~!」

S 「急げ、急げ、急げ!」(焦り気味に、すくっています)
YK 「急げ!ガ~と行け!」(すくった蒲鉾を素早くローラーの上に置いていました)
S 「ガ~、ガッガッガッと!」
YK 「ガ~と行け!そうすると、あなたの切った蒲鉾は、こういう形でもって、揚がっております。」
S 「エ~、可愛い、美味しそう~!」
YK 「はい、持って!」
S 「はい、アッ・・」(揚げたての蒲鉾を手で摘んでいました)

NP 「揚げたてを試食させて貰う事に!でも、それ、熱いんじゃないの?」

S 「美味しそう・・・」(パクっと口に放り込みました)
YK 「アハハハ」
S 「ア~・・。」(少し、熱さに悶えています)(^^;

字幕に“熱かったらしい”と出ていました。

YK 「熱かったでしょう?」

NP 「やっぱり~!」

S 「・・美味しい~!」(カメラにグッドポーズしてます)
ここで画面には社長が包丁の刃に、すり身を摘んで、素早く団子状にして並べる様子が映りました。

A 「(ウワ~、これ凄~い!)」
S 「(これが凄いよねぇ!)」
M 「(ウワッ、凄~い!)」
ST 「(アハハ、凄~い!)」(鮮やかに素早く並べる様子にビックリしてます)(^^)

NP 「次々に団子状に形を整える!これは中々の職人技!」

S 「ウワッ、凄~い!何年、掛かったんですか?」
YK 「これはね、アノ~、直ぐ出来るようになる!」
S 「ウソだ~!?」

NP 「取り合えず、伊藤君もチャレンジ!」

YK 「頑張れ!アハハ、出来良くなくても、いい!チャレンジだ!」
S 「アッ・・・。」(少し摘んで乗せたものの、直ぐ落ちてしまいました)(^^;

YK 「フフフ、頑張れ!」
ST 「(アッ、いいんじゃない?)」
A 「(オ~!)」
S 「アッ?・・・」(何とか、少し乗ったものの、叉直ぐ、落下しています)(^^;

M 「(ウワ~、これは難しい!アレ、覚えるの?)」(沙菜ちゃんに聞いてます)
S 「(アッ、そんなに覚えれなかった!フフ)」
YK 「判った、いい!もう、いい、もういい!・・・」
S 「アッ、もう1回だけ!ワンチャンス!ワンチャンス、お願いします・・。」
YK 「フフフ・・。」(緩めに否定してます)(^^;

字幕に“伊藤くんのかまぼこ作り、いよいよ本格的に、お手伝い!オリジナルかまぼこは、
とんでもない事に!”と出ていました。

NP 「蒲鉾屋さんの、お仕事はまだまだ続く~!エッ?これは何~?!」
ここでCMに入っていました。

今度は、まいちゃんが登場!狸小路に居る映像が流れていました。

M 「こんばんは!今日は狸小路5丁目に来ていま~す!どんな出会いが有るんでしょうか?
早速、広報活動、頑張りたいと思いま~す!行ってきま~す!」
字幕に“里田まい、狸小路5丁目へ、しゃかりき広報活動!”と出て、まいちゃんが
狸小路を歩いていました。

M 「エッ?札幌小学校?じゃあ?・・・」(女の子2人に話し掛けています)

NP 「色んな、お店に番組のステッカーを貼らせて貰う、里田君の、しゃかりき広報活動~!
今回は狸小路の5丁目に、やって来ておりま~す!」

M 「同じ、中学校だった!フフ、アハハ、凄いなァ!地元だ~、やっぱり!」
字幕に“狸小路商店街5丁目、狸神社”と出ていました。

M 「何だ?これ、狸地蔵!・・“頭に手を触れば知恵”頭、良くなれ~!フフフ」
(狸地蔵の後ろに書いて有る、説明文を読みながら、頭をさすっていました)

NP 「頭、良くなれ~!」

M 「“目鼻、合格!オ~、肩から胸をさすれば、恋愛成立!”」(胸をさすってます)

