ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

「里田まいの産地直送!カントリー娘。」NO558 (10/29)

2011-10-31 00:00:01 | Weblog

オープニングで、まいちゃんは「・・サア~、もう11月になりま~す!早~い!後3日?う~ん、
早~っ!早いねぇ、もう2ヶ月で終わっちゃうよ、今年!フフ、ブースの外の人!(スタッフに言ってます)
フフ、足、怪我してるから!・・フフ、ねぇホントに~!早く治して下さいよ!今年1年ずっと~!
ねぇ?イヤイヤイヤ、イヤでもホント皆さん?体調など崩してませんか~?怪我などフフ、してませんか?
もう、だからね、今年、終わるまでに、やっておきたいコトとか~!う~ん?有るとしたら、私、やっぱ、
その、何回も北海道に来てて、マイレージが、やっぱ溜まってる訳ですよ!それを、もう使い切りたい!
結局、マイレージって溜まってって、私、結構~、カード、いいアノ~、ランクになってってんですよ!
ドンドンこう、ランクアップして!だけど~、使ってないから~、使ったの、結局1回かな?ちゃんと~!
それで何か、消滅してくるでしょ?アレってドンドン!で、結構何10マイルとか、何10万マイルとか、
溜まってるから~
それを使って~、ま、両親と~、アノ~、来年は、ちょっと旅行に行こうか?って話をしてるんですけど、
で、年内に1回、切りたいけど、マァ~、それも予約が、ちょっと間に合うかな?って言う所なんで~!
う~ん?マァ、でも年内に予約をしたいんですね。はいフフ、頑張りたいと思いま~す!
サアっと言う訳で、今日も15分間、お付き合い下さい!」と言って始まっていました。
マァ、まいちゃんも今は隔週で札幌に戻っていますから、当然、マイレージも溜まりますよね。(^^)

この後、リスナーのメッセージが紹介されていました。

最初は秋田県横手市の産直ネーム“リョウさん”からで
“・・・最近、面白い話が出来ません!僕は、つまらないって言う印象を抱かれるのが、
1番、嫌なんですが、どうしたらいいでしょうか?“との内容でした。

まいちゃんは「って、だから~、その色々、気になるんですけど~、ま、別に面白い話、出来なくても、
いいと思うんです!で、尚且つ、最近ってコトは、ちょっと前まで出来てた訳じゃないですか・・。
出来てた時を思い出すか~?ま、でも~、で、どういう、お仕事、されてるのか、判んないですけど~!
別に、つまらないって印象抱かれるのがフフ、イヤだと思わないし~、う~ん?それ、ちょっと考え過ぎかなァ?
だから、もし、どうしたらいいでしょうか?って強いて言うとしたら~、アノ~、ちょっと、そういう意識を変える?
面白い話を、しようって思うんじゃなくって~!誰も思っちゃいないよ!って、いう風に思って下さい。
で、普通通り、喋って下さい、で、ないとねぇ、ドンドン、ドンドン無口になってっちゃったらイヤだし~、
誰も~、何も思ってない!私がね、良く悩むと、家の母が言うのが~、誰もアンタに期待なんて、
していないって言うんですよ。フフ、グサッと来るけど・・。でもね、私は、そう言われると確かにな!
別にいいや、う~ん、アノ気楽に行こう、楽に行こう、楽しんで行こう!って前向きに逆になれるので~!
ま、そこまでとは言いませんが、はい!あんまり深く考えないで下さい!」と言っていました。
マァ何事も、自分1人で考えず、周りの意見を聞く方が良い方向に向う場合も有りますからね。(^^;

続いてのメールは“カンムルさん”からで
“・・・叉、メールを送ろうと思ったけど打つのが面倒で、もう半年以上、経っちゃった!ゴメン!
(まいちゃんは「アノさァ、よくメール打ちながら寝るとか有るけどさ、半年、経っちゃってる!フフ、
その前に気付いて!」と言ってます)・・まいちゃんの言葉を聴いて、スマイレージを好きって言う事を、
隠すって必要が無いんだなと思い、家族に話しました。今は変に思われてるけど、
隠してるよりは全然、良かったです!“との内容でした。

まいちゃんは「でも半年、経っちゃってるから判んな~い!どんな話をしたか、全然覚えてない!
半年経っちゃってるから!だから、ま、せいぜい言うとしたら、スマイレージ好きは隠す必要は無い!
全~然無い~!フフ、何?意味が判らないですね。はい!」と話していました。
マァ、毎週、産直の中で語る内容を半年前まで記憶するのは、ちょっと無理ですよね。(^^;

続いてのメールはラジオネーム“ワシさん”からで
“ラーメンが恋しい季節ですね。まいちゃんは何ラーメンが好きですか?”との内容でした。

まいちゃんは「やっぱ、味噌かなァ~?でもねぇ、ま、味噌で縮れで!・・う~ん?で、お野菜が、マァ、
モヤシがドッサリ入ってて!は~い、チャーシューがパパッとね!で、煮卵、ちょっと半熟の煮卵、
パッと乗せてね、メンマも欲しいね、ア~?ちょっとね、後半から、ちょっと七味?一味?これ、掛けて、
ア~、最後、ライスを掻き込むって言う!で、餃子も頼んじゃうぞ!ア~、食べたい!フフフ、何だ?
この思い?フフ」と言っていました。
マァ、まいちゃんもラーメンの話になると、妄想が果てしなく膨らみそうですね。(^^)

続いては、私、さっぽろスズランのメールを紹介して頂きました。
そのメールは“・・・最近、朝晩の冷え込みがキツくなって、寒さが一段と応える季節になって来ましたが、
まいちゃんは体調管理など大丈夫ですか?所で、先日のブログで、まいちゃんが佐渡で作った
美味しそうな塩辛の写真が載っていましたが、一時(いっとき)、塩辛とは離れていた、まいちゃんも、
やはり基本的に好きな物は変わらないんですね。そこで質問ですが、まいちゃんが、この秋、特に、
食べてみたい食材とか、何か有りますか?まいちゃん、お奨めの秋に食べてみたい、お料理とか有ったら、
是非教えて下さい。“との内容でした。

まいちゃんは「やっぱ、素材が美味しい季節と言うか~、マァ、ナシとか、リンゴとか、果物もねぇ美味しいし、
栗も美味しい!で、最近アノ~、知り合いの方から~、安納芋(アンノウイモ)!安納芋って、甘~い、
鹿児島ですね。アノ、送って頂くんですけども、叉、それが美味しい!だから、お芋、蒸かして食べたりとか、
後、スイートポテトにするのもいいけど私、やっぱ、蒸かして食べるのが好き!で、時々バターを乗っけて!
溶かしながら、こう食べるのが!それで、バターが佐渡バターって言うのが有る、その佐渡、
佐渡に有るバター!佐渡バターって言うのはメチャクチャ美味しい訳ですよ!そういう食べ方もいいですし、
後は、やっぱ、1つ高級品になるけど、ま、松茸とかですねぇ!松茸の季節、香り松茸、秋しめじ?!
秋しめじ?アッ違う、香り松茸、味しめじ?フフ・・秋しめじ?って大体もう、訳、判んなくなって来ちゃった
フフ、秋がしめじ、ねぇ~!何かねぇ、松茸で~、炊き込みご飯とか!ア~、最高に贅沢ですねぇ!
土瓶蒸しとか~、ア~、食べたい、飲みたい~!食べたい、飲みたい、食べたい、飲みたい!フフ
ま、でも炊き込みご飯が食べたいです。う~ん、好きですねぇ!ま、お鍋ですねぇ、最近はマァ、今年とかは
ア~、トマト鍋!トマトを入れたスープを鶏肉、それと最後、チーズでリゾットで締めるって言う!
美味しい!で、コショウ、バ~っと掛けてね。ア~、お腹空いてきた!よし、このラジオ終わったら、
食べに行くぞ~!フフフ」と語っていました。
マァ、食べるのが趣味?の、まいちゃんに食を語らせたら止めどなく話が出て来ますよね。(^^)

続いてのメールは“ダッキーさん”からで
“僕は、マクドナルドドやミスタードーナツで、友達と話したり、まったりするのが大好きで、結構、
行ってるんですが、まいちゃんはファーストフードなどで過ごすのは好きですか?“との内容でした。

まいちゃんは「ア~、私は、やっぱ喫茶店、カフェとかが好きです。う~ん?でもファーストフードも行きます。
はい、割りと1人で行きます。友達と、まったりって言うよりは、1人で~、行って~!ま、携帯~、
イジったりとか、フフ暗い・・行ったりしてて、後、本読んでます。う~ん?本、読むの好きだからねぇ、
意外と!はい!・・」と話していました。
マァ、まいちゃんが1人で喫茶店で本とか読んでる姿を見たら、ちょっとビックリしますよね。(^^;

そして、まいちゃんは「って言う訳で~、今日はエ~、1曲、ここで掛けたいと思いますが!
マァ、もうホントに寒くなって、雪が降るじゃないですか!?って言う~、ま、天気の中ですね、アノ~、
秋になるとこう、胸がキュっとね、切なくなりますね。う~ん!何か、神田川とか聴きたいですけども、
フフ、イヤ、ちょっとね、渋い!フフ、渋いので!今日はアノ~、懐かしい曲!そう言えばねぇ、この曲、
秋とか、冬とかに発売したなと思って~!で、プロモーションビデオの撮影が~、丁度、何かこう、
制服を着て~!アノ~、山のほうで録ったなァとかって思い出したんですね、ふと!ちょっとそれが、確か、
秋の時~、だったんで~!それが何か最近、懐かしく思います。エ~、カントリー娘。の曲です。
カントリー娘。と紺野と藤本カッコ、モーニング娘。で・・・」と言って曲を掛けていました。

♪先輩~LOVE AGAIN~♪ (カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。))

“教えて?里田先生~!”

この日のテーマタイトルは前置きで「あなたの疑問にお答えします。但し、正しい答えは有りません。
答えは里田まいだけが知っている!」と言った後“今日は、教えて、里田先生にCHU~チュッ!目!”
となっていました。

では、ここから簡略方式で書いて行きます。

(<>=産直ネーム 【】=質問 「」=里田先生の解答)

① <ハイパーさん> 
【・・・今日は電子レンジの事についてです。電子レンジで調理が終わると、チ~ン!と言う音が、
するじゃないですか~?!何処のメーカーの物を使っても大体同じですよねぇ?何でアノ、
チ~ン!って言う音にしてるんですか~?カ~ンとか、プルル~ン、とかじゃダメなんですか?
教えて、里田先生!】

「アレでも、チンとは限らないよね?最近、ピリリリリ・・アッ、それ、タイマーか?別の音も何か?
ア~?私ねぇ、結構ねぇ、そう言うの、待てなくて~!3秒前位からピッって、勝手に止めちゃう!
チン、言わせない!言わせねぇぞ!ってヤツで!フフ、言わせねえぞってヤツで止めちゃうんだよねぇ、
う~ん?やっぱ、でも~、
色んな音にしちゃうと~、それが電子レンジか何か、判んないからじゃないですか?アッチャコッチャ、
今、ほら!例えば、お湯とかさァ、追い炊き?何・・お風呂入れてても~、教えてくれるじゃん!
デレレレ~ンみたいな!そうそうそう!何か、冷蔵庫を例えば、ちょっと開けっぱ、だったりとかにしても、
ピ~!とか鳴るし~!で、やっぱチンは、ずっとチ~ン!じゃないとダメなんじゃないですか?フフ、はい!」
(マァ、今は色んな、お知らせ音が有りますからね)(^^;

② <ウメゾウさん> 
【ラーメンの話はするけど、カレーライスの話は、あんまりしない、里田先生、こんばんは!
所で、ハヤシライスのハヤス・・・】

言い間違えた、まいちゃんは「フフ、ハヤスだって!アハハハ、ア~、もう次、行こう!もう、いいでしょ?
フフ、もう既に!もう既に、いいでしょう?もうコレ!」と言って次を読んでいました。
(マァ充分、笑いは取れましたけどね)(^^;

