ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

安倍なつみ「あなたに会えたら」NO56 その2 (4/23)

2010-04-30 00:00:16 | Weblog


その1からの続きです。

この後、朗読コーナーになっていました。

今回、なっちが朗読したのは
“まど、みちおさん”の“100歳詩集”“逃げの一手”の一部でした。

“赤ちゃん、

何で、こんなに嬉しいのか?
テレビのコマーシャルに出る、一瞬の赤ちゃんが可愛い!っと
声、上げさせるが、一瞬とはいえ、何度か見てると、馴染んできて、
気安いはずなのに、どうも、眩しい!と思って、ハッと気が付いた。
抱っこされてるんだ。神様に!

赤ちゃんは、どんな赤ちゃんでも、何の赤ちゃんでも、
ママに抱っこされてても、そのまま、神様に抱っこされてるんだ。

どう眺めても、年寄りとは、正反対の赤ちゃんだが、
だからこそ、年寄りの私には、はっきりと判って、
あんなに可愛くて、眩しいのだ。

曇り日だった。

一面、どんよりとした、万遍ない、
雲の真ん中を流れていたのだ。

1枚のビワの葉っぱ程の青い空が、
流れるとも無しに、静かに翻(ひるがえ)りながら!

何故か、それを見上げているのが、
私!っという人間、1人だけとは、とても信じられなかった。

ア~、友達になりたい。今、見上げている生き物ならば、
誰でも、何でも、残らず、みんなで、
共通の、楽しい秘密を持っている者通しとして!
っと、歳も忘れて、イヤ、歳だからこそ、
興奮している私だった。“

読み終えた、なっちは、この“まど、みちおさん”は、童謡の♪ぞ~うさん♪とか、♪1年生~になったら♪
(歌ってます)などの作詞をした方で、本のタイトルにも有るように、昨年の11月に100歳になられたけど、
今でも詩を書かれていて本の1番後に写真も載っているとの事で「・・何か、可愛い帽子を被っていて~、
何か、お元気そうで、凄~い!100歳で現役、って言うのが!エ~、今日はですね、2つの詩を
ご紹介したんですけども!他にも若々しい表現をされていたり、エ~、時事ネタも盛り込んだ、
鋭い詩を書かれていたり、まるで100歳の方が書いたとは思えない詩集になっているんです。
エ~、現在はですね、病院で療養中との事なんですが、それでも尚、作品はマンネリズムで、
書きたくないし、意識的に前のモノを!っというような事は、これだけは、私は絶対に、しないつもりです!
っと、仰っているそうなんですねぇ、この言動力も素晴らしいと思います。私もねぇ、見習いたいと思います。
凄い!」と語っていました。マァ、若さの秘訣は、歳を重ねても、詩を作る事を通して、常に、
いい緊張感を持ち続けていると言うコトですかね。(^^)

♪Stand by me♪ (The Drifters)

今月のマンスリーテーマは“あなたの時めきエピソード”との事で、早速、投稿メールが紹介されていました。

最初は東京都のラジオネーム“かっちゃん”23歳の女の子からで
“・・・私の時めきエピソードです。ず~と担当して貰っている美容師さんが居るんですが、
その人と会って話すと本当に元気になれると言うか、楽しいんです!
毎回、色んな事を教えてくれたりします。私より全然、年上ですが、笑顔が、いちいち可愛くて、
時めいてしまいます。そこで、なっちに相談なんですが、どうしたら、もっと
仲良くなれると思いますか?“との内容でした。

なっちは、何か、言っていいのか判んないけど、美容師さんは、やっぱり若くてカッコいい人が凄く多いので、
やっぱり、凄い近くで髪の毛を触られたりするとドキッとするし、日常には無いコトだから、シャンプーとかも
そうだし、頭皮とかを、こうやって洗われたりとか、触られたりするので、ちょっと、こういう、時めいちゃう
場所だと思うと言っていました。そして、このリスナーさんの時めく気持ちは凄い判るけど、ちょっと何処かで
冷静な自分が居たほうが、いいと思うし、何か、そういう風に向けられる笑顔とか、接してくれて、
色んなコトを教えてくれたり、一生懸命、話してくれるけど、そこに向けられるのは、お仕事と言うのが
有ったりするとの事で「・・何か、でも、それが~、何て言うんだろうな?いい難いんだけども~、何か、
傷付いて欲しくないから何か、伝えたいんだけどねぇ、何か!でも“かっちゃん”にも優しくしてくれてるのは、
ホントに、それはウソとかでは無いと思うんだけど、でも、他の、お客さんにも、そう言うコト、
してくれてるんだって言うコトも、どっか置きながら~、そこの、その美容師の人と接するといいと
思うんだよね。何か、対一だから~、ホントに勘違いし易いと思うの!かっちゃんだけじゃ無くて、
他の人も、そういう人、居ると思うんだよね。私だけに、そんな~、みたいな!
そんな話も聞いてくれて~、みたいな!でも、やっぱり美容師って接客業だからね。
ちょっと勘違いし易いと思うんだ~!なっち姉さんは、ちょっと心配!フフフ、だけど、何か、
そう言うモノだよ!ってコトをね、何か伝えて上げたいなァと思って何か、言っちゃったんだけど~、
うん、でも、その人が、悪い人とか、そういう風に言ってる訳じゃなくてね、でも、何かねぇ、
そういう風に見方を、ちょっと変えて~、うん、何か、してみると、ちょっと叉、
違うんじゃないかなと思うから!ねぇ~、かっちゃん!そんな感じです!フフ」と話していました。
マァ、例外も有りますが、一般的には、なっちの考え方が正解でしょうね。(^^;

続いてのメールは千葉県船橋市のラジオネーム“オレンジの6番さん”からで
“・・・自分の時めきエピソードは、高校1年生の時に、イギリスに留学していた時の出来事です。
現地の学校で英語を担当してくれた先生に、恋をしました。その先生は10歳位、年上で、
背が高く、ブロンドの髪と青い目が印象的な人で、ハリウッド女優のような人でした。
先生との授業では見つめられるだけで、ドキドキしていたのを良く覚えています。
帰国が近くなった時に、思い切ってツーショットの写真、お願いして、OKして貰った時は、
とっても嬉しかったです。帰国の際、英語でメッセージを伝えて貰ったのですが、
緊張し過ぎて、何を言って貰ったのか、良く覚えてません!でも、とても優しい目をしていました。
今でも、その時の写真を見ると、背伸びして、大人の女性に恋をしていた高校時代を思い出します!“
との内容でした。

なっちは、10歳位、年上と言うのは、高1の時から見たら結構、凄いコトだし、大人になったら、
10歳は、マァ考えられるけど、高1の時の10歳は、15~6歳位で、25~6歳位の女性で、しかも
イギリス人でブロンドヘヤーに青い目でドキドキするとの事で
「・・どうなの~?そうなんだ!しかも、そのマンツーマンってコトなのかなァ?授業って!
どうなんだろうねぇ?綺麗だったんだろうねぇ~!イギリス人の女性で!でも、勇気持って、
ツーショットお願いして!でも今も、それ、宝物だろうねぇ~!時めきだよね~!
凄い、素敵、素敵!でも、これ、惜しいねぇ、緊張し過ぎて、何を言って貰ったのか、
判らないって!覚えてようよ~、みたいな!ねぇ~、フフフ、でも、ドキドキだったんだよねぇ~、
いいなァ~!こういうエピソード素敵ですねぇ~!有難うございます!」と語っていました。
何か、なっちも羨ましがるような素敵な時めきエピソードですね。(^^)

読み終えた、なっちは「っと言うコトで!ねぇ、皆さんから、たくさんね、届いているんですけども、
まだまだ、時めきエピソード、お待ちしてます。そして来週が最終回ですね!この時めきエピソードね!
イヤ~、一杯ねぇ、お待ちしてますよ!恋の相談でもOKです!その時は状況を詳~しく、
書いて来て下さい!もうね、長くてOK!なっち、読みますので!全~然、大丈夫なので!
でも程ほどに!宜しく、お願いします!」と話していました。
何か、もし採用されなくても、なっちに読んで貰えたら、それだけで満足ですよね。(^^)

この後、いつものように、日記風に読んでいました。

「○月×日、
チョコレート!私の癒し!
甘くて、体中が、緩~む感じ、
有るよねぇ~!いいよねぇ~!
幸せだよね~!チョコレート!」
なっちは、甘い物系では、チョコ派なんですかね?(^^)