NP 「凄いなァ、色んな、ご利益が有るんですねぇ!」

M 「“太鼓腹を撫でると、安産!通帳に触れば信用!”オ~、信用されたい!
“枝をこすれば交通安全”はい“前金を叩けば、商売繁盛!”・・前金?何処?・・(捜してます)・・
前金って何?(ここでスタッフから笑い声が起きていました)・・エッ、何処?・・“尻尾を押さえると
回春“?・・アッ、前金って、もしかして?・・フフフ、アッ、判った~!前の金ってコト?
(ここで、スタッフが大笑いしてます)・・ピッ!(軽く、そこをタッチしました)・・
アハハ、じゃあ、ちょっと~、一通り~!失礼しました。じゃあね、これ~!
(賽銭箱に小銭を入れ、紐を引いて鐘を鳴らし、かしわ手を打ちました)
・・里田まいの、しゃかりき!が、視聴率上がりますように!お願いしま~す。頑張ります!」
(マァ是非、末永く続いて欲しいですけどね・・)(^^)

字幕に“狸小路商店街5丁目① 味処、くわじま”と出ていました。

NP 「視聴率アップを祈願したら、早速1軒目へ交渉~!」
(ドアを開けると、女子店員のオバサン(以後=JT)が笑顔で出迎えました。)

M 「こんにちは~!」
JT 「こんにちは~!ウワ~、素敵ねぇ!」
M 「すみませ~ん!」
JT 「今ねぇ、バタバタしてるよ~!」
M 「そうですねぇ・・・」(遠慮してドアを締めようとしてます)
JT 「う~ん、どうする~?」
M 「アッ、じゃあ、ちょっと~、ステッカーを、これを貼らせて頂きたくて~・・。」
JT 「ア~!」
M 「この辺に貼らせて頂いて・・?」(入口のガラス戸を示して聞いてます)
JT 「イヤ~、随分、目立つ所、貼るねぇ・・。」
M 「アッ、じゃあ・・・。」
JT 「イヤ、そのほうがいいよ~!」
M 「いい~?」
JT 「うんうんうん!」
M 「すみません、貼らせて頂きます!」
JT 「どうぞ~!は~いフフフ」
M 「すみませ~ん!」
JT 「寒い中、ご苦労様で~す!」
M 「フフ、イヤイヤイヤ・・。」
JT 「どうも有難うございます。風邪、引かないでねぇ~、ね!」
M 「アッ、は~い!フフ、有難うございま~す!・・ア~、フフ、早い、早いよ!
(ここでステッカーを貼りました)・・早~い、話が早い!」
JT 「大丈夫かい?」
M 「大丈夫です。ア~、有難うございます。」
JT 「イ~ヤ、イヤ、ゴミ貰うわ!(そして握手してます)・・イヤ、この手、冷た~い!」
M 「アハハハ」
JT 「ゴミ、いいの?」(ステッカーの裏紙を見て言ってます)
M 「アッ、大丈夫です。はい、有難う、叉、食べに来ます。今度は!」
JT 「アレ?お仕事抜きで?」
M 「は~い!フフ」
JT 「お待ちしてま~す!」
M 「有難うございます。アハハ」
JT 「どうも、どうも!行ってらっしゃ~い!」
M 「ア~、アハハ、行って来ま~す!アハハハ、元気だ~!元気~!」

NP 「これは中々、幸先のいいスタートだねぇ!」
字幕に“狸小路商店街5丁目② カレー道場、黒帯”と出て、まいちゃんが入口に行きました。

M 「はい“心の準備”?(看板を読んでます)・・心の準備じゃないね?“心を込めて準備中”・・
すみません、心の準備中に見えた。これ!・・こんにちは~!アッ、こんにちは!お邪魔しま~す!
すみませ~ん!」(中から男性店員“以後=T”が出てきました)

NP 「カレー屋さんでも気持ち良く、ステッカーを貼らせて頂きました!」

M 「ウワ~!・・」(入口のガラス戸に貼ってます)
T 「歪(ゆが)んでますけどね?・・」(まいちゃんの後ろ側から見てます)
M 「エッ?・・」
T 「フフ、歪んでますけどね。」(ちょっと曲がってました)
M 「ア~、ちょっとね、心が曲がってるんですよ。すみませ~ん!」
T 「フフフ、イヤ、有難うございます。」
M 「有難うございま~す!すみません、有難うございました~!失礼しま~す!よ~し!
快調な滑り出しで~す!」(ここで外に出ると、女の子を抱いた、お父さんが立っていました)(^^)

