ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

「里田まいの ふわふわmignon(ミニョン)」第15回 前編(2/25)

2009-02-28 00:00:22 | Weblog


今回もボリュームが膨らみましたので前編、後編に分割してレポさせて頂きます。

(M=まいちゃん S=沙菜ちゃん ST=沙織ちゃん A=あっきー 
Z=全員 N=ナレーション橘早希さん )

N 「街を盛り上げる為に力を貸して欲しい!とオーダーを受け、帯広へと、やって来ている4人!
ラジオ出演、カレーうどん食べ歩きに続いて帯広競馬場で、ばんえい競馬に挑戦します。」

字幕に“帯広競馬場、帯広市西13条、南9丁目”と出て画面には帯広競馬場に居る
4人が映っていました。

M 「サア~!っと言うコトで今週も帯広から、お送りしてます。」
ST&S 「はい!来てます。」
A 「帯広!」
M 「ここ、寒いです。」
A 「寒いよね。」
M 「まず、寒いね。」
S 「メッチャ寒いね。」(外の広い場所に立っていましたからね)(^^;

M 「ここはですね、アノ~、ま、世界には無いと言う、やってないと言う~、ばんえい競馬!」
S 「ばんえい競馬!」
ST 「はい!」
A 「帯広だ~!」
M 「そうです、そうです。有名だよね。」
S 「世界に1つなんですね?」
M 「はい、世界に、ま、やってるのは、ここだけと言う~。」
S 「へぇ~!」
M 「所なんですけれども今日は、ちょっと私達~叉、この帯広にて~。」
A 「はいはい!」
ST 「オ~!」
S 「やってるんですか?フフ、レース!」
ST 「でも、今日、レース日じゃないですよ!」
M 「フフ、イヤ~、レース日じゃないですし~・・。」
A 「賭け事をするってコトですか?」
M 「結局、どんなモノなのかも良く判りません!」
3人: 「うん!?」
M 「マァ、でもね、アノ~今回は、ただ何か、レースするだけじゃ楽しくないと言うコトで~、
ちょっと、こう競争みたいな!」
A 「フフフ」
M 「勝負!ちょっと、こう、賞品を付けての勝負を、やろうかなと思います。」
A 「オッ、オ~!」
ST 「今回、何ですか?」
M 「今回、優勝者には~、今、泊まっているホテルの~。」
A 「はい、ワシントンホテルの?」
M 「そう、フフ・・ワシントンホテルの~、スイートルーム!」
字幕に“優勝特典は帯広ワシントンホテルのスイートルームにご招待”と出ています。(^^)

A 「エ~?フフ」
M 「1泊ご招待券を!」
S 「アハハ」
A 「ウソ?1人で、1人で?」
M 「そうです。」
S 「オ~!」
ST 「今晩ですか?」
M 「もう、昨晩、泊まったにも係わらず!」
ST 「アハハ」
S 「フフ、笑っちゃう~!」
M 「ワザワザ、ワザワザ。」
ST 「ワザワザ!」
M 「叉、移るんです。ちょっと面倒臭い。」
S 「アハハハ」
M 「でも、きっと凄いハズ!」
A 「アハハ」

ここでタイトルが出て4人の写真が名前と共に順番に出ていました。

M 「今回は~、色々、説明をして下さる、色々誘導して下さる方を、ご紹介したいと思います。」
ST&S 「はい!」
K 「うん!」
M 「エ~、清原さんです。」(4人の前に女性が現れました)
S 「清原さん!」
Z 「よろしくお願いしま~す!」
字幕に“とかち馬文化を支える会、清原三枝子さん”(以後=K)と出ていました。

K 「こんにちは!」
S 「よろしくお願いします。」
M 「こちら、ばんえい競馬の清原さんですけれども。」
K 「よろしくお願いします。」
M 「エ~、今回、お世話になりま~す。アノ~今回、アノ、私達、ばんえい競馬レースのほうは、
ホントに見た事も無ければ・すみません。アノ初めて、やらせて頂くんですけれども、そもそも、
ばんえい競馬ってモノは、どういうモノなんですか?」
K 「はい、アノ~、まず、コースを見て頂くと!」
S 「コース?!」
K 「山が2つ、有るかと思います。」
M 「はい!」(画面に競馬場のコースが映っていましたが、坂状の山が2つ見えていました)(^^;

K 「で、向うがスタートで、こちらがゴールになるんですけど~、で、アノ~、あの障害を。」
M 「ショウガイ?ちょっと待って下さいね~!フフ」
K 「これ、障害と言ってまして。」(坂の山を指差してます)
M 「障害・・はい!」
K 「エ~、山を障害と言います。障害を~、マァ向うは低い障害、こちらが高い障害になるけど~、
それを越えて来るんですけども~、普通アノ、競馬と言うとアノ、騎手の方が
馬の上に乗ってるかと思うんですけど~!」
S 「そうですね。」
ST 「はい。」
M 「うんうん!」
K 向うに見えますように、ソリを引く競技なんです。」
(画面の奥のコースで騎手がソリに乗って訓練している様子が映っていました)(^^;

S 「ホォ~!」
K 「それを、ばんえい、と言うんですけど低いと言う意味が有るので!」
S 「アッ、ハァ~?」
M 「アッ、それで、ばんえい!はい、全然、判らないです。フフ」
A 「ばんえい?」
字幕に“ばんえい競馬を体験しよう!輓曳(ばんえい)”と出て、競技の様子が流れていました。

N 「体重はサラブレッドの、およそ2倍という大きな馬が最高で1トンにもなる、重量を引く
ばんえい競馬は、ソリがゴールラインを抜け切るまでが勝負!手に汗、握るレースが展開されます。
こりゃ~、ちょっと一筋縄じゃ行きませんよ。みんな、大丈夫~?!」

4人が競技用の馬に近づいて行きました。
K 「この大きさですからね~!」
ST 「ウワ~、大っきい~!」
S 「でも意外と目は、つぶらな目をしてるんですけど~性格は、どうなんですか?」
ST 「デカ~い!」
M 「大っきい!」
K 「はい、アノ、性格は、エ~と他の細目系の馬と言いますかね、サラブレッドとか、そういうのよりは、
ずっと穏やかです!」
A 「エッ、そう?」
M 「エッ、触ったりとか出来ないんですかね?」
K 「触っても大丈夫です。」
M 「エ~、可愛い~!」(馬の鼻ズラを優しく撫でています)(^^)

A 「イヤ~、チョー可愛い。」
S 「エッ、ちょっと触りたい!」
A 「メッチャ、いい子ですね。」
M 「湯気・鼻息が白くなってる!」(馬が白い息を吐いていました)
ST 「重そうじゃな~い?後ろの荷物~!」(ソリに積んで有るブロックを指しています)(^^;

K 「はい。後のソリ。」(全員が馬の後ろ側に移動しています)
M 「これ、ソリ・ソリ自体何キロ有るんですかね?」
K 「・250kg」(周りの関係者に確認して言ってます)

M 「250kg!・エ~!?」(マジで驚いてます)
ST 「コワい、ソリ~!」(北海道弁で疲れると言ってます)
A 「何故、そのようなコトを?・凄いね~!」
字幕に“実際のレースでは500kg以上の重量になります”と出ていました。(^^;

M 「フフ、スッゴイね、何で、そのようなコトを?!」
K 「それを乗る為に、居るのですね・・。」
M 「そうです。そうです。そこを掘り下げて行ったらキリが無いって言う!」
A 「アハハ」(その条件で競うのが、ばんえい競馬と言うコトですからね)(^^;