③ <大空ワタルさん> 
【こんばんは!鉄腕アトムと、ドクタースランプ、アラレちゃんが、ガチで戦ったら、どっちが勝ちますか?】

「イヤ、難しいよねぇ~?だから、アトムと~・・で、何か、どっちも?・・何が難しいって?どっちも、
そんなに詳しくないって言う所が、もう1番悩んでるよね?今!何~の、情報も出て来ない、
自分が、もう既に!ガチで困ってますよ。今!ドクタースランプ、アラレちゃんも何となく、薄っすらは、
出て来るけど~?アノ~、花咲オジサンだっけ?フフ、何だっけ、オジサンが居るじゃないですか?
お父さん・・?(ここでスタッフがアドバイスしたようです)・・アッ、せんべいさん!せんべいだ!フフ、
せんべいさんね!ただ、どっちが強いとか弱い?とか言われても、何の情報も無いから~!
フフ、すみません、私の責任です。全て私の責任でした!」
(マァ、流石の里田先生も、名前だけでは判定出来ないようですね)(^^;

続いての2題とも“大空ワタルさん”からでした。

【結局の所、ハイパーメディアクリエイターって、どんな仕事なんですか?】

「フフ、知らないよ~!イヤ、だからハイパー?・・・ア~、だから、物~凄い早い~、テレビの~・・を、
作る人じゃない?もう、凄い早い!速度とか~、パッパッパッパパ~!って色んな作業をする人のコト!
う~ん?だと思います!」

【かぐや姫の大ヒット曲、神田川の歌詞に“若かったあの頃、何も怖くなかった、ただ、貴方の優しさが、
怖かった!“と言う歌詞が有りました。ちょっと深過ぎて意味が判らないんですが、どういう意味ですか?】

「イヤ、私なりの解釈ですけど~!イヤ、だから若かった、何も怖くないんですよ。若い頃って言うの、
何、やったって怖くない!ね、先生に何か~、ねぇ、ちょっと~、怒られたって、そんなに怖くない~・・
それが、ただ、あなたの若さフフ、私も、まだまだ若くて・・フフ何か、凄かったんじゃないの?
スッゴイ優しかったんですよ!はい、以上で~す!」(マァ、若いからこそ出来るコトって有りますからね)(^^;

エンディングで、まいちゃんはアドレス告知した後「・・では来週も土曜日、夜11時に、お会いしましょう!
いい夢、見ろよ!」と、いつもの決め言葉で締めて終わっていましたね。(^^)
コメント

「mignonヌーボー里田まいの、しゃかりき!」第28回 後編(10/26)

2011-10-30 00:00:02 | Weblog

前編からの続きです。

(M=まいちゃん S=沙菜ちゃん ST=沙織ちゃん A=あっきー Z=全員 
NP=ナレーション、ピンクのブタおじさん 「()」=モニター越しの会話 KK=佳子先生)

NP 「公園で思いっ切り遊んだ後は、子供達の水分補給~!」
(まいちゃんが円く輪になって座っている子供達が持ってるコップに、ポットから水を注いでいます)

KK 「飲み終わった人はシノブ先生の所に行って下さいね!」

NP 「そしてラムネなど、ちょっとしたオヤツを食べてる間に、子供達の人数を数えます。
今回、一緒に、やって来たのは27人の子供達!みんな、ちゃんと居るかなァ?」

M 「1、2、3、・・・アレ?28人!フフ、28人?・・アレ?」(数え直しています)

NP 「イヤ、28人じゃ無いです!里田君、ちゃんと数えて~?!保育士さんの大事な、お仕事ですよ~!」

K 「27だよ!・・」(子供がまいちゃんに言ってます)
M 「27人居た?・・27人でした!フフフ」

NP 「良かった~!みんな、ちゃんと居ました~!」
そして、まいちゃん達は保育園に戻って歩いていました。

K 「ドングリ上げないよ!」(急に、1人の男の子が、まいちゃんに言い出しました)
M 「アッ?・・」
K 「上げないからね。ドングリ!」
M 「そんなコト言うの~?タモツ君・・・。」
K 「どっかに有ったら拾って上げる!」(女の子が言ってます)
M 「有難う!優しい~!」
K 「だってさ、ドングリ、上げないから!」(尚も執拗に言っています)(^^;

M 「エ~?そんな念、押さなくても~?」
K 「アハハ、頑張ろうねぇ!」(他の男の子が言ってます)
K 「ドングリ上げないから!」(ムキになって、まいちゃんに繰り返し言ってるようです)
M 「フフ、イヤ、だから~、ドングリ、僕・・ドングリ上げないって言うのさァ、
タモツ君、ドングリ、そこ、引っ張り過ぎじゃないかな?ドングリ!」
(ここで画面はミニョン部屋に切り替わりました)

S 「アハハハ」
A 「ドングリ、終わり?」
ST 「アハハハ、何?何?・・」
M 「ドングリ、上げないよ!って言うから~、イヤイヤ、ドングリ上げないとか言われてもさぁ、みたいな!」
A 「うん!」
M 「ちょっと、こう口論?フフ」
ST 「アハハハ」
S 「もう、同じ立ち位置に、なってるもん!」
M 「アレ、実はねぇ、入れてくれたんだよ!」
A 「ウワ~!マジで~?!」
字幕に“あとで、こっそり、里田くんのポケットにドングリを入れてくれてました”と出ています。

M 「うん・・そ~とね!・・」(小声で言ってます)
S 「イヤ、そうする~?!」
ST 「何~?メッチャ、イケメンじゃん!」
M 「入れてたんですよね。」
A 「何って感動する話なの?!」
M 「フフ、いい男になりますよ!フフフ」
ST 「いい男!」
S 「メッチャ、転ばされてるでしょ?」
M 「メッチャ、いい男に、なりますよね。彼は!」
A 「あんなに、上げないよ、上げないよ!って・・気付いたら、ポッケに入ってたの?」
M 「うん。」
A 「その時、どう思った?」
M 「嫌い、嫌い、好き!みたいなコトでしょ?」(彼は女性と付き合うコツを既に習得?してるようですね)(^^;

ST 「アハハハ」
A 「彼、タイプ?」
S 「好き、好き!そういうの!」
M 「ねぇ、イヤ~、可愛いね、もう、そう言うのも含めて!色~んな、引っ込み思案な子も居れば、
こう、積極的に~、まいちゃん、まいちゃんって来る子も、色んな子も居るけど、
全員、やっぱ興味は有る訳ですよ!」
A 「うん!」
M 「新しいモノが来たって言う!で、アァいう風に、ちょっと~、反抗って言うか~、
してみたりとか色々ね、その人に依って表現が違うから~、可愛いね!」
A 「うん!」
マァ、何だかんだ、まいちゃん先生は子供達に、それなりに、いい感じに受け入れられているようですね。(^^)
ここでCMを挟んでいました。

“mignon‘s eye コーナー”

最初は映画で“ミッション:8ミニッツ”が紹介されていました。公開は10月28日からでナレーションでは、
「予想を鮮やかに裏切る展開で、全米の映画ファンを熱狂させた映画“ミッション:8ミニッツ”が、
遂に日本に上陸です。他人の意識に入り込む、特殊プログラムで主人公が送り込まれたのは、
列車爆破事件で、乗客全員が死亡してしまう、8分前と言う状況!爆発の瞬間、彼の意識は、
体に戻り、叉、8分前の列車へ!それを繰り返す度に犯人へ少しずつ、近づいて行きます。
この秋、注目の作品、是非、劇場で、どうぞ!」と語っていました。
何か、不思議な世界を体感出来そうですね。(^^;

続いては音楽で、ベリキューBerryz工房×℃-uteで“甘酸っぱい春にサクラサク”が紹介されていました。
ナレーションでは「Berryz工房と℃-uteがコラボした、ベリキューのニューシングル、
“甘酸っぱい春にサクラサク”が11月9日にリリースされます。映画やコンサートツアーなど、
今、勢いに乗っているベリキューの12人に今後も注目です!」と話していました。
画面には、PV映像が流れていましたが、12人の袴姿が可愛かったですね。(^^)

ここで画面はミニョン部屋に戻っていました。

M 「サア、今回はですねぇ~!」
A 「うん!」
M 「マァ、子供達が、たくさん出演してますけども~・・。」
ST 「うん!」
S 「はい!」
M 「マァ、私達にもねぇ、勿論、可愛い子供時代が有りましたよ!」
ST 「は~い!」
A 「ちょっと見て!こっち見て!」
M 「素直でしたし・・。」
ST 「フフ、純粋でしたし~!」
M 「純粋でしたし~、ま、そんな、どんな子供だったのかを、ちょっと写真のほうで見てみたいと思います。」
S 「オ~?!」
M 「じゃあ、まず、あっきーから!」
A 「はい!」
M 「は~い!」
字幕に“子供時代の写真公開、大西暁子”と出て、寝そべって目を閉じて両手の親指を、
しゃぶっている写真が出ていました。

ST 「ア~、ハハハ」
S 「何だよ?これ~?!あっきー、これ、あっきー?」
A 「あっきーです。これアノ~、私、寝る時は両手で、おしゃぶりをするタイプだったんですよ!」
字幕に“大西暁子の子供時代、寝る時は両手で、おしゃぶりをしていた”と出ています。

M 「へぇ~?」
ST 「両手~?」
A 「そう、もうずっと常に!だからホントに手首、こうやって、こう寝せて、ホント、お母さん大好きで、
いつも、こう可愛く撮ってくれてたんですけども!」
M 「フ~ン、ストッキングとか、今の時代でも穿けるよね?」(あっきーは網タイツで寝そべってましたね)(^^)

A 「有るでしょう?」
S 「ストッキング、凄くいい!」
A 「いいでしょう?フフ」
M 「可愛いよね。」
A 「そう、おしゃぶり、ずっとしてたんだよね。」
M 「続いては?・・」(2枚目は、お父さんがオニのお面を被って写っていました)(^^;

A 「ア~!これ~、はいはいはい!」
M 「何処?・・何処に居るの?」
A 「アッ、これ判りますか?」
S 「仮面、着けてるのは?」
M 「あっきー~?・・」
A [仮面、付けてるのは、エ~と、うちの父で~、その父の~、顔・・フフフ]
ST 「アハハハ」
(お父さんの横に、大きな袋をスッポリ被って手だけ出して、袋に顔を描いた子供が立っていました)(^^;

S 「アハハハ」
ST 「エ~?これ、何やってるの?」
A 「これ、2月3日の豆撒きの日に~、やって~・・。」
字幕に“節分の日は、オニに、なりきる大西くん”と出ていました。

M 「置物でしょ?置物でしょ?・・」(真っ直ぐ立ってる写真でしたからね)
A 「フフ、イヤ違う、違う!私よ!フフ」
S 「手だけ、かろうじて発見!」
A 「そう!イヤこれ、人間でしょ?だから、こう言う、いつもはね、こんな元気じゃないのよ!
こんなにね、何か、走り回ったりとか、してますけど、そこまで目立ちたがり屋では無いです!
でも、こういう時だけ、やたらと張り切る子だったの!」
M 「へぇ~!?」
ST 「凄いねぇ!」
A 「やたらと張り切るんです!」
M 「凄いねぇ、何か~!」
ST 「自分で作ったの?」
A 「自分で作った!幼稚園で作ったヤツを~、持って来たんですね。」
S 「ウワ~!」
M 「もう完全に直立!」
ST 「座敷に出たオニ!フフフ」
M 「遣り切る方なんですね~!?」
ST 「凄~い!」
M 「ねぇ!」
S 「リアル、リアル!」(袋の上には角らしきモノも付いてました)(^^;

