ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

家電フェア2009イベントステージin札幌ドーム 里田まい編 (9/27)

2009-09-30 00:00:57 | Weblog


26日と27日の2日間、札幌ドームで開催されたヤマダ電機、家電フェアの日曜日に、
まいちゃんが出演するとの事で、札幌ドームに行って来ました。

まいちゃんのステージは2回行われましたが、私は午前中、仕事の為6時10分から30分間行われた
午後の部に行って来ました。尚、整理券が2時間前に出るとの事で、午後3時頃、札幌ドームに
到着しましたが既に数十名並んでいて、最終的に立見席まで満杯になっていましたね。(^^;

では、叉、覚えてる範囲で、まいちゃんのトークイベントの内容を簡単にレポさせて頂きます。

司会は辻さんと言う女性の方でした。
2回目の、まいちゃんは、辻さんの「里田まいさんで~す!」の声の合わせて登場して直ぐに
“初めてのハッピバースディ”を歌っていました。
この日の衣装は、黒のヒラヒラスカートに白のジャケット風衣装を重ね着したオシャレなファッションで、
パープル系の帽子が可愛いアクセントになっていましたね。(^^)

♪初めてのハッピバースディ♪

歌い終わった、まいちゃんは、2回目のステージで慣れたかどうか聞かれると「そうですね、凄い、皆さん、
温かく一緒に拍手とかして頂いたので、凄い楽しく歌えました!」と話していました。
そして司会の辻さんから整理券を事前に配ったけど、並ぶのに大変だったらしい事を聞かされると
「イヤ~、ホントに有難うございます。ねぇ、大したコト、無いですよ~!」と言って照れてましたね。(^^;

そしてデビューした頃の年齢を聞かれ、17歳と答えると客席から同じ年齢の女の子を捜していましたが
数人が手を挙げていました。
更にデビューのキッカケを聞かれるとモーニング娘。のオーディションを受けたと言っていましたが、
「アノ話、ちょっとだけ長いんで~・・」と少し、遠慮気味に語り始めていました。
まいちゃんは「最後、東京オーディションなで残ったんだけど~、ちょっとアノ~、テニスもやっていて、
テニスの試合とぶつかって、で、マァ、辞退と言う形で、それはマァ終り、1年半後ぐらい?2年ぐらいかな?
の時に、カントリー娘。も有る!みたいな感じになって、やってみようかな!って言う感じです!」と
語っていました。
まいちゃんも、その時、もしテニスと被って無かったら大きく人生も変っていたかも知れませんよね。(^^;

そして司会の辻さんが辞退した時の心境について聞いていましたが、まいちゃんは
自分としては芸能界に憧れも有り、やりたいと思っていたけど、まさか、東京まで行くと思ってなくて、
周りや両親にも反対され、当時は、それを押し切って東京まで行く勇気も無かったと答えていました。
因みに、その当時は、まだ15歳だったそうです。
叉、その時のテニスは見事1回戦で敗退したそうですが、その後、話が来て芸能界デビューとなった時に
イメージしていたコトはどうなのか質問されると、まいちゃんは「そうですね、私が芸能界に入ったのも、
17歳で、その時、ハロープロジェクトと言うか、モーニング娘。とか松浦亜弥ちゃんとか、そのみんなが
所属している所に入って、そこが最初の入口で、割りと、そこしか自分は居なかったので、芸能界に
入っているんだけども、何か、そう言う意識は、あまり感じなかったと言うか、実感出来ない自分が
居ましたね~!」と話していました。マァ、当時は、他と比較する余裕も無かったと言うコトですよね。(^^;

そしてモー娘。に会った時の印象については、テレビで見るより、もっと女の子らしくて可愛くかったとの事で
「・・自分が、どんだけガサツな生活を送ってたんだろう?って位、何か、見事なって位、
アイドル、そのものだったなと思いました!」と語っていました。
当時の娘。は国民的アイドルと称されて最高に輝いていた時代でしたからね。(^^;

更に、カントリー娘。の活動について聞かれると「そうですね、私達が田中義剛さんのやってる花畑牧場と
東京を行ったり来たりの生活を送っていたので、やっぱり何か、芸能人になったと言うよりも、何か、
結構、牧場作業の時間が割りと多くて、ホントに犬とか、牛とか、馬とかの、お世話をホントにリアルに
やっていたので、やっぱ、自分は元々、割りと芸能人に憧れて入ったから、マァ、そう言う、半農半芸と
言われるアイドルだったけど、それも判って入ったから、何か、弱音は吐けないような感じだった」と
語っていました。
何か当時、テレビ出演した際、半農半芸アイドルです!と言って説明していた様子を思い出しますね。(^^;

叉、今、1人で頑張っているエネルギーは何処から出てるのか質問されると、まいちゃんは、楽しかったコトを
挙げていましたが、自分が、今、やってる仕事や出会う人が、凄く楽しかったり、元気を貰っていたので、
そういう環境に居たいなと言う感じも有り、芸能界で頑張りたいと思っていたと語っていました。
そう言いながら、今の状況を嬉しそうに語る、まいちゃんが何か、輝いて見えましたね。(^^)

この後、話題は花畑牧場に変わり、田中義剛さんのパワーにも触れてましたが、今の花畑牧場の
様々な企画に参加しているコトについて質問されると、当時と今との違いについて、まいちゃんは
「・・そうですね、マァ、私が牧場で働いていた頃は、まだ、生キャラメルとかも出てなかったし~、
今は、従業員の方、何千人と居ますよね?だけど、私達が居た頃は、私達も含めて~、
10人?ぐらいか?確か、何人だっけ?」と最前列に居たファンに聞いていました。
司会の辻さんはビックリしていましたが、まいちゃんは「イヤ、アノ、私が牧場で働いていた頃から、
そうなんです!」と常連のファンについて紹介していました。辻さんは、かなり感心していましたが、
まいちゃんは「ねぇ、このように、みんな大人しくなって、さっきまで踊ってたんですけど~!」と
若干、緊張気味の常連ファンの人達に言っていましたね。(^^;

そして、今度は、まいちゃんがプロデュースした花畑牧場のミルクプリンについて聞かれて説明していましたが
これは牛乳の味をふんだんに使って、更に牛乳が苦手な人が多いと思うけど、そういう方でも、結構、
美味しく食べれるようなプリンになっていると話していました。
実際、私も購入して食べてみましたが、とても食べ易くて美味しかったですね。(^^)

この後、話題はバラエティ関連に移っていましたが、まいちゃんが、ここでも番組に参加するコトの
楽しさを強調して語っていました。それはテレビ画面からも伝わって来ると司会の辻さんは言っていましたが
それでも最初は凄く緊張していたそうで、当時は、何で自分が笑われているのか、全然判らなかったと
話していました。でも、最近は去年頃からホントに楽しいとの事で「マァ、やっぱ、仕事で一緒になる
女の子達って何人も居ますが、タレントさんって言うか、お笑い芸人の方が多いんですけど~、
そういう方と、やっぱり喋るようになったら~、でも、みんなでプライベートでも遊んだり・・夏休みが
有ったんですけど、それの半分、2~3日ぐらいは、もう一緒に遊んでいましたね!」と話していました。
ヘキサゴンの存在は、まいちゃんにとっても大きな転機の場になりましたよね。(^^)

今度は、そのヘキサゴンの話題に触れていましたが、クイズに答える心境について、まいちゃんは
「イヤ、もう、とにかく私は、大っきい声で喋るみたいな!ホントに基礎的なコトしか思って無いので
判るモノも少ないんですが、でも、何か、答えないといけないので、良く自分がこれだ!と思うモノを
言ってます!」と話していました。
でも、最近は、確実に、まいちゃんの正解率も上がってますよね。(^^)

更に、台本が無いコトについて問われていましたが、まいちゃんは、もし台本が有ったとしたら、
私達は誰も覚えられないと思いますね!と言っていました。マァ、それは見てて納得ですね。(^^;

叉、まいちゃんはヘキサゴンに出会えたコトに関して運が良かったと思うし、感謝してると言っていましたが
更に、紳助さんについてはホントに学校の先生みたいです!と話していました。
何か、それもテレビを通じて、しっかり感じますね。(^^)

次の質問はハロープロジェクトを今年の3月に抜けての心境の変化についてでしたが、まいちゃんは、
あんまり無いけど、ステージで歌って踊る機会が今は、ちょっと減ったかなと思う位だと言っていました。
マァ、今は、その何倍もバラエティや他の番組でテレビ、ラジオに出演して頑張っていますからね。(^^)

そして、アーティストとしての活動とバラエティに出る時の気持ちの違いについて聞かれていましたが、
まいちゃんは、バラエティの時は言葉は悪いんですけど、何を言っても許されるみたいな感じで
全然、緊張しないし、それより楽しいみたいな方が先になると言っていましたが、それより今日の方が
緊張するとの事でした。すると、辻さんがビックリして念押しすると「はい・・ウソです!すみません!」と言って
謝っていました。
マァ、この日の、まいちゃんは地元イベントと言うコトで、とてもリラックスして楽しそうでしたからね。(^^)