♪小説の中の二人♪

エンディングで、なっちは、ミュージカルや公開放送のインフォメーションを語った後、
最後に、いつのも決め言葉「・・それでは、来週金曜日の夜9時、ここであなたに会えたら!
安倍なつみでした。したっけねぇ~!」と言って終っていましたね。(^^)
コメント

安倍なつみ「あなたに会えたら」NO56 その1(4/23)

2010-04-29 00:00:03 | Weblog

今回も、その1、その2に分割、更に内容を一部分、簡略化してレポさせて頂きます。

“今週の、なっち、ファイブチェック”

今週もオープニング前にナレーションの声で、なっちに質問していました。
(N=なっち NR=ナレーション 真木ひろかさん)  

NR 「なっち、こんばんは~!それでは早速チェック、その1です! 今週は、どんな1週間でしたか?」
N 「はい、こんばんは!エ~、今週はですねぇ~、今週はと言うか、アノ~、ミュージカルの稽古の、
1週間でした~!」

NR 「その2、甘くて瑞々しい春野菜が、お店に並んでいますが、エ~、野菜ソムリエ、
ジュニアー食育マイスター、安倍なつみ先生に、お聞きします。春玉ネギを楽しむ食べ方って何ですか?」
N 「そうですねぇ、やっぱりねぇ、サラダとか~、お浸しとか~、かなァ?火を通しちゃ、何か、
勿体無い気がして!ま、レシピは後程、はい!」(マァ、今は野菜も、ちょっと高いですけどねぇ)(^^;

NR 「その3、爽やかな季節になって来ました。自転車好きの、なっち!最近は自転車に、
乗ってますか~?」
N 「最近はね、時っどき、乗る!うん、時々乗ります。何か、近所にアノ、買物に行く時とか、
チラ~っと!はい。フフフ」(なっちが颯爽と自転車に乗る姿、何か、絵になりそうですね)(^^)

NR 「その4、最近、観た映画で、お奨めの映画が有ったら、教えて下さい!」
N 「はい、エ~、最近は、エ~と“マイレージ、マイライフ”と言う映画を映画館に観に行きました。」

NR 「ラスト!なっち、元気~?!」
N 「元気だよ~!フフ」(少し驚くような感じで言ってました)(^^)

オープニングで、なっちは「こんばんは!安倍なつみです。サア~、4月も後半ですよ~、早いですねぇ~!
新しい生活は慣れてきたでしょうか?それとも、ちょっと疲れが見えて来る頃なんでしょうかねぇ~?
忙しい!疲れた!と言って、ご飯食べてないで~す!って言うのは、ゼ~ッタイ、ダメですからね!
もう、絶~対に、体、壊しちゃう!ねぇ、体が、もう基本ですからねぇ、春は特にねぇ、お野菜がホントに、
美味しい季節なんです!もう、新フキとか新何だか?って言う物が、もう~ホントに一杯出回りますからね
もう~、食感も柔らかいし、甘いし、もう大変です!ねぇ、生で食べるのが、いいんじゃないかなと、
思うんですけど、ホント甘くて美味しいですからねぇ、ねぇ~!生でモリモリ食べて頂きたいんですけども、
マァ、先ほどファイブチェックでも、ご紹介しました。アノ、新玉ネギ?味は~、味わい方?そうですねぇ、
やっぱりねぇ、生がいいなと思うので~、ま、簡単に伝えますね。そう、まず玉ネギを~、マァ、表のアノ皮を、
剥いたら~、固い所も取って~、マァ、好きなサイズにスライスして下さい!マァ、厚めでもいいし、
もう、ホントに薄くてもいいし、スライスしたら~、それを~、それにポン酢を、バ~!って掛けて~、
カツオ節を、ワサ~!って掛けて、もう、それを~、ボールでも、大っきい、お皿の上でもいいから、
サッサッサッと混ぜて~、出来上がり!ま、それだけでもう、シャキシャキ甘くて瑞々し~いサラダと言うか、
お浸しサラダみたいのが出来上がるので~、マァ、ちょっと物足りないなと思う方は~、軽くマヨネーズを
あえる時にね、カツオ節をバサッて掛ける前に、ポン酢マヨみたいな感じで~、サクサクサクって!
その後、カツオ節!もう、これは美味しい~!もう、最高に美味しいと思いますよ!もう、シンプルな、
サラダなんで是非、やってみて下さい!(何か、レシピも簡単なので、直ぐ試したくなりますね)(^^)

そしてですねぇ、そう、自転車ねぇ、乗るの大好きなんですけど、マァ、近所にねぇ、私、買物、
行く時とか位しか、乗らないんですよ!マァ、遠出って、あんまり、しないんですけどねぇ、ホントに近所~?
うん、遠出、1番して~、妹の家まで行ったんだけど~、マァ、妹の前、住んでた家が、近いから、
なっち姉さん、おいで!って言われて~、マァ、Googleマップで調べて成る程ね!っと思って、アッ、結構、
行けるんじゃないかな、と思ったら1時間近く掛かって~!もう、着いたは、いいんだけど、もう帰りが、
億劫(おっくう)になっちゃってねぇ、もう、数時間、居て、じゃあ、帰るね!って言って、帰り、帰って来てさ、
夜、暗~い中、もう、怖かった~!もう、それから全然近所ですけどね。近所を行ったり来たりみたいな!
(マァ、遠出して更に、もし、途中に坂とか有ったら疲労も倍増しますからね)(^^;

そして、エ~と、最近、観た映画!?“マイレージ、マイライフ”って映画、観たんですけど、この映画ねぇ、
ずっと観たいと思ってて~、マァ“ジョージ・クルーニー”主演の映画なんですけど、アノ、その、
ジョージ・クルーニー演じる役の人がね、人~を、切る仕事って言うか、クビですよ!って言うコトを~、
その人に、クビになる人に伝える仕事!その社長とか、偉い人とか、その会社の人じゃなくて~、
その人を、ワザワザ雇って~、その人に言わせる、みたいな!そういう、仕事をやる中での何か、こう、
起きる出来事だったり~、でも色んなコトをね、考えさせられた!アノ~、マァ、このジョージ・クルーニー、
演じる人はね、ま、家が無くて~、ま、家族とか、そういう人とコミニュケーションしたり、あんまり接点を
持たなく~、マァ、生きてる人なんですけど、その色~んなコトに、生きてく中で、気付かされたりとか~、
もう、やっぱり孤独なんだよね~!ずっと、だって色んな世界中のホテルを、転々として行って~、
その中で、恋をしたりするんだけど~、実は、その恋人には家族が居て~、みたいな~!本気で
好きになった人に会いに行くんだけど、家族が居て、子供が居て、みたいな!そうだったんだ?みたいな、
言ってくれよ!みたいになったり~、もう、結構ね、何か、映画らしい映画と言うか、そういう映画を
観たのはちょっと久々だったんですけどねぇ~!でもね、斜め後のね、オジサンがね、早速、何か、
お酒飲んで~!何か、グ~スカ寝てて~、グ~!みたいな、ウッソ~!?みたいな!で、時々、
起きるんですよね。何か~?とか、言って起きたりして~、もうヤダ~!と思って~、そう言う人、
ちょっと止めて欲しいですね~!」と話していました。
マァ、映画の内容は、かなり複雑なストーリーだったようですね。(^^;

♪Together again♪ (Michi)

この後、リスナーのメッセージが紹介されていました。

最初は山口県のラジオネーム“ナリナリさん”からで
“・・・ラジオ、2年目スタート、おめでとうございます!さて、先日のファイブチェックでの、ラジオ番組で、
ジュディアンドマリーさんのテレカが当たったと言うエピソードは感動しました!僕もテレビを付けない日は、
有っても、ラジオを聴かない日は無いと言う位、ラジオっ子です!(なっちは「ちょっと珍しいですね、最近!」
と言ってます)・毎日、ラジオ番組にメールを出しているのですが、何度、読まれても、初めて、
読まれた時のように嬉しいのは、どうしてなんでしょうか?思い掛けないプレゼントが当たった事も
有るので~、なっちの気持ちは、とても良く判ります。普段、良くテレビに出てるタレントの人も、
ラジオだと気取らず、本音のトークをしてくれるので、ラジオってホントに素晴らしいと思います。
なっち、これからも、ずっとラジオを続けて行って下さいね。応援しています!“との内容でした。