ここで画面が進んで4人がヘルメット姿で登場していました。因みに、まいちゃんが青、
沙織ちゃんが黄色、沙菜ちゃんが赤、あっきーは白のヘルメットでした。
M 「サア、それでは早速、乗り方のほうの~、アノ~、教えて頂いて貰っていいですか?」
画面に男性が登場!字幕に“安倍憲二騎手”(以後=KA)と出ていました。

KA 「はい、まず、取り合えずは、ここに座って頂きますが・。」
(ソリの前方に敷かれたダンボールを指していました)
M 「そこに座るんですか?」
KA 「そうです。」
M 「ここですか?」
S 「ホォ~!」
M 「成る程、フフ、ダンボールの上に!アッ、ダンボールですけども・?」
(ダンボールが置かれただけで、ちょっと雑な感じに映ったようですね)(^^;

KA 「イヤ、本番のモノはソリが全然、全く違うんで!」
M 「成る程、はい!」
KA 「乗る練習をしましょう!」
M 「じゃあ、早速、ちょっと、いいですか?」
A 「まいちゃ~ん、どうぞ、行ってらっしゃ~い!」
(まいちゃんは全くビビる様子も無くフツーの感じで、ソリの上に乗っていました)(^^)

M 「ここ?・・敢えてここ?」(ダンボールの上に座りました)
AK 「そこに座って、その白い綱を掴んでみて下さい。」
M 「はい、こう、これ~・。」(ソリの前方に結んで有る2本のロープを掴みました)
AK 「で、一応、・・足、踏ん張ってね!」
(まいちゃんは両足を伸ばしてソリの前方に着けていました)
S 「アハハ、まいちゃん、可愛い~!」
AK 「いいですか?」
M 「はい。すんごい、お尻~!」(馬の、お尻のデカさに驚いてるようです)(^^;

AK 「出してみますよ?」
M 「オナラとか、しないでね~!」(馬にお願いしています。そして動き始めました)
S 「ウフフ」
M 「ウワ~!」(急にソリが動き出してビックリしています)
AK 「そんな~・・でも無いでしょ?」
M 「はいはい、はいはい!」(ちょっとキンチョー気味です)(^^;

A 「ア~ハハ!」
S 「発車した。発車した!」(そして少し動いて馬が止まりました)
ST 「どう~?馬のパワーは?」
M 「急に止まったりすると、やっぱガクッと!」(前にコケるポーズを示してます)
AK 「なりますね。」
M 「・・ア~、オナラした。オナラした!」(馬の尻尾が、ちょっと上がってガスを出したようです)(^^;

S 「アハハ」
ST 「フフ、しないでねって言ってたのに~!」
M 「フフ、オナラしないで!って言ったでしょ?」
A 「まいちゃん、どうなの?これ!」(ソリでの動きを聞いてます)
M 「オナラですか?」
A 「イヤイヤ・・・フフ、臭いとか無いの?」
M 「臭いは、そんな、しない!」
S 「アハハハ」
M 「音が、結構、ブリッ!って言う感じ・・。」
A 「フフ、それ要らないです。」
S 「戻しましょう。戻しましょう!」(話の流れを引き戻そうとしています)(^^;

ST 「フフフ」
M 「何かね、アッ、こう、結構~、そんな思ったよりは、こうガ~!って、こう、力強く行くってよりは~、
マァ多分、今、歩いてくれたからだと思うんだけど~!でも、止まる時に~、ちゃんと止まると
自分で判っていないと、ちょっと、こう前のめりに、なっちゃったりとか、するからね!」
S 「アッ、そっか~!」
M 「乗って見る~?」
3人: 「はい・・」(3人に促していますが少し不安そうです)(^^;

AK 「1人ずつ練習しましょう!」(2番手は、あっきーが乗り込みました)
A 「ここに座りまして・・これ、どっちでも?両方?!」(ロープを持って聞いています)
AK 「両方、持って下さい。で、足~・。」
M 「足、踏ん張って!」
AK 「いいですか?」
A 「オ~、オ~!スゲーや!」
AK 「出しますよ!」
A 「はい。・・ウソ~・・ウソ~!」(動き出して、ちょっと焦ってます)(^^;

M 「アハハ」
A 「ウソ~!早っ!ア~、ア・・曲がった~!」
(コーナーに差し掛かって右側に方向転換して、やがて停止しました)
M 「どう~?どう~、あっきーさん!」
A 「凄い、力!」
S 「力を感じる?やっぱり、こう!」
A 「パワーを感じる~!」
S 「引っ張られてる感じ?」
A 「凄いっす!こう言うのが~・(前後に揺れる動きを示しています)・・ねっ!
(後を振り返り安倍騎手に促しています)・・凄い、砂なのにね。」
M 「今、何を狙ってるの?」
A 「ね、フフ、すみません!」
AK 「突然、ふられても~・・。」(急に同意を求められ安倍騎手も少し焦っていました)(^^;

A 「イヤ、フフ、コーフンしちゃって!」
S 「アハハ」(3人目は沙織ちゃんが乗り込んでいました)

AK 「いいですか?」
ST 「はい!」
AK 「行きますよ!」
ST 「はい!」(沙織ちゃんも左程焦らず、しっかりロープを持って左足を前に出して踏ん張ってます)
S 「沙織、するの早えなァ~!」(馬が動き始めました)
ST 「は~い!凄~い!」
M 「工事現場みたいに、なってるね!」(メットを被った沙織ちゃんの様子を見て言ってます)(^^;

S 「アハハ」
ST 「アハハ・・ア~!」
S 「右に曲がる時は自分で行って~・・。」(体を右に傾げています)
M 「あっきーの時ほど、ぎこち無さはないね。」(そして最後に沙菜ちゃんが乗り込みました)

S 「ウワ~!」(馬が動き出しただけで驚いてます)
A 「アハハハ」
S 「どうしよ~?・」(馬が右に少し曲がって歩いてます)
M 「ア~、いい感じよ!」
S 「これ、いい感じなんですか?」(そして馬が止まりました)
M 「オ~、いいじゃ~ん!」
A 「アハハハ」
M 「乗ってるだけですから~!」
AK 「油断だけは、しないで下さい。」
M 「アッ、油断だけは?!」
AK 「競走馬なんで、ゲートを潜ったら走りますから!」
M 「ア~、成る程、そうですね。」
A 「アッ、今の速度じゃない?」
M 「全然、無いですよね?」
AK 「全然、違いますから!」
A 「じゃない?」
M 「やっぱ、アソコ出ると職業病って言うんですかね?」
AK 「フフフ」
A 「アハハハ」
M 「ねぇ、そうなんです。スイッチ入りますから!」(馬も本気モードで走りますからね)(^^;

ここで、叉、少し画面が進んでコース場全体が映り、競馬の重賞レースのように、画面に
“「第1回ミニョンカップ」優勝特典、帯広ワシントンホテル、スイートルームご招待”とロゴマークが出て、
スタート合図のファンファーレも聴こえてきました。(^^)