この後、まいちゃんは1回目と2回目の間の、休み時間にスタッフとジンギスカンを食べに行った話を
していました。辻さんが「やっぱ、地元民でも北海道の食べ物と言うのは来たら食べておきたいですか?」
と訊ねると「食べておきたいですね。お昼はラーメンを食べたんですけどマネージャーさんも、こっちの
人間じゃないのでジンギスカンを食べたいと言うコトで、みんなで行きました!」と話していました。
そう言えば、この様子は、まいちゃんのブログでも紹介されていましたね。(^^)

叉、関連して、料理や食事についても質問されていましたが、まいちゃんは、独り暮らしをするようになって、
お母さんの大変さが判ったと言っていました。何でも、学生の頃は、夜に家に帰って、
ご飯が出て来たり次の日の朝、おにぎりを握ってくれるのが当たり前に思っていたけど、
今は、お母さんって凄いなと思うようになったし、おふくろの味が凄い実感するようになって、
料理の大変さを、色んなコトで学び、母親を尊敬するようになったと話していました。
マァ、まいちゃんも独り暮らしを体験して、その分、大人に成長したと言うコトですよね。(^^)

叉、今回が家電フェアイベントと言うコトで、欲しい家電について聞かれていましたが、まいちゃんは
新しい掃除機が欲しい!と話していました。
更に、お母さんに絡み、まいちゃんの未来予想図みたいなのが有るか、どうかの質問が有りましたが、
最初、まいちゃんは質問の意味が少し判らなかったようで、自分が、お母さんになってみたいとか?と
質問を変えて聞かれた時点で「ア~、メチャ有りますね。今直ぐにでも結婚したいです!って言うか、
ホントに彼氏が居ないので彼氏が出来たら結婚したいですね!」と言っていました。
そして、結婚願望もメッチャ有るけど、何か、色々、急に結婚したら事務所も困るし、ちゃんと
しないとイケないので!と付け加えていました。それでも相手が居れば!と言う感じとのコトで
今は正直、全然、考えてないし取り合えず、1日1日を大事に生きて行きたいなァって感じです!と
話していました。事務所側も、ちょっとホっとしたかも知れませんね。(^^;

この後、今日の衣装について聞かれていましたが、この日の衣装は私服で、ポイントを聞かれると
モコモコの帽子だの事で「はい、ちょっと秋冬に向けて、北海道と言うコトも有って、暖かいモノを!」と
言っていました。更に、買い物について何処に行くコトが多いかに関して、まいちゃんは
「アッ、でも北海道で、しますね。はい、北海道には2週間に1回位、帰って来るんですけど、
結構、駅とかPARCOとか行きますね!」と話していました。
マァ、先日のミニョンの中でもPARCOでお買い物してましたからね。(^^)

そして、これからの仕事に関して、どんな感じで行くか聞かれると「まだまだ、やってみたいコトは、
たくさん有るし、芸能界の、お仕事も、まだまだ遣り残しているコト、たくさん有るので、そう言うコトを
出来る為にも、もっともっと自分を磨いて女を磨いて頑張ろうかなと思っています!」と語っていました。
何か、今後、まいちゃんが、どんな風に磨かれて行くのか、楽しみに見守って行きたいですね。(^^)

ここで、今度は紅白の話題になっていましたが、初めて聞いた時の感想について、まいちゃんは
決まったと言うコトを聞いたのは、新千歳空港から札幌行きのJRに乗っていた時で、その時
付いていたマネージャーが、まいちゃんが初めての担当と言う新人で、事の重大さを判っていなかったようで
メールを見ながら“アッ、そう言えば紅白決まりました”と突然言われたとの事で「凄く嬉しかったんですけど、
一緒に、こう、分かち合えなくて、ア~と言う感じだったんですけど、直ぐ、スザンヌと優樹菜にメールして、
お母さん達に打って、やっぱ、心の中ではホント嬉しかったです!」と話していました。
まいちゃんとしては、ホントは、その場でジャンプして絶叫したい心境だったんでしょうね。(^^)

この後、2曲目を歌うコトになり、まいちゃんは「次は、ヘキサゴンから出ている里田まいwith合田家族
っていうユニットが有って~、私とmisonoちゃんとフジモンと3人でやっているんですが、マァ、もう直ぐ
クリスマスと言うコトで歌いたいと思いますと言って熱唱していました。でも、この曲は1年近く前の曲で
まいちゃんも、歌詞カードを見ながら歌っていましたが、途中、少し歌詞を間違えて終った後、
ファンに謝る場面も有りました。でも、これが生の魅力ですからね。(^^)

♪もうすぐクリスマス♪

この後、お知らせが有るとの事で促された、まいちゃんは「そうなんです。アノ~、今度、11月にですね、
本を出させて頂くコトになって、こういう本は、私、初めてだと思うんですけど“里田まいのオフィシャルブック”
と言うんです。エ~と“1人だけどカントリー娘。です!”って言う本が出ます。これは、もう春ぐらいから、
ずっと色々、話とかしてて結構、テレビで見てる印象じゃない部分も出てたりしますね。」と話していました。
発売日が楽しみですね。(^^)

そして最後にメッセージを語っていましたが、まいちゃんは、今回、ワザワザ整理券を手に入れて
見に来てくれたファンにお礼の言葉を語った後「・・アノ、やっぱ、地元北海道と言うコトで、やっぱ、
北海道に来る時は凄く、アノ、私も気分も解放的になるし、やっぱ、ちょっと近所の目みたいなのが、
ちょっと、こうドキドキしたりするんですけど、でも、やっぱ皆さんの温かい視線とか、応援して下さる気持ちが
凄く伝わって来て、もう帰って来る度に叉、東京に行ったら、もっと頑張って頑張って、もっと成長して、
叉、こうやって戻ってこようと思わせて貰ってます。なので、これからも頑張って行きますので、どうぞ宜しく
お願いします。応援して下さい!」と語っていました。何か、まいちゃんが札幌に戻って、リラックスしながら
里帰りを楽しんでいる様子が話の中に感じられて本当に嬉しかったですね。(^^)

最後は「有難うございました!ホントに!バイバイ、叉ね~!」と何回も名残惜しそうに手を振って
ステージから降りていました。

今回は、短い時間でしたが、タップリ、まいちゃんのトークを楽しむ事が出来て良かったです。
以上、まいちゃんトークイベントレポでした。

コメント (2)

「今夜も、うさちゃんピース」 第151回 (9/23)

2009-09-29 00:00:19 | Weblog
 

今回も一部、簡略化してレポさせて頂きます。

オープニングで、さゆみんは「・・は~い、ちょっと何か、おしとやかに行きたい気分だったので~、はい、
ゆったりと始めさせて貰いました。マァそんな、さゆみなんですけど~、今日ねぇ、何か~、アノ~、
お母さんに、アノ~、ホントは、このラジオ終りで~、さゆみ、歯医者にね、ホントは1週間後に、
行かなければイケなかったんだけど~、アノ~、1ヶ月以上、行ってないんですよ!で、何か、お母さんに、
“もう~、アンタ、歯が腐るわよ!”ってフフ、言われてて~、それは流石に、その言葉には~、
結構、ズシッと来て~、気持ち的に!早く行かなきゃ~!と思って、このラジオ終りで~歯医者さんに、
行こうと思って心に決めたんですけど~、やっぱり~アノ、ラジオ終って~、一杯喋った後に~、口を~、
1時間近く開けるって言うのは想像したら行きたく無くなってきちゃって~、アノ、予約してたんですけど、
キャンセルして!って言うメールを~、お母さんに送ったんですよ!したら、お母さんから“OHA~!”って
来たんですよ!メールが!フフフ(何か、おはスタのテンションですよね)(^^;

もう、さゆみは、それに凄い衝撃を受けて、どうしたんだろう?と思って、返事返そうかなァ?と、
思ったんですけど~、何か~、放ってこうと思ったら~、その後、何分後かにメールが来て
“アノ、さっきのメールOHA~!って送ったんだけど、OK~!の間違いだから!”って、フフ、
お母さ~ん!って思いましたね。フフ、そこ間違える~?って思ったんですけど、ア~、なら、ちょっと
納得行くなァと思って~、アノちゃんと、そこは間違いに気付いてくれたし間違いだったと言うコトが、
ちょっと、さゆみは安心しましたね。は~い!っと言う訳で今日も、は~い!凄い個性豊かな家族を持つ、
道重さゆみと30分最後まで、お付き合い下さい!それでは、まずは皆さん、ご一緒に!
今夜もうさちゃんピース!では1曲目、聴いて下さい。恋のダンスサイトのc/w曲です。モーニング娘。で」
と言った後、曲を掛けていました。
マァ、歯の手入れは永久に続きますので、早く治療した方がいいと思いますけどねぇ・・。(^^;

♪インスピレーション♪

“さゆの小部屋”

ここではコーナー以外のメッセージが紹介されていました。

最初は、埼玉県の、うさちゃんネーム“カルちゃんさん”からで
“さゆみん、こんうさピー!先日、山口で行われた、なんちゃって恋愛の発売記念握手会に
行って来ました~!さゆみんの地元、山口に春のコンサートに続き、今年は2回も行けるなんて、
僕はシアワ・・ツ・・(噛んでます。さゆみんは「フフフ、で~、ホントにごめんなさい!」と言ってます)・・
僕は幸せ者です!その上、今回は、いつも以上に、ゆっくり、さゆみんと、お話が出来て、夢のような
夏休みになりました。さゆみんも多くのファンの方と会話をしたと思うのですが、
何か、新しい発見など有りましたか~?“との内容でした。