なっちは、このリスナーが、ラジオの魅力を完全に気付いてると言って、感心していましたが、
ホントにラジオは楽しい!との事で「・・想像が膨らむし~、ホント、本音が、こう、ボロッと出る瞬間も
有るし~、ねぇ、何か、ホ~ントに依り近くに感じませんか?テレビよりもねぇ、何で?何でしょうねぇ?
意識がグ~とこう、耳の方に!って、こう、何かねぇ、凄い素敵ですよね~!やっぱ、ラジオは好きだなァと
思います。私も!ねぇ、でも、ジュディマリのフフ、テレカが当たったって言う話、感動したって、
嬉しいですね、ホントに、これね当たったんですよ!ねぇ、アハハハ、嬉しいワ!」と話していました。
何か、楽しそうにラジオの魅力を語る、なっちは、依り素敵に感じますね。(^^)

続いてのメールは、茨城県のラジオネーム“マサさん”33歳の男性からで
“・・・いつも本当に本当に楽しく聴かせて貰っています。(なっちは「フフ凄い、顔文字、笑顔が一杯です。」
と言ってます)・・以前は仕事の関係で、最後まで聴けなかったのですが、これからは、なっちの声が
最後まで聴けると思うとホントに嬉しいです。なっちの元気な声で、リスナーの皆さんを、ハッピーに、
して上げて下さいね。エ~と、なっちに質問!僕は、甘い物が大好きなんですが、なっちが最近、
嵌まっている、お奨めのスイーツ、有りませんか?あれば教えて欲しいです。僕が最近、嵌まっているのは、
白い鯛焼きかなァ?あの、モチモチ感が最高です!“との内容でした。

なっちは、白い鯛焼きについて、流行ってるのは知ってるけど、食べたコトは無いと言っていましたが、
きっと、生地にタピオカが混ざっているみたいな感じがする!と話していました。そして、なっちも、
甘い物はホントに好きで、1日1回は絶対に食べるとのコトで、この日も、水羊羹を食べたり、
他の日も、チョコレートやアイスなどを食べるそうですが、家には、いつも、きな粉の、お菓子が有り、
これは、漂白されて無い砂糖の、キビ砂糖と、きな粉だけで固められた、おばあちゃんが食べるような
和菓子だと説明していました。他には“ネジリ”と言う、お菓子が有り、これは、きな粉と、水飴と、
砂糖みたいなヤツで固めて捻(ねじ)ってある、お菓子で、外にカリカリの砂糖が付いていて、
なっち達が地元で、友達と語り合う時などには、必ず、そのネジリが有るのが当たり前で、100円とかで、
そのネジリを買い、指で潰しながら食べるそうですが、これを聞いていたスタッフの反応がイマイチで、
なっちはスタッフが知らないのかな?と言っていました。
マァ、確か、その、お菓子は札幌にも有りましたけどね。(^^)

そして、そのネジリは、久々に思い出したけど、なっちの家にも有るそうで、それも、きな粉で、他にも
良く仕事の時、持って行くのが、きな粉のお菓子で大豆との事で「・・美味しいの!何か、ピーナッツ
みたいな大豆が中に入ってて、外は、何か、こう、お菓子みたいのでコーティングされて、外は、
きな粉なんだけど~!それ、スーパーとかに売ってるんだけどね!きな粉!って書いた、お菓子なんだけど、
何か共通して言えるのは、何か、きな粉の、お菓子かな?!そう、体にもいいし~、あんまり太んないし、
イソフラボン!大豆イソフラボンだし、みたいな!ねぇ、でも、チョコレートとかも大好きなんだ~!
いいですね、白鯛焼き!食べる機会、有ったら食べてみようかな?何て思ってます!」と語っていました。
マァ、なっちの若さを保つ秘訣の中には、イソフラボン効果も含まれているのかも知れませんね。(^^)

続いてのメールは、神奈川県小田原市の“ちくわビートさん”高2の男性からで、メールを読む前に
なっちは「小田原と言えば何だ?カマボコ~?だよね!美味しいよね!」と言っていました。
そのメールは“・・・いきなりですが、自分がミスした時、気持ちを、どういう風に切り替えますか?
僕は切り替えが下手なので、方法を教えて下さい!“との内容でした。

なっちは、自分も、結構、落ち込んだり、考えるタイプでも有るけど、自分の中で反省会をするとの事で・・「・・でも、もう過ぎたコトはしょうが無いか~!みたいな感じで、自然に何か、
切り替えてる気がするけど~!でも、何か、こう~、う~ん?どうも切り替えが上手く出来ない時は~、
やっぱり、音楽を聴いたり、そういう励まさせるような~、本を読んだりするねぇ?う~ん!
何か、自分にパワーが漲って来る!何か、そういうパワーブックみたいのって無いかなァ?
イヤ、そういう本とかって有るんだけど~!だからね、まだ17歳だから、ねぇ、どう言うコトでミスした~?
っていう風に思って切り替え出来ないのか判んないんけど~、でも、そういう風に何か、う~ん?
出来る事でやるよねぇ~!うん。・・フン・・でも何か、次から次へと何か、毎日って
時間が過ぎて行く訳でさァ、色んなコトが起きるから~、何か、グツグツ、何か、こう、
悩んでても、しょうがないかな?みたいな!そういう日々の中で~、自然と出来てるのかも
知れないけど、
中々、難しいよね!ねぇ~!」と話していました。
マァ、そういう身近に有る何かで切り替えようと行動を起こすコトが切り替えの第一歩ですからね。(^^)

♪MY HEAVEN♪ (BIG BANG)

この後、その2に続きます。
コメント

「里田まいの産地直送!カントリー娘。」NO480後編 (4/25)

2010-04-28 00:00:47 | Weblog


前編からの続きです。

状況は、ゲストで来たBerryz工房の佐紀ちゃんと、雅ちゃんとのインタビューの続きで、
まいちゃんが2人に北海道について聞き始めた場面からです。

(M=まいちゃん SS=清水佐紀ちゃん MN=夏焼雅ちゃん)

M 「成る程ね、2人は北海道には良く来るんですか?」
SS 「イヤ、久し振りに来ましたね!」
M 「へぇ~、どんな印象ですか?北海道は?」
SS 「エ~?・・美味しいご飯、食べ物!」
M 「ア~!」
SS 「海の幸って言う~!」
M 「今回は何か、食べた~?」
SS 「まだ食べてないんですよ~!」
M 「何、食べたい?」
MN 「エ~、私は~、何か、ジャガイモが凄い好きで~・・。」
M 「うん!」
MN 「で、何か、北海道のジャガイモは凄く美味しいって聞いているので~、ジャガイモの、お料理を
食べたいなって!」
SS 「フフフ」
M 「ア~、いいね、ジャガイモ~!確かに!アノ、私の、お家は~、北海道のジャガイモ、
お昼ご飯とか、ジャガイモだけしか出なかったりするの!」
SS&MN 「へぇ~?!」(マジで驚いてます)(^^;

M 「アノ、フフ、別にそう言うコト、経済的にフフ、苦しかった処も有るんだけど~・・。」
MN 「フフフ」
SS 「アハハハ」
M 「アノ、有りますよね?北海道!(スタッフに聞いてるようです)・・そうでもない~?アラ、エッ?
ホント、ホント、無い~?有ったよね!」
(マァ、昔は良く、オヤツ代わりに、ふかしたジャガイモをバターで食べましたけどね)(^^)

SS 「アハハハ」
M 「ブースの外も北海道出身スタッフが、ビミョーに有るって・・北海道、ホントに!お芋が、それ位
美味しくて~!ふかし芋だけで~、こう、お芋、ふかして、バター付けて食べるって言う~!」
MN 「美味しそう~!」
SS 「凄い、いいと思う!」
M 「アノ~、フツーに、その日だけの日も有ったりとかする位~、やっぱ、その素材が凄く美味しいから~!
今回は、ちょっとゆっくり出来るのかな?」
SS 「そうですね、1泊!」
MN 「1泊します!」
M 「ア~、じゃあ、ちょっとね、美味しい物でも食べて欲しいなと・・・」
SS 「は~い、食べます!」
(ちょっと1泊では味わい切れないですけどね)(^^;