N 「サア、充分な練習時間も取れないまま始まります。第1回ミニョンカップ!
出走馬を見て行きましょう!まずは3番ゲート、沙菜ちゃんと貝羽騎手!馬はオオサンキョイチ11歳!
(字幕に“貝羽智生騎手 伊藤沙菜、オオサンキョイチ 11歳”と出ています)
次は5番ゲート、沙織ちゃんと菊池騎手!こちらは最年少の4歳馬、ホクセイパパで勝負!
(字幕に“菊池一樹騎手 辻田沙織 ホクセイパパ、4歳”と出ています)
続いては7番ゲート、あっきーと林騎手、馬はファイター!って名前が気に入った!
(あっきーが指名したんですかね?)(^^;

字幕には“林義直騎手、大西暁子 ファイター、5歳”と出ていました)
最後は9番ゲート、まいちゃんと長澤騎手、馬は練習にも付き合ってくれたリュウタカラ!
(字幕に“長澤章太騎手 里田まい リュウタカタ 8歳”と出ていました)
何とも言えない緊張感が漂う中、各馬、ゲートに向います。」
(そして4人が乗り込んだ馬が、ゆっくりとゲートに向って行きました。)(^^;

M 「フレ~!」
ST 「コワ~い!」
M 「ヤバい、血が騒ぎ出して来たかも知れない!」

N 「各馬、ゲートに収まりまして、いよいよ第1回ミニョンカップ出走です!」
(スターターが赤い旗を振って一斉に馬が動き出しました)

M 「ウワ~!」
A 「キャ~!」
ST 「ウソ~、ハハハ、」
S 「キャ~~!」(全員、馬のスピードの速さに驚いて悲鳴も聴こえていました)(^^;

M 「頑張れ~!」(ゲートを飛び出した時の順位は沙織ちゃんが1位で、まいちゃんが2番手でした)
(CM後)

N 「第1回ミニョンカップ各馬、一斉にスタートしました~!やや、出遅れたのは7番ゲート、
白い帽子の、あっきー!サア、第1障害!」(各馬が最初の山の前に来ました)
Z 「頑張れ~!」(呼吸を整えて停止している馬達に全員が声を掛けて激励しています。
この後、坂を登り始めましたが、ここで、まいちゃんの馬の動きが遅くなって来ました)(^^;

N 「みんなの練習に付き合った疲れが出たのか?まいちゃんのソリを引っ張る、リュウタカラが、
ここから遅れ始めます・・。」
(第1障害を越えた時点では1位あっきー、2位沙菜ちゃん、3位沙織ちゃん4位まいちゃんとなっていました)

A 「1位だぞ~!頑張れ~!」
ST 「よ~し、行けるぞ~!」
S 「頑張れ~!」
A 「1位だ、1位だ!」
M 「頑張って~!ゆうちゃん、頑張って~!」
(どうやら、まいちゃんが勝手に馬にニックネームを付けたようです)(^^;

ST 「頑張れ、パパ!」(馬の名前を呼んでいます)
この後、2つ目の障害に差し掛かった時点で沙菜ちゃんがトップに立ち、あっきーが2位、
沙織ちゃんが3位でラストのまいちゃんの馬は、かなり遅れていました)(^^;

N 「先頭を行くのは沙菜ちゃん!早くも第2障害を通過~!」
(アッサリ、山を乗り越えて最後の平地に入っていました)
M 「ヤバい、ヤバい、ヤバい、ゆうちゃん!空気読んで!ゆうちゃん、空気読んで!」
(馬に一生懸命、呼び掛けています)(^^;

ST 「よ~し!はい!」(沙織ちゃんの馬も一気に山を上り始めました)
A 「行け!はい、ハイや~!」(あっきーの気合を受け、こちらも坂に向かいました)
ST 「はいは~い!」
A 「来い、来~い!来い、頑張れ!」
ST 「もうちょっと!エ~!行け~!」
(あっきーと沙織ちゃんの馬は、ほぼ同じペースで頂上に登り、下りに向っていました。この時点で
沙菜ちゃんの馬は、かなり前方に進んでいて逆に、まいちゃんの馬は、まだ坂の下に居ました)(^^;

N 「トップを独走する沙菜ちゃん!それを追撃する、あっきーと沙織ちゃん!一方、まいちゃんは、
完全に取り残されちゃいました~!」

M 「よし!頑張れ!引っ張って~!せ~の!オ~、もう、ちょっと・・せ~の!
よ~し、頑張って!いいよ、いいよ!・・朝ご飯が足りなかったかな?」
(懸命に馬に声援を送っていましたが、あまり前進していません)(^^;

N 「はい、こちらゴール前です。1番はトップを守り切った沙菜ちゃん、2着は、あっきー、
3着は沙織ちゃん、で、まいちゃんは~?・・まだ第2障害・・」
(カメラがゴール地点からターン!まいちゃんの馬を映し出すと、まだ、坂の上に差し掛かった状況でした。(^^;

M 「頑張れ~!・・もう、ちょっと、もう、ちょっと!(ようやく下りに入りました)・・OK~!頑張れ~!
いいよ、いいよ~!・・この後は楽しもうぜ!イケイケ~!・・ちょっと、みんな速くな~い?
(既に3人はゴールを終えて、まいちゃんを見守ってます)・・何よ~?(叉、馬が止まりました)
ちょっと~!?・・(まいちゃんが立ち上がり、長澤騎手の手綱を持っていました。
そして“引っ張って下さい!”と長澤騎手に促され、まいちゃんが手綱を引くと、叉、馬が動き始めました)・・・はい!」
ST 「オ~!」
A 「アハハ」
S 「凄~い!」(まいちゃんの手綱さばきを見て感心しています)(^^;

M 「ちょっと、みんな空気、読んで~!」
ST 「楽しそう~!」
S 「アハハ」(そして、まいちゃんも、ようやくゴールしていました)(^^;

M 「頑張った。頑張った!(ソリを降りて馬の前方に周りました)・・ちょっとアレかな?朝ご飯
足りなかったかな?・・昨日、飲み過ぎた?(何か、オッサンに聞く感覚で話し掛けてます)・・
昨日、飲み過ぎちゃった感じ?」(そして馬の鼻ズラを撫でていました)(^^)

その後、少々、時間が経過して4人が並んで立っていました。
M 「イヤ~!」
S 「NO1!」(指を立ててアピールしています)
字幕に“優勝、伊藤沙菜、2着大西暁子、3着辻田沙織、4着里田まい”と出ています。

ST 「速かった~!」
M 「結局1位は~?」
S 「は~い!」(右手を上げています)
M 「2位?!」
A 「は~い!」
ST 「は~い!・・ウワ・・残念、そうだ!沙織3着だった!フフ」(順位を間違えていたようです)(^^;

M ウワ~!4位だ~!悔しい~!これ。」
S 「メッチャ嬉しい!」
M 「もう、最終的に、私、降りて走ってやろうかと思った!」
A 「アハハハ」
M 「このまま、行っちゃおうかと思ったよ!」
ST 「ハハハ」
S 「まいちゃん、居ない?って思いますよね!」(馬の心境ですかね)(^^;

A 「アハハ」
M 「最初、ちょっとビックリしなかった~?」
ST 「ビックリした、もう~!」
M 「グ~ンと行っちゃったから・・・。」
ST 「メッチャ、行こうとするからさ~!」
M 「うんうんうん!」
ST 「ブ~ン!となっちゃって!」(引っ張られる様子を示しています)(^^;
M 「そう!」
A 「何か、ホント言うと、何か、ちょっとピリピリじゃないけど本気モードだったから~・・。」
M 「そうそうそう!」
A 「ねぇ、ホントに危険なんだなァと思ったんだけどさ~・・。」
S 「何か、足、踏ん張って無かったら飛んでますよ。私なら!」
M 「飛んでますよ。う~ん?多分、アノ、フフ・・お尻に吸い込まれてたと思う!」
A 「アハハハ」
ST 「アハハ、それは有り得る!」(マァ、お尻に、ぶつかる可能性は有るかもね)(^^;