A 「でしょ!角度からして!上手かったなと思うんですけど!」
M 「ア~、そうですねぇ!」
A 「もう1つ、有りまして~!」
M 「はいはい。」
A 「これ、本邦、初公開かな?・・」
ST 「ホウ!・・」
A 「こちらで~す!」(画面に現れたのは、あっきーの幼い頃の可愛い水着のショットでした)(^^)

ST 「アハハハ」
S 「アラ?水着姿の子供~!」
M 「アラ、可愛らしい~!」
A 「これ、プールで遊んだ、水着の写真なんですけど~!」
S 「アッ、でも、あっきーだ!」
A 「もう、取り合えず、もう、走ったりとかするコトが好きだったので、
ま、プールに行ったら、アァいう走り回ったり、だったり~・・。」
S 「アハハハ」
A 「ねぇ、もう、アァやって、もう全身で泳ぎを表現する!」
ST 「アハハハ」
S 「全力だもね!」
A 「全力で泳ぎを表現するって言う~!お母さんの一言には、ひょうきんだったって言ってました!フフ」
M 「ア~・・。」
ST 「変わらないよね。」
A 「そう~?!フフ」
S 「でしょうね!」(マァ今の、あっきーの性格は、既に、この頃から出来上がっていたんですね)(^^;

A 「ひょうきんだったんだなァと思って、私は!」
M 「いいねぇ、でも思い出の子供時代~、可愛らしい~!」
A 「そうなんですよ~!」
M 「サア、続いて、沙菜ちゃん~!」
S 「はい、続いて私で~す!」
字幕に“子供時代の写真公開、伊藤沙菜”と出て、楽しそうに1人で縄を引っ張る写真が出ていました。

ST 「エ~?活発!」
S 「フフフ、イヤ、メッチャ元気で!」
M 「男の子みた~い!」
S 「イヤ~・・・。」(ここで写真が大きくアップされ、沙菜ちゃんの歯並びが見えました)(^^;

A 「ア~!?」
M 「ア~、判る~!」
S 「フフ、アノね、歯が抜けてるんだけど!」
M 「沙菜だ~!」
S 「イヤ、そうなの!この時、ちょっと髪、長いんだけど~、ちょっと前は~、凄くベリーショート位の~!」
M 「へぇ、そうななんだ!?」
S 「短さだったんだよね。実は、保育園とかも行ってて~!みんな男の子だと思ってて~、或る時、
スカートと~、カラーのタイツを穿いて行ったら~、周りのお母さん達、ちょっとちょっと女の子よ、みたいな!」
字幕に“伊藤沙菜の子供時代、スカートをはくまで男の子と思われていた”と出ています。

ST 「アハハハ」
A 「へぇ~?」
M 「フフ、へぇ~?!」
S 「そう、それ位、活発で~!そう、ボーイッシュだったの!(ここで2枚目の写真が画面に登場!
公園の芝生の上で男の子と、何か食べてるショットでした。)・・これが~、うんとねタイツ!言ってたタイツ!」
A 「ア~?ちょっと沙菜っぽい!」
S 「そうなのね!」
M 「エ~、そうか~?」
S 「その位、短かったの!」
ST 「前髪も非常に短い!」
S 「そうなんです。」
A 「クシュンって、なってるね!フフフ」(前髪を触りながら言ってます)(^^;

M 「そう、何か、大人~って感じね!」
ST 「エ~、可愛らしい!」
M 「やったよねぇ!遠足で~!こうやって敷物持って、友達通しで食べるんだよね~!」
A 「沙菜、これ~、隣は彼氏ですか?」
M 「アハハ」
S 「彼氏では無いんですけど~、マァ、お友達ですね!」
M 「後輩~?」
S 「イヤ、うんうん!同い年で~、この時代はメッチャ、仕切ってたの!」
A 「アハハハ」
字幕に“伊藤沙菜の子供時代、他の子の面倒見が良く、仕切り上手だった”と出ていました。

S 「仕切り上手で~・・。」
M 「ホウ!?」
A 「仕切られて無いしょ?さっきの!」
S 「フフ、公園とかでも~、素案とか~、こう沙菜が考えて~、ちょっと、みんなスキャット着るからとか~、
言って、みんな楽しませて上げたりとか~!」
M 「そんなコトまで、してたの?」
S 「そう、で、今日の感想、聞いたりとか!」
M 「プレゼンター?プレゼンターだったの?」
A 「何?感想聞いてみたり?・・」
M 「そうなの?感想まで?・・」
ST 「へぇ~!」
M 「司会者?司会者だったの~?」
S 「凄い、仕切り上手だったんですよ!」
M 「ハァ~?・・」
S 「マァ、今になったら、ちょっとそれは~、伝わりずらいんですけど~!」
マァ、沙菜ちゃんは大人になって、大分キャラも変化して来たようですね。(^^;

NP 「続いては辻田君の子供時代~!お母さんからの、お手紙も~?」
ここでCMに入っていました。

“mignon‘s eye コーナー”

ここでも映画で“パラノーマル・アクティビティ3”が紹介されていました。公開は11月1日からで
ナレーションでは「前作から9ヶ月、封印されていた、もっとも恐ろしい映像が、遂に解禁されます。
映画“パラノーマルアクティビティ3、その内容は、有る平凡な一家のホームビデオが捉えた、
身も凍るような映像、一家を襲う怪奇現象は次第にエスカレートして行き、カメラは不可解な映像を、
次々と映し出します。世界中で社会現象を巻き起こしたシリーズ第3弾、衝撃映像を劇場でどうぞ!」
と言っていました。
何か、スリラーとは叉、一味違うを怖さを体感出来そうですね。(^^;

この後、タカアンドトシの2人が“タカトシ牧場”の番組PRコメントを、しゃかりき宛てに送っていました。
尚、放送日は金曜日との事でしたね。

NP 「出演者の子供時代を写真で振り返る~!大西君、伊藤君に続いて、3人目は辻田君~!」
字幕に“子供時代の写真公開、辻田沙織”と出て、ちょっとオデコが大きくて、
可愛い女の子の写真が画面に出ていました。

S 「ア~!?」
A 「ア~、オデコ変んない!」
ST 「フフ・・。」
M 「綺麗だねぇ!」
ST 「フフ、そうなんです。」
M 「いいよ~!」
S 「エ~?可愛い!」
ST 「有難う!」(ここで2枚目の写真が出ていましたが、バスの中でのショットでした)(^^)

M 「アッ、バス!」
ST 「そうです。同じねぇ、可愛い顔して!ってお願いしたんですって!」
M 「うんうんうん!」
ST 「お母さんとか、お兄ちゃんに!だから~、して、ちょっと首を傾げたりとか~!」
M 「ア~、うんうん!マァ何か、そんな、さおちゃんですけど、実は、お母さんからの、お手紙~・・?」
A 「アラ?」
字幕に“辻田くんの、お母さんからのコメントです”と出て、まいちゃんが手紙を受け取りました。

S 「何?何?・・」
A 「読んで!感動する~!?」
M 「お手紙が有るんですって!」
S 「何?そういうコーナーだっけ?」
M 「イヤ、判んないです。」
A 「フフフ」
M 「“スタッフがですねぇ、辻田君の子供時代のエピソードを、お母さんに、お聞きしました!”」
ST 「アラ~?」
M 「“お母さんが言いました。ん~?エピソード?特に何も無いかなァ?手の掛からない子で、
目立たない子だった!親に取っては有難かったけど、ん~?覚えてない!ちょっと、色々、
忙しかったんだよね。“」(ちょっと感情篭めて読んでいました)(^^;

A 「フフフ」
S 「ちょっと待って!お母さん、テレビですよ~!」
ST 「アハハハ」
M 「感動のエピソードだと思いきや!」
ST 「フフ、アノ~、完全に同じコトを言ってますから!私にも!」
A 「フフフ」
ST 「私も聞いたんです。」
M 「ま、兄弟居ますから~・・。」
ST 「そう、やっぱり、兄弟、上のほうに3人、居ますから~、もう、そっちで忙しかったらしくて~!」
A 「フフフ」(マァ、沙織ちゃんの、お母さんは結構、個性的な、お母さんのようですね。)(^^;

エンディングで、ベリキュー、Berryz工房×℃-ute“甘酸っぱい春にサクラサク”のPV映像が流れる中、
字幕に“里田まい、子供時代の写真”と出て、小窓に、その映像が写っていました。

A 「まさか?まいちゃん~?!」
M 「これ、私です。」
S 「エ~?エ~・・可愛いけど!」
マァ、まいちゃんの写真は直ぐ終わっていましたね。(^^;

その後、来週の予告映像で、まいちゃんの保育士挑戦シーン2週目の映像が流れ、
最後は、円形の回転遊具に子供達と一緒に乗って「コワ~い!」と言ってるシーンで
“また来週”と出て終わっていました。
コメント

「mignonヌーボー里田まいの、しゃかりき!」第28回 前編(10/26)

2011-10-29 00:00:01 | Weblog

今回もボリュームが膨らみましたので前編、後編に分割してレポさせて頂きます。

(M=まいちゃん S=沙菜ちゃん ST=沙織ちゃん A=あっきー 
Z=全員 NP=ナレーション、ピンクのブタおじさん 「()」=モニター越しの会話)

最初は、まいちゃんが1人で登場していました。

M 「こんばんは!今日はですねぇ、結構、朝早くから集合してますが~、エ~、私は、エプロンを着て~、
今日は、お仕事に行きたいと思いますが、何に行くんでしょうか~?(ここで赤封筒が渡されました)・・
来ましたよ~!(読み始めました)“今回のお仕事は、保育園で働く保育士さんです”・・よっしゃ~!
“元気一杯の子供達と、全力で遊んで来て下さい。かなり大変だと思うけど、頑張って来てね~!
しゃかりきプロデューサーより“・・っと言うコトで~、今日は保育士さん!私は、もう~、この、お仕事、
やってみたくて、やってみたくて、しょうがなかったですから!多分~、1時間位で1回疲れると、
思うんですけど!フフフ、本日は!でも、今日は、せっかくなんで楽しんで子供達と一緒に、
遊びたいと思います!」(ここで画面が4分割になりミニョン部屋の映像も、一緒に映っていました)

字幕に“里田まい、保育士に挑戦”と出て、まいちゃんがミニバスに乗り、目的地に向っています。

M 「ウワ~!凄い楽しみだけど不安です。子供って、正直だから~、多分~、性格の悪さとか、
見破られるんじゃないかなと~?フフフ」
A 「(アハハハ)」
S 「(イヤ、いいですよ、いいですよ、性格!)」(モニター越しにフォローしています)(^^;

M 「どっちか、ですよね?もう、ウワ~!って、マァでも~、来るか、来ないか?マァ、来なくても~、
全然、楽しみたいなと思うんですけど~!不安と期待が丁度、入り混じってる感じです。」
ここで画面がミニョン部屋に、なっていました。

A 「何か、結構、ネガティブな考え方してるね?」
S 「そう~!フフ」
M 「実際なんだよね~!・・子供、好きだけど~!」
(マァ、最近の子供は保育園児でも、色んな面で成長が早いですからね。)(^^;

NP 「っと言うコトで~、今回は里田君は保育士に挑戦、しゃかりきスタート~!」
ここで番組タイトルが出ていました。

字幕に“八軒太陽の子、保育園、札幌市西区八軒3条東4丁目”と出て、
まいちゃんが保育園に到着しました。

NP 「朝、8時半、今回、お世話になる保育園へ!まずは園長先生に、ご挨拶!」

まいちゃんが入口から入り、部屋の中に入りました。

M 「失礼しま~す!アッ、園長先生で、いらっしゃいますか?」
(奥から菊池園長先生“以後=TK”が出て来て、まいちゃんに応対していました)
TK 「はい、私です~!」
M 「こんにちは、お邪魔しま~す!今日、お世話になる、里田まいです。宜しく、お願いしま~す!」
TK 「園長の菊池と申します。今日は宜しく、お願いします~!今日も楽しみに待ってました~!」
字幕に“八軒太陽の子保育園園長、菊池寿子さん、休日の予定、息子の野球を応援”と出ています。