M 「思いますけれども!今回は何か、アルバム~が出るの?」
MN 「そうです!」
SS 「はい、3月31日に“6th 雄叫びアルバム”をリリースしました。」
M 「へぇ~?中々ねぇ~!」
SS 「はい!」
M 「アルバム、結構、曲だけでも~、相当な数、出してな~い?」
SS 「そうですね。6枚目なんですけど~!」
MN 「6枚目です!」
SS 「でも、アルバムを出すのが1年半振りなんですよ!」
M 「うんうん、うんうん!」
SS 「なので、ま、久し振りですね。」
M 「チョーね、聞きたかったんだけどさァ、その、小学校から、ずっと~、こう言うのねぇ、
歌手活動みたいの、やってて~・・・。」
SS 「はい!」
M 「何か、恋愛の歌とかさァ、そう言うのとか歌うじゃな~い?小学校の時とか、訳、判んなく無い?」
SS 「フフ、訳、判んないです!」
MN 「全然、判んないです!」(結構、中には難しい表現の歌詞も有りますからね)(^^;

M 「別に、その~、どうこうって訳じゃなくて凄い、いい歌、一杯歌ってるんだけど~、でも、きっとさァ、
難しい!これ、どう言う意味なんだ?とか、そう言うの、無かった~?」
MN 「有ります!デビュー曲の~“あなたなしでは生きてゆけない”とか~、もう、タイトルから~、
うん?どう言う意味?みたいな!・・」
SS 「アハハハ」
M 「うん、そうだよね!」
SS 「あなたって誰?みたいな!フフフ」
M 「小学校5年生とか、4年生が“あなたなしでは生きてゆけない”って!」
SS 「フフフ」
M 「まだ、だって、お母さんとか、お父さんにねぇ、甘えてる時期でしょう?」
SS 「そうですねぇ、送り迎えもして貰ってます!」
M 「でしょう!どうしてたの?そう言うの!」
MN 「エ~?まず、歌詞の中に“半信半疑”って言う言葉とか入ってて~、全く意味が判んなくて~!
で、そう言うのとかは、やっぱり、辞書で調べたりとか~、お母さんに聞いたりとかして~、やっぱり、こう、
レコーディングに臨んだんですけど~、何か、そのレコーディングする時に~、その意味を知ってないと~、
歌う意味が無いからって、いう風に言われてたので~、ま、全部、漢字とかは、全部、調べたりとかして~、
やってましたねぇ!」(マァ、歌詞の意味を知らないと感情移入も出来づらいですからね)(^^;

M 「へぇ~?大変だねぇ~!」
SS 「フフフ」
M 「ねぇ、それでなくても、学校のさァ、コトとかさァ、お友達と遊んだりとかも、
したいのに~、マァ好きでやってるコトだとは思いますけどねぇ~!」
SS 「は~い!」
M 「イヤ~、凄いなァ!最近とかは~?みんな、プライベートとか、遊びに行ったりするの~?」
SS 「はい!」
MN 「しますね~!」
M 「なら、いいよね~!」
SS 「この2人は結構、遊びに行きますね。」
M 「何処、行くの~?」
SS 「遊園地!」
M 「遊園地?ア~、夢の国~?」
MN 「アッ、夢の国!フフフ」
SS 「良く行きます。は~い!」
M 「へぇ~!行くんだ~、ネズミの~?」
MN 「ネズミの~!フフ」(マァ、要するにディズニーランドですよね)(^^;

M 「へぇ、仲いいねぇ~!」
MN 「はい、後は~、渋谷とか~、で、お買い物、服を買いに行ったりとか~!」
SS 「ご飯食べたりね!」
MN 「そう、ご飯食べたり、映画観たり!」
M 「ご飯、食べに行くようになったの~?」
MN 「アハハハ」
SS 「します、します~!はい!」
M 「昼ご飯じゃなくて~?」
SS 「はい、フフ」
M 「昼ご飯だけじゃなくて、夜ご飯とかも~?」
MN 「アッ、そうですね!」
SS 「そうです。仕事終りとかに!」
MN 「で、一緒に行ったりとか~!」
M 「ホント~?」
MN 「で、お母さんとかも、一緒に行きますね!」
M 「ア~、やっぱ、そうだね~!」
SS 「は~い!」
M 「ア~、そう!ウワ~、大人になったねぇ~!」(何か、母親目線ですね)(^^;

MN 「アハハハ」
M 「そうなんだ~!」
MN 「でも電車とかは、全く判んないですけど、私!」
M 「そうだよね。」
SS 「乗り換えとかね。」
MN 「そう、雅は、特に電車が全く判んなくて~!で、何か、未だに携帯が無いと~、
電車には乗れない感じです!」
SS 「検索して乗り換えとか~・・。」
MN 「そう!高校生になって~、1人で行くように、なったんですけど~、その電車移動が全く今まで、
お母さんに付いて行ってた、だけだったんで~、やっぱ、そういう所は、1人でやるコトが増えたので、
ちょっと成長したかな?ってフフフ、感じです!フフ」
M 「そうだよね~!羨ましい、ホント、だって私が丁度、このハロープロジェクトに入ったのが、
丁度17歳だったの!雅ちゃんと同じ歳!」
MN 「アッ、同じですね。」
M 「多分、今、佐紀ちゃんと雅ちゃんと同じぐらいの時に入ってたから~、直ぐ、こういう風に、
なるんだよ!フフフ」(二十歳を越えたら早いですからね)(^^;

MN 「アハハハ」
SS 「アッと言う間に~?」
MN 「アッ、でも、私、雅は、早く二十歳になりたいです!」
M 「ア~、でも、大人っぽいモンねぇ~!」
MN 「そうですか~?何か~、そう言う何か、大人の~、何か、夜に、ご飯、食べに行こう!とか、
言ってる感じ、カッコいいなァと思って~!」
SS 「アァ~!」
M 「先輩とか見てて~?う~ん!」
MN 「は~い!」
M 「そうなの、ハローのコンサートのリハーサル終わりで~、みんなで飲みに行こう!って言って!」
MN 「何か、楽しそうだなと思ったり~!」
M 「へぇ、そうだよね。早く、だって2人共、二十歳になったりとかすれば一緒に、こう、お酒とかも飲みに」
MN 「そうですね!」
M 「行けるからねぇ、そう言うのも、やっぱ、佐紀ちゃんとかも~?」
SS 「してみたいですねぇ、何か、里田さんに相談に乗って貰って~、みたいな!フフ」
M 「へぇ~?ちょっと何か、乗れるかなァ?」
SS 「アハハハ」
MN 「フフフ」
SS 「乗って欲しいですね!」(マァ、女心サミットの延長版と考えれば、大丈夫だと思いますけどね)(^^;

M 「ちょっと仕事のコトとか~?」
SS 「は~い、マァ、プライベートのコトとか~・・。」
M 「ウワ~!楽しそう、ご飯とか、行ってみた~い!」
SS 「行ってみたいです~!」
MN 「行ってみたいです。はい!」
M 「そうだね、何か、こう、勝手なイメージでさ、やっぱ、もう、赤ちゃんみたいに思ってたから~!」
SS 「アハハハ、そんなに~?」
MN 「フフ、赤ちゃん?!」
M 「フフ、言い過ぎかも知れないけど、半分ぐらいの感じで見てたから~!」
SS 「は~い!」
M 「何か~、どう言う話、していいか判んなかったけど~、今、何か少し、こう、一緒のレベルと言うか~」
SS 「ウハハハ」
M 「同じ感じで話せるのが、凄く嬉しいし~、ねぇ!ご飯とかもね、行きたいねぇ~!」
SS 「行ってみたいですね~!」
M 「私、結構、割りと頻繁に北海道に居るから~、来ればいいんだよ!2人も!フフフ」
SS 「アハハ、来たいです~!」
MN 「行きたいです~!」
M 「ねぇ、でも~・・。」
SS 「ゆっくりしたいです。北海道!」
MN 「北海道、はい!」(プライベートで来て、まいちゃんに美味しい、お店を案内して貰うとかね!)(^^)