さゆみんは、ホントに山口でキャンペーンが出来たコトは凄い、嬉しくて、モーニング娘。で7年目で
初めてやらせて貰ってるけど、仕事で山口に行くのはコンサートの3日以外は無かったので、凄く
嬉しかったと話していました。そして、新しい発見と言うのは難しいけど、改めて感じたのは、何処までも、
そうやって来てくれるファンの人は凄いなァって言うのと、そのファンの人の行動力だったりするとの事で
「・・次の日も~、東京で~、アノ~、アメンバースタジオでラジオとか、やってたんですけど、その観覧にも
山口に~、来てくれた人が、そのまま来てくれてたりとか!だから、アノ、2日連続とか、3日、4日ぐらい、
連続でファンの方に会えて、毎日凄い嬉しかったんですけど~、何かね、ホント~、アノ~、ホント、
改めてなんですけど~、アノ~、ファンの人だけは~、何か、さゆみのコト判って、くれてるんだなァって
言うのを感じて~、やっぱ凄い嬉しかったし~何か、もう誰に何を言われようと、誰に何て思われてようと、
こうね、裏で凄い言われてても~、何か、もう、それだけで充分だなァって言うのを凄い感じましたね。
は~い!何で凄い有難たいなァって、はい、思いました。有難うございます!」と話していました。
さゆみんにとっては地元での初めての凱旋イベントだっただけに喜びも、ひとしおだったでしょうね。(^^)

続いてのメールは東京都の、うさちゃんネーム“エースキラーさん”からで
“さゆみんチワ~ス!さて、この間、さゆみんが出演していたテレビ番組で、稲川淳二さんと怪談話を
されていましたね?テレビで見ていても鳥肌モノでしたが、生で聞いてた、さゆみんは、もっと、
怖かったんじゃないでしょうか?何か、スタジオで異変とか有りませんでしたか?“との内容でした。

さゆみんは、この番組は“ごきげんよう!”で、稲川淳二さんとは、3日間のうち、2日間一緒で、
そういう怖い話を、何度も何度も、されていると思うので、その話の持って行き方がホントに怖くて、
結構、話も難しいので、よく意味が途中、判んなくなったりもするけど、その雰囲気が、とにかく怖いし、
稲川さんの目力と言うか、何か、失礼に当たるかもしれないけど、怖い話をする時、目が、ちょっと
血走っていると話していました。
何か、稲川さんの顔の表情には、いつも怖い雰囲気が滲み出てますよね。(^^;

ここで、さゆみんのブースの中で、何かの現象が起こったようで「・・アッ?!何?何か、揺れたよね?
さゆみが勝手に揺れただけ?・・アッ、思っただけか、ビックリした~!アッ、ビックリした!マイクが
揺れた感じがしちゃった!気のせいだよね?・・何か~、もう、その感じが~、目に迫力が有ったので~、
目を見てられなかったですね。コワく・ちゃって、コワくなっちゃって!フフフ、そこ、省略する所じゃ無いよね。
フフ、そう、だから~、結構、コワかったんですけど~、しかも~、何か~、アノ、コワい話をすると~、やっぱ、
何て言うんだろう?アノ~、1番最後にメチャメチャ、怖いオチを、みんな持って来るじゃないですか~!
でも~、アノ、稲川さんって結構リアルな怖さじゃないですか!そこまで、アノ~、何て言うんだろう?
アノ~、ホントに現実味が有ると言うか~、なので~凄い、それは迫力有りましたね!」と語っていました。
マァ稲川淳二さんは、その手の怪談話では1番のスペシャリストですからね。(^^;

“顔はぶたないで!アタシ、女優なんだから・・・”

さゆみんは「サア~、たった1つの台詞を全くシチュエーションの違う、ある3つの設定に合わせて
演じ分けるこのコーナー!3つ共、設定通りに演じ分ける事が出来たかどうかを、スタッフさんに
大女優!女優!大根役者!で判定して頂きたいと思います。」と言って始まっていました。
では、ここから簡略方式で書いて行きます。

(<>=うさちゃんネーム “”=基本の設定 【】=各設定「」=さゆみんの感想、『』=スタッフの判定)

① <福岡県 レイルリンクさん>
“可愛い!”
「ア~、でも、これは自分に言うって言うよりは~言われる側なので~、ちょっと難易度高い気がしますね」

「3、2、1、キュ~!」
【仔犬を見て!】

「可愛い~!(絶叫するようにトーンを上げて言ってます)フフ、ま、でも、これは仔犬を見て可愛い~!
って言ってる自分が可愛い的なトコは有りますよね。だってマァ、ホントでも、そうですよね。だって別に
急いでたりとかしたら~全然、目、行かないじゃないですか!でも、何か、人と居たり、友達と居たりすると、
やっぱ可愛い!って言った方が~、多分、自分の株が上がる気がしちゃって~、アノ、発しちゃったりとか~
でも、それは誰もが有ると思うんですよね。何か、飼い主さんとかにアノ、良く思われたりとか、
赤ちゃんとかが居ても、その赤ちゃんが可愛いと言ってる自分を見て欲しいとか、そう言う気持ちは、
ちょっと有りますよね。はい!」
(結局最後には、さゆみんが1番可愛い!と言う結論に至る流れですよね)(^^;

「3、2、1、キュ~!」
【自分より可愛い女の子を見て!】

「可愛い~!(気持ちを込めて言ってます)・・さゆみ、これは結構、素直に言える方・・って言うか~、
何か、さゆみ可愛い女の子ホントに好きで~、何かねぇ、こう、モーニング娘。で、居ても客観的に、
みんなを見て、やっぱ改めて可愛いわァ~!って思うし~、こう良くね、さゆみ、歌の発声中に~、
暇だからか良く判んないんですけど客観的に見て~、今日は、この人達の中で、モーニング娘。の、
9人の中で誰になりたいか?何て言うのを考えると発声の時間が一瞬にして過ぎ去って行くんですよ。
凄い楽しくて、それが例えば、高橋愛ちゃんになった自分を想像しようと思うと~、凄い何か、愛ちゃんの
魅力的な表情だったりとか、自分が出来た気分になって凄い、浸れるので、そうやって可愛い子を見ると、
・・凄い楽しくて~、なので、可愛い女の子には、是非、たくさん出会いたいなァって言うのは有りますね。
(さゆみんの自分への可愛さ操縦術を改めて認識した感じですね)(^^)

「3、2、1、キュ~!」
【自分の鏡で見て!】

「可愛い!(極、普通の感じで簡単に言ってます)・・フフフ、これはマァ、自分に言い聞かせてたりとか~、
マァ、自信を付ける為って言うのも有るし~、これ、やっぱ何か、ガン稼ぎ?・・何て言うんですか?
(スタッフに確認してます)・・ゲン担ぎ!ゲン担ぎって部分も有るし、何か、可愛い!って言って出た方が、
こう、やっぱ自分に自信が有るからか何か、ちゃんとハキハキ喋れたりとかするので~、もう、これは
ちゃんと何かアノ~、マァ、ちょっと最近、義務的にフフ、なっているんですけど~、アノ、やらなきゃ~!
って言う感じが、しちゃってるんですけど~、でも、しっかり可愛いと思いながら自分に、はい、言ってます!」
(常に自分に緊張感を持たせるコトが、可愛さを保つ秘訣なんですかね)(^^;

『女優~!』
「妥当だと思います。フフフ、さゆみも、そうだなァと思いましたよ!」(綺麗に使い分けて言ってましたけどね)(^^)

② <埼玉県 愛のメモリーさん>
“ウソ!”
「ア~、たった二文字のウソ!ですけど、は~い、逆に難しそうですね、短いと!」

「3、2、1、キュ~!」
【久しぶりに体重計に乗って、ビックリするぐらい、増えていて!】

「ウソ~!(少し、小声で言ってます)・・フフ、これは何か信じられない気持と~、マァ、でも何か
テンションが下がって、どうするコトも出来ない、この誰かに怒りをぶつけるコトも出来ないじゃないですか!
自分の責任だし~、なのでマァ、ショックの気持ちを込めて~!でも、やっぱ、さゆみも、ちゃんと~、
ちゃんとかどうか判らないですけどマァ、さゆみの中では、ちゃんと測ろうって!朝と~夜、測ろうって言うの
決めてるんですけど、やっぱ、海外に1週間とか2週間とか行くと体重計がホテルに無いから~、
測れないじゃないですか!・そうするとキンチョーして、気を付けようと言うよりは、1週間、計らなくていいから
開放感に満ち溢れるんですよ!・・凄い何か結構、たくさんアノ、何も考えずに食べちゃうんですね。
で、帰って来て~、アノ、ちょっと気を付ければ良かったって言う時は多々と言うか毎回そうですね!
海外に行くと良く有るんですよね。なので、はい、ちょっと次回、叉、海外に行く時は気を付けたいと思います。」
(それでも、しっかり数日後?には元の体重に戻せる処が流石と言うか、凄いですよね)(^^)