M 「タイミング良く~、彼!ゆうちゃんって言うんですけど~、アノ~、叉ね、ちょっと、プ~!みたいな!」
A 「アッ、出しちゃいましたか?」
M 「多分、植物繊維が足りない。・・便秘かな?」
ST 「アハハハ」
A 「オホホ」
M 「ちょっと~!」
A 「餌はね、万全なハズなんですけど~!」
M 「ちょっと出きらないみたいな~、若干、もどかしさの残るレースだったから~!」
ST 「もどかしさ、って言えば、途中で止まるじゃな~い!
M 「止まる。うん!」
ST 「呼吸、整えるのに!あの時、もう、何か、ウワ~!って言う!」
M 「思ったね~!」
ST 「今、乗ってて凄いハラハラドキドキしてたけど~、見てても絶対、ハラハラドキドキするよね!」
A 「そう、だって、こう、ホントに心から頑張れ!って思うよね。」
(画面には、さっきのミニョンカップのレースの模様が流れていました)(^^;

ST 「思う。うん!」
M 「今日、立った~?」
A 「立ってない。」
M 「ちょっとね~、良かったよ。」
S 「へぇ~!?」
M 「こう、何か、仕切ってるみたいな感じ!」
A 「逆にビックリしましたもん。立ってて!」
M 「でしょう?」
A 「だって、まいちゃん、立ってたからさ~!」
M 「ごめんね、もう、こうなったら立つしか無いじゃん!」(ビリは確定していましたからね)(^^;

ST 「アハハ、マァね。」
S 「フフ、唯一の見せ所!」
M 「唯一の見せ所です!」
A 「アハハ」
M 「楽しかったです!」
マァ、ばんえい競馬のソリに乗るなんて滅多に無いコトですので4人にとっても貴重な体験でしたね。(^^)

この後、後編に続きます。
コメント

「よろセン!」75日目~80日目(1/23~1/30)

2009-02-27 00:00:13 | Weblog

「よろセン!」は、かなり滞っているので今回も5日間を纏めて
内容を簡単に振り返る形でレポさせて頂きます。 

「よろセン!」75日目(1/23)

この週はリンリンがスカイブルーのチャイナドレスで登場!6日間に渡って中国最新情報を語っていました。

字幕には“リンリンセンセイの中国最新情報、流行している日本発のモノは?!”と出て
更にリンリンセンセイが「クイズ、もともと、中国で生まれた食べ物で日本でアレンジしたモノ!」と
言っていました。
字幕には“中国で生まれて日本に伝わり、日本風にアレンジされた物で人気の食べ物は?”と
出ていましたが、愛ちゃんが「ラーメン!」と1発で正解していました。(^^)

この後、字幕に“中国のコンビニで人気の日本の食べ物は?ヒント、冬になるとコンビニで売られる物”
と出ていました。ここでも、れいなちゃんが「オデン!」と言って直ぐに正解していましたね。(^^)

そして、食べ物以外で人気の日本文化は?の質問には、垣さんが「判った!日本のアニメだ!」と
言って、ここでも正解!すると、リンリンセンセイは、机の下からピカチューの人形を出して見せていました。
字幕には“ポケットモンスターは中国でも放送され人気を集めている。ドラゴンボールは2006年6月から放送されている“と出て、センセイが、カメハメ波の中国版で
「亀、太、気、功~!」と言ってポーズすると生徒達も喜んでいました。
するとセンセイは「生徒の皆さん、やりますよ~!」と煽って、全員が振り付きで「亀、太、気、功~!」と
言っていましたね。(^^;

最後に真野恵里菜ちゃんが登場していましたが、ここにも、リンリンセンセイが現れ、まのえりちゃんが
「今日のマノポイント!」と言うと「はい、じゃあ、せ~の!で、一緒に、やりましょうね。」とセンセイが促し
「はい!」と、まのえりちゃんが応じると「せ~の!亀~、太~、気~功~!?」と2人で振り付きでコール!
最後は前に突き出した両手を上下に動かしてポーズ!更に、そこに、れいなちゃんと愛ちゃんも加わり、
4人でパワーを送っていましたね。(^^)

この日のマノポイントも“亀、太、気、功~!!”に、なっていました。

「よろセン!」76日目(1/26)

リンリンセンセイの中国最新情報の2日目で、この日は、テーマ“中国の、お正月”との事で、
センセイが「中国の、お正月は、何と、今日です!」と話していました。
字幕には“中国は旧正月で祝う為、今年は1月26日が元旦にあたる”と出ています。

この後、おめでたい食べ物や子供達が1番楽しみにしているものとして、
お年玉も紹介されていましたが、この時、センセイが黒板に書き込んでいる様子を見て
生徒達がセンセイの後姿に対し「セクシー!」と言っていました。
確かにピチっと締まった感じのチャイナドレスを着て、腰を動かしながら書いてる後姿は、
セクシーな雰囲気が漂っていましたね。(^^;

他には、福が来るモノとして切り絵の紙のようなモノが紹介されていましたが、この中に
“倒”と“到”の二文字が入っていて、互いに上下が逆の形で入っていました。
字幕には“中国語の来る(到)と逆さにする(倒)の発音が同じなので、福を逆さにして福が来る”と
書かれていました。何か、イマイチ、ピンと来ませんけどね。(^^;

尚、この切り絵は正月期間、外に貼られるとの事でした。

そして、お正月の、ごちそう!との事で字幕に“中国で、お正月に食べる物、八宝飯”と出て、
教室に、その食べ物が運ばれて来ました。
字幕には“八宝飯、8種類のドライフルーツを餅米と混ぜ、中に、あんを入れた中国の、
お祝いの席に、よく出る食べ物“と書かれていましたが、今回は、生徒全員に”八宝飯”が配られ
生徒達は「頂きま~す!」と言って嬉しそうに試食していました。
そんな中、ミッツィ~と絵里ちゃんは「甘い~!」と言っていましたが、さゆみんは
「ご飯に歯応えが有って美味しい~!」と感想を語っていましたね。(^^)

エンディングPVに、この日から小春ちゃんの“はぴ☆はぴサンデー”が流れた後、
真野恵里菜ちゃんが登場!まのえりちゃんは「今日のマノポイント!」と言った後、中国語で
「シマイ、シンシェンセン!・・お年玉、下さ~い!」とカメラに語りかけていました。
尚、まのえりちゃんが話している時、後から、れいなちゃんが八宝飯を持って、直ぐ横に来て
煽るような感じでカメラに向かって、その食べ物を見せていました。
まのえりちゃんも、思わず振り返っていましたが、そこで直ぐ終了していました。
この日のマノポイントは“お年玉、ください”となっていましたね。(^^;

「よろセン!」77日目(1/27)

リンリンセンセイの中国最新情報も3日目になっていましたが、今回は字幕に
“中国の芸能人・・中国で人気の芸能人、世界的に有名なアノ人も!!”と出ていました。
そして、教室にモニターが運ばれていましたが最初に画面に登場したのは女性で
字幕に“チャン・ツィイー1979年2月9日生まれ「初恋のきた道」でヒロインに大抜擢され注目を集める。
中国を代表するトップ女優の1人“と出ていました。
リンリンセンセイは更に「今、29歳で“ラッシュアワー2”“SAYURI”などハリウッドでも大活躍!」と
話していましたね。(^^)