M 「イヤイヤイヤ!ホントにねぇ、今日は突然のコトでしたけども、ね、こうやって、
中々、お喋りする機会も有りませんでしたけど!」
SS 「そうですね!」
MN 「はい!」
M 「嬉しかったですが!」
SS 「有難うございま~す!」
M 「では最後に北海道の皆さんに、メッセージ、お願いします。」
SS 「はい、そうですね、私達、3月31日に6枚目のアルバムもリリースして、エ~、コンサートツアーも、
決まっているので、これからも突っ走って行きたいと思います!応援、宜しく、お願いしま~す!」
M 「は~い!雅ちゃんは?」
MN 「はい、エ~と、Berryz工房は~、5月1日に~、アノ、ライブをスタートするんですけど~、
その日が、土曜日とかが多いので~、是非、北海道の方達にも遊びに来て欲しいなって思いま~す!
宜しく、お願いしま~す!」
M 「は~い!サア、じゃあ、ちょっと最後に、曲紹介のほうを、お願いしま~す!」
SS 「はい、エ~、アルバムの中から、1曲聴いて下さい。Berryz工房で・・。」
SS&MN 「“雄叫びボーイ WAO”!」
M 「どうも、有難うございました~!」
SS&MN 「有難うございました~!」

♪雄叫びボーイ WAO♪

エンディングで、まいちゃんはアドレス告知の後「では、来週も日曜日、夜8時40分に、お会いしましょう!
いい夢、見ろよ!」と、最後は、いつもの決め言葉で締めて終っていましたね。(^^)

コメント

「里田まいの産地直送!カントリー娘。」NO480前編 (4/25)

2010-04-27 00:01:42 | Weblog


今回は、インタビューなども有り、ボリュームが膨らんだので、前編、後編に分けてレポさせて頂きます。

オープニングで、まいちゃんは「・・サア~、4月も、もう、最終章!フフ、最終章って、フフフ、ハハハ、
最終週!っと、なりましたけれども、皆さん、如何、お過ごしでしょうか~?こないだ、東京で~、エ~、
お花見じゃないんですけど、丁度、仕事の現場で~、桜~並木って言うんですか?桜がバ~!って有る、
もう、スッゴイ綺麗な所、偶々、行って~、で、自転車で、そこの下を走ったんですけども~、メチャメチャ、綺麗で~!お花見の経験、まだ無いんですけど~、ちょっと何か~、お花見とか、したくなったねぇ~!
でも、東京にも住んでて、北海道にも、これ、たまに、ちょくちょく来るので~、もう是非、お花見、
したいなって、いう風に、中々、ピンポイントは難しいですけど思いますねぇ、う~ん?まだまだね、
寒い日も有ると思いますので、皆さん、風邪には気を付けて!はい、お過ごし下さい。
サア~っと言う訳で、この後、9時まで、お付き合い下さい!」と言って始まっていました。
マァ、今年は例年より寒い日が続いてますので札幌の桜はGW明け位に、なりそうですけどね。(^^;

この後、リスナーのメッセージが紹介されていました。

最初は、“ナマさん”からで
“どうも!新高校生1年生になりました。ナマです!今度、高校生になったので~、好きな人が出来れば
いいなァと思いますね。好きな人が出来たら相談、乗って下さいね。カッコ、まいちゃん大好きだけどね。
まいちゃんに質問なんですけど、始球・・(読み間違えてます)・・始業式の思い出って有りますか?
有るなら教えて下さい!“との内容でした。

まいちゃんは「フフフ、すみません、間違えました。フフ、バレた?読み直したの?アハハ、すみません!
エ~“長文すみませんでした!”と、言うコトですけども~、フフフ、始業式!う~ん?思い出無いね!
アハハハ、イヤイヤ、イヤイヤ!アノねぇ、卒業式とか、じゃあ、入学式有るんですよ!だけどね、
始業式って、そんなインパクト無くな~い?4月とか~、エ~とマァ、2学期の始まりだから9月とか~、
アッ、8月の~、20何日とか、でしょう?2学期は!エ~?でも何か、やっぱ、夏休み終りは~、
みんな~、もう真っ黒でしたね。で、やっぱり~、そこで何か、こう家庭環境と言うか、家庭の経済事情が
判っちゃうトコなんですよ。やっぱり!私とかは~、何処にも旅行とか行かないタイプだったので~、
真っ黒に日焼けするのは大体~、部活とか~、ま、小学生の時は林間学校とか~、に、連れてって貰って
親に行かせて貰って!って言うのが、マァ、夏休みで~、アノ~、思い出でしたけど、やっぱり~、そこそこ、
いいトコの子は~、真っ黒に日焼けして~、お土産に、これ、オーストラリアの何とか!とか~、
カンガルーの何!とか~、居ましたねぇ、う~ん!羨ましいなと思ってましたけど、そう言うのを、
そう言う何か、こう、格差が判るのが始業式って言う感じが、私はイメージとして有りますねぇ~!
う~ん!マァ、どんな高校生になるんでしょうか?エ~、是非、出来たら是非!私、相談に乗りたいと
思いますので、叉、女心サミットのほうにもメール下さ~い!頑張って下さい!」と呼び掛けていました。
マァ、年度明けの始業式でクラス替えとか有ったら、インパクトも有りそうですけどね。(^^;

続いてのメールは産直ネーム“カツヤさん”からで
“まいちゃん、初めまして!滋賀県に住んでいる15歳、4月から高校1年生の男子です!
2009年2月にipodを買い、アイチューンを使用していたら産直を見つけたので、2009年2月7日の
放送から、ずっと聴いていま~す!いつも、まいちゃんのトークに癒されてます。そして結婚したいぐらい、
大好きです!(まいちゃんは「アラ~?!もう~、ダイレクトにプロポーズ?フフフ有難うございます。」と
言ってます)・・恥ずかしかったのですが、思い切ってメールしました!(「思い切りましたね、これ、メールで!
有難うございます!」と口を挟んでます)・・僕は俳優に、なりたいので、まいちゃんと共演出来るように、
頑張ってます。まいちゃんも体に気を付けて頑張って下さい!長文、ごめんなさい、叉、メールしますね!“
との内容でした。

まいちゃんは「有難うございます。高校1年生って言うコトは、今、15歳ってコトは・・・11歳差?!
アハハハ、ウワ~!11歳下は~、逆にいいの?私、いいの?今、まだ、15歳だから、ちょっとさァ、無理!
私もねぇ、ちょっと、そこは、やっぱ大人として~、アノ~、理性を働かせますけど!恥ずかしいなァ~!
有難うございます!」と語っていました。
マァ、まいちゃんと一回り近く、若い男性からのプロポーズと言うのも凄いですね。(^^;

続いてのメールは、産直ネーム“ベースマンさん”からで
“・・・先月、音楽ガッタスの東京の夜のライブを観に行きました。自分にとっては人生初のライブで、
メチャクチャ楽しめました。まいちゃんの笑顔で歌う姿を生で観れて、アッと言う間の2時間でした。
人生初のライブがガッタスのライブで良かったです。叉、機会が有れば観に行きます!“との内容でした。

まいちゃんは「有難うございます。アノ~、ま、音楽ガッタスのライブが、ま、ちょっとね、前、1ヶ月位前に、
なっちゃうんですけれども、アノ~、ま、東京、名古屋、大阪で有りまして!私にしたら久し振りの、
やっぱ、コンサートで、あんなに歌って踊るって言うのが久し振りだったので~、凄く、やっぱ、
楽しかったし~、改めて、こう~、自分が、そもそも始まったのが、こう~、ま、アイドルと言うか、
歌手で始まったって言う処でも~、やっぱり、こう~、歌って踊るっていう瞬間が、凄く、自分にとって
好きな、アノ~瞬間なんだなって言うコトを改めて、こう~、感じましたねぇ~!その2日後がお誕生日で、
マァ、アノ~、めでたく26にもなりまして~、いい25歳の思い出が出来たなと思ってます。ホントにね、
ワザワザ、ま、北海道から来て下さったって言う方も、いらっしゃったと思います。
ワザワザ有難うございました~!」と話していました。
マァ、やはり、まいちゃんはステージで思いっ切り踊って歌う姿が似合ってますよね。(^^)

続いてのメールは、産直ネーム“神奈川産直ヒデさん”からで
“まいちん、感じのいい、もりぞーさん、スタッフの皆さん、こんばんは!(まいちゃんは「何?感じのいい、
もりぞーさんって!今日、居ないんだけどねぇ~!今日は寂しいんですよねぇ、スタッフが、今、もう、
2人です!はい、いつも、N氏と、今日、ぐっさんが2人居ますけれども!」と言ってます)・・
先月3月27日、音楽ガッタスのライブツアーファイナルに行って来ました。1年半振りのコンサートでしたが、
とても、とても楽しかったです。生でガッタスの曲を、生で聴くと、あの時、あんな事してたなァ、と思い、
懐かしくも有り新鮮でした。何故か、Berryz工房の「スペシャルジェネレーション」で、異様に
盛り上がってましたね。叉、ガッタスのコンサートが出来る事を願ってます。お疲れ様でした!“
との内容でした。