「3、2、1、キュ~!」
【中澤さんが、とうとう、結婚すると聞いて!】

「ウソ~!(興奮気味に言ってます)・・これは、ちょっと喜びですね~!アノ、おめでたい話なので~、
うん!でも、何か、もう~、ソロソロいいのに!ってフフ、思って!・・何か、アノ~、結婚されて~、
何か、赤ちゃんとか産んで~、う~ん、欲しいなァって思うし~、アノ~、そうですね。はい、結婚して
落ち着いて欲しいなって気持ちは!フフ、しかもね、こんなね、もう下っ端の後輩の、
さゆみが言うのもアレですけど、はい、ちょっとアノ、多々感じます!」
(裕子姐さんは、結構、色々と可愛い一面も有るんですけどねぇ・・。)(^^;

「3、2、1、キュ~!」
【こんうさピーが終ると聞かされ!】

「ウソ~・・・(消えそうな悲しそうなトーンで言ってます)・・フフフ、これは叉、相当ショックですね。
これも結構~、アノ、体重計に乗って体重が増えたよりもショックですね。悲しい~!イヤだ!
そんなの~!ちょっと、ずっと続けてたいなァって気持ちが有りますけど。はい!ちょっと、これからも
宜しく、お願いしま~す!は~い、皆さんに掛かってますから!さゆみも頑張るので、皆さんも
メールや、お便り、お願いしま~す!」

『よっ!大女優~!』
「オッ、やった~!ハァ良かった~!冷っとしましたね。ダイと来るとコン役者かも~?って、大根役者の方に
行くのかなァって言う気がしちゃうので、いつも!はい良かったです。有難うございま~す!」
(この大女優!の声が、そのままスタッフの番組に対する継続宣言のような気がしましたけどね)(^^)

③ <千葉県 オレンジの6番さん>
“ど~お?!”
「ハテナマークが付いてましたね。はい、こちらも二文字ですけど3つの設定通りに的確に演じ分けれるか、
早速、参りたいと思います!」

「3、2、1、キュ~!」
【メンバーに、お菓子を作って来て、食べたメンバーに!】

「ど~お?!(軽い感じで言ってます)・・フフ、ちょっと大人ぶってる感じはしますけど~、マァ、実際、
作って行ったコトが無いので、想像しずらかったんですけど~、マァ、自分がアノ~、お菓子、作れるって言う
その得意になった気持ちで~、アノ~、でも、ちょっとドキドキ感!アッ、ホントに美味しかったのかなァ?
って言う、ドキドキ感と期待感に溢れている、ど~お?でしたね。はい!」
(是非、今度、実際に手作りお菓子を作って、メンバーをビックリさせて欲しいですね)(^^)

「3、2、1、キュ~!」
【体調を壊して寝込んでしまった、お姉ちゃんに!】

「ど~お?(心配そうなトーンで言ってます)・・フフフ、これは結構、意外に難しいかも知れない!
何か、アッ、でも一応、お母さんが~、そういう世話をするので~、アノ、何か家族とか~、
兄弟が風邪とか、何か具合が悪くなると一切、さゆみに近づかないんですよ!移しちゃうとイケないからって
言うコトで全部、お母さんがして~“もう、さゆちゃんに近づかないで!”って、お母さんが言うので・
元気になった後しか関わらないので、こう、ど~お?とかは、言ったコトが殆ど無い気がして~、結構、
難しかったですね!」(道重家では病人隔離対策が、かなり以前から実行されてるようですね)(^^;

「3、2、1、キュ~!」
【セクシーな服を着て、彼氏の前に登場し!】

「ど~お~?(ちょっと照れ気味に言ってます)・・フフフ、イヤ、判んない!これ、セクシーかどうかは、
判んないですけど~、さゆみ、コスプレが好きで~、いつも1人で、お家でやってて~・・ま、誰にも
意見を求めず、1人で、どうかなァ?と思いながらやってるので~・・やっぱ、さゆみは可愛いなァって
似合うなァって思いながらやってるので~アノ、いつかは、そうやって披露出来る場が有ればいいなって
言うコトで、ま、普段、こうやって1人でね、勝手に可愛いなと思って、やってるので、
やっと見せれるって言う気持ちでどう~?どう~?って言う気持ちでしたよ。フフフ」
(マァ、何か、そのコスプレ衣装のセクシー度が、気になりますよね)(^^;

『大根役者~!』
「早いよ~!言うのが!フフフ、間が一切無かったですよね。アッ、でも、今回は~、
大女優、女優、大根役者、全部出ましたね。設定揃いでした。」
(全体的に見ても、さゆみんの演技力の向上をしっかり感じましたね)(^^)

♪歩いてる♪

エンディングで、叉、メールが紹介されていました。

伊勢市の、うさちゃんネーム“ひまわりさん”からで
“・・・いきなり質問なのですが、さゆみんが、最近イライラした事って何ですか?”との内容でした。

さゆみんはホントに正に、昨日イライラしたコトが有って、それはドラマなんだそうで、最近、さゆみんが
嵌まってるドラマが有り、四角関係の恋愛ドラマとの事で「・・何かね、もうね、そこで優しくしないで!とか、
もう~何か、凄いイライラするんですよ!さゆみは~、全部の角度からシュミレーしてる訳じゃないですか!
視聴者としてね!何で~、もう、ここで、でしゃばらないで!とか~、もうホントにアノ~、全部、
思うツボだと思うんですけど~、アノ~、もうホントね、イライラして先の行方が気になるんですけど~、
ちょっとアレはねぇ、イライラしがちですね。は~い!」と話していました。
マァ、常に次回が気になると言う流れで、番組側の考えに乗らされているのを知った上で
尚且つ、見てしまうと言う、さゆみんが可愛いですよね。(^^)

この日の、うさピー大賞は“レイルリンクさん”“エースキラーさん”に贈られていました。

そして、インフォメーションを告知した後、最後は「来週も、あなたのハートにうさちゃんピース!
おやさゆみん!」と恒例の決め台詞で終っていましたね。(^^)
コメント

「伊藤沙菜のココロは童顔です。」第24回(9/20)

2009-09-28 00:40:01 | Weblog

本日も少し滞っているので、内容を一部、簡略化してレポさせて頂きます。

オープニングで沙菜ちゃんは「・・サア、サア、9月20日、日曜日25時になりましたけれども、只今、
世間ではね、今日からシルバーウイークに真っ逆さま!ですね。・・アッ、違う!真っ盛り?・・
真っ逆さま?・真っ最中!真っ最中ですね。フフフ、真っ逆さまって、どうするんだ!?って話ですけれども、
イヤいいですねぇ、学生の方は、もう、5日間、休みですか?ま、もう、羨ましい限りなんですけれども~!
ってか、皆さん、シルバーウイークって知ってました?この5日間を?私は初めて知ったんですけど~、
今年から導入されたんですよね。しかも導入されたかも、何か判んない状態で~、来年から、これ、
シルバーウイークって言うの無いかも知れないらしいんですよ!(9月の5連休はしばらく無いですからね)(^^;

意外と難しいウイークなんですけども~!何か、ゴールデンウイークの秋バージョン的な、ちょっと活かした
感じの5日間らしいんですけども!そして、シルバーウイークって何でシルバーウイークかなァ?って、私、
ウイークチェンジャーの方で調べさせて頂いたんですけど~、したらアノ~、この5日間のね、休みの中でね、
敬老の日って有るじゃないですか!して、その敬老の日が~、やっぱアノ、おじいちゃま、おばあちゃま達を、
大切にしようって日で~、してシルバーシートって有るじゃないですか!そのシルバーシートから
取り入れたらしいんですよ!でも何か、言っちゃえば、何か、国民の日と秋分の日は、もう完全に
シカトしてますよね。何か、いいのかな?って感じなんですけども~、イヤ、皆さん、是非是非、アノ、
楽しく過ごして頂きたいんですけれども~、マァね、私は一切、休みはございません、とは、
言い切れないんですけど、こう言っときたいと思います。フフフアハハ、マァ、一応、タレントなんでね、
あんまり、休み有るとアレでしょ?あんま、言えないでしょ!」と話していました。
マァでも、適度な休息は必要ですけどね。(^^;

♪EVERYDAY 絶好調!!♪(℃-ute)

そして、曲が流れている間に、℃-uteメンバーのコメントが流れてきました。
(MY=矢島舞美ちゃん MH=萩原舞ちゃん EM=梅田えりかちゃん Z=全員)

MY 「は~い、もう沙菜さんには、お世話になりましたねぇ、私達8枚目のシングル“EVERYDAY 絶好調!!”
エリと私は~、1度、lこう、スタジオにも、お邪魔させて頂きましたねぇ、そして沙菜さんには、アノ~、
札幌ライブを、以前、観に来て頂いて~、その時は舞ちゃんもね!」
MH 「はい!ご対談!」
MY 「ご対談、フフ、頂いて~!」
MH 「ご対談頂いて~、はい!でも、楽しかったですね~!」
MY 「そうですよ。そんな℃-uteですが9月16日に、シングル“EVERYDAY 絶好調!!”を、
リリースしま~す!イエ~ィ!この曲は舞子!」
MH 「はい、アノですね、とにかく元気な曲で~、私達も~、歌詞も、とてもいいじゃないですか!
私達も~、元気になれるので~、是非、聴いてる皆さんも~、こう元気に、なれるように、
なって貰えたら、とても嬉しいでございます。はい!」
EU 「そんな私達は~、アノですね。今度、9月27日、日曜日に札幌でコンサートを!
コンサートを、やりま~す!℃-uteのコンサートです!」
MY 「是非ね、沙菜さんにもね、叉、観に来て欲しいですね!」
EU 「是非、来て下さい。待ってま~す!」
MY 「以上!・・」
Z 「℃-uteでした!有難うございました!」
MY 「せ~の!」
Z 「チェイ!」
ここで、流れていた℃-uteの曲が終り、次のコーナーに入っていました。

“サインはチェイ!”