次に画面に登場した女性は字幕に“ヴィッキー・チャオ1976年3月12日生まれ、1998年に出演した、
国民的ドラマで一躍有名に。好感度NO1女優“と出ていて、センセイは「32歳」と紹介していました。
更に字幕には“「少林サッカー」や「レッドクリフ」など日本でも人気の映画に出演”と出ていました。

ここで、センセイが紹介したのが“超級女声”という中国の人気オーディション番組で、
字幕に“ジュンジュンは2006年に惜しくも落選、その落選組数名から、つんく♂がオーディションを行い、
ジュンジュンのみ、モーニング娘。に加入することになった“と出ていました。
何か、娘。初期の状況とソックリですね。(^^;

そして字幕には“中国で4億人が視聴したと言われる「超級女声」は大人気オーディション番組で
日本のアサヤンのような番組“と紹介していて、ここで初代チャンピオン”アンジェラ・アン」が画面に
登場していました。
字幕には“2006年に浜崎あゆみの「TO BE」やBOAの「メリクリ」などをカバーして話題を集めた”と
出ていましたが次にグルームのアイドルも居るとの事で字幕に“中国で人気の台湾出身アイドルグループ、
「S・H・E」メンバーの名前である「Selina」「Hebe」「Ella」の頭文字をとって名付けられた“と出て
3人の写真がモニターに映っていました。とてもキュートで可愛い雰囲気の女の子3人でしたね。(^^)

続いて男性の写真が登場していましたが字幕に“中国で人気の芸人、チャオ・ベンシャン、
国が認めた国家の一級演員“と出ていました。
更に補足として“ソン・タンタンという女性とのコンビ芸が人気”と出ていましたが、生徒達が
リンリンセンセイに「物真似して!」と要望が有り、センセイも張り切って、中国語で、更に早口で、
何やら言ってましたがジュンジュンが「チョー似てる!」と言ったものの、他の生徒は全く意味不明で
「判らんないよ~!」とボヤキの声が上がっていましたね。(^^;

この後、真野恵里菜ちゃんのコーナーになっていましたが、何故か、さゆみんが、まのえりちゃんの
位置に居て、まのえりちゃんは生徒の椅子に座っていました。(^^;

さゆみんは「今日のマノポイント!中国のアサヤンはスーパーガール!叉、明日ね~!おやさゆみ~ん!」
と言って最後は手を振って終わっていました。

今日のマノポイントは“道重さんにとられました・・・。”となっていましたね。(^^;

「よろセン!」78日目(1/28)

リンリンセンセイの中国最新情報も4日目に入っていましたが、今回のテーマは“中国の子供の遊び”と
字幕に出て、リンリンが子供の頃に良くやった遊びを紹介していました。

中国で人気の子供の遊びは日本で言う“あっち向いてホイ!”で、女の子が良くやる遊びで
“ピャーピャー”と言うとの事で、字幕に“ピャーピャー、上海や北京でも、やっていて
大人から子供まで親しまれている遊び、発祥地は不明“と出ていました。

尚、センセイの説明によると2匹の蜂が、お花畑に飛んで来る感じで、肘を体に付けて
両手を横に広げ、バタバタと振り、何か、中国語で早口で歌いながらジャンケンをして、
勝った側は「ピャーピャー!」と言って叩くフリ、負けた側は「ア~ア~!」と言って叩かれたフリ、
あいこは「チューチュー!」と言って指を差すフリをして、その動きを間違えた時点で負けとなるとの事で、
まず、リンリンとジュンジュンが、お手本を見せていました。
しかし、久しぶりに、やった為か、2人の呼吸が合わずグダグダな感じになっていましたね。(^^;

そして、生徒達もチャレンジするコトになり、最初は、小春ちゃんVSさゆみん、となっていました。
勿論、この遊びは2人とも初めてとの事で、リンリンセンセイが、中国語で台詞を言ってテンポを付け、
2人がピャーピャー!に挑みましたがジャンケンしてみたものの、次の動きを、まだ充分、把握してない為か、
やはり、2人ともグダグダな感じになっていました。(^^;

リンリンセンセイは「2人共、負けと言うコトにしようか?!」と言って、両者敗北となっていました。
2人とも、その判定には不満そうでしたが、マァ、妥当な判定と言う感じでしたね。(^^;

この後、真野恵里菜ちゃんのコーナーになっていましたが、ここでも“ピャーピャー!”で競う事になり、
画面には、まのえりちゃんと小春ちゃん、そしてリンリンセンセイの3人が登場していました。

まのえりちゃんは「今日のマノポイント!久住さん、勝負して下さい!」と声を掛け「は~い!」と
小春ちゃんが応じて、ピャーピャー、開始!センセイが音頭とりして、台詞を早口で言う中、
2人の熱戦が続いていました。中盤では若干、小春ちゃんの動きが良く見えましたが、まだ勝負は付かず、
今日のマノポイントも“つづく・・・”となっていましたね。(^^;

「よろセン!」79日目(1/29)

最初に字幕に“前回に続いて中国の遊び「ピャーピャー」で対戦中”と出て始まっていました。

次に、リンリンセンセイが指名したのは、れいなちゃんVS絵里ちゃんでしたが、ここで字幕に
“中国の遊び「ピャーピャー」で勝負、メンバー激突で珍プレー続出!!”と出ていました。

そして、2人はセンセイの声に合わせて両手を羽のように小刻みに動かしながらジャンケンしていましたが、
いざ、ジャンケンする場面になると急に動きがスローになり、考えながら次の動きを取っていました。
特に、絵里ちゃんの反応が、かなり鈍く、相手の、れいなちゃんはコケながら笑っていましたね。(^^;

字幕に“グダグダ”と出て、絵里ちゃんは恥ずかしがっていましたが、再度、ジャンケンしても、やはり
絵里ちゃんのスローペースは変らず字幕に“遅っ!”“スピードアップね!”と出ていました。

結局、終始、ゆっくりと考えながら次の動作をする為、勝敗が、中々付かず、リンリンセンセイが
「カメイさんのスピードが遅いと言うコトでカメイさんの負けです!」と言っていました。
周りで様子を見ていた他の生徒達も、その判定には納得の表情でしたね。(^^;

続いて指名されたのは、愛ちゃんVS垣さんで、かなりの熱戦になるかと思ったものの、
最初の勝負で、愛ちゃんが動きを間違え、直ぐに終了!それでも垣さんは「やった~!」と言って
喜んでいました。(^^;

続いては、ジュンジュンVSミッツィ~の対戦となっていました。
対戦がスタートする前は、ジュンジュンの圧勝かと思いましたが、イザ、始まって見ると、
最初のジャンケンで勝ったジュンジュンが、相手の頬を叩くはずが何故か、自分の顔を自ら叩いて
負けとなっていました。ミッツィ~は「何で叩いたの?」とビックリしていましたが、
さゆみんも、「歯が痛いのかと思った!」と、その謎の動きに驚いていましたね。(^^;