まいちゃんは「イヤ、そうなんですよね。今回、アノ、Berryz工房の“スペシャルジェネレーション”という曲を、
エ~、歌わせて頂いたんですけれども、マァ、私と梨華ちゃんと、よっすぃ~と、紺野あさ美ちゃんと4人で
大人チームが、ちょっと、こう、アノ~、ま、歌~を、歌って、ま、みんなで歌ったんですけど、ちょっと、こう、
メインで歌わせて頂いて!大人の何か、こう、フフ、ホントに、こう~、アダルトな感じのBerryz工房を、
お届け出来たかなと!新しい感じで、お届け出来たかなと思います。ま、DVDになると思うので、
楽しみにして頂きたいなと思いますけれども!サア~、っと言う訳で、続いてのコーナーはですね、
20分になって初めてです!ゲストが登場します。豪華です~!聴いて下さい!」と話していました。
マァ、アダルトな感じのBerryz工房と言うのも、ある意味、新鮮味を感じますけどね。(^^)

この日のテーマタイトルは前置きで「20分になって初!ゲストの登場です!後輩です!」と言った後、
“今日は、里田MyインタビューにCHU~チュッ!目!”となっていました。

では、ここからトーク方式で書いて行きます。

(M=まいちゃん、SS=清水佐紀ちゃん、MN=夏焼雅ちゃん)

M 「はい!っと言う訳で~、マァ、それでも、この番組、あんまりゲストは~、フフ、来ないんですけど~、
ま、今回は、急きょですね、ホントに急きょでした~!アノ~、特別に来て下さいました。豪華ですよ~!
それでは自己紹介、お願いしま~す!」
SS 「はい、エ~、Berryz工房18歳、キャプテンです。清水佐紀です!宜しく、お願いしま~す!」
M 「は~い!」
MN 「エ~、夏焼雅です。宜しく、お願いしま~す!」
M 「はい、宜しく、お願いしま~す!」
SS&MN 「お願いしま~す!」
M 「何か、変な感じだよね~?」
SS 「は~いフフ、不思議ですね!」
M 「まず、まずは久し振りなんですけど~!」
MN 「はい!」
SS 「お久し振りです!」
M 「アノ~、私、こうやって北海道で実は、こう、ラジオ番組、やってるのは知ってた~?」
SS 「知ってました!」
M 「ホント?」
SS 「私、里田さんのアノ、ブログとか見させて貰ってます!」
(ブログに、今日は札幌でラジオ収録!とか、書いてますからね)(^^)

M 「マァ~、マジで?有難う!フフ」
SS 「はい、知ってました。」
M 「ま、でもね、中々ね、こういう機会も無いので!・・ごめんね、今、スッゴイ、クシャミがしたいんで、私」
SS 「アハハハ」
MN 「フフフ」
M 「水、飲んでいい?」
SS 「はい!フフフ」(まいちゃんが水を飲んだようです)(^^;

M 「・・大丈夫です。ごめんなさい、すみませんね!」
MN 「大丈夫で~す!」
M 「ねぇ、マァ、アノ~、ビックリなんですけど~、マァ、Berryz工房の皆さん、ホント、マァ、
2人が今回は北海道!と言うコトで~、2人は幾つになりましたか~?」
SS 「エ~と、佐紀は18です!」
M 「18!それでも、まだ18なんだね~?!」
SS 「フフ、イエ、でも18になった感じ!」
M 「中々、歳、取らないよね~!」
SS 「フフ、実際、取ってますよ~!」
M 「取ってないよ~!」
SS 「取ってます~!」(押し問答してます)(^^;

M 「だって入った頃は~?」
SS 「11とかですねぇ!」
M 「ってコトは小学校の~?」
SS 「5年生!はい!」
M 「5年生・・記憶有る?」
SS 「有りますねぇ!」
M 「ホント?マァ、5年生だったら有るか~!」
SS 「はい!」
M 「そうだよね~!雅ちゃんは、今~?」
MN 「雅は、今、17歳で~・・。」
M 「17歳、うん!」
MN 「うんと小学4年生から~・・。」
M 「そうだよね!」
MN 「はい、してました!」
M 「で、記憶は?」
MN 「う~ん?何か、オーディションを受かった時に、泣いた印象とか~!」
M 「うん、それ、何で泣いてたの?」
MN 「嬉し泣きですね~!」
M 「嬉し泣き?アハハ、小4で、嬉し泣きって有るの?」
(マァ、小4でも結構、大人な部分も出る年頃ですからね)(^^;

SS 「アハハハ」
MN 「ビックリと嬉し泣きで~!もう、涙してたのと~、後は、その一緒に受かってたメンバー達と、
抱き合ったりとか~!そういうのとかも有るし~、後は~、何か、つんく♂さんが階段から、
上から、こう、降りて来たって言うのも覚えてて~!」
M 「へぇ~!?」
MN 「それを初めて・・それが初めて多分、つんく♂さんを見た時で~、何かアノ、本物のつんく♂さんだ!
っと思って~、フフフ、はい、凄いドキドキしてましたね。」
M 「アッ、そう、凄い覚えてるんだ!ちゃんと!何か前に~、エ~と萩原舞ちゃんと~、
岡江千聖ちゃんと~、違う番組で一緒にやった時に~、もう2人は記憶が無いって言ってて~!」
(それで当時の記憶に拘ったんですね)(^^;

SS&MN 「へェ~?!」
M 「何か、入った時、小学校1年生と2年生だった!フフ」
SS 「そりゃ記憶ないね!」
MN 「そうですね!」
M 「で、生まれて気付いたら、もう、ずっとBerryz工房だったみたいな~!」
SS 「アハハ」
MN 「フフフ」
M 「ま、2人はね、もうちょい、大人になってからだと思いますけど~、どうなの?
もう、ず~と、これって芸能界、だって、もう姉さんじゃん!もう~、フフフ芸能界では!」
SS 「フフフ、姉さん~?」
MN 「ア~!」
M 「私と多分、そんな芸歴、変わんないハズ!2年ぐらいしか多分、変わらないから~!
何年、やってる?」
SS 「もう直ぐ、8年です!」
M 「じゃあ、私と1年ぐらいしか変んないから~!ス~ゴイ変な感じだとは思うんだけど~!」
SS 「フフフ」
M 「どうなんですか~?アノ~、もう、殆ど~、仕事~しか、してないでしょう?学校とか、
ちゃんと勉強とか、してんの?」
MN 「そうですね。一応、学校優先だったので~、学校のコトは全部受けて~やってるんですけど~!」
SS 「でも、勉強、追い付かないですね。やっぱり!」
M 「ねぇ、そうだよね~!」
MN 「何か、後々~、友達とかに置いてかれてる感じが、したりとか~!も、有ります!」
(これだけ忙しいと、どうしても両立は難しいですよね)(^^;

この後、後編に続きます。
コメント

「里田まいの ふわふわmignon」第71回 後編(4/21)

2010-04-26 00:02:02 | Weblog


前編からの続きです。

(M=まいちゃん S=沙菜ちゃん ST=沙織ちゃん A=あっきー 
Z=全員 N=ナレーション橘早希さん )

字幕に“特技で勝負!ミニョワンGP伊藤沙菜、携帯メール早打ち”と出て、沙菜ちゃんが、
やや、焦りながら課題文のメールを打ち込んでいました。

ST 「沙菜、ちょっと遅いんじゃな~い?」
M 「遅くない?まだ“駅長さあん”の所!」(文章の文字を示して言ってます)
S 「残り、駅長の所、止まると~・・・」(かなり焦っています)
ST 「エッ?ホントに遅くな~い?」
A 「“駅長さあん!”」
ST 「沙菜はアレ?動く絵文字とか使うほう~?」
S 「あんまり使わないほうですね!ゆっくり、おし・・・」
M 「フフ、もう、喋り掛けるな!みたいな、そう言う感じね!」
S 「イヤ、そう言う訳じゃないんですけど、ちょっと静かにして欲しいなァなんて思って~!」
M 「ホウ~!」(沙菜ちゃんが被ってる帽子に触って遊んでいます)(^^;