M 「フフフ、私、ホントに初めての経験なので~!」
TK 「はい。」
M 「かなり、ご迷惑、お掛けすると思いますが、宜しく、お願いしま~す!」
TK 「イエイエ、ホントに楽しみにしてました。フフ、楽しんでって下さ~い!」
M 「フフ、は~い!」
字幕に“八軒太陽の子保育園、加藤佳子さん(以後=KK)好きな有名人、松岡修造”と出て、
まいちゃんをサポートしていました。

NP 「里田君が担当するのは、4歳児のクラス!早速、子供達と対面~!」
(2人は2階に上がり、教室の前まで来ました)

KK 「じゃあ、いよいよ入りたいと思いま~す!」
M 「はい。」
KK 「準備はOKですか~?!」(教室のドアーを開けて中の子供達“以後=K”に呼び掛けてます)
K 「フフフ・・・」(子供達も、やや緊張気味です)
KK 「今日ねぇ~!みんなと一緒に~、公園に行って~、遊んでくれる先生、紹介して欲しい~?!」
K 「いいよ~・・。」
KK 「あのねぇ、佳子先生でしょう?メグ・・・アラ!?(ここで、まいちゃんは指だけ出してVポーズしてます)
見えた~?」
K 「ア~!?」(かなり声が挙がり、再度、まいちゃんが指を入口から出してVポーズしました)(^^;

K 「手、見えた!」(子供達が言ってます)
KK 「エ~、遊んでくれる先生ね、見えた~?」(ここで、まいちゃんは右足を、そっと出しました)
K 「ア~、見えた~!」(かなり声が大きくなりました)
KK 「じゃあ、いい~?みんなでさ、まいちゃん先生って呼んでみましょうか?せ~の~で!」
K 「まいちゃん先生~~!」(全員でコールしていました)(^^)

M 「こんにちは~!」
KK 「ワ~!」
M 「こんにちは~、ビックリしたよね~?」
K 「見えたよ~!」(結構、冷静に反応しています。そして、まいちゃんが子供達の前に座りました)
M 「初めまして~!」
K 「見えたよ~!」(複数の子供達が言ってます)(^^;

M 「アッ、見えた?見えてた?仲良くしてね。」
KK 「良し!じゃあさ、これから何処行くって言ってた~?」
K 「二十四軒公園~!」(殆どの子供が返してました)
KK 「二十四軒公園~?」
字幕に“午前中は公園にお出かけ”と出て、まいちゃんは、子供達を手を繫いで階段を降りていました)

NP 「午前中は公園に、お出掛け!外で遊ぶのが子供達は大好き~!」
(まいちゃんは、佳子先生からリュックを渡され、背負っていました)

KK 「で、最初と最後は~、私達が付きますので、うんと・・列の真ん中ぐらいで、
子供達と一緒に手を繫ぐ形で、お願いします。」
M 「アッ、列の真ん中~?はい!」
KK 「列の真ん中ぐらいで、お願いしま~す!」
M 「はい、判りました~!」
KK 「は~い!」
そして、まいちゃん達は、外に出て公園に向って歩き出しました。

M 「オ~?それ、ブリキュアのかな?それ!」(女の子の帽子のワッペンを見て言ってるようです)
KK 「はい、気を付けてね~!」(後の方で、子供達に言ってます)
M 「はい、車、有りますから~!ねぇ、みんな帽子さァ、お母さんが作ってくれるの~?
帽子、チョー可愛い~!みんな、ねぇ、それぞれ~、いいな!アハハ」
K 「うん・・。」(女の子が頷いていました。そして途中、水溜まりが有りました)
M 「道路、危ないからねぇ~!道路、危ないよ、中、入って~!」(誘導しています)

NP 「目指す公園は、歩いて、およそ15分ほどの道のり、小さな子供達にとっては、ちょっとした、
冒険なんです。はしゃぎすぎて怪我をしたり、事故に巻き込まれたりしないように、
しっかりと目を配るのが、保育士さんの、お仕事!」
まいちゃんは、子供達の手を引きながら、道路を歩いていましたが、その映像を見ながら、
ミニョン部屋の映像も一緒に出て、4人の会話が流れて来ました。

M 「マァ、行きも帰りも心配で~・・。」
ST 「う~ん!」
M 「一応、決まり事が有って~、2人は手を繫いで行く訳!で、前の人との間を開けちゃイケないの!」
A 「詰めて歩くのね?・・」
M 「そう、詰めて歩かないとイケない!後~、エ~と抜かす時は抜かします!って言わないと、
メッチャ、切れるから!」
ST 「アハハハ」
M 「メッチャ切れる!抜かしますよ、って後の人!抜かします。って言って、この前の2人を抜かさないと、
勝手に、間違えて抜かしちゃったりとかすると~、何?アンタ、ちょっと~抜かした?みたいな、
メッチャ切れるんです。」(マァ、保育園の時から既に人生勉強?は始まってるんですね)(^^;

S 「面白~い!」
ST 「ねぇ!」
M 「抜かすんなら抜かしちゃう~!みたいな!」
ST 「アハハハ」
M 「抜かさない、みたいな!」
ST 「凄~い!」
M 「凄いの!」
ここで映像が、公園に向う、まいちゃん達に切り替わりました。

M 「・・大丈夫~?後にしようか・・・う~ん!」(子供達に話し掛けています)
K 「あそこだよ、あそこ!」(公園が見えたようです)
M 「ね、あそこでしょ?・・チョ~楽しみなんだけど!・・着いた~!アッ、広~い!」
K 「イエ~ィ!」(女の子がガッツポーズしてます)
M 「イエ~ィ!」(まいちゃんも同じポーズで返しています)
K 「おにごっこ!おにごっこ!」(子供達がコールを始めました)
M 「鬼ごっこ!」
K 「おにごっこ!おにごっこ!・・・」(全員でコールし始めました)
M 「誰、オニ?誰、オニ?・・誰、オニやるの~?」
K 「フフ・・」(子供達の多くは、まいちゃんを指しています)(^^;

M 「私?・・メッチャ速いよ、私!」
K 「エ~?!」
M 「イエ~ィ!」

NP 「子供達とガチンコで鬼ごっこ!里田君、猛ダッシュ!」
ここでCMを挟んでいました。

字幕に“里田まい、保育士に挑戦”と出て、佳子先生が、まいちゃんに、
鬼ごっこのルールを説明していました。

KK 「これから~、ここで、鬼ごっことかを、するんですけど~、最初、う~んと~、
大体みんな、鬼ごっこで基本は~、保育士がオニになって~!フフ」
M 「フフ、アッ、そう!」
KK 「子供達は~、もう逃げ回ると言う~!フフ」
M 「はいはい。」
KK 「形なので~、鬼ごっこした時に、こう捕まえた!って言う感じで~、もう、追い掛け回したり・・。」
M 「はい!」
KK 「結構、本気で逃げるので~!」
M 「判りました。」
KK 「本気で走って上げたほうが~、フフ、いいと思います。」
M 「はい!」
KK 「じゃあ、まず、やるのは~、みんな~、バナナオニ~!」
M 「バナナオニ?・・」
KK 「大丈夫?はい、判る人~?!」(子供達に聞いてます)
M 「はい!判る人?!」
K 「は~~い!」(ほぼ全員、手を挙げました)(^^)

KK 「いいですか?」
M 「教えて?・・」(ちょっと戸惑ってます)
KK 「佳子先生と~、バナナオニ!」
K 「バナナオニ!」(数人の子供達が両手を頭の上で合わせ、矢印のポーズしています)
KK 「じゃあ、バナナに、なって貰う!いっせ~の~で、バナナ!」
K 「バナナ~!」(全員、バナナポーズしています)(^^;

字幕に“バナナおに、のルール、オニに捕まったら、バナナ状態になる。他の子に、皮をむいてもらうと、
復活できる“と出ていました。何か、面白そうな鬼ごっこですね。(^^)

KK 「アッ、そうそう!バナナになって、助ける時は~、ツルン!っと、
バナナの皮を剥いて上げて下さいね!大丈夫~?!」
K 「は~い!」
KK 「捕まった人は判らないから、バナナだよ!じゃあ、みんなで、いっせ~の~で!」
K 「バナナ~~!」
M 「バナナ!」(まいちゃんも両手を頭の上で重ねてバナナポーズしています)(^^)

KK 「そう、だから、まいちゃん先生と~、佳子先生に~、エスタされた人は、バナナになって、
止まって下さいね!」
K 「は~い!」
KK 「いいですか~?・・(子供達がフライング気味に走り出しました)・・早いよ、早いよ!ちょっと~!
いいですか~?それでは、よ~い、スタート~!」
(まいちゃんも子供達を捕まえるべく、ダッシュで走り出しました)(^^;

A 「(フフ、速い、速い!)」(まいちゃんを見て言ってます)
M 「(メッチャ速いの、みんな、ホラ~!)」(子供達が逃げ回っています)
A 「(ア~、バナナにしちゃった!)」
M 「(でね~、馬力変んないから、足、上がんないんですよ。)」
ST 「(した~!)」(叉、まいちゃんが1人捕まえてタッチしました)
M 「(だから、お友達が皮を剥いて上げるの!したら~、復活するの!復活して叉、元の形になるの!)」
A 「(ア~、可愛い~!)」
S 「(アハハハ)」(追い掛ける、まいちゃんと、逃げる子供達の様子を見て喜んでいます)(^^;

M 「ウワ~!居た~!」(更に、追い掛けて、他の先生にもタッチしていました)
A 「(ア~、先生も捕まるんだ!)」(先生は「誰か、助けて~!」と叫び、子供がタッチしていました)
ST 「(アハハハ)」
A 「(アッ、もう、直ぐ来た!)」
ST 「(ウワ~、可愛い~!)」
M 「よ~し!」(まだ、まいちゃんは動き回っています)(^^;

NP 「オニが子供を捕まえても、直ぐに他の子が助けてしまうので、保育士は、休み無く、
走り続けなくてはイケません!ダッシュの連続です!」

M 「イヤ~、出来た~!」(まだタッチして追い掛けてます)
M 「(フットサルよりキツいよ!)」(モニターの中で言ってます)
ST 「(そうだよねぇ~?!)」
S 「(全部、全力疾走だもんね!)」
ST 「(楽しいねぇ!)」(まだ、子供達は大ハシャギしてます)(^^;

K 「ねぇ~、うしろ!」(まいちゃんが、そっと女の子の背中側に忍び寄ると、前の子が教えていました)
M 「ウワ~!」(驚かしています)
K 「ア~・・」(焦って逃げていました)
S 「(アハハハ)」

NP 「バナナオニの後も、手つなぎオニなど、色んな遊びで、子供達と一緒に、公園の中を動き回ります!
時間が1時間ほど経過しても子供達は、まだまだ元気~!今度は公園内に有る、遊具で遊びます!」
(子供達は、大きな輪の遊具に乗って、まいちゃんが、その輪を押して回りながら遊んでいました)

M 「(ア~、重いよ~!)」(遊具を押しています)
ST 「(だって乗り過ぎでしょ?フフ)」(ビッシリ子供達が乗っていました)
M 「(元気でパワフル!)」
ST 「(ホントだねぇ!)」
S 「(嬉しそうだなァ~!アハハハ)」(はしゃぐ、まいちゃんを見て言ってます)
ST 「(もう、止まらない位、回ってるんだよ!)」
S 「(アハハハ)」
A 「(大変~!)」(マァ、まいちゃん自身も童心に帰って楽しんでましたけどね)(^^)

M 「せ~の!」(今度は、子供がロープの遊具に、ぶら下がり、まいちゃんが押していました)