M 「ウワ~、こんにちは~!イエ~ィ、こんにちは~!(女の子に話し掛けると、お父さんが代わりに
「こんにちは~!」と挨拶していました)・・テレビだよ~!フフ」
字幕に“狸小路商店街5丁目③ 三宝印刷”と出て、まいちゃんが中に入りました。

M 「失礼しま~す!お邪魔しま~す!ア~・・。」(女子店員が応対していました)

NP 「この後も、広報活動は順調に進んで行きます。皆さん、親切ですねぇ!」

JT 「何処に貼ったらいいんでしょうねぇ?」
M 「よいしょ!こんな感じで!(入口ドアー附近に貼りました)・・どうも有難うございました~!」
JT 「はい、有難うございます。」(ここで、叉、少し歩いて立ち止まりました)
M 「お野菜とか?スーパーかなァ?」
字幕に“狸小路商店街5丁目 ④ 道産食彩HUGマート”と出ています。

M 「スーパー?凄い一杯有る!ウワッ、何だ、これ?カボチャ、小っちゃい!小っちゃいカボチャ!」
(店頭の野菜を見ながら、中に入りました)

NP 「早速、店内へ!オ~、お客さんが一杯だ~!」

M 「こんにちは~!アラ、お綺麗な~!」(お店の女性に声を掛けてます)
JT 「フフフ」
M 「店員さんですよね?」
JT 「店長の七飯と申します。」
M 「アッ、店長さん!」
JT 「宜しく、お願いしま~す!」
M 「宜しく、お願いします随分、お綺麗で~!」
JT 「フフ、イヤ、とんでも無いです。」
M 「イヤ、お野菜、たくさん食べてるから~?!」
JT 「そうですねぇ、はい、ビタミンパワーで!」
M 「ねぇ、イヤ~凄い!はい、失礼しま~す!」

NP 「こちらの、お店では、レジ横の目立つ所にステッカーうぃ貼らせて頂きました。」
(まいちゃんは、レジの横側に直接、貼っていましたね)(^^)

M 「有難うございます。」
JT 「頑張って下さ~い!」
M 「フフ、有難うございました~!失礼しま~す!」

NP 「狸小路5丁目の広報活動は、まだまだ続く~!」
字幕に“to be continued”と出て、CMに入っていました。

この後、後編に続きます。
コメント

「伊藤沙菜のココロは童顔です。」第136回 (1/22)

2012-01-27 00:00:01 | Weblog
 
本日も内容を一部、簡略化してレポさせて頂きます。

オープニングで沙菜ちゃんは「・・さて、今日は1月22日、日曜日25時になりましたけれども、
何だか最近ですねぇ、やっぱ1週間がスッゴク早くて~!こう先週のね、ココ童を、こう聴いてて~!
オッ、今日、もうココ童ですよ~!フフフ、早いの!自分の声を聴くのが早いんですよ!
こうなってったらさァ、やっぱりこう~、歳を重ねてるんだなァ、みたいな感じに思う訳ですけれども!
最近ねぇ、もう1コ~、何か、そう思うコトが有りまして~!私の~、こう、同級生と言いますか~、
同じ歳の高校時代にスッゴイ仲良かった友達が結婚するんですよ!で、最近さァ、こう自分~の、
身内と言いますか、知り合いの中でも~、こう事務所の先輩だったりとか、後、お仕事で~、
お世話になってる方とか~、結構、結婚する方が多くてですねぇ、日々、ラッシュなんです。私の中でね!
で、もう、その中でも~、やっぱり自分と同い年の子が結婚するってなって、結婚式を挙げるって言うのが、
初めてでして~!それでねぇ、こう、こないだ~、ま、結婚式するんだ~!って言って、
スピーチを、お願いされたんですよ!皆さん、スピーチを頼まれたコトって有りますかね?私、初めてで~!
スピーチって言っても、ろくに日本語もさ、上手く喋れないのにさァ、こう一杯、人が居る中でね、
もう友人代表ってなったら、たった1人ですよ!私がヘマしたら私の代わり、誰も居ない訳ですよ。
(マァ、結婚式のスピーチは、生本番、1発勝負ですからね)(^^;