ST 「アハハハ」
S 「ア~、そう言うコト、しちゃいます?」(携帯を見つめながら、少し、イラっと来てるようです)
M 「フゥ~!」(更に帽子のツバを下げていました)
S 「ちょっと、全然、見えないんですけど!・・全然、見えないよ!」(訴えてます)(^^;

A 「フフフ」
S 「終った~!終った!」
M 「イヤ~、ちょっと、これは~!?」
ST 「ちょっと時間、掛かり過ぎた感、有りますねぇ~!」
S 「掛かったかなァ?」
M 「時間、掛かったかなァ~?何と!沙菜ちゃんの只今のタイム!」
字幕に“伊藤沙菜、記録5分00秒”と出ていました。

ST 「5分~?!」
S 「ウソ~!」
M 「5分でございます!特技って言った割りにはさァ、これ、そんな、試したコト無かったでしょ?」
S 「うん、フフ」
字幕に“携帯メール早打ち、里田まい”と出て、まいちゃんがマイ携帯を持ち、スタンバっていました。

N 「続いては、まいちゃんが挑戦!ブログの更新で鍛えた腕前は、かなりのモノ!」
(まいちゃんが課題文を入力し始めました)

S 「まいちゃん、早っ!」
A 「早い!全然、だって、予測変換見えないモン!早くて、ねぇ!」
(沙菜ちゃんと比較しても、かなり早い感じで、次々、打ち込んでいます)
ST 「ホントだ~!」
S 「早~い!」
ST 「エッ?沙菜、遅いんじゃな~い?」
A 「まいちゃん、メールさァ、1日に、どれ位するの?」
M 「日に依るよねぇ~!・・アッ、間違えた!」
A 「結構、する~?」
M 「うん、する!」(携帯画面を見ながら応じています)
A 「何個ぐらいですか?」
M 「30~40ぐらいする!」
S 「オッ!」
ST 「エ~?!」

N 「快調に飛ばす、まいちゃん!明らかに沙菜ちゃんより早いです!
これは、かなりの好タイムが期待出来そう!」

M 「はい!終り~!」
A 「ウッソ~!?」
S 「早っ~!」
ST 「早いワ、まいちゃ~ん!」
S 「早く感じただけ?」
字幕に“里田まい、記録、3分19秒”と出ていました。沙菜ちゃんより2分近く詰めましたね。(^^;

S 「アッ、早~い!」
ST 「早い!ホラ~!」
A 「ア~!」
S 「3分19秒!」
M 「有難うございま~す!」
ST 「沙菜、特技!って、今日から言っちゃダメだよ!」
S 「エッ?!」
M 「フフ、この瞬間から?この瞬間から言えなくなったね!」
ST 「うん!」(少なくてもミニョンの中では今後は通用しませんね)(^^;

字幕に“携帯メール早打ち、大西暁子”と出ました。

N 「まいちゃんの記録を抜くコトが出来るのか?続いては、あっきーが挑戦!」
3人目の、あっきーが課題文を打ち始めました。

ST 「あっきー、何で、チェーン付いてんの?」
(あっきーの携帯には、かなり大きめのチェーンが付いていました)
A 「これね、首から下げるのさ!」
M 「これは~?この縫いぐるみ!」(ワザと、あっきーに近づいて質問しています)(^^;

A 「これ“ヤムヤム”って言ってさ、アノ何か、ケアベアーみたいな感じで~・・。」
M 「何か、匂いするよね?」
A 「そう凄い、いい匂いするんですよ。これバニラのヤツです!」(素早く入力を続けながら応じてます)
M 「嗅いで、いい?」
A 「ホント、いいよ!嗅いで!」
(まいちゃんは打ち込みを遮るように頭を携帯に近づけて、匂いを嗅いでいます)(^^;

ST 「フフフ」
A 「フフ、メッチャ、つっかえる!」(携帯画面の妨げになってるようです)
S 「沙菜も嗅いでいい?」
A 「殴るぞ!グ~だぞ・・。」(あっきーが幾ら、強めに言っても全然、無視されています)(^^;

ST 「アハハハ」
字幕に“懸命の妨害工作”と出ていました。(^^;

S 「どうかな?アッ、いい匂い!」
M 「いい匂い、いい匂い!」(再度、まいちゃんが頭を寄せて来ました)
A 「全然、見えない!」
ST 「いい匂い?」(後に居た、沙織ちゃんも乗り出して来ました)(^^;

S 「ア~、いい匂い~!」

N 「どんなに邪魔されても、めげずに打ち続けた、あっきー!タイムは?」
字幕に“大西暁子、記録、4分02秒”と出ていました。

M 「4分2秒!」
A 「やった~!これでも1分、1分違う!」(沙菜ちゃんに言ってます)
ST 「沙菜が遅いんだ~!」
S 「エ~?計り間違えて無いですか~?」
A 「ア~!」(マァ、これだけ妨害されても1分近く早いと言うのは、結構な差ですよね)(^^;

字幕に“携帯メール早打ち、辻田沙織”と出て、最後に沙織ちゃんが挑んでいました。

N 「最後は沙織ちゃん!普段は、あまり、メールは使わないと言うコトなんですけど!」
(沙織ちゃんが、課題文を打ち始めました。)

M 「沙織は、やっぱねぇ、落ち着いてるから!」
A 「イヤ、もう沙織は、ちょっとね~!」
M 「あんまり、そう言うコトで、ちょっかい掛けても~・・。」
A 「うん、乱れない感じ~?!」
M 「動じないよね~!」(順調に書き込み作業を続けています)

N 「かなりの早さで打ち続ける沙織ちゃん!しかし、この後、まさかの緊急事態が発生!」

ST 「・・ちょっと待って!」(手の動きが鈍くなりました)
M 「ちょっと沙織、メール来たんじゃない?」
ST 「メール来た!・・イヤ、邪魔すんなよねぇ~!」
M 「誰~?」
ST 「判んない!多分ね~、この~、沙織の携帯は~・・。」
沙織ちゃんが動揺して来た場面で、画面チェンジしていました。

“mignon’s eye コーナー”

今週は、沙織ちゃんが担当していました。

まず映画では“アリス・イン・ワンダーランド”が紹介されていました。
こちらは4月17日公開のディズニー映画でジョニー・デップも出演していて、
アリスが白兎を追い掛けて穴に落ち、不思議の世界に飛び込むストーリーとの事で
「アリスは、ワンダーランドの危機を救う事が出来るのでしょうか?」と
沙織ちゃんが語っていましたね。(^^)

続いても映画で“ウルフマン”が紹介されていましたが、4月23日公開のサスペンスホラー映画との事で
沙織ちゃんは「果たして彼の身に隠された、忌まわしい宿命とは?」と言っていました。

音楽では“柴咲コウ”の“ホントだよ”が紹介されていました。こちらは、既に発売中で、
小田和正が書き下ろした念願のコラボレーションシングルとの事で
「パステル画のような、柔らかいメロディは、これからの季節にピッタリ!
是非、チェックしてみて下さい!」と話していました。

ライブでは“清塚信也ピアノリサイタル”が紹介されていました。こちらは7月8日、木曜日に、
札幌コンサートホールKitara小ホールで開演されるとの事で注目度NO1のイケメンピアニスト語っていました。

ここで画面が変り“あっきーのサツコレ通”とタイトルが出て、あっきーが1人で登場していました。

A 「あっきーのサツコレ通~!2回目!サア~、いつまで続くんでしょうか~?サア~このコーナーは、私、
大西暁子が隊長となりまして4月29日に行われます、ファッションの祭典、札幌コレクション2010を、
皆様にお伝えして行くと言う~、とんでもなく楽しい時間でございます!」
字幕に“あっきーのサツコレ通、大西暁子がサツコレ隊長になって
札幌コレクション2010の魅力を、お伝えする楽しい時間“と出ていました。

A 「サア~、今日は、こちらUHBで毎週月曜日に放送中の、札コレTVって言う番組が有るんですが、
そこでね、撮影を、しているそうなんです。そして今日、ここに出るのがアノ、誰もが知る、
里田まいさんと言うコトなんで早速、ちょっと覗きに行きたいと思いま~す!」

N 「UHBで毎週月曜日、夜、放送されている札幌コレクションTV!札コレに係わる、様々な、
ジャンルの人に、その熱い思いを聞くミニ番組!そこに我らが、まいちゃんが登場するとの事!」
字幕に“サツコレTV収録中”と出ています。