NP 「それにしても~、最近の公園って~、色んな遊具が有るんですねぇ!
子供達、ホントに楽しそう~!」
(今度は1人ずつ、台に乗って回る遊具にチャレンジしていました)

M 「アッ、凄~い!ウワ~!凄~い!」(女の子が1人で上手に回しています)
A 「(アッ、こんなの有るんだ~!)」
M 「しおりちゃん、凄いじゃ~ん!これ、大人、乗っても大丈夫?」
K 「うん!」(女の子が答え、まいちゃんが挑戦していました)
M 「アッ、楽しい~!ア~、アチャチャチャ~!」(女の子が、台を回し、まいちゃんも激しく回ってます)
字幕に“子供に遊ばれてる”と出ていました。(^^;

M 「ア~、ウワ~!ア~!フフフ」
ST 「(フフフ)」
M 「(私のほうが遊んで貰ってる!)」(改めて見て、気付いたようです)(^^;

この後、最初に映っていた大きな輪の遊具に、まいちゃんが乗って子供達が回していました。

M 「ヤバ~い!チョー楽しい、これ、何~?」
A 「(アハハ、同じじゃ~ん!)」
ST 「(エ~!?)」
A 「(後ろ向き、ヤバい!)」(まいちゃんが逆方向に乗って回っていました)(^^;

M 「コワい、コワい、行くよ?行くよ!」(今度は滑り台にチャレンジしています)
K 「キャ~!」(5人位、固まって一緒に滑り降りました)
M 「フフ、久し振りに滑った!楽しい、楽しい~!」
ここで画面はミニョン部屋に切り替わりました。

M 「マァ、元気!」
S 「ずっと喋ってましたね?」
ST 「アハハハ」
M 「喋る、喋る!元気で~!ま、この他、結構、ねぇ~!勿論、平均して、ず~と、やった訳ですよ!」
字幕に“里田くんは2時間、休憩なしで子供達と遊んでいました”と出ています。

A 「だって2時間分、今の濃さで?・・」
M 「そう、マジで休憩ないから~!で、1人1人と、みんなと遊ぶから~、27人位、居たから~、
みんなと遊ぶので~!して、みんな分散してるのよね。で、それぞれに、ちょっとずつ
顔を出して上げたりとか~!」
ST 「うん!アハハハ」
S 「上げてんのね?」
A 「フフフ」
M 「上げてる~?・・って、みんなの、お席に顔出して~!フフ」
A 「アハハハ」(マァ、この頃から仲良しグループが少しずつ分れるんですかね?)(^^;

M 「マァ~ねイヤ、面白いですよ。今の公園って面白い!もう、すっかり楽しんじゃって!」
A 「楽しみ過ぎでしょ?」
ST 「アハハハ」
S 「子供に遊んで貰ってたでしょ?」
A 「何か、接待されてたでしょ?」(遊具に誘われてましたからね)(^^;

M 「エ~?!みたいに・・。」
ST 「これ、やれってねぇ!」
M 「ガチなんですよねぇ!それ位!子供達もガチなんです。」
A 「フフ、パワフルさが伝わりましたよ!」
M 「う~ん、楽しい!」
S 「遊ぶのが、子供の仕事ですからね。」
マァ、まいちゃんも、今回は子供達と対等の立場で、色々、楽しんだようですね。(^^)

ここで子供達は、休憩に入っていました。
この後、後編に続きます。
コメント

「伊藤沙菜のココロは童顔です。」第125回 (10/23)

2011-10-28 00:00:01 | Weblog

本日はゲストのメッセージトークとスタジオゲストトークが有って大幅にボリュームが膨らんだ為、
オープニングと夜のオペレッタをメインに、他は、一部分を抜粋する形で簡略化してレポさせて頂きます。

オープニングで沙菜ちゃんは「・・・さてさて今日は10月23日、日曜日25時になりましたけれども、
皆さん、起きてくれていますか?伊藤沙菜です。今週も宜しく、お願いします。アノ先週~、アノ、
オープニングで~、アノ寒くなって来たからね、風邪を引かないようにと!私め、話した訳ですよ。
私の母親も風邪引いてたんですって言う話をした直後に、私がうつされ、アノ風邪を引いてしまいました。
フフ、皆さん、風邪引いてないですかね?大丈夫でしょうか?しっかりね、暖かくして寝て!
ウガイ、手洗いをして、風邪を引かないように気を付けて下さいね。っと言う訳で、今日はですねぇ、
内容が盛りだくさんな訳ですよ!早速、参りたいと思うんですけれども~!今日はメッセージとゲストさんが
登場致します。まずは今年の7月にココ童に来てくれた、T-Pistonz+KMCさんのメッセージを
お届けします。どうぞ!」と言ってコメントが流れて来ました。

まず、T-Pistonz+KMCさんのトン・ニーノさんとKMC(ケムシ)さんが簡単な自己紹介をした後、
沙菜ちゃんに呼び掛けていました。では、その後の遣り取りです。

(T=トン・ニーノさん K=KMCさん)

T 「沙菜ちゃん、元気にしてますか~?」
K 「どうも、どうも!」
T 「ねぇ、マァ改めまして、我々、T-Pistonz+KMCはですねぇ、12月26日に、
ニューシングル“成せば成るのさ 七色卵”をリリース致しま~す!」
K 「やった~、OK~!」
T 「前回ですねぇ、北海道に行った際にアノ、この“伊藤沙菜のココロは童顔です。”に、
出させて貰ったんですけど・・。」
K 「出たかね?」
T 「出たよ~!」
K 「フフフ」
T 「フフ、メッチャ出たよ!」
K 「うん、メッチャ出た。はい!」
T 「僕の覚えているのが、アノ、沙菜ちゃんにね、初めに2人のあだ名を付けて貰ったの!
あだ名を、みんなで考えようと言う!」
K 「有りましたね。」
T 「僕はアノ~、トン・ニーノは~・・。」
K 「豚野郎ですね。」
T 「豚野郎じゃねぇや!マァ、このフフ、この時は、そういう話も出たけど、
豚野郎は、流石に止めようぜ!って言って、心地良く、トノって僕も!・・。」
K 「フフフ」
T 「沙菜ちゃんに言われて心地良く・・」
K 「それで、どうなったの?」
T 「アノ、あだ名を頂いたんですけども、アレから1人も全然、定着しない、あだ名を有難うございます。」
K 「アハハハ」(マァ、これはココ童限定ネームですからね)(^^;

T 「KMCもね?」
K 「僕はアノ、シローちゃんです!」
T 「何で、シローちゃんだっけ?覚えられてないんだけど?」
K 「アノ、本名が・・ヨシオなんだけど、KMCの由来を聞かれた時に、アノ“ケムリヤマシロウ”って、
そんな名前を言ったらね、それが何かこう、そっからシローちゃんにされたの!」
T 「そうだ、そうだ、サナーナがね、アノ~、純粋だから、それがもう急に言われたって、そんなのが、
有る訳ねぇだろう?っと番組中のさァ、仕事中の時にさ、本気で聞いてたもんね!」
K 「そんなコトも有りましたよ。」
T 「アノ、楽しかったけどね。北海道にイベントとか、行った際は、是非とも遊びに行かせて下さい!」
K 「はい!」
マァ、この、あだ名は7月24日オンエアの時に決められていたんですよね。

この後、新曲“成せば成るのさ 七色卵”について語っていましたが、この曲は、悩み事とか、苦しい事が
有っても、聴いてるうちに段々、それを忘れて、最終的には笑顔になって、笑顔しか残らない、
マジックソングになっていると話していました。そして踊りに関してはPVでラッキー池田さんが振り付けして
サビで、ゲラゲラと言う部分が有り、そこで、お腹の上を、スクラッチみたいな感じで踊る振り付けが有り、
凄いテンションが上がるので是非、この踊りを覚えてみて下さいと呼び掛けていました。
そして、この新曲発売に伴い、全国各地で新曲発売記念イベントを、やるので遊びに来て欲しいと
言っていましたが、更に12月25日に、東京渋谷のライブハウスでワンマンライブをやるので、
カップルや、友人、そして1人でもいいので来て、みんな一緒にクリスマスの楽しい思い出を、作りましょう!
と呼び掛けて最後に新曲タイトルを言って、コメント音源は終わっていました。

♪成せば成るのさ、七色卵♪ (T-Pistonz+KMC)

この後、スタジオゲストとして“じゃ~んずΩ”が登場!まずは、全員が自己紹介していましたが、
今回、ココ童に来たのはリーダーのトシさん、そして、せいやさん、ヒデさん、タカさんの4人で、
し~ちゃんは体調不調で欠席となっていました。
この後、東京に行ってどうだったか、沙菜ちゃんが聞いていましたが、せいやさんは、上京したのが
今年4月で、半年位、経ったけど、色んな出会いが有って、ライブ会場に行ったら隣の人と仲良くなる
感覚とか、隣に凄い人が居たりした事も有ったと話していました。
叉、せいやさんは、飲み屋に行くと、いきなり凄いミュージシャンの人が居たりして、そういう出会いの数が、
ちょっと違うと言っていました。更に沙菜ちゃんが、人口について東京が北海道の何倍になるか、
質問していましたが、答えはあまり判らないとの事でした。ここで、沙菜ちゃんは、じゃ~んずΩさんが、
ココ童に来たのは3ヶ月前とかだけど、その頃は暖かくて、その時も垢抜けた感じがしたけど、今回も
垢抜けてると言うと全員で喜んでいましたが、せいやさんは、今回来てない、し~ちゃんのイメージカラーが
赤なので、それで赤抜けた感じかも知れないけど、メンバーを抜けた訳では無いと説明していました。
マァ、それは全く意味が違いますからね。(^^;

沙菜ちゃんは、その垢抜けたように見える理由として、せいや君や、ヒデ君の髪型が変った事を
挙げていましたが、2人共、パーマを掛けたそうで、結局、じゃ~んずΩのメンバーからは、沙菜ちゃんが、
垢抜けたように見えるのは、ただ東京に行ってパーマを掛けたコトを言ってると見抜かれていました。(^^;

他には、ちょっと痩せた感じもすると沙菜ちゃんが言うと、トシさんが、ちょっと痩せたけど、そんなに
変っていないと話していましたが、ここでも、沙菜ちゃんは垢抜けたと言う言葉を入れていた為、
せいやさんは、垢抜けたと言う意味を、もしかして穿き違えていないか?と聞いていましたが、
沙菜ちゃんは、その言葉を言いたいだけ、みたいなコトが有ったと返していました。
マァ、沙菜ちゃんは、その言葉自体にカッコ良さを感じていたようですね。(^^;

この後、ファッションに関する話題が続いていました。その後の遣り取りです。
(S=沙菜ちゃん T=トシさん H=ヒデさん TK=タカさん SY=せいやさん)

T 「帽子を被ってる人が好きなの?」
S 「帽子・・そう、トシ君は~、今日、どうですかねぇ?でも、やっぱり、
トレンドマークが帽子みたいなトコ、有るじゃないですか?」
T 「トレンドマーク?・・」(迷ってるようです)
SY 「それ、トレードマークじゃないですか?フフフ」
S 「フフ、アッ、トレードマーク!フフフ」
H 「最初から、やり直さなきゃ、ならなくなっちゃうから!」
S 「アハハ、ホントにねぇ、言い間違いが多くて~!」
TK 「トシはねぇ、帽子が、お気に入りなのが一杯有るもんね!」
T 「そうです。僕、帽子が大好きなんで、ライブは絶対、被るんですけど、普段はね。・・」
TK 「今日は?」
T 「今日は、ラジオだからですよ。」
TK 「帽子、スポンサーさん、みたいな方でしょ?」
T 「そうそう!僕、サポートしてます。帽子屋さんに!」
S 「はいはいはい!」
T 「だから、ライブに依って、その被る帽子、全部、違うんですよ!」
S 「エ~、いいなァ、下さい!頂戴?フフフ」(可愛く、おねだりしています)
SY 「アハハ、被れないですよ。トシの帽子!」
T 「イヤ、もし、僕は一応相談しときます。帽子屋さんと!」
S 「ア~、有難うございま~す!」(何でも言って見るもんですね)(^^)