沙菜ちゃんは、先週、℃-uteのコメントが届くと言っていたけど、いきなり頭で流すモンなんですか?と
言ってビックリしていましたが、その中味については、ちょっと不満が有るとの事で「・・しかも、アノ~、
以前、まいまいと~、舞美とエリは、ココ童に出て、何て言うかね、友達になってくれるって言ってて~、
で、沙菜!って呼ぶって3人共、言ってくれてたのに~、完全に、沙菜さん!ですよね?フフフ、
何?その他人みたいな!いきなりの感じ!ま、言っちゃえば他人かも知れないけれども~、
友達!って言ったからさァ~!その場凌ぎで!って言うのは止めて貰えますか?℃-uteさん、
お願いしま~す!フフフ、イヤでも、アノ~、先程ね~、イヤ、ダメ出しでは無いんですけど~、
やっぱり私~、℃-uteさんの方が芸歴としては先輩なんですけど~、私の方が年上なので~、
ま、ちょっと上から目線って言う所が有るんですよ!なので、ちょっと申し訳ないですけどね!
℃-uteのファンの方に!・・私のコトを、お叱からないで下さい!宜しく、お願いしま~す!
で、9月27日は?Zepp Sapporoに℃-uteさんが来るそうで、是非是非、私も、又々、お友達なので、
行かせて頂きたいと思いま~す!コメント有難うございました~!」と話していました。
マァ、結局は、それだけ沙菜ちゃんと℃-uteメンバーは仲良しだと言うコトですよね。(^^)

そして、チェイ!の本題に入っていましたが、沙菜ちゃんが先日、大通公園に1人で行っていたら、
何か、知ってる顔の人が、フラ~と歩いて来て、背が高くて金髪っぽい髪で、ちょっとイケてるなと思ったら、
沙菜!と言われて見たら、小学校と中学校の同級生の男の子だったんだそうです。その男の子は、
当時、頭が良くて勉強しかやらない!みたいな感じでボサ~!としたイメージだったのに、大学に入って
ちょっとイケイケな感じになっててビックリしたとの事で「・・でも、凄い私、その子と仲良しだったので~、
ちょっと私も、二十歳になったしね、みんなで飲みに行こうゼ~!って言って、ちょっと誘った訳ですよ!
で、先日アノ~、私の~、女友達3人と~、アノ中学校一緒だった男友達2人と行って来たんですけど、
マァね、ちょっとイケイケになり過ぎてて~、話す時、キンチョーしちゃったんですね!私!
何か、知らないけど同級生にキンチョーしちゃった訳ですよ!
(それだけ昔と比べて、その男の子がイメチェンしたと言うコトですかね?)(^^;

でもね何かボ~と話してたら~、ま、根本的な性格は何にも変ってなくて、スッゴイ嬉しかったんですけど、
1番ねぇ、嬉しかったのが、カラオケも有ったんですね。その飲みに行ったお店が!で、何か、その、
歌い方がね、全然、変ってなかったの!何か無駄に、こう~、ビブラートを効かすと言うか~、
ア~、中学校のままじゃ~ん!みたいな!中学校の時、みんなでカラオケに行った時と同じじゃ~ん!
みたいな思い出に浸ってまして~、凄い、楽しかったんですけど~、マァ、その2人は~、1人は
東大に行って~!凄くないですか?身内に東大に行った人が居る訳ですよ!何だろ?
この私との違い!とか思いながら~、ちょっとね、色んな話をしてたんですけど~、やっぱり、
昔からの友達は大切ですね!私、あんまり友達と遊ぶ~のが少ないんで、結構、ココ童でも遊んだ度に~
ま、中学校の友達はいいな!って言ってるんですけど~、それ言ってる時ぐらいなんですよ!遊ぶのって!
なので、もう嬉しくて、嬉しくて!ココ童で話しちゃうんですけど~!やっぱ、いいですね。
皆さんも昔の友達のコト、思い出したら直ぐ、会うようにして頂いたら、とても楽しいと思いま~す!」と
話していました。沙菜ちゃんが常に友達を大事にする気持ちが、何か、伝わって来ますね。(^^)

この後、リスナーからのメッセージが紹介されていましたが、最初はラジオネーム“クラちゃんさん”からで、
“先週まで電波の具合が悪く、聴き取れませんでしたが9月初めから感度も良いのでメールを
再開したいと思います!“との事で、沙菜ちゃんは「何を機に、電波が良くなったんですかね?
有難うございます。今も聴いてくれてますか?クラちゃんさん!是非とも、たくさんメッセージ送って下さ~い!“
と呼び掛けていました。マァ、周囲の環境の変化で聴き易い状況も生まれたりしますからね。(^^;

続いてのメールはラジオネーム“こーへさん”からで“・・・○○の秋と言えば、去年までは食欲の秋でしたが、
今年は、そう言う訳には行かない事態になってしまいました。9月上旬、とある銭湯に行った時の事です。
お風呂から上がり、体重を測ったら、な、な、なんと!99㎏を指していたのです。これじゃ、マズいと
危機感を感じ、家でフィットネスが出来るソフトを購入し、今、頑張っている最中です。
やってみて、汗が尋常でない程、したたり落ちました。その甲斐が有って、
恥ずかしながら言いますが、腕立て伏せが出来なかったのが、コツが掴め、20代最後で、
生まれて初めて出来るようになりました。体重は標準体重まで落せたらなァと思います。
っという事で、今年は室内フィットネスの秋となります。結果が出たら報告しますね!“
との事で、沙菜ちゃんは「こーへさんは、因みに183㎝らしいんですけど、イヤ、
私もねぇ、う~ん?ちょっと最近太って来ましたのでウォーキングをし捲くって頑張りたいと思います!」
と話していました。沙菜ちゃんは外見で感じる限り、そんな太った印象は有りませんけどね。(^^;

“道産子スターへの階段パート3”

ここでも、まず、メッセージが紹介されていましたがラジオネーム“ネイチェルさん”中2の女性からで
“私は付き合って1年の彼氏が居るんです。毎日、メールはするんですが~、2人で遊んだ事が
1度も有りません。遊ぶ時は、いつも大勢なので、中々、2人だけで話す事も出来ません。
これって本当に付き合っているって思いますか~?“との事で、沙菜ちゃんは「オ~!待ってました!
恋愛の話、フゥ~、サンキュー!」と言って喜んでましたが、でも、中学生の恋愛は、こういう感じが
いいのではないかと話していました。2人でイチャイチャしてるより、大勢で弾けちゃった方が、絶対、
思い出になると思うとのコトで沙菜ちゃんの中学校時代の友達でも、何か、付き合ってるけど、
学校でも話さないし、2人でも話さないでメールだけの付き合いみたいな子が居たけど、それでも
その時は、沙菜ちゃんも中学生だったので、そういう付き合いも、付き合いだと思ったそうです。
でも逆に、そう言う時代を大切にしていたら大人になって違う恋愛も楽しめるんじゃないかなと思う!と
話していました。
マァ、恋愛に関しても色んな経験を積んで序々に大人になって行くと言うコトですかね?(^^;

そして、このリスナーさんの件についてはズバリ、好き合ってると思うとの事で「イヤ~、でも、やっぱり、
2人で話すコトも出来ないって、ネイチェルさんは書いてるので~、学校で話す位はね、やっぱり、
いいんじゃないですか!でも何かさァ、電話でさ、2人で話してる時はメチャメチャ話してるのに~、
学校で話したら何か、オ~、みたいな、イヤ、はい・・みたいな感じのギャップは有るかも知れないけど、
頑張って学校で話して~、で、一緒に話して~、で、今日は一緒に帰んない~?の話に持ち入り~、
一緒にカエチャル・・(噛んでます)・・フフフ噛んじゃったけど~、一緒に帰っちゃったりとかして~、
ちょっとフゥ~!って言う感じの2人になれば、いいんじゃないの~?何か、付き合っているって言うか、
両想いって感じで何か、可愛らしくていいね!凄く素敵だと思います。イヤ、ネイチェルさん、
是非是非アノ、今後の、お知らせも、お待ちしていま~す!」と呼び掛けていました。
何か、沙菜ちゃんっぽい素敵なアドバイスだと感じましたが、今後、ココ童でも
恋愛相談が増えるかも知れませんね。(^^)

“何でもランキング”

今回のランキングは“シルバーウイークに行きたかった場所ベスト3”とのコトで、沙菜ちゃんが
何故か、伊藤沙菜さん!と言って紹介する形で進行していました。(^^;

そして「こんばんは!伊藤沙菜です!」と言って発表していましたが、第3位は“韓国”で
エステが目的で、色んな種類のクリームを買い占めたいと思う!と言っていました。
第2位は“東京”で、1人で行けるコトが判ったのでブラっと行ってみたい!暇が有れば行きたい!
と言っていました。あの時は、まいちゃんにオゴって貰ってましたからね。(^^)

そして第1位は“ニューヨーク”で以前、占い師に旅行でニューヨークに行ったら、将来、向こうで
活動するようになる!と言われたそうで「なので将来の為に、もうズバリ、旅行に行ってみたいと思います。」
と話していました。そして4位は小樽で、ベスト100以外ではブラジルが気になるそうで、リオのカーニバルに
出てみたいので注目!と言っていました。リズミカルで華やかな雰囲気に憧れが有るようですね。(^^)

この後、沙菜ちゃんは「伊藤沙菜さん、有難うございました!マァ、私も、伊藤沙菜なんですけど~、
ちょっと別人みたいなんですよ!偶然、同姓同名で、やらせて頂きました!・・やらせて頂きました、って
変ですねぇ~?皆さん!フフフ」と語っていました。
何か、名前だけでなく、声も一緒でしたけどねぇ・・。(^^;

“夜のオペレッタ”

沙菜ちゃんは「今回のポエムは、昔の友人と会った時に、ふと思ったコトを詩にしてみました。
では発表します!」と言って読んでいました。

“久しぶりに会う顔は、みんな化粧で垢抜けていて、
何だか、自分も、お姉さん気取りをしてみた。

色々な思い出話、恋バナ、話せば話す程、みんな、何一つ変って無くて!
その時代を思い出す。長いスカートの・・制服、毎日の登下校、笑顔が絶えない思い出!