A 「エ~、まいちゃん!・・・」(小声で喋っています。そして部屋の奥で収録が終ったようで
“はい、OKです!”と声が掛かり、まいちゃんが「有難うございます!」と挨拶していました)(^^)

A 「まいちゃ~ん!」(呼んでいます)
M 「ウワ~!」(急に呼ばれてビックリしながら近づいて来ました)
A 「ちょっと、ちょっと、ちょっと!お疲れ様!」
M 「お疲れ様です!」
A 「今、何?どんなコト話してたの?」
M 「今、いい話してました!」
A 「何?何!教えて?ちょっと!」
M 「フフ、それは見ての、お楽しみ!」
A 「フフ、じゃあ~、札幌コレクション、ま、今年の札コレに対する、意気込みを、3、2、1!どうぞ!」
M 「転ばない?・・フフフ」
字幕に“里田まい、サツコレの意気込み、転ばない?”と出ています。

A 「フフ、まいちゃん、それ?・・」
M 「ホントに!これ、真面目に話しますけど、私は神戸コレクションに出させて貰った時に、
何~回も言われたのに、ランウエイを間違えたんですよ!」
字幕に“神戸コレクションの苦い経験、ランウエイの歩き方を間違えた”と出ています。

A 「アッ、因みに、順序がスッゴイ細かいんですよね。アレ!」
M 「順番、結構、意外に難しくて真っ直ぐ行って、ポーズして戻って、右左、なんだけど、その右左が、
戻るコトに依って、どっちが右か左か?判んなくなって、で、ドキマギして!って言う、
ちょっと恥ずかしいアノ~、経験が有るので~・・。」
A 「フフ、転ばない、間違えない!」
M 「転ばない、間違えないって言う~・・焦らないって言う~!」
字幕に“今年のサツコレ、これだけは気を付けよう!転ばない。間違えない。焦らない。”と出ています。

A 「フフ、判りました~!じゃあ、皆さん、ちょっと札コレの当日は~、まいちゃん、
間違えないか見に来て下さい!」
M 「フフ、もっと違うモノ、見に来て下さい!」
A 「アハハ」
字幕に“札幌コレクション2010、2010年4月29日(木、祝)きたえーる(北海道立総合体育センター)
OPEN、13:00 START、15:00“と出ていました。

N 「そして、今年の札コレに欠かせない人物からもメッセージが届いてます!」
字幕に“ケンドーコバヤシ(以後=K)”と出て、本人がコメントしていました。

K 「北海道の皆さ~ん!ア~、ケンドーコバヤシですよ!エ~、お忘れないように、今日は、
ちょっとですけど、実はですね、札幌コレクションと言う言葉、皆さん、ちょっと聞いた事が有ると
思うんですけど、何とですね、ファッションの祭典!札幌コレクション特番で、こちらのね、MCを何と、
私がやらせて頂く事になりました。明日、この札幌コレクション、直前SPという事になりまして、勿論、
それにね、実は私も出てるんです!何と私が北海道はねぇ、オホーツク海に行きましてね!」
字幕に“*ウソです”と出ています。(^^;

K 「巨大ザメと戦うんですよ!そして、天使と言われてね、ヤツ、いるでしょう?(ここでも字幕に
“*もちろんウソです”と出ています)・・アイツもね、2mのヤツが居るという事でね、捕まえに行くとか、
そういうロケをね、エ~、一杯、して来ております。是非、明日の直前SP、味噌汁片手に、見て下さい!」
字幕に“ファッションの番組です!”と出ています。
叉、この間、画面にはケンコバさんのイラスト画が出ていましたね。(^^;

この後、CM後、字幕に“特技で勝負!ミニョワンGP、伊藤沙菜、携帯メール早打ち”と出て、
沙織ちゃんが書き込みしている携帯にメールが来て、まいちゃんが「誰から来たの?」と聞いてる場面から
始まっていました。

ST 「アレ何だよ、何だっけ?・・アレ?メルマガか?何か、メルマガなの!フフ」
S 「何か、火照って来たよ!」(沙織ちゃんの頬に触れています)
M 「ア~、メルマガね!」
ST 「そう、沙織、だってメールしないもん!」
字幕に“悪ノリ”と出ています。(沙菜ちゃんの動きを言ってるようです)(^^;

M 「誰?誰!メールしたの~?」
S 「火照って来たモンね。確かに!」(まだ触ってます)
ST 「フフ、ちょっとダメだ!沙菜ちゃん、オコるよ!」
M 「ちょっと~!」
S 「こう言う時、2歩下がる!」(少し、後ろに行きました)
A 「そう、下がって~!もう、ちょっとしてから~!」
ST 「アハハ、もう1つ来たんだけど~!」
M 「誰?ちょっと、メール来過ぎじゃな~い?!」
ST 「ちょっと、2人共~!」(叉、沙菜ちゃんが近寄っています)(^^;

M 「本番中ですよ~!今~!」
S 「イヤ~、何、これ!」
ST 「はい!終わりました!」(少し、怒り気味で終了しました。)(^^;

A 「フフフ」
S 「フテりながらの終り!」
M 「ちょっと戻しちゃった!」
ST 「メールは、里田まいさんから!フフ、雪国に関するメールが来ました!」
M 「アハハハ」
S 「ハハハ・・。」
A 「フフフ」(全員、笑いコケています)(^^;

ST 「フフ、そして同じく、里田まいさんから、国境を越えると長いトンネルが・・っと言うメールが来ました。
はい、優しい!」(自分が番組で書き込んだ文章を、そのまま送信したようです)(^^;

M 「アハハハ」
S 「優しいよ~!」
M 「フフ、イヤ、優しくね、こういう文章ですよ!って言う・・サア、そして沙織ちゃんのタイムは?!」
字幕に“辻田沙織、記録3分57秒”と出ていました。

M 「3分57秒と言うコトで、何と~!優勝は、私?フフフ」
ST 「アハハ」

N 「携帯メール早打ち対決!沙菜ちゃんが持ち込んだ企画だったんですけど、圧倒的な早さで、
まいちゃんが優勝~!」

ST 「沙菜は遅過ぎた!」
M 「どうしたの?」
S 「イヤ今日、判明した事が有りました。自分の気持ちを~、こう、打つ事が
早いってコトに気付いたの!」

M 「フフ、何なの?最近、気持ちとか凄い、押して来るけど!」
S 「フフフ」
M 「気持ちを読むとかさァ、ねぇ、フフフ」
S 「判明したの!」
M 「うんうん、気持ちをね!」
S 「だから、こう言う、人様に与えられた文章を打つのは、ちょっと苦手なんだけど!」
字幕に“沙菜ちゃんの自己分担、人様に与えられた文章は苦手”と出ています。

M 「ちょっといい加減にして貰っていいですか?ホントに!フフフ」

ここで画面が4人のファッションチェックコーナーに変り、1人ずつ、この日のファッションを披露していました。

“まいちゃんの、きょうのひとこと”

A 「今日は、もう、ボロボロですよ!」
M 「今日は~?・・・」
ST 「そうだよ~!今回、まいちゃんに勝ちたいって言って、企画、持ち込んだのに~、意味無しです!」
A 「終わってみれば!」
S 「最終的には、まいちゃんが~!」
A 「2勝してるワ、今日なんて!今日は、まいちゃん尽くしだよ!」
M 「イヤ~、今日、何、しようかなァ~?・・」
(まいちゃんは、まだ悩んでます。)(^^;

ここで一旦CMになっていました。

M 「行きま~す!」
A 「はい!」
M 「“企画倒れ、早くも。”」
ST 「ア~、倒れさせないで!」
A 「フフ、倒れさせないで~!」
M 「フフ、イヤ、でも楽しかった!凄く楽しかったし~、私も特技~、マァ、持ち寄った訳ですけど~、
あまりにも、その、沙菜さんが持って来て下さった特技が~・・。」
S 「はい。」
ST 「新しい何か?」
M 「判んないモンだよね。その時はさァ、特技と思っても、イザ、こう、みんなに、やってみると~、
私の特技じゃ無かったって言う~、違った体験が有る時も有りますので~!」
A 「フフ、コワい~!」
S 「何かね、そうだね!」
ST 「フフ、沙菜が持って来たのに、沙菜、ビリ!?」
A 「フフフ」
マァ、単純に思い込みだけで自分が1番!と言っちゃうコトも有りますよね。(^^;

ここで“また来週!”と出て終っていました。
コメント