この後、真野恵里菜ちゃんのコーナーが始まっていましたが、字幕に
“昨日に引き続き「ピャーピャー」で対戦中”と出て、小春ちゃんと、まのえりちゃんが、
熱戦を展開中の様子が映っていました。しかし、この勝負は、中々、決着せず、延々と続いていて、
そのうち、序々に、まのえりちゃんに疲れが出て来て動きが鈍くなり、小春ちゃんの振りに
反応出来なくなった為、リンリンセンセイが「っと言うコトで真野ちゃんの負けで~す!はい、久住さん、
勝利、どうぞ~!」と言って、小春ちゃんの右手を差し上げて祝福していました。
小春ちゃんは「ウィ~!」と声を発し、誇らしげに手を上げていましたが、
まのえりちゃんは素直に負けを認めて「有難うございます。」と言っていましたね。(^^;

今日のマノポイントは“負けました!?”となっていました。

「よろセン!」80日目(1/30)

リンリンセンセイの中国最新情報シリーズも最終日となり、今回は字幕に
“リンリンセンセイの故郷、浙江省・杭州市“と出て、センセイが自分の故郷を紹介していました。
尚、杭州市は中国でも古い都市に入り、マルコポーロが世界で最も美しい華やかな都市!と
話していたとの事でした。
そして、杭州市の位置を中国地図を持ち出して示していましたが、この時、ジュンジュンも
自分の故郷の位置を指差して示していました。
字幕に“ジュンジュンの故郷、湖南省”と出ていましたね。(^^;

ここで、リンリンセンセイが湖の写真を見せていましたが、字幕に“西湖、杭州市の西部に位置する湖で、
中国十大美景の1つとされている“と出ていました。
この後、料理紹介のコーナーになり、センセイは豚の角煮で杭州市の名物“東波肉”を紹介していました。
これは、角切りの豚肉を柔らかく煮た料理との事で、早速、その料理が教室に運ばれて来ました。
そしてセンセイが「皆さん、どうぞ~!肌がツルツルになりますよ!」と勧めて全員で試食!
れいなちゃんは、かなり、この料理が気に入った様子で「これ、止まらん!れいなに10分、時間を下さい!」
と言って夢中で食べていましたね。(^^)

次に紹介されたのは杭州の名物“大龍包”で、アツアツのスープと肉が、一杯入っているとの事でした。
早速、試食した垣さんは「モチモチ~!」と言って美味しそうに食べていましたが、横で一緒に食べた
れいなちゃんは「何か皮がいいね。・・でも、やっぱり角煮が美味しい!」と話していました。
マァ、見た目でもコラーゲンタップリの角煮“東波肉”が1番、美味しそうでしたからね。(^^)

最後に、リンリンセンセイが「皆さん、1週間、良く頑張りましたね。」と生徒達に労わりの声を掛けると
さゆみんは「さゆみ、中国のコト、好きになったよ~!」と感想を語っていました。
センセイは「最後、アレやるワ!・・バイバイ~!」と言って、中国版カメハメ波ポーズで、
両手を前に出して手を振って示していました。
それに合わせて生徒達も全員で、同じ動きでバイバイポーズしていましたね。(^^;

真野恵里菜ちゃんのコーナーでは、まのえりちゃんが「今日のマノポイント、頂きま~す!」と言って
杭州名物“大龍包”を食べていました。そして「美味し~い!」と感想を語っていましたが、
後では小春ちゃんとジュンジュンが、ピャーピャーポーズで、両手を羽のように振る動きを
見せていましたね。(^^;

この日のマノポイントは“美味しい。”と、なっていました。
コメント

「今夜も、うさちゃんピース」 第121回 その2 (1/27)

2009-02-26 00:03:47 | Weblog

その1からの続きです。

“顔はぶたないで!アタシ、女優なんだから・・・”

さゆみんは「サア~、たった1つの台詞を全く、シチュエーションの違う、ある3つの設定に合わせて
演じ分けるこのコーナー!3つ共、設定通りに演じ分ける事が出来たかどうかを、スタッフさんに
大女優!女優!大根役者!で判定して頂きたいと思います。」と言って始まっていました。

(<>=うさちゃんネーム “”=基本の設定 【】=各設定「」=さゆみんの感想、『』=スタッフの判定)

① <東京都 しんさん>
“先輩!”
「う~ん?先輩!成る程ね、っと言うコトで3つの先輩を的確に演じ分けれるのか、
早速、参りたいと思います!」

「3、2、1、キュ~!」
【学校の、ちょっとドジな先輩が、又々、廊下で転んでいるのを見かけて!】
「先輩~?!(ちょっと驚いたような雰囲気で言ってます)・・フフフ、恥ずかしい!今、スッゴイ
想像しました。何か、アノ~、先輩だから、もう、あんまり“もう、先輩!”なんて言えないじゃないですか!
でも、心配してる風に、でも~、何か失礼の無いように、みたいな感じで、先輩って言いつつ・・
みたいな感じで言いましたけど、どうなんですかね?でも、さゆみ、あんまりアノ~、モーニング娘。の~、
先輩の先生?フフ・・先輩の方とはフフ、接点、有るんですけど、学校の先輩とかって、
あんまり接点が無いので想像しずらくて難しかったですね。」(さゆみんは殆ど、学生時代も
生活の基盤は、娘。の中でしたので、学校での上下関係の体験は少なかったのかも知れませんね)(^^;

「3、2、1、キュ~!」
【昔の先輩の引退式で“あんた達と一緒に部活が出来て本当に楽しかったよ~!”と
泣きながら言われて!】
「先輩~!(泣き声で言ってます)フフ、マァ、泣きながらって言うのが有ったので、言い易かったんですけど、
アノ~、さゆみ、中学1年生の時、地元山口県ではテニス部だったんですけど~!で、その時に
3年の先輩がアノ~、どっか行く時にって言うか、引退する時に、アノ~、さゆみ、本当にテニス部を
辞めたくて羨ましくて、もう、一緒に行きたくて仕方なかったですね。もう、何か、もう、アノ、
テニス部に入ったのもスコートを穿きたくて~、入ったし、後は運動系に、お母さんに、体が弱いから、
運動系に入りなさい!って言われて仕方なく、もうフフ、テニス部に入った感じだったんで~!
でも、1番ヘタで、1人だけ、アノ新人戦なのに1人だけスコートが穿けず仕舞いで終ったし~・・
だから、もう~、さゆみも一緒に引退したくて~、だから、もう羨ましくて~・・だから先輩に待って!って、
言う感じでしたね。さゆみも連れてって!って言う気持ちでしたね。その時は!」
(体が弱いから運動系に入れると言う、お母さんも凄いですね)(^^;

「3、2、1、キュ~!」
【憧れの男子の先輩に後から、ギュッと抱きしめられて“お前のコトが好きなんだ!”と告白されて!】
「先輩~~!(訴えかけるような雰囲気で言ってます)・・フフフ、凄い、今、成りきりましたよ!
声優さんに、なった気分でしたもん。ちょっと!フフ、イヤ、何か、いいですね。何か、青春って感じ!
(スタッフから声が掛かったようです)・・今の、いいですか?嬉しい!有難うございます。
褒められちゃいました!何か、アノ~、漫画とか読むと、凄い思うんですけど~、アノ、昔~、
昔って言うか、さゆみ、あんまり歳を取ってるイメージが自分の中で無くて~、こう、学校とかに、
ちゃんと、アノ、マァ通ってたんですけど、通信制だったりとかしてるんで、自分の精神年齢が未だ、
ちょっと中学生位なんですね。だから結構、漫画とか、少女漫画とか読む時に、自分が中学生と
思いながら読むから~、いつも、高校生とかの話だと年上だったのに、今って、少女漫画を読むと、
全員が年下なんですよ!“何とかカレン、17歳!何部で何々先輩に憧れてます!”って言う台詞から
始まるんですけど・・さゆみより年下の話なんだ!と思って凄い何か、さゆみって歳、取ったなァって
思いますね。そう言うの読むと!凄い、と思いますもん!」
(マァ、サザエさんが何十年経っても、同じ年齢なのと同じ感覚ですかね)(^^;)

『よっ!大女優~!』
「やった~!有難うございます。結構、アノ、1つ目も2つ目も3つ目も、あんまり経験は、あんま、
したコト無かったですけど意外とそういう中で出来ましたね。やりました。嬉しい~!」
(今回は感情表現が結構、良く出ていた感じでした。これもヤン土で、さんまさんに鍛えられた、お陰ですかね)(^^)

② <石川県 ちゅらはるさん>
“何、それ?”