卒業して、みんな、それぞれの道へ!久しぶりに会っても、今、変らぬ笑顔だった。
きっと違う道、辿り、だけど、こうやって同じ場で会う!だから話にも笑い合える。
永遠の仲間!きっと、これからも中学の笑顔、絶やさずに!
笑顔だけは中学のまま、これからも大人になって行く!

・・終りです“

沙菜ちゃんは「昔の友人と会って、何一つ変わらない笑顔は本当に素敵でした。そっと思い出す、
思い出が全部、楽しいコトって凄いコトですよね。有難うございました。」と話していました。
自然な笑顔を絶やさずに歩んで行くコトが、1番、ストレス解消に繋がるかも知れませんからね。(^^)

♪卒業写真♪(松任谷由実)

エンディングで沙菜ちゃんは先週、公務員と結婚したいと言った処、早速、自称、公務員のリスナーから
“僕じゃダメですか?”とメールが来たけど条件の中に、名前が回文になってないとダメとの事で
アッサリ断っていました。マァ、沙菜ちゃんの名前で回文になる苗字は少ないですよね。(^^;

そして最後は「メッセージが足りない!送って下さい!伊藤沙菜でした!おやすみ~!メール
たくさん待ってる~!」と言って終っていました。
沙菜ちゃんから、毎週、決められたテーマが示されれば少しはメール本数も増えるかもね。(^^;
コメント

「里田まいの ふわふわmignon(ミニョン)」第43 回 後編その2(9/23)

2009-09-27 00:02:09 | Weblog


後編、その1からの続きです。

“Colle Café “

今回は、沙織ちゃんのセレクトと言うコトで最初の紹介されたのは“middle超音波式加湿器”でした。

こちらは、ひょうたんのような形をした加湿器で、字幕で
“インテリアとしてもgood!乾燥対策に、お奨めの加湿器“と出ていました。
机に並んだ加湿器のスイッチをオンした処、殆ど、音がしないとの事で、字幕に
“超音波式なので作動音が静か“と出ていました。
叉、最長で8時間、連続運転が可能との事で色も、白、黒、ピンク、青の4色有り、価格は6980円とのコトでした。

続いて紹介されたのは、防水型7インチDVDプレーヤーで、字幕に“お風呂でも使えちゃう、
防水型DVDプレーヤー、バッテリー、ACアダプター、家庭用DCアダプターの3電源“と出ていました。
価格は14490円で「ウワ~!安い!」と声が飛んでいましたね。(^^)

“mignon’s eye コーナー”

今週は、あっきーが担当していました。
まず映画では“引き出しの中のラブレター”が紹介されていましたが、こちらは、監督が“三城真一”
出演が“常盤貴子”“中島知子”などで、あっきーは「手紙やラジオで思いを伝えることの良さを
きっと実感出来る!」と言っていましたね。(^^)

音楽では“GARNET CREW”の7thアルバム“STAY~夜明けのSOUL”が紹介されていました。
こちらは9月30日リリースとの事でした。

舞台では、ザ・ポジティブのコーナーにも登場していた“ギンギラ太陽‘s”の舞台
“翼を下さい。さらばYS-11”が、紹介されていました。
こちらは10月3日4日道新ホールで上演されるとの事で、見どころは、全出演者の被り物姿、
そして、歌舞伎さながらの早変わり!本拠地、福岡や東京でも満席になった話題の公演!と
話していました。

この後、おさらい映像を挟み、叉、ファッション審査会場が出ていました。

A 「じゃあ、里田まいちゃんが、いいと思う方、どうぞ!」
S 「ア~!」
M 「オ~!」
ST 「1、2、3、・・17票~!」
M 「ヒャ~!フフ、マジ~?!」(かなり喜んでいます)
S 「マジじゃん!」
M 「ウワ、凄い、有難うございます!」
字幕に“優勝、里田まい”と出ていました。(^^)

S 「イヤ、これ、悔しい~!」
M 「ヤベ~!ウソ~、嬉しい~!」

ここで、一旦、画面が変わり「アーティのタロット占い」 9/24(木)~9/30(水)生まれ月別運勢を
挟んで、叉、審査会場に戻っていました。

A 「イヤ、だってだよ、まいちゃん、お金、下ろして来たんだから買えばいいと思いますよ!」
ST 「そうだよね~!」
M 「フフ、これ、勝負ですから~!ま、今回は私の勝ちと言うコトで~!」
S 「ウワ~、悔しい~!」
ST 「そうだ、最近、勝ってますね~!」
M 「ちょっと勝ってますね~!おみくじとか、色々~!」
ST 「じゃあ、まいちゃん抜きで、やりましょうか?今度!」(ジョークで言ってます)(^^;

S 「そうしましょう!」
M 「じゃあ、私、ちょっと東京で、ゆっくりしてます!」(合わせてます)
ST 「アハハハ」
A 「ホラね~、それだから!」
ST 「フフ、ダメ~!」
マァ、タイトル掲示者本人が居なかったら、番組として成立しませんからねぇ・・。(^^;

ここで“叉、来週”の文字が出て終っていました。

コメント

「里田まいの ふわふわmignon(ミニョン)」第43 回 後編その1(9/23)

2009-09-27 00:01:02 | Weblog


前編からの続きです。尚、字数オーバーの為、その1、その2に分割させて頂きます。

(M=まいちゃん S=沙菜ちゃん ST=沙織ちゃん A=あっきー 
Z=全員 N=ナレーション橘早希さん )

画面が変って、まいちゃん以外のミニョンメンバー3人が、白のミニョンTシャツ姿で集まっていました。

N 「札幌組、新ユニット“ザ・ポジティブ”が、お芝居に挑戦!先生は、何と、今、話題の劇団、
“ギンギラ太陽‘sの大塚ムネトさん!」(以後=O)

頭にプロペラ機の被り物を付けたムネトさんと、ザ・ポジティブの3人が大通公園を東に向って歩いていました。

A 「でも、大塚さんは~、やっぱ、活躍、活動されていて~・・。」
O 「うん!」
A 「福岡に対する愛とか~・・。」
O 「そうなんですよ。」
A 「郷土愛ってのが~、凄く感じる~、方ですね。」
O 「そうなんです。ギンギラ太陽‘sのお芝居って言うのは~、そもそも、その、東京から
発進するモノばっかりが~、面白いって言うのがシャクだったのね!」
ST 「はい!」
O 「だって、自分の街からも面白いコト、やりたいと思って~!」
A 「やりたい!」
O 「だから、君らが、この北海道から頑張りたい!って思うように~、ギンギラ太陽‘sは、福岡の街から、
面白いコトをやりたい、面白い芝居を作りたいんだって始まったんです!だから~、自分の街のコトに
詳しくなって~、自分の街のモノを題材に、お芝居を作るってタイトルになったんですね!」
S 「う~ん!」
O 「だからねぇ、是非~、今日は~、君らに、この北海道の~、いい所を教えて欲しいんですよ!」
ST 「オ~!」
A 「た~くさん、有りますよ!」
O 「たくさん有る~?」
A 「まずは~、北海道のみんなは温かい!」
字幕に“北海道の人はあったかい!”と出ています。

O 「温かい!」
A 「もう~、メチャ心が温かいですよ~!」
O 「うん!」
S 「美味しい物がたくさん有るんです!」
字幕に“美味しいものがたくさんある”と出ていました。

O 「アノ~、お奨め、何?今日ね、この終わった後に美味しい物、食べようと
僕は楽しみにしてるんですけど、何がお奨め?」
A 「ア~!」
S 「じゃあ、まずはラーメン、食べて頂きたいです!」
O 「言っとくけどね、ラーメンは博多もウルサイですよ!」
S 「イヤイヤ、イヤイヤ、負けません!」
A 「北海道のラーメン!美味しいったい!」(訛って言ってます)(^^;

O 「オッ?美味しいったい!って言うけど、何処の人?」
A 「美味しいメン!」
S 「美味しいメン!」(復唱してます)
A 「行きません?ホント、今から!?」
O 「じゃあ、企画を変えてラーメン食べ歩きで!」
ST 「イエ~ィ!」
S 「ヤ~!」
A 「フフフ」
O 「ホントに君らが自由だね!」
S 「自由なんです!」
この後、少し経過して全員、大通1丁目のテレビ塔前に来ました。