その中で~、何~を喋ろうか?って言うので、色々こう~、インターネットとかでも調べてるんですけど~!
何かこう、キチっと~、したモノのほうが、いいんですかね?でもね、高校時代もねぇ、こう仲良かったから、
私のコト、全て知ってる訳ですよ!ちゃんとしたコト喋れって言われたら、喋れない訳ですよ。私!
でも、それと言って~、こう面白いコト喋れって言われても~、それは叉、何かこう、プレッシャーに、
繋がりますので~、何~をどう?・・どういう風にこう、出していいか?って言うのがね、ちょっと見当も、
ついて無いんですけど~!何かこう、好きな方、最初はさァ、こう友人代表、伊藤沙菜!・・
アッ、何って言うんだろうね?新婦!・・新婦の代表みたいな感じで言うのかな?(ここでスタッフから何か、
指摘されたようです)・・アッ、フフフ新婦の友人?・・すみませんね、フフ、ホントに今、調べてんですよ!
って、調べてないコト、バレバレだけど、ちゃんと勉強してるの!
(マァ普段、遣り慣れないコトをパソコンで調べるのは、結構、大変ですからね)(^^;

新婦の~、友人の~、伊藤沙菜です!みたいのから始まって~、マァ、その生い立ちまでは喋れないね。
高校からの仲良しだからさァ、ちょっと高校時代は、マァ私、バスケ部のマネージャーさんだったんですけど、
同じマネージャーだったんです。ま、その時のエピソードとかも話つつ~!マァ、褒め称えて、こう、
いいですねと!理想のお嫁さんだったんです。そう言った感じで褒め称えて!マァ、最後の言葉とかもね、
何か、私からの贈る言葉とさせて頂きます。みたいな!・・イヤ、違うんだよねぇ?・・
叉、違う言い方が有ったんだけど~!でも、こんな調子ですよ。こんな調子でフフ、
結婚式に出るってなったら~、やっぱり、こう、友達にも恥を掻かせたくないですし~、
私にして良かった!って思って貰えるようにしたいので~!是非ともアノ~、リスナーの方、
アノ、スピーチしたコト有るよ!って言う方は是非是非、アノ私にアドバイスを!フフフ、
送って頂けたらなァと思っています。自分でもね、ちゃんと勉強するけどね、っと言う訳で皆さん、
メッセージこのスピーチ以外でも、お待ちしています。」と話していました。
マァ、半分ぐらいはスピーチも聴いて無い人が多いので、自然体で普通のテンポで
話せばいいと思いますけどね。(^^;

♪ピョコピョコウルトラ♪ (モーニング娘。)

この後、リスナーのメッセージが紹介されていました。

最初は愛知県のラジオネーム“ムーンさん”からで
“伊藤沙菜さん、初めまして!ムーンと言います。毎週楽しくラジオを聴いています。
エンディングの、ほんわかした曲と、沙菜ちゃんのトークが日曜日の夜を締め括る最高の一時です。
これからも楽しい放送を楽しみにしています!“との内容でした。

沙菜ちゃんは「・・・遠くから有難うございます。こちら北海道でございます。雪が、まだまだ降ってますが、
愛知県は、雪、降ってるんですかね?降ってないのかな?愛知県って!イヤ~、遠くから!
イヤ、最近でも、こういったメールが、こう、たくさんで嬉しいですね。北海道外からも、こう、
メールが届くように、なって来たんですよ!有難いです。毎週、聴いてるっと言うコトは?
来週も聴いてる!っと言うコトで是非是非、メッセージお待ちしています。
初メール嬉しいです。有難うございま~す!」と話していました。
マァ、ココ童は深夜のオンエアなので、結構、聴ける範囲も日中より広がると言うコトですかね。(^^)