「3、2、1、キュ~!」
【お父さんが、かなりツマらないダジャレを言ったので!】
「何?それ・・(トーンダウンして言ってます)・・フフ、マァ、冷めてる感じですけど~、でも~、
さゆみの、お父さんが、それ言ったら~、マァ、無視しますね~!フフ、でもね、お父さん、ホントに、
結構、言うんですよ。ダジャレと言うモノを!なので~、マァ、無視するのが1番、効果、有りますね。
何?それ!とか言うと何か、被せて来そうで、それに!フフ、マァ、被せて来たコトは無いんですけどね、
でも何か、ノリが良くなっちゃいそうなので、マァ、1番、何もしないのが、その場を過ぎ去る、
1番条件かなと思うんで!」
(たまには、お父さんに少しでも反応を返したら、そのうち良いコトも有るかもね!)(^^;

「3、2、1、キュ~!」
【田中れいなちゃんの変顔が、マジで面白かったので!】
「イヤだ~、フフ、何?それ~?!(ちょっと驚くように言ったものの照れも有って演じ切れなかった感じです)
フフ、もうイヤだ!恥ずかしい~。今の!今のスッゴイ微妙ですよね。だから微妙って言うか、
棒読みって言うか・・・でも、れいなの変顔はね~、アノ~、可愛い上に結構、変なんですよ!でも
可愛いんです。どっか!だからね~、上手いんですよね。・・・何か、結構、やり過ぎて!
久住小春ちゃんとかって~、ヒドイんですよ!もう~、何か、絵里とかも~!れいなの変顔は~、
笑ってる変顔なんですよ。笑えて・・でも、ホント変だけど笑えるから、面白いけど、でも、どっかに、
可愛さが残ってて~、アッ、マァ、れいなの変顔だな!って思うんですけど~、アノね、
久住小春ちゃんの変顔は笑えない変顔で~・・・で、さゆみは大丈夫なんですけど、見てられるし、
ツッコめるんですけど“小春ちゃん、ホント止めて!”って言えるんですけど~、絵里とかは、何か、
見てられないって言うか~、何か、虫を見てるよ!みたいならしくて、虫とかって、女の子って苦手で~、
こう、さゆみは、虫、結構、平気な感じなんですけど~、アノ、もう、見てられないじゃないですか!
そこに居るって思うだけで気持ち悪いって思う子って居るじゃないですか!
(特に最近の都会の子は、虫に接する機会も減ってますからね)(^^;

もう、小春ちゃんの変顔は、その域に達してるようで絵里的に!“ホントにやらないで、小春ちゃん、
絵里、ホントに無理だから!“って言ってて~、ホントに嫌がってるのに、小春ちゃんは何か、むしろ、
可愛がられてるとフフ、思ってるみたいで、それを!結構、絵里に向って、たくさん、やるんですよ!
で、絵里がホントに嫌がってるのを良く見るんですけど~、もう、それは、ちょっと止めた方がいいなとは、
思いますね。マァ、それが小春ちゃんなのかな?とは思うんですけど、マァ、さゆみが1番大好きな
絵里が困っているので止めてあげて欲しいですね。」
(絵里ちゃんがマジで嫌がる位なので、小春ちゃんの変顔は、かなり迫力が有りそうですね)(^^;

「3、2、1、キュ~!」
【お姉ちゃんが全裸で堂々と部屋を、うろついていて~!】
「何~?それ・・(呆れた感じで言ってます)・・フフ、マァ、普段な、さゆみな感じでしたけど~、
何、それ?って言うか、もう、それが普段なので日常なので、全然フツーですね。昨日とかも~、
全裸で寝てて~、で、冬じゃないですか!で、フフ、全裸で寝てて~、アッ、全裸で寝てるんだ!
マァ、別に布団、有るからいいか~!って思ったらフフ、全裸で、こっちに来て“ねぇ~、電気消して~”て、
全裸で言って来て~、フフ、別に、さゆみ電気近いから消すけど~、何か~、もう、カンカン照りの
電気の下で、何かフツーに、フフ、全裸で言って来たんで、う~ん?みたいな!マァ、フツーに
聞きましたけど、早く消したかったです。さゆみも!フフ、あんな、お姉ちゃん、別にずっと見てたく無いし、
アノ、直ぐ消したんですけど~!マァ、何か、楽なんですって!締め付けられてない感じがして!
だから普段も出来れば、そんな下着とかも~、そんなキツいの着けたくないみたいで~・・何ですけど、
フフ、もうビックリしますね。昨日は衝撃でしたね。だから、いつも全裸で居るって言うのは、
知ってたんですけど~、まさか全裸で、フフ、こっちに向って“電気消して!”って言うとは、
思えなかったんで、フフ、ア~、うん、流石だなとは思いましたね。」
(結構、海外でも同じような理由で、裸の生活を体験する催しとかも有るとの事ですけどね)(^^;

『大根役者~!』
「ハハハ、イヤ、納得です。さゆみも、これ大根役者だと思いました。これ、はい!」
(ちょっと照れて演じ切れなかった場面も有りましたからね)(^^;

③ <東京都 しげのリューさん>
“泣いちゃうかも!”
「ア~、これは、ちょっと頑張らないとですね。モーニング娘。の新曲のタイトルなんで!」

「3、2、1、キュ~!」
【ダンスレッスンが辛くて~!】
「泣いちゃうかも・・・(ボソっとした感じで言ってます)・・フフ、これは、ちょっとリアルな感じですね。
アノ~、そういう時って声に、ならないんですよ。だから、声にしたら多分、ホントに泣いちゃうんですよ。
アノね、ホントに我慢してる時って、誰にも喋り掛けられたくないんですよね。アノ、声にすると、
声と一緒に伴って涙も出るんで~!だから、もう、精一杯、泣いちゃうかも~!って誰かに伝える為に、
小っちゃい声で、泣いちゃうかも・・って言った感じですね。今のは、はい!」
(さゆみんも、リハーサルがキツい時とか、心の中で、そう呟くコトも有るんでしょうね)(^^;