N 「続いては、いよいよ演技に挑戦!まずは、大塚さんに見本を見せて頂きます!」

O 「皆様、初めまして!中には、お久しぶり!って方も、いらっしゃるかも知れませんよね。
私は国産飛行機のYS11です!戦後、日本の技術を集約して誕生した優秀な優れた飛行機です。
エ~、最初は全国を飛んでおりましたが、段々と活躍の場所が減り、この北海道や九州で最後まで、
頑張って、遂に日本の空から引退しました。今回の、お芝居に登場致しますので、
是非、劇場に来て下さいね!」(最後は敬礼ポーズで終わっていました)(^^)

S 「イヤ、凄~い!感動する~!(3人で拍手しています)・・何かホントに、飛行機が~・・・」
Z 「喋ってる~!」
A 「カッコいい~!」
ST 「これ~、アノ、無理な挑戦なんじゃないですか?」(不安そうです)(^^;

S 「ちょっと即興は難しい!」
A 「はい、やってみよう~!」
S 「イエ~ィ!」
A 「やりましょうよ~!」
ここで、少し時間経過していました。

O 「それでは、まずはテレビ塔が熱い、地元への想いを語ります。どうぞ!」(あっきーが前に出ました)
A 「こんにちは~!テレビ塔です!アノ~、私~、結構、昔から居るんですけれども、ホントね、
たくさんの方を見て来たんですよね。今はね、たくさん買い物する所とか、色んなスポットが出来て、
忘れがちなんですけど、私から~、北と南に分れてる訳ですよね!っと言うコトは、私が、
こっち行っちゃうと~、みんな~、迷っちゃう訳ですよね。なので私は、もう、ずっと、ここに立って、
あなた方を見守っていますので忘れないで下さい!」(テレビ塔の気持ちになって言い切っていました)(^^)

O 「はい!オ~、素晴らしい!」
S 「凄~い!」(全員で拍手しています)
O 「素晴らしい!イヤ、凄いんじゃない?!」
ST 「エ~?ヤバい!エ~、これ、ドキドキする!」
S 「凄いなァ~!」
O 「イヤ、でも~、きっと今みたいなコトをね、思ってたと思う!」
ST 「思ってると思う!」
A 「ア~、良かった!何か、ちょっと~、何か親しみって言うか、愛情を持って、
これから見て行けたらですね、私も!」(ここでカメラが後のテレビ塔を大映しにしています)(^^)

そして少し時間が経過しました。
O 「続きましては旭山公園の思い出を語ります。どうぞ!」(沙織ちゃんに振っていました)
ST 「最近、リニューアルしました旭山記念公園です!皆さん、来て頂けましたか~?
この前ね~、来てくれた、ご家族が居たんだけれども、私、どっかで見た事が有るなァ~?なんて、
お母さんの顔を見ていたのね。そしたら~、5年前に、こう~、綺麗な札幌の夜景を見ながら~、
隣に居る男の人に~、僕と結婚して下さい!って言われた女の子が、お子さんを連れて、
遊びに来てくれたんですよ~!もう、私、大感動しちゃって~、イヤ~、あァ言うね~、
ご家族を見ると私、長く札幌を見守っていて良かったなァ~!なんて、思うんですけれども、
最近、ちょっと私、綺麗になったので、もう1度、遊びに来て下さいね!」
(沙織ちゃんも旭山記念公園の気持ちになって、しっかり伝えていました)(^^)

O 「はい!」
ST 「はい!フフ」
S 「凄~い!」
O 「凄いじゃない!イヤイヤイヤ!」(かなりマジで感心しているようです)
S 「凄いよ~!何?2人共~!なれちゃってるじゃん!」(しっかり、その立場になり切ってましたね)(^^)

O 「私、今、ちょっと感動しましたよ!」
ST 「やった~!」(地面に両膝付けて倒れるポーズで喜びを表してます)
O 「アノ、いい話でしたよね~!」
S 「凄~い!」
A 「イヤ、意外っつ~か、アノ、お色気的な話なんだね!」
O 「凄く、いい話だよね。だから、ず~と、1つ1つの家族を~見守っているんだよ!
この公園は、って事よね~!」
S 「そう~!」
A 「ウワ~!凄い!」
O 「ね、うちが北海道で公演する時に~、何か、出て欲しいな!」
A 「オ~!」
ST 「宜しく、お願いします!」
S 「エッ?凄~い!」(ここで、叉、少し時間経過していました)

O 「それでは、いよいよ、トリでございます。」
S 「そうです!」
O 「楽しみですし、心配です。」
A 「アハハハ」
O 「温かく見守って下さい!時計台です。どうぞ!」(沙菜ちゃんが緊張気味に前に来ました)(^^;

S 「ワシは時計台だよ!時計台だよ!(老人っぽく喋ってます)・・ワシはなァ、大通公園の
ちょっとハズレに在るんだけれども~、マァ今は、ちょっと風景が変ってしまったのう~!
マァでも、ワシは~、ずっと、時計を動か~し~、続けて守っておるんじゃねぇ~!
これからも時計を大切にするんだよ~!宜しくなァ~!時計台でした!」(結構、演技を交えて言っていました)

O 「アハハハ」(全員で拍手しています)
ST 「ウワッ、おじいちゃんのイメージは有る!」
A 「そう、おじいちゃんだね~、確かにね!」
O 「イヤ、良くチャレンジしたよね!いきなり、おじいちゃんに挑戦しようと、
いきなり自分でハードルを上げたもんね!」
S 「はい!」(叉、ここから少し時間経過していました)

O 「ギンギラ太陽‘sの、お芝居って言うのは~、アノ、当たり前過ぎて見過ごしてしまうような、お店とか、
こういうテレビ塔だったり、時計台だったりって言う、でも実は、ず~と自分の側に在って~、
自分のコトを見守ってくれている普段、気付かなかったモノを、支えてる方々の
想いを描くのがギンギラの、お芝居なんですね!」
S 「はい!」
O 「今日は、だから、そうか、おじいちゃんの時計台を作ってみたくなったし~、その~、ねぇ、
素敵な公園を作りたくなったし~、ず~と立ち続けて見守っているテレビ塔も~、イヤ、3人、
それぞれ、もう全部、ちょっと被り物、作って~、出演して欲しいなァ、なんて!」
Z 「イヤ~!やった~!」(全員で歓声上げて喜んでます)(^^)

S 「やった~!」
ST 「被りたい~!」
O 「思いました。思いました!」
A 「やった~!フフフ」
O 「素晴らしかった!素晴らしかった!」(叉、拍手してます)

N 「短い時間でしたが、3人にとっては得るモノが多いギンギラ入門でした!」
ここでCMに入っていました。

場面は、札幌PARCOのファッション審査会場に変っていました。

M 「じゃあ、続いて、あっきーのヤツを!」
A 「はい、私から!」
S 「イヤ、このファッションいいんだよなァ~!」(あっきーの着ている服を見て言ってます)(^^;

A 「これは~、結構、アノ~、スパンコールとかが至る所に入ってて~、これでしょう?スカートにも、
入ってて~、実は、このTシャツ、写真みたいなんだけどコレ、実はスパンコールなのよね!」
S 「ホントだ~!」(Tシャツもキラキラしてます)
ST 「可愛い~!」
M 「可愛い、これ、可愛いね!」

ここで画面が変って、あっきーが行った、お店の風景が映っていました。
字幕に“SmackyGlam (スマッキーグラム)札幌PARCO本館3F 店長、森下由起子さん”
(以後=YM)と出ていました。

N 「あっきーは普段から良く行くと言う、スマッキーグラムで勝負服をセレクト!店長さんとも
仲良しみたい!」(あっきーが店長さんとハイタッチして再会を喜んでる様子が映ってます)(^^)

A 「ア~、秋っぽい!可愛くないですか~?ア~、キラキラ、入ってる!」
字幕に“ツイードジャケット12600円”と出ていました。

YM 「そうなんですよ~!ちょっと敢えて、こうファイテングに~、スパンコールとか、入っているというのも、
やっぱ、今年は、スパンコールがトレンドにも、なっていますので!」
A 「このキラキラが!」
YM 「はい、キラキラが!」
A 「ちょっと帽子も、私、被ってみたいんですけど~、これ、去年も出てた!これ大人気なんですよね?」
字幕に“リボン付きニット帽、5670円”と出ていました。白いリボンが可愛い感じでしたね。(^^)

YM 「そうなんですよ~!これ何処?・・リボンは~、ちょっと、そうですね。斜め前~位の横~!」
A 「そう!」(あっきーが自分で帽子を被ってます)
YM 「ちょっとザックリ、被る感じが~!」
A 「髪の毛、掛かっちゃうけど~(今度は店長がジャケットを持って来ました)・・ア~、もう、一気に秋!」
YM 「そうなんですよ。やっぱ、ちょっと、こう~、1番、上だけとかを・・」
(ジャケットの1番上のボタンを締めてます)(^^;