SY 「ア~、やったよ!今、収録してるけど~・・。」
S 「タカ君は~、何か凄く~、ディレクターさんとも話してたんですけど~、出た時、金髪だったんですよ!」
TK 「ア~、そうだね、うん!」
S 「前とばかり比べて申し訳ないんですけども~、何か今回、黒い髪で~、
喋り方も、ちょっと大人っぽく~?」
T 「イヤ、服もね、確か、楽屋で着てる服も何か、おじいちゃんみたいな服、着てるよね?何かね。」
S 「ア~、ガイルのアノ、模様と言うか・・。」
TK 「マァ、マァ・・でもね、シックなセーター、着てるんでね。」
T 「ア~、そういう事ですね?」
S 「そうです。そうです。有ってますよ!間違ってないです。」
SY 「いきなりで言えばアレですよ。沙菜ちゃんもアノ、オレら今日、久々に会ったけど~、
ちょっと大人っぽく、なってるよね?」(ここで沙菜ちゃんに振ってました)(^^)

T 「うんうん、大人っぽくなったしね、痩せた!」
S 「イヤ、有難うございます~!そうなんですよ~!・・ちょっと照れたんで、違う話していいですか?フフ」
SY 「フフ、そんな・・。」
S 「でも、いきなり自分に来るの、ちょっと照れるタイプなんで~!」
TK 「イヤ、結構、そう言うトコ、いいからね。」
S 「有難うございます!では~・・?」(鉾先を変えようとしています)(^^;

TK 「バランス良くて、マァマァ・・綺麗ですよ!」
T 「そんな事、ないよね?」
SY 「アハハ、最後に体だけ、残んないようにね。」
S 「アハハ、イヤ~、ちょっと~、話、全然変っちゃうんですけども~、凄くアノ、話したいコトが有って!」
SY 「オ~、どうした?」
S 「ココ童オリジナルソングについて!」
(マァ、ココ童リスナーも、これが1番、気になってましたからね)(^^)

T 「ア~!」
SY 「前回、来た時にね?」
T 「アノ~、ココロは童顔ですの~?」
SY 「テーマソングと言うか~、沙菜ちゃんの書いてる詩?そしてリスナーさんでしたっけ?」
S 「そうです。リスナーの皆さんと一緒に、歌詞を考えて行こうと言うコーナーなんですけど~、
メロディの方を・・何せかんせ、私~、ちょっとピアノも弾けないですし、作れないので!
っと言うコトで、じゃ~んずΩさんに、お願いした訳ですよ!」
SY 「はいはい。」
S 「・・作って下さいまして~、まだ完成形では無いんですけども~、途中まで出来たんですよね?」
T 「そうですね。イヤでも、もう殆ど出来ましたよ。メロディは!後は作詞~、詩のバランスでしょうかね?」
S 「はい!」
T 「後は、詩のね、結構アノ~、AメロとBメロ、最初出来てたんですよね?」
S 「はいはい。」
T 「最初から!それで、アノ~、AメロとBメロとサビも一気に作っちゃったんですよね?」
S 「はい。」
T 「で、サビの~、アノ詩が、まだ完成されてなくて最近、上がって来たという事で~・・。」
S 「そうなんです。」
T 「それで、最近アノ、前のメロディ作ったのと照らし合わせていた段階ですよねぇ、今ねぇ!」
S 「はい、知らない人の為に、ちょっと歌詞を発表したいと思います。」
T 「はい、行ってみよう!リリリン!」
S 「テーマは恋愛です。イメージは片思いの女の子、そして学生、同じクラスの男の子が好き、
そしてサビで結ばれると言う!・・・(この後、出来上がった歌詞を読んでいました)

“考えるだけで胸、締め付ける。鼓動が早くなるのが判るよ。
それも、これも君のせい。単純に言えば、君に恋してる“

“初めて、声、掛けてくれたの、いつだっけ?私は、覚えてるけど聞いてみた。
君がくれたキラキラ絵文字、私のドキドキも知らず、輝いている。
気付いてくれてるのだろうか?私の気持ち、2人は、ただのクラスメイトなの?“

“いつもと同じ、夏が、やって来た。変らず、去って行くと思ってた。
初めて、声、掛けてくれた放課後の教室、相変わらず、好き。
メールや電話は強気になれるのに、頬が赤いのは夕暮れの、せい?
君が言う、好き!私は、声を出せずに、ただ、そっと頷いたの。
1つの愛が、出会いの場で始まった。“

・・・って言う内容に、なっております。」
H 「イヤ~、ウワ~、いい歌詞~!」
S 「いいですよね。ホントにリスナーの皆さん!」
T 「これ、リスナーさんが書いたの?」
S 「そうです。アノ、Aメロは、私が考えたんですけど・・。」
H 「素晴らしいですね。」
T 「ア~、キラキラ絵文字、好きなの?」
S 「キラキラ絵文字は、Bメロですね。」
SY 「ア~!」
T 「そうそうそう!」
S 「アハハハ」
SY 「男はね、使わないと思うよね?」
T 「そうだよね、女の子に、こういう事、言わないもね?」
S 「フフフ、だからかねぇ~!」
SY 「こういう感じで、いい作品が1つ1つ出来てると!」
S 「はい、世に出る訳ですけれども!」(マァ、オリジナルソング完成が楽しみですね)(^^)

T 「ねぇ、嬉しいねぇ、何か僕が、あんまり作詞から始めた楽曲って、あんまり無かったんですよ!」
S 「はいはいはい!」
T 「いつも、メロディ作って詩、書くから~、ねぇ、バランスが割かし・・嵌めよう、嵌めようとしたんですけど
今回、AメロとBメロが有ったから、先にねアノ、詩先行で作った訳!だから~、この曲を、どういう風に、
聴かせたいの?って、沙菜ちゃんに聞いて、アッ、切ない感じがいいよ!って言うから~、ちょっとこれ、
アノ~、メロディの、コード進行って言うのが有って~、そのコードからの何音目から始まると切ない!
みたいなルールが有ったりして~!何か・・。」
S 「はいはい。」
SY 「好きな曲のルールのね。」
T 「でも、結構、みんな、そのメジャーで売れてる曲とかも、そういう風に、してると思うんですよね。」
TK 「スタンダードのね!」
T 「明るく、聴かせるんだったら~、5度の音から、みたいなね、切なかったら3度みたいな!
だから、切なく聴かせたいって言うと、3度とか~!」
TK 「冬だったら、7とかね。」
T 「そうそう、そうそう!」
S 「へぇ~?そう言うのが有るんですね?!」(マァ作曲の基本は、そこから始まると言うコトですね)(^^)

T 「そう言うのが有って~!で、結構、自由に作れましたね。それで!だから楽しかったですよ。うん!」
S 「有難うございます。」
T 「締め方が楽しかったで~す!」
SY 「締めんの、早いかなァと思って?・・」
S 「イヤイヤ、イヤイヤ!」
H 「でも、出来上がり、楽しみですよね。」
S 「はい、楽しみです。イヤ、実は~、ちょこっと~、出来上がっていて~、
私も先ほど、聴かせて頂いたんですけども、ス~ゴイ、いい感じで~!」
TK 「それ、聴けないの?」
S 「それはまだ~、もうちょっとね、申し訳ないです。リスナーの皆さん、もうちょっと待って下さい。
ホントに楽しみで~!素敵な曲になるに間違いないですね!」
T 「そうですね。後は最後のサビの所をね、どう上手くね、上手くやるか?ですよね。」
S 「ちょっと、もう何か~、以前にもアノ、リスナーの皆さんには言ったんですけど~、ま、完成は~、
したんですけども~、ちょっと曲に乗っからない場合は、ちょっと色々、叉、歌詞を動かしたりしますよ~、
って、言っていたんですよ。もしかしたら~、叉、やっぱり動かすコトになるかも知れないですね?」
T 「そうですね、この、リスナーさんには申し訳ないですけど、僕は全然、その作詞に関しても、
リスナーさんとも、沙菜ちゃんとディレクターさんで、お願いします!って言ってるんで~!
アノ、僕なりに、もうカットされても僕は悪くないんで、宜しく、お願いします。」
S 「アハハハ」
T 「マァ、マァ、マァ!」
S 「っと言うコトで皆さん、楽しみにしていて下さ~い!・・・」
(マァ、出来上がってる歌詞に曲を付ける場合は、全体のバランスも有りますから大変ですよね)(^^;

この後、じゃ~んずΩさんのインフォメーションに入っていましたが、冬のワンマンライブが決まっていて、
全国4都市で、岩手、札幌、東京、大阪と続いて行き、札幌は、11月23日の祝日に、
ペニーレーン24で行われ、既にチケットは発売中との事でした。続いての告知は、12月21日に
“じゃ~んずΩファーストフルアルバム「キイテ Crazy」”がリリースされると言ってましたが、今まで、
シングルとかミニアルバムは出していたけど、今回はフルアルバムで12曲入っているので要チェックで
お願いしますと話していました。
叉、東京のツアーファイナルが、クリスマスイブになるので、それに向けて、クリスマスの時間を、みんなで、
楽しめたらとの事でライブタイトルを“じゃ~んずΩ冬のワンマンツアーHA!Pー男(ハッピーマン)ライブ、
カラオケ、クリスマスタイム”としてハッピーに、なるコト間違いなしのライブになると語っていました。
沙菜ちゃんは詳しくは、じゃ~んずΩさんのブログやホームページでチェックして下さいと言って、
一旦「じゃ~んずΩの皆さん、今日は有難うございました!」と言って締めていましたが、結局、
エンディングまで、じゃ~んずΩは残って、夜のオペレッタもブースの中で聴いていましたね。(^^;

“夜のオペレッタ”

沙菜ちゃんは「・・今週のテーマは、会社をテーマに書いた詩です。では発表致します。」と言って
読んでいました。

“朝礼の、どうでもいい話を、ダラダラと毎日、
嫌な顔しないように、ひたすら聞くのだ。

イライラを何故、私に、ぶつけるんだ?など!
嫌な仕事ばかりを、私に、擦り付けるんだ、など!