続いてのメールは、ラジオネーム“ダッキーさん”からで
“僕の周りでは、ラーメン屋や、コンビニなどでバイトをしている友達が多く、僕も、しようか、
迷っているのですが、沙菜さんは高校時代、何か、バイトはしていましたか?“との内容でした。

沙菜ちゃんは、語れる程は、やってないけど、1ヶ月程、飲食店でバイトで働いたコトが有って、
店員さんが注文を受ける時に、ピッピッピッ!と押す、ハンデイと言うヤツが有り、それがずっと慣れなくて、
全然、出来なかったので、メモとかに例えば、アボカドの生春巻きだったら、アボカド、ナマハル、とか、
書いたけど、何か、そのアボカドしか書かない場合とか有って、いつも注文を間違えるので、店長に
怒られていたと言っていました。そして店長から、君は、こういう職業は向いてないと言われ、更に、
結構、活発なようだからビラ配りをしたら、お客さんは寄って来ると思うから!と真冬に言われたそうで、
沙菜ちゃんは、結構暖かいベンチコートみたいなのを着て、外で一生懸命ビラを配っていたとの事で
「・・そう、ダメだって言われたのが悔しいモンだから、一杯呼んでやると思って~!ま、私が悪いんですけどね、
全てね!こう配る訳ですよ!したらね、結構ねぇ、こうサラリーマンのオジサマとか~、こう若い女性とかが、
意外とこう、人気で~、マァ勝手に思ってるだけかも知れないんですけど~!意外とこう、ビラを、
取ってくれて~!ア~、行く行く!って言ってくれて!お客さんを~、結構な人数、呼べたんですよね。
そしたら店長もさ、イヤ、天職じゃん、みたいな!ビラ配り、いいよ!みたいな感じになって、もう、ズ~とフフ
ビラ配り、させられたんですよ!で、やっぱ冬だったし~、ちょっとコレ、キツいなと思って辞めた!フフフ
もっと頑張れ!と思うと思うけど、辞めた!フフフ
(マァ、北海道の真冬に毎日、外での仕事は男性でもマジでキツいですからね)(^^;

そう、そういうエピソードしか、無いですね。だから、もっと先輩らしい~、こうアドバイスが出来たらと、
思ったんですけど~、バイトに関してはねぇ、ちょっと私からは、あんまり意見、聞かないほうがいいと、
思いますよ!もう是非ね、こう自分が向いてるなァって思うモノに、こうチャレンジしてみるのはね、
いいと思いますよ!アルバイトをしたら、叉、新しい仲間が増えたりとかするし~、こう、社会人の気持に、
なると言いますか、こう、ちゃんと、お客さんに接して!ちゃんと、お仕事してね、だからこう~、その分、
お金を貰えると言いますか・・・だからね、何か上手く纏められないんだ!アルバイト、何せ、かんせ、
出来ない人だったからさ、だから上手く言えないんですけども!いいと思います。アルバイト是非是非!
体験と言いますか、チャレンジしてみて下さい。何がいいんですかね?アルバイト!
色々、有りますけれども!」と話していました。
マァ、バイトでの貴重な経験は必ず将来、自分の中で、何らかの形で活かされますからね。(^^;

続いてのメールは、ラジオネーム“たかちゃんさん”からで
沙菜ちゃん、可愛い!々・・・(この後、可愛い!を合計15回、連呼していました)・・
北海道のタレントさんの中で1番、大好き!・・(大好き!も3回連呼しています)“との内容でした。

沙菜ちゃんは、こんなに可愛いって15回言ってくれてるのに、全国の中では無く、北海道の中とのコトで
素直だと思うと言っていました。しかも大好きも3回言ってくれてるとの事で「・・大好きって、大嫌いの
反対ですからね、相当好きですよ。有難うございます~!こんなに可愛いと、大好きを言われたコトは、
初めてです。嬉しいです。ま、不思議ですね、こう何回も言われるとさァ、ちょっとウソっぽいみたいな~、
感じの~!フフフ、イヤ私が、ちょっと捻くれ者なだけだと思うんですけど~、でも、嬉しいですよ。
こんなに言われたコト無いからね、ちょっと捻くれ者が出てしまいましたけれども、有難いです。
是非、叉、次、来た時は~、20回位可愛い!って言ってくれて~、全国の中で1番好きです!って、
言って貰えるぐらい頑張ります。有難うございます。」と言っていました。
マァ、何か、読む沙菜ちゃん自身も、ちょっとキツそうでしたけどね。(^^;