A 「うん、止めてあげて~!」
YM 「そうですね、ちょっと中にTシャツとか~、キャミソール、インナーを、
ちょっと見せて~、あげると可愛いと思います。」
A 「成る程、そっか~!」
YM 「マァ、合わせる・・。」
A 「合わせるって、こう言うコト?」(キラキラスカートを持っています)
YM 「アッ、こういうの、敢えてキラキラで~、スエードな感じで行きましょうよ~!」
字幕に“スカート9870円”と出ています。
A 「これ、スパンコールの個数で1ポイントとか無いですよね?」(スタッフに聞いてるようです)(^^;

YM 「アハハハ」
字幕に“ありません”と出ていました。
A 「それ、欲しい!やっぱり!」(スカートを見ていってます)

N 「とにかくキラキラづくしの、あっきー!でも、トータルで見ると、ちゃんと纏まってる感じ!流石です!」
画面が審査会場に戻りました。

字幕に“バッグ14700円”と出ています。
A 「なんと、このバッグ見てよ!ちょっとさ、こうやってみて!」(まいちゃんに表面を擦るように指示してます)
M 「うん?・・・」(他の3人が、そのバッグの表面を指で擦っていました)
A 「判る~?色が変わるの!」
ST 「ア~!」
M 「凄~い!」
S 「ホントだ~!」
M 「何?これ~?」(シルバーのバッグの表面を擦るとピンク色に変っていました)(^^;

A 「シルバーでもいいし、ピンクでもいいぞ!って言う~・・。」
S 「ホントだ~!・・じゃあ名前、付けれたりするの~?」
A 「そう!ってコトで私はね、今日は~(バッグの裏側に何か書いてます)・・ジャジャジャ~ン!
これは、審査員の方が見て頂きたいのですが文字を!」(バッグにWINと描かれていました)(^^;

S 「イヤ、そんな!そんな上手い具合に!」
字幕に“早くも勝利宣言”と出ています。

ST 「上手い具合にWIN出来ません!」
A 「WIN!・・(まいちゃんが何か書き加えようとしてます)・・ちょっと何、するんですか?例えば
デートとかで・・(今度は3人でバッグを触って擦ってます)・・フフ、ちょっと待って!今~私の番!」
S 「アッ、Jになった!Jになった。WJになった!」(Iの下に書き込んだよんです)(^^;

ST 「アッ、ホントだ~!」
M 「デートでさ、WINとか持ってるヤツ、イヤだよ~!」
A 「例えば~、デートでね、ちょっ、とこっちにね、ま、LOVE的なコトを書いてもいいですし~!」
M 「ア~、成る程ね!」
A 「ま、ちょっと模様を付けたりとかして使うといいかなと思って、もっと色んな
自分を演出、出来るかなと思って~!」
M 「成る程ね。でも秋らしいよね!ちょっと、こう~!」
S 「欲張った感じがあっきーらしい!」
M 「そうですね、でも、結構、何か、ニーハイブーツが来てるんですもね!」
字幕に“ブーツ22050円”と出ています。ちょっと渋めの色のブーツでしたね。(^^;

ST 「凄い!」
M 「可愛らしい!グレーが可愛らしい!」
A 「あんまり、こう、足元を集中的に濃くしないようにしました!」
ST 「上に来るようにね!」
M 「上に!サア、じゃあ、いいですか~?!」
A 「はい!」
M 「それでは行きましょう!あっきーのファッション、いいと思ったら挙手をお願いします!どうぞ!」
A 「お願いしま~す!」(沙織ちゃんの時と同じ位、手が挙がっていました)(^^;

ST 「13?・・」
A 「12!ウワ~、12だ!」
S 「よっしゃ~!まだ、イケる~!」(沙菜ちゃんは14ポイントでしたからね)(^^)

ST 「ウワ~!」
M 「成る程~!判りました。じゃあ、最後、私、行きたいと思います!」(画面が変わりました)

N 「まいちゃんが行って来たのは、こちら!CROON A SONG!(クルーン・ア・ソング)
ちょっと大人な雰囲気の、お店で勝負!」
字幕に“CROON A SONG札幌PARCO本館3F 店長 月岡未来さん”(以後=T)と出ています。

まいちゃんが鏡の前で、ジャケットを羽織っていました。
M 「ア~、可愛い!アッ、何?コレ~!メッチャ、何、これ?可愛い~!」(かなり気に入ったようです)
T 「裾も可愛いんです。肩も、ちょっと強調されていて!」
M 「ウソ!何、これ~!これ、東京の人、着てない!」
T 「フフフ」
字幕に“ライダースジャケット51450円”と出ていました。

M 「ウワッ!可愛い~!何、これ~!イヤ、これ、ヤバいなァ・・(違う服を着ています)・・
私、結構、シンプルなのが意外と好きなんですよ!」
T 「アッ、そうなんですね~!」
M 「そうなんです。アノ、私服とかは結構、もうホント、黒とか~!」
T 「エッ?ホントですか?」
M 「そういうのが好きなので~、ホント結構、シックなのが好きだったりするんですよね~!」
T 「アッ、ホントですか~?」
M 「このジャケット、メチャメチャ可愛いですね~!」(叉、違うジャケットを見てます)
T 「ア~、これ、うちのオリジナルジャケットで~!」
字幕に“ジャケット24150円”と出ています。

M 「凄く、可愛いんですけど~!」
T 「これ、凄い、形、綺麗なんですよ~!」
M 「これ、ちょっと着て見ていいですか~?」
T 「いいですよ~!」
M 「イヤ、これ、ちょっと、もし、私、ダメでも買って帰ります!」
T 「アッ、ホントですか~?」
M 「はい、可愛い~!」
T 「結構、細身なので凄いスッキリ見えると思いますよ~!」(試着しています)
M 「これ、ちょっと可愛い~!イヤ、フツーに買い物に来ちゃってるんですけど~!」
T 「フフフ」
M 「これ、可愛いなァ~!」(ここで、別の店員さんが、まいちゃんに帽子を渡しました)(^^)
字幕に“帽子、17850円”と出ています。

M 「ア~、フフ、これもヤバい!」
T 「フフ、これもどうですか?」
M 「これもオリジナルですか?」
T 「オリジナルです!」
M 「フフ、マジシャンみたい!?フフフ・・ウワ~、これヤバい!これ~!これがいい!これ、買いた~い!」
ここで、画面が審査会場に戻りました。

N 「しっかり、お気に入りの帽子を軸にコーディネート!キラキラアイテムも、さり気な~く取り入れてます!」

M 「エ~、まずはですね、このスカート、なんですがね!」
S 「可愛い!」
M 「これ、ちょっとキュロットになっていて~!」
字幕に“パンツ、14700円”と出ています。
S 「ホントだ~!」(まいちゃんが、足を少し開いて示しています)(^^;

M 「もう~、全然、もう~、こんなのも全然、イケちゃうって言う!走ってみますか?」
(更に、足を開いてポーズしています)
A 「止めて下さい!止めて下さい!」(エスカレートしそうな感じの、まいちゃんの動きをけん制しています)
M 「走れます!みたいなアクティブさも、エ~、出せると!は~い。」
S 「うんうんうん!」
M 「何か、ちょっと中和しようかなと!どっちかと言うと、ちょっとカッコいい感じに、
なってしまいそうだったので~、ちょっと甘めの感じでTシャツをコレ!」
字幕に“Tシャツ12600円”と出ています。

A 「アッ?Chloe(クロエ)さんですか~?」
M 「フフ、Bee By Chloeさんの~、エ~、Tシャツです!(胸に、その文字が描かれています)・・これ、
ちょっと甘めに、して~!ちょっと、こう、安心感を持たせました。
で、これがベルトなんですが、ここに今日は、キラキラを持って来ました!」
字幕に“ベルト、5145円”と出ています。

ST 「オ~!」
S 「オ~、さり気なく入れた~!」
M 「そうなんですよ!さり気ない所に~!」
A 「ホントだ~!」
S 「まいちゃん、上手い!」
M 「で、今回、それで敢えての、この赤のブーティを!」
字幕に“靴、13650円”と出ていました。

S 「ワインレッドですね!」
M 「ワインレッドです。はい!」
S 「入れてですね!」
M 「これを持って来ました。そして私の!・・イテ!」(後に下がり過ぎて、棚に頭をぶつけていました)(^^;

A 「アラ?フフフ」
M 「・・一推しはですね~、エ~、このバッグです!」
ST 「可愛い!」
字幕に“バッグ、22050円”と出て、何か、カラスの羽を束ねた感じの黒いバッグを見せていました)(^^;

A 「これね、かなり、いいと思うね!」
M 「ちょっとカラスみたいな感じですけど、これ、メチャメチャ可愛いでしょう~?」
ST 「イヤ、凄~い!」
M 「凄く可愛い、オシャレなお店で~!」
S 「それは良かった!」
M 「ちょっと私、この後、ちょっと勝手に1人で行って、買い物して帰ろうかなと思ってる位!
先ほど、お金も下ろして来ましたんで!」
ST 「アハハハ」
A 「ウワ~!」
S 「フフ、いつの間に~?」
A 「フフフ」
M 「じゃあ、ちょっと行きたいと思います!はい。」
A 「里田まいちゃんが、いいと思う方!どうぞ~!」
S 「オ~?」
ST 「ア~・・。」
ここで、CMに入って、画面が変っていました。美味しい映像は最後!と言うコトですかね。(^^;

この後、後編、その2に続きます。
コメント