ディスクが近いのが問題か?
ガタゴト、帰りの電車で、目の下、クマを作って溜め息、

部下、私は部下、仕方ないのさ、
部下、私は部下、

気付けば、私の部下も、目の下にクマ、
上司、私は上司、
終わりです“

読み終えた沙菜ちゃんは「部下を経験しての上司ですよね。有難うございました。」と語っていました。
マァ、そんな上司でも、少しは部下の気持を理解出来る上司に、なって欲しいですよね。(^^;

エンディングで沙菜ちゃんは、今日は豪華な30分だったけど、オペレッタもじゃ~んずΩさんの前で
読むのは、ちょっと恥かしかった!と照れながら言っていました。
ヒデさんは「イヤ、いい感じでしたよ!」と誉め、タカさんも「大人な時間に凄く・・。」と感心しながら
言っていました。そして、お知らせとして来週10月30日のココ童は、放送設備の工事と点検の為、
お休みとなるので次回は、11月6日の日曜日に、なると話していました。(^^;

そして、じゃ~んずΩに「再来週も出ては貰えないでしょうか?」と打診して、確認した後、
「・・っと言うので11月6日日曜日に、叉、じゃ~んずΩさんが来てくれま~す。是非、そちらも
聴いて下さい。っと言う訳で“伊藤沙菜のココロは童顔です。”今週も有難うございました。
伊藤沙菜でした。お休みなさ~い!フフフじゃ~んずΩの皆さんでした!」と言って、じゃ~んずΩが
全員で「お休みなさ~い、有難う~!」とコールする中「叉、聴いて下さ~い!」と言って
終わっていました。
マァ、結局、今回はリスナーメールが1通も紹介されませんでしたが、これって
ココ童では初かも知れません。
是非、次週は少しでもいいから、リスナーのメールも読んで欲しいですね。(^^;
コメント

「今夜も、うさちゃんピース」第260回(10/22)

2011-10-27 00:00:04 | Weblog

今回はオープニングをメインにして、他は簡略化してレポさせて頂きます。

オープニングで、さゆみんは「・・はい、エ~、先週ですねぇ、アノ、ドリームモーニング娘。さんのコンサートを、
エ~、観させて頂いたんですけどアノ、新垣里沙ちゃんと一緒に~、ドリームモーニング娘。さんの、
コンサートを中野サンプラザへ観に行ったんですけど~、アノ~、ま、この日は、ちょっと~、
お仕事の関係上、最初っからは観れなかったんですけど~、マァ、アノ3分の1~過ぎたトコ位で~、
エ~、コンサートを観に行ったんですけどマァ、初めから観たかったなって気持は有ったんですけど、
凄い迫力が有って!もう、いい意味でもね、ちょっとコワい意味でもフフ、色んな迫力を感じまして~!
凄く楽しかったし、勉強にもなったんですけど~、マァ、でもホントに、ちょっと凄いなァと思ったのは~、
久住小春~!ま、CanCanのね、モデルになって~、もうホントにねぇ、夢が叶ったね、おめでとう!
って言う~、感じなんですけど~、ま、ステージから、こう~、何か醸し出す空気だったりとか~、
アノ客席から、小春のコトを見ていると~、凄い、モデルの風格になっているんですよ!フフフ、
こうMC中に、みんなで~、こう整列してる時とか、もう何か1人、モデルっぽい立ち方してるんですよ!フフ、
(マァ、小春ちゃんには、既にモデルの意識が芽生えているようですね)(^^)

それが、もう何か、カッコいいと言うか~、何か、小春が~、遠い存在になっちゃった~!みたいな、
マァいつも別に、近くに居ながらも小春って、どっか、ちょっと何か、通信中~!みたいな感じだから~、
いつも何か、側に居ながらも~、どっか行ってんだかなァ?ってフフ、感じだったんだけど~!何か、それは
悪い意味じゃないですから、ちょっと今、集中してないんだな?この子!みたいな感じだったけど、
いい意味で凄い、何か~、こう~、羽ばたいてる感じがして~、凄い小春カッコ良くなったなァと思って~!
でも、裏で~、ア~、小春~!って言うと、ア~、来てたんですかァ~?みたいな!フフ、イヤ、来てたよ!
みたいな、もう結構、私ねぇ、アノPA席って言うか、アノ客席から見て、PAが有る所が、場所が、
有るんですけど、そっからだと~、いつも私が中野サンプラザでコンサートさせて頂くと~、メンバーが、
そこに座ってたりとかすると、他のグループのね、アッ、あの子来てるんだ~!とか、アッ、吉澤さん、
来てくれたんだ~!って凄い判るんですよ!なのに小春は全然、気付いてなかったんですねぇ!フフフ
マァ、そこら辺は何も変ってないんだなと思って安心したりとか、
(マァ、小春ちゃんも、そこはステージに集中してたと言うコトですかね)(^^;

マァ後は~、勿論、コンサートの歌とか、ダンスの勉強になりましたが~、アノ~、やっぱ矢口さんの~、
実力は~、凄いなァと思いましたね。何か、感心しました。でも、そこが~、私、何って言うんだろな?
私が凄いなって思ったのは矢口さんって、みんなが喋ってる時って、あんまり喋んないんですよ!
だから~、アッ、矢口さんって結構、抑えてるのかなァ?って思ったら~、最終的に何か、一言を、
言う時の~、何て言うんですかね?爆発力と言うか~、やっぱり、そのインパクトが有る言葉を、
言うっていうのが~、やっぱ流石、矢口さんだなって!みんなが色々、喋ってる中~、やっぱり~、
最後とか、途中で挟んで来る矢口さんの言葉を、やっぱ1番に覚えてたりとかするから~、やっぱ、
矢口さんって流石だなァと思って~、何か、あんな風に~、人に、そうやって何か、印象付ける言葉を~、
言えたりとか~、後は人が引立つようなツッコみを入れたりとか~、メンバーのコトを面白くしようと、
言うコトの意識が凄い強くて~!アノ、矢口さん、流石だなァと思って~!何か、やっぱ、ちょっと、
感動しました。フフ何か私、後輩だから何か、そう言うコトで感動するって、違うかも知れないけど~、
やっぱ矢口さんカッコいい~!と思って~、ちょっと何か、やっぱ、矢口さんみたいな、
あんな風に、人に気配りの出来るトークがしたいなァって思いましたね。
(マァ、やぐっつぁんも、これまで色んな体験を積んで成長して来ましたからね)(^^)

自分で好き勝手、喋るんじゃなくって、しっかりと喋るのは、この、こんうさピーで、全部フフ、出し切って、
後は~、こう、みんなのコトを思い出しながら~、しっかりこう、喋れたらいいなァって思いましたね。
後輩も増えましたし!は~い、っと言う訳で、そうですねぇ?もう何かソロソロ、モーニング娘。の中で、
かなり年上のメンバーに、なっちゃった、道重さゆみと30分、最後まで、お付き合い下さい。
それでは、まずは皆さん、ご一緒に!今夜も、うさちゃんピース!では1曲目、聴いて下さい。
モーニング娘。で・・・」と言って、曲を掛けていました。
マァ、さゆみんがモー娘。に加入した頃はホントに初々しかったですが、
今では、すっかり素敵なレディに成長しました。何か、時の流れを感じますね。(^^)

♪笑顔YESヌード♪

“さゆの小部屋”

ここではコーナー以外のメッセージが紹介されていました。

最初は東京都の、うさちゃんネーム“トモトモさん”からで
“・・・秋ツアー、お疲れ様でした。今回のツアーは内容も良くて、凄く楽しかったです。本当は全部、
観られなかったのは後悔!新しく10期も入って、さゆも、みんなも大好きな、愛ちゃんも卒業して、
これから叉、新しいモーニング娘。に、なって行くと思うんですけど、さゆが10期に、私の、こんな所を、
お手本にして、っと思う部分は、どんな所ですか?因みに可愛い以外でお願いします!“との内容でした。

さゆみんは、別に私は、お手本になるようなコトは出来ないと言ってましたが、凄く思うのは、6期の自分と
れいなちゃんの前に出て行く精神は、お手本にして欲しいと話していました。そして垣さんは、今まで
サブリーダーをやってきたり、纏め役を任されるコトが多くて、性格上も、纏めるのが上手だったり、
周りを見ながら、仕切るのが抜群に上手かったりするけど、さゆみんと、れいなちゃんは、今までホントに
好き勝手にやらせて貰っていて結構、前に出る精神で強い6期だったそうですが、今のモーニング娘。で
9期メンバーは、イベントで喋る時も自分からは、私は、こう思います!とかは絶対出て来ないので、
さゆみんと、れいなちゃんが、とにかく茶々入れて喋り捲る感じになってると言っていました。
それで、さゆみん自体は楽しいから好きだけど、9期のファンも居るから、さゆみん達を、もう喋り過ぎな、
オバサン達!と思われてもイヤなので、10期や9期に、もっと前に出て来る精神を持って、ドンドン、
前に出てくれたら、もっとモーニング娘。が楽しくなるのにと考えたりすると話していました。
マァ、まだ9期は、場の雰囲気に中々、スンナリ溶け込めないようですね。(^^;

そして、10期メンバーは、まだホントに喋れてないので、エピソードも無いけど、9期メンバーは、
9期だけで居る時はペラペラ喋っているそうで、ネットの映像で、9期メンバーだけのコメントが、
流れていて、それを見ると凄い自分から喋っていて、人が喋っていても、上から被せるように、
喋っているのを、さゆみんもフツーに見ているので、普段から、そういうのが出てくれたらいいのにと思い、
まだ、やっぱり先輩に気を遣ってる感じがするから、自分達に別に遠慮するコト無く、ドンドン前に
出て来て欲しい気持だと語っていました。
マァ、これは或る程度、時間を掛けて慣れるコトも必要ですからね。(^^;

叉、その映像を見て個人的に、こんなに喋るんだと思ったのが、生田衣梨奈ちゃんで、何か、エリポンは、
イジると直ぐ泣いちゃったりとか、後は黙って笑顔だけで過ごすみたいな感じで、あまり言葉を、
発してくれなかったりするので、もしかして、叉、傷付けたりするのかな?と思って気を遣っていたそうですが
9期メンバーだけのコメントを見ると、もうガツガツ、他のメンバーともツッコみ入れたり、香音ちゃんに、
カメラに向かって、もっとファンの人にコメント入れなきゃダメだよ!とか、注意したりとかするので、
さゆみんも、アレ?エリポンは、こんな子なんだと映像を見て知ったと言っていました。
更に、鞘師里保ちゃんは普段、大人しそうだけど、9期のコメントになると凄い、楽しそうに喋っていて、
それがホントに可愛くて、リホリホは、他のメンバーが喋ったコトに関してのリアクションが凄い可愛いとの事で
「・・やっぱり、こう~、私も一緒に喋りたいとか、ステージとかイベントとか、やってると、ま、自分も、
喋りたいコトが一杯有るし、こう~、次、コメント、何言おうかな?とか考えてるから、そんなに周りのコトを、
見てなかったりとかもするから、そういうリアクションとか、あんまり気付けてなかったんですけど、そう言うね、
ちょっとしたリアクション、もうホント可愛くて~!もう何か素晴らしい!もうホント、エンジェルだなと、
思いました。フフフ、可愛いですねぇ!でもホントに、みんな可愛くて!ねぇ、10期メンバーの可愛さも、
ドンドン、ドンドン、見つけて行きたいなと思ってます!」と語っていました。
マァ、10期に関しては、あまり見る機会も無いので、さゆみんから色んな情報を伝えて欲しいですね。(^^)

続いてのメールは安城市の、うさちゃんネーム“サンタロさん”からで
“・・さて、新曲、無事購入しました。大人の事情で、さゆみんがメインの「彼と一緒にお店がしたい」は、
残念ながらカップリングに、なってしまいましたが、これからファンの皆さんと一緒に、頑張って正真正銘、
A面センターを勝ち取って行きましょう~!マァ、さゆみんファンの、みんなは「彼と一緒にお店がしたい」が、
A面ですけどね!(さゆみんは「有難うございます。もう涙出て来そう!」と言ってます)・・そんな今回の
新曲は初回限定のA,B、C、D及び通常盤が有りますが、何と通常盤のジャケットには、つんく♂さんが、
写ってるんですね!見た瞬間、ニヤニヤしちゃいましたが、さゆみんは最初見た時、どう思いましたか?“
との内容でした。

さゆみんは、私も一緒でニヤニヤして、ここまで来るか!と思ったと言ってましたが、何処でも、凄い、
つんく♂さんは出て来るんだなァみたいのは有ったし、何かビックリしたけど、でも、そうやってインパクトが、
有ってメールも来ると言うコトは、それが狙いなら凄くいいなァと思うし、モーニング娘。の9人最後の
シングルで通常盤で、1番、みんなが見るジャケットに、つんく♂さんが何気に混じっているのは、
何て言うか、言葉を選ばずに言ったら、ちょっと違和感は有ったとの事で「・・こう、9人で頑張って来た~、
この~、9ヶ月を、つんく♂さんがプラスされると~!勿論、つんく♂さんが居てこその、モーニング娘。
なんですけど~!ちょっとね、自分的には~、一緒に撮影もしてないって言うのも有るので~!
アッ、つんく♂さんが入ってる!っと思って~ビックリしました。でも何か~、スタッフさんから聞いたんですけど
つんく♂さんが、オレも入っていいんちゃう?ぐらいなノリだったらしいので~!フフフ、やっぱ何か、
つんく♂さんって大阪の人だし、ノリが良くて面白いなァと思いましたね。は~い!」と話していました。
マァ、そうやって気軽な感じでジャケットに収まる辺りは、やっぱり関西人のノリと言うコトですかね。(^^;