続いてはラジオネーム“プールルメリットさん”からで
“沙菜ちゃん、こんばんは!沙菜ちゃんはインフルエンザの予防注射以外に、風邪予防の対策は
していますか?もし良かったら、沙菜流の風邪対策を教えて下さい!“との内容でした。

沙菜ちゃんは「・・イヤ、沙菜流って言いましても、やっぱり菌は~、こう、みんなに平等にこう、
襲い掛かって来るので、あんまり私流って言うのは無いんですけど~、やっぱりもう、多分100回ぐらい、
聞いてると思いますけど、手洗いウガイじゃないですか?1番は!こう基礎が出来てたら~、やっぱりこう、
菌も~、こう襲い掛かって来るけど、多分負けると思うんですよ!だからね、日々のね、こう、
行いだと思います。手洗いウガイって!それが1番だと思います。」と話していました。
マァ、後は部屋の適度な加湿とかですかね。(^^)

この後、沙菜ちゃんは「・・そしてですね、先週、メールとか、減って来ちゃった!と言うお話をしたんですけど
たくさん来ました!有難うございます。そしてですねぇ、もう色々、ご指摘メールも頂きまして!
そちらのメッセージも読ませて頂きました。これからも、もっと日々、精進したいと思いますので、今後も、
“伊藤沙菜のココロは童顔です。”を宜しく、お願い致しま~す!」と語っていました。
マァ、こうやってリスナーメインの展開になれば、ココ童の投稿メールも自然に増えますから、
そんなに心配するコトは無いと思いますけどね。(^^)

♪歩いていこう♪ (いきものがかり)

“言って、言って、言っちゃって~!”

沙菜ちゃんは「言って、言って、言っちゃって~!っと言う訳で、皆さんが私に、こんなコト言って欲しい、
言葉や台詞などを送って貰い、私が感情篭めて言うというコーナーでございます。
今週もたくさん届いています。」と言って投稿メールを紹介していました。

では、ここから簡略方式で書いて行きます。
(<>=ラジオネーム “”=設定&シチュエーション 【】=沙菜ちゃんの台詞 「」=感想)

① <助っ人さん>
“半年前から、片思い中の先輩が居る、沙菜!まだ先輩には、話を切り出せずにいた。
居ても立ってもいられず、先輩に思いを伝えた時の沙菜の言葉です“

【あの・・先輩は私の事、好きですか?それとも~・・沙菜の事が好きですか?】
(可愛い感じで言ってます)

「ハッハァ~、成る程ね、そういう手に出たと言うね!ちょっと検証したいんですけど~、2択だけど~、
私って言うのも~、沙菜も~、1人で~、ってコトだよね?どっちも私ってコトだよね?だから~、こう、
断られない限りは~、両方OKってコトですよね?ズルッ!ズルいね、これね、コレ使おうかな!フフ、
ただ~、ダメだった場合は~、全然その手には乗らないぜ!ってコトでしょう?それも、ちょっと恥かしいね、
イヤ、でもこれ、いいんじゃないですか?ちょっと深いですよね。こうちょっと、これに関して検証する時間が、
欲しいです。ちょっと今だけじゃ足りない気がします。でもこれ私?・・“私の事は好きですか?
それとも沙菜の事が好きですか?“同じ人物なんだもんね!フフフ、イヤ深いなァ~!成る程、
有難うございます。」(マァ何か、男性側も、そんな積極的な言葉を嬉しく感じると思いますけどね)(^^)

② <さっぽろスズラン>
“今回のシチュエーションは、沙菜ちゃんが、まだ、付き合い始めたばかりの彼とデートしている設定で、
沙菜ちゃんから彼に語り掛ける場面です。今後、女優としても歩み出して欲しい、沙菜ちゃんに、
期待を込めて考えてみました。是非、気持ちを篭めて、そして可愛い感じで語ってみて下さいね。”