続いてのメールは大阪の、うさちゃんネーム“ミッキーナさん”からで
“・・さて、さゆみんはハロプロが大好き~!と良く言っていますが、自分が所属するモーニング娘。の
コンサートを客席で観て、サイリュームを振って応援したいと思いませんか?他のグループのコンサートは、
観に行けるけど、モーニング娘。は、自分が出てるから絶対、無理ですよね。あの素晴らしい、
さゆみん達が頑張ってる姿を、さゆみんにも会場で観て欲しいと思ってしまいました。
もし、自分が出てるコンサートを客席で観れるとしたら、どんな気持ですか?“との内容でした。

さゆみんは、これは、いつも思っていて、自分が2人居ればいいのに!と思うし、2人居て、コンサートの
最前列で観てみたりとか、何か、2階席の人の気持になって、見たほうがいいのかな?とか、2階席の
1番奥の端で観てみたりとか、そういう色んな人の気持になってみたいと、いつも考えてると言っていました。
なので、モーニング娘。のメンバーはファンの方が会場入りする前に、2階席とか、3階席とかに、
行ってみて、上からステージを観たりして、こういう風に見えてるんだなと言うのを肌で感じたりするので
だからこそ、ちゃんと上を見て上げようとか思ったりすると話していました。
でも、やっぱりステージに立ってる自分達は一生、観れない訳だから何か、それって凄い複雑だし、
自分のそう言う姿はDVDでしか観れないから、何か、ちょっとみんなのコトが羨ましいとの事で
「・・フフ、自分を観たいって言うのも有るけど~、さゆみ、ホントにモーニング娘。になる・・今の、
モーニング娘。のコトが大好きだから~!何か、回替わりで~、何かアノ、モーニング娘。って、
人数が多いから~、1人ずつ~、何か、観る会とか作りたい!自分が居ないのが残念だけど~、
でも、そういう会が有っても、何か、楽しそうなのに、って思う!1人ずつアノ、客席に行くの!フフフ
楽しそうじゃな~い?これ、提案しようかなァ?絶対、通んないよね!フフフ、は~い!」と言っていました。
マァ、コンサート内で数曲ごとにメンバーが1人、客席に行く感じなら結構、親近感も依り湧くし、
何か、面白い企画だと思いますけどね。(^^)

“もしも、さゆみん!” 

さゆみんは「このコーナーはリスナーさんから出された、もしも○○だったら?!っという、有り得ない、
荒唐無稽の、お題に対して私、道重さゆみんが瞬時に妄想を膨らませ、もしも○○だったら、
私なら、どうするだろう?っと言うのを答えるコーナーです!」と言って始まっていました。
では、ここからは簡略方式で書いて行きます。

(<>=投稿者の住所&うさちゃんネーム 【】=お題 「」=さゆみんの答え&感想)

① <広島県 ヒロチマさん> 
【もしも、さゆみんが末っ子ではなく、長女に生まれていたら、どんな性格になっていたと思いますか?】

「エ~?今と変ってないと思いま~す!って言うのも~、マァ、姉が姉なので~!長女みたいな、
モノなんですよね。フフ、だから今と全く変わらないと思う!ホントに私のほうが、お姉ちゃんみたいで~!
こないだも~、お姉ちゃんから誕生日プレゼントを貰ったんですよ~!で、いっつもメールが来てて~、
何か、もう、さえちゃんに誕生日プレゼント上げたくて~!みたいなコトが、ずっとメールで来てたんですよ!
私、誕生日7月13日なんですけど・・・どんだけ自信有る誕生日プレゼントなんだろう?と思って・・
9月30日に、モーニング娘。のコンサートを観に来てくれた時に、お母さんと会って、そこで受け渡しして、
お母さんが預かって、これ、お姉ちゃんからプレゼントだよ~!みたいな感じで貰って!何だろ?
アクセサリーとか、そういう系かなと思って、きっと頑張って無職なのに高い物、買って来てくれたのかなァ?
とか思って開けてみたら~、何か、自分で作った絵本みたいなモノで絵の具とかも、すっかり使って~、
ま、自分でも絵が好きだから、さゆみの似顔絵だったりとか~、何か22歳のハッピーバースデーとか、
フフ、もう何か、綺麗に絵を描いて色付きで可愛くして、さゆちゃん、おめでとう!みたいなのを
描いて有って・・フフ、エッ?これが3ヶ月間も、しょっちゅうメールとかして、あんなに渡したい!って言ってた
プレゼントなんだ?みたいな!時間を掛けて愛を込めて作ってくれたのは、凄く判るんですけどど~・・
アノね、22歳の子に24歳の女の子がプレゼントするような物じゃ無いんですよ!もうね、3歳の子が、
フフ、するようなプレゼントなんですよ~!もう何か、凄いビックリしちゃって!もう大爆笑して~!
しかも疲れちゃったんでしょうね?表紙と、裏表紙だけは色付きなんですけど~、中はもう~、
モノトーンなんですよ!フフ・・表紙だけは色付きだけど、中は面倒臭かったみたいなコトも書いて有って!
フフ、もう、ヤルならヤリ切ろうよ、みたいな!・・マァ嬉しかったから、お姉ちゃんにメールしたんですよ。
誕生日プレゼント有難う、ウケたよ!面白かったよ!って送ったら、ウケ狙いじゃ無いんだけど~!って来て
フフ、だから笑って欲しい訳じゃなくて、ただただ、さゆみに喜んで欲しかっただけ、みたいです・
マァ、これ、いつかブログに載せますね。これは!フフ、ホントに結構なね、面白い感じになってますから!
・・マァ、さゆみ的には衝撃的なプレゼントでした!」
(マァ是非、さゆみ、お姉ちゃん画伯の作品を見てみたいですね)(^^)

② <東京都、さゆ流さん> 
【もしもスマイレージの衣装を、どれでも1着貰えるとしたら、どの衣装を貰いますか?】

「エ~?もうこれ~、凄く悩んだんですけど~、やっぱスマイレージってミニスカートが、やっぱ印象的だし、
ま、世界一・・アッ、日本一か?日本一スカートの短いアイドルグループです!って、言ってるんですけど、
マァ、さゆみは逆に~、皆さん、ご存知か判らないんですけど、インディーズでデビューしてる・・
アッ、インディーズの2枚目とかのアノ~“あすはデートなのに今すぐ声がききたい”って言う曲が
有るんですけど~♪明日は~、デ~ト♪(歌ってます)って曲で、凄く可愛いんですけど、それの、
プロモーションビデオとかで着てる、何か~、別にミニスカートじゃ無くて、ドレスみたいな可愛い、
フリフリのヤツが有るんですね。それの、ゆうかりんの衣装が欲しいです!フフフ、イヤ~、もう、ゆうかりん
ホントに可愛いですねぇ!コンサート、スマイレージを観に行った時もメチャクチャ可愛くて~!
すんごい天然ですよね。アノ、ゆうかりんって!・・・で、和田彩花ちゃんのコトも大好きで~!・・
ダーワ可愛い~!とか本番前に言ってたりとかしたら~、アノ、もう1人の初期メンバーの、
福田花音ちゃんが、道重さん?って!私のコトは何も言わないですよね?とかフフ、言ってて~!
イヤイヤ、そんなコトは無くて・・イヤ、これホント、フォローとか、言い訳とかでも何でもなくて~、
福田花音ちゃんのコトも凄い好きで~!香音ちゃんのコトも、お家とかで、ネットとかで見たり、
ブログとかもチェックしてるんだけど何か、アノ~、いつも確かに言ってないと思いましたね。フフフ、
でも、香音ちゃんと、さゆみは~、ホントにアイドル好きってトコは一緒だから気が合うハズなので~!
ま、今度、もっとじっくり話してみたいなと思います。でも、ちょっと最近、仲いい気がします。
・・元々、変顔、色んな方にしてるんですけど、さゆみには来なかったけど最近、して来てくれたりとか、
凄い可愛いなって思います。だから~、何か、懐いてくれたのかなァと思うと凄い嬉しい、可愛い!良し。」
(マァ、さゆみんと香音ちゃんは何か、ブログの書き方を見ても性格が似てるなと感じますからね)(^^)

③ <稲沢市 愛と青春の高見沢さん> 
【もしも、今週の、お姉ちゃんが、ドラマ化されるとしたら、お姉ちゃん役は誰に、やって欲しいですか?】

「う~ん・・と~、そうですねぇ?お姉ちゃんに似てる性格は~、亀井さんだったんですよ~!亀井エリリン、
でも去年、卒業しちゃって~!もうアノ、モーニング娘。には居ないので~、そうですねぇ、マァ絵里も、
でも、ホントに絵里は性格が似てたんですよね。アノ、お姉ちゃんに!で、絵里の、お母さんとかも、
アノ、お姉ちゃんに会うと、もうホント、絵里に似てるって言う位、似てるんですよ。で、マァ、バカなのは、
お姉ちゃんなんですけど、アッ何か、そういうアノ、笑いの神みたいなのが降りて来る所が似てるんですよね。
何か、狙ってないのに面白くなるみたいな!・・マァ撮影とかも、絵里とだったら~、何か、さゆみがね、
こう、お姉ちゃんに、こんな感じだから、こうして!とか言ったりしても何か、絵里らしさの、ちょっと、
天然具合とかも出しつつ、でも、お姉ちゃんらしさも出そうだから絵里に、やって欲しいなと思ったんですけど
ま、絵里が居ないので~、そうですね、田中れいなに、やって欲しいです!フフ、れいなはアノ~、
イメージは、お姉ちゃんとは全然、違うんですけど~!だから演技をして欲しいです。で、れいなは最近
演技のコトが凄い、好きになったらしくて何か、前は、演技がしたいとか言うよりは、れいなは歌が、
好きっちゃ~!みたいな感じだったんですけど、最近凄く、演技にも興味が有るらしくて、良く、そういう話を
するんですよ。・・今、舞台中だったりとかするし~、この間、1人で、ハイカラ探偵王って、れいなが1人で
主演で舞台を、やったキッカケなのか判らないんですけど、凄く演技の話をしてる時の、れいなって
活き活きしてて楽しそうで、凄い変ったなと思うんですよ。何か凄い、仕事に対して前向きだったり、
そういう所を見習わなきゃイケないなって部分が、凄い最近、れいなを見てて思うんで~!
後、何かね、優しくなったんですよ。最近、れいな!何かねぇ、気持に余裕が有るのか~?
フフ、さゆみが、一杯一杯になってても、アレ?さゆ、どうしたの?みたいな!・・だから何か、
れいなと喋ってると最近、落ち着いたりとか出来るんですけど~!ま、だから、そんな演技が大好きな、
れいなちゃんに・・お姉ちゃんのイメージは無いけど、だからこそ、女優れいなを見せて欲しい、フフフ
感じがしますね!は~い。」
(マァ何か、連続テレビドラマでの、女優れいなのデビューも近そうですね)(^^)

そしてコーナーの締めで、さゆみんは「・・っと言うコトで右脳を駆使して、ひたすら有り得ない、
想像の世界で選ぶ、何だか不毛な、このコーナー!まだまだ、もしも?な、お題を、お待ちしてます!」
と言っていました。

♪My Way 〜女子校花道〜♪ (12スマート)

エンディングで、さゆみんは、この日のうさピー大賞を“ミッキーナさん”“愛と青春の高見沢さん”に、
贈ると発表し、インフォメーションを語った後「・・・っと言うコトで今週は、この辺で終了です。
お相手はモーニング娘。道重さゆみでした。来週も、あなたのハートに、うさちゃんピース!
おやさゆみん!」といつも通りに締めて終っていましたね。(^^)

コメント