【君って、私が全然、出来ないコト、平気で、やっちゃうんだね?ア~、ヤバい、何か、
好きになったかも・・・君と、ずっと、こうして居たいな!このまま、時間が止まればいいのに・・・ね。】
(若干、棒読みな部分も有りましたが、それなりに可愛い感じで言ってました)

「これは、ちょっと女優生命~、完全にコレ、終わったな!フフ、イヤ、どうでした?キュンとして、
くれましたかね?私的な可愛い感じで!ちょっと、オドオドした感じで言ってみたんですけど、あんま、
伝わんなかったかな?大丈夫ですかね?イヤ~、皆さん、こういう評価とかもね、頂けたらね、
今後の、このコーナーに関しては、こう精進して行きますので!是非是非フフフ、感想を頂けたらなァと
思っております。イヤ~、今日は2通だけですねぇ、たくさん、まだまだ届いてますので、
次に持ち越したいと思います。皆さん、メッセージ有難うございました。」
(マァ、感情を篭める部分が、少し弱かった気もしますが、全体的には、
沙菜ちゃんの可愛い部分も、しっかり出てる感じで良かったと思いましたね)(^^)

“夜のオペレッタ”

沙菜ちゃんは「・・・今回のポエムは相手に上手く、気持ちを伝えれない!をテーマに書いた詩です。
では発表致します。」と言って読んでいました。

“♪ナ、ナ、ナ、ナ、ナ♪っと歌詞も付いてないメロディを鼻歌で歌う。
自分にとっては気持が良い。

その後、今の気持ちを、ヘタクソでもいいから、乗せて歌う。
もっと、気持ちが良い。

誰も聴いてなかったら出来るのに、中々、自分の気持を
人に話すのは難しいです。

上手く伝えられないのは、君が優しいから、
相手を思い過ぎるから!

その優しさが有るだけ、充分!
話さなきゃ判らない事も、たくさん有るんです。

優しい気持ちを忘れず、ゆっくり相手に話してみて!
終わりです“

読み終えた沙菜ちゃんは「思ったコトは、相手に伝えましょう!有難うございました!」と言っていました。
マァ、言葉で伝えて貰ったほうが、それなりに優しさを感じれますからね。(^^)

♪贈る言葉♪ (FLOW)

エンディングで沙菜ちゃんは、メッセージが来てるとの事で紹介していました。

“HBCラジオージィトゥエルブさん”からで
“こんばんミ!お久し振りです。センター試験終了しました。終わった直後は全然、実感無かったんですが
最近になって、ひしひしと感じています。今週のココ童が放送されて、翌日に採点結果が出ます。
それまで天命を待つのみです。そう言えば今更なんですが、僕のほうが年下なのに、沙菜さんの事を、
ちゃん、付けしてすみません。でも、しっくり来るので、これからも、ちゃん付けで行きます。
今年も宜しく、お願いします。チェイ!“との内容でした。

沙菜ちゃんは「・・有難うございます。お疲れ様です~!センター試験~!イヤ、まだまだね、こう、まだ
結果が出てないってコトで、ドキドキは続いてると思いますが、まずちょっと、一息ついたと言うコトで!
ねぇ、もう色々ね、勉強してさァ、こう見たいテレビを我慢したりとかさァ、聴きたいココ童も我慢してとかさ、
有ったと思いますけれども、ホント、一先ず、お疲れ様でした!と言うコトで、そして有難うございます。
こうやって終わったよ~!ってね、報告メールも有難うございます。そして全~然ちゃん付けでいいですよ!
もう後輩とかに~、全然!沙菜!・・ちゃん付けもしないですからね。沙菜!って呼んだりとかも、
してますから全然、かまへんですワ!是非、ちゃん付けで呼んで下さい!っと言う訳で報告、
有難うございま~す。メッセージね、たくさん有難うございます。(ここでブログ告知していました)・・
っと言う訳でアッと言う間の30分!有難うございます。来週も聴いて下さい!伊藤沙菜でした。
お休みなさ~い!まったねぇ~!」と言って終わっていました。
マァ、沙菜ちゃんへの呼び掛けは、やっぱり、さん付けより、ちゃん付けの方が呼び易いと言うか、
シックリしますね。(^^)
コメント