「3、2、1、キュ~!」
【いつも一緒に居る絵里が先に卒業したら~?!】
「泣いちゃうかも・・・(あまり感情を入れずにクールに言ってます)・・ア~、でも、これは全然、想像
付かなかったですね。さゆみ、絵里が卒業するなんて考えたコト無い!・・考えたコトは、ま、
無くはないけど~、でも想像が付かないと言うか考えたコト、無いかも知れないんですけど~、
もうね、ホントに、さゆみ、絵里、面白いなァって!フフ、思うんですよね。何かね、この先も~、
アノ~、今回の、アノ~、お正月のコンサートで中野サンプラザでコンサートさせて貰った時に、
今回、亀井絵里ちゃんと、私、道重さゆみと、アノ、まのえりちゃんとで、アノ、MCの麻琴ちゃんと~、
小川麻琴ちゃんで、アノ~、MCをするコーナーが有って~、で、2人で~、アノ、亀井絵里ちゃんと、
私、道重さゆみでコントみたいなコトを、するんですよ。最後に!で、その内合わせを、毎回、
念入りにやるんですけど、ま、内合わせが1番、盛り上がるんですけど、本番より!で、スッゴイ、
アノ~、絵里が~、メッチャ面白くて、ずっと笑ってるんですけど、アノ~、練習の時に~!
で、アノ、1日2回公演の日が有って、1回目の公演の時に、ちょっと滑り気味だったんですよ。
で、どうしようか?と思って、2回公演目!とにかく、お客さんにもウケて欲しい!
さゆみ達自身、内輪だけで面白がってても意味無いから!お客さんにもウケて欲しいから、
どうやったら面白く見えるんだろう?って言って、凄い、いつもMCを教えて下さるスタッフさんにも、
どうしたら、いいんですかねぇ?って、凄い相談したんですよ。2人で!
(何か、お笑いタレントのコントネタの仕込み、みたいな感じですね)(^^;

そしたら~、2人の魅力は、ちょっとグダグダ感のほうが面白いから~、1回目の公演は、
練習し過ぎてたんだよ!って言われて~、練習し過ぎて完璧過ぎて、これ言ったらウケるだろう!
みたいな自信の下、やったから~、何か、変な自信が垣間見れて、フフ、後、面白くなくなったんじゃない?
だから、練習を、あと1回しか、しちゃダメ!そのユニットの!って言われたんですよ。で、フフ、その時に
絵里が~“じゃあ、後、1回だけ、しよう!”って、言って・・“じゃあ、亀井さん、ここ、どう思いますか?”
って言って、絵里がボケを言う!って所、有ったんですけど、まだ1回しか練習してなかったし、
後、1回しか練習出来ないって言うプレッシャーで、もう、フフ、スッカラカンに、なっちゃって!
その瞬間、絵里が“ヤバイ!”って・・フフ、もう、その表情が、とんでもなく面白くて~!
さゆみは、もう、それがツボ過ぎちゃって、笑い転げて本番前なのに、ずっと笑ってて、もう、さゆみは
笑い転げて椅子で怪我して~、フフ、血まで流れて~、もう、ホ~ントに、ホントに面白いなァと思って!
こんなに笑えるのって、絵里だからなんだなァと思いますね。・・はい、ちょっと何か、話、反れましたけど、
フフ、そんな感じだから、もう、そんな、いつも一緒に笑ってる、絵里が居なくなるのは、もう寂しいから、
泣いちゃうかも知れないですね。はい!」
(何か聴いてて、改めて、さゆみんと絵里ちゃんの深い絆を感じましたね)(^^)

「3、2、1、キュ~!」
【明らかに怖い絶叫マシーンを体験レポートする事になって!】
「泣いちゃうかも~~!(大袈裟な感じで言ってます)・・フフ、これ、オーバーリアクションですね。フフ、
どっちかと言うと!アノ~、怖さをアピールして、そんなに怖いんですよ!って言うアピール!フフ、
何ですけど!・・・」(2番目の説明が長かったので、簡単に纏めてましたね)(^^;

『女優~~!』
「(パチパチ拍手してます)・・良かった~!やった~!安心しましたね。今日は、
大女優、女優、大根役者、全部出て幅広い道重さゆみで、お送りしました!」

♪School life♪(Kame&L.N.K CBC1月の歌)

この後、その3に続きます。


コメント

「Inter FM FIVE STARS!安倍なつみ」 NO34 (2/23) 

2009-02-25 00:00:05 | Weblog

オープニングでなっちは「・・サア~、今日はですね、メール、一杯頂きましたので、
紹介して行きたいと思います!」と言ってメッセージを読んでいました。

埼玉県のラジオネーム“ター坊ちゃん”からで
“なっち、こんばんルンルンル~ン!僕の母親はメッチャ頭に来る事が有ると、一心不乱に
キャベツの千切りをして心を落ち着かせています。なっちは頭に来る事が有る時は、
どんな事をして心を落ち着かせていますか?“との内容でした。

読み終えた、なっちは「・・ですって!フフフ、キャベツの千切りでフフ、ちょっとストレスを解消って、
凄いですね。メ~ッチャ、速く切るんでしょ?これ!タア~~、みたいな!タンタンタンタンタ~ン!
これさ~、この切ったキャベツ、食べたくないよね。フフフ、絶対!・・凄いんじゃない?
マァね、私が頭に来る!イラッ!とした時にはコワいパターンなんですけど喋らなくなるんですよ!フフ、
コワいでしょ?そうなの、もう、ホ~ントにね、ストレスが溜まって、もうホ~ント、イラッ!とした時には、
言葉に出なくなっちゃうのね。喋れなくなっちゃうの。マァ絶句!ですよね。ウワ~!って、な~んかね、
あんまり、こうね、人とモメたりするのも嫌いだからさ、ま、そういう、ケンカってコトは無いんだけど、
やっぱりね、もう、イラッって来るコトは有りますよ。人間だしね!したらね、ホ~ント、ダメなの。
喋れなくなっちゃって~!そのストレスは、どうやって発散してるのか?私、判んないんだけど~、
何でイライラしてるんだろう?って、こうさ、考えると、もう、もっともっと考えちゃうから!でもね、
それを、ポイポイッって、こう、考えないようにするのは出来ない訳!ま、どうしてなんだろうね?
フフ、判んない~!自分でも、どうしてるのか判んないんだけど~、マァ、イラッとした時には、
マァ、私は喋らない!っと言う、お答えで大丈夫かな?フフ、そうなの、ストレス解消ね、大変だよね。
ホントに!マァ、でもストレスは体には良くないから、皆さんね、自分なりの解消法でポイポイと、
吹き飛ばして欲しいなと思いますけども!(ここでアドレス紹介)・・サア、それではFIVE STARS月曜日、
今週は、この曲からスタートです。サア~、さっきのストレスの話をした処で、この曲です。安倍なつみで・・」
と言って1曲目を掛けていました。
マァ、なっちの場合は、じっと黙って寡黙になるコトで心を落ち着かせていると言うコトですかね?(^^;

♪ザ・ストレス♪

ここから、リスナーからのメッセージを何通か紹介していました。
最初はラジオネーム“マロンメロンさん”からで
“・・・突然ですが、なっちは番組でメールを読んだ後に、必ずでは無いんだけど「・・だって!」っと、一言、
付け加えるクセが有るのを自分で気付いてますか?僕は、その一言に妙に癒されて好きですよ。
これからもメールを読んだ後には、言い続けて下さいね!“との内容でした。

読み終えた、なっちは直ぐに「・・だって!フフ、って言うコトでしょ?フフフ(拍手してます)・・イヤ~、
これ、無意識!フフ、ウケるね~!フフフ、だって~!って、私、言うワ~!ねぇ~、でも必ずじゃないの!
マロンメロンさんの言う通り!良く聴いてますね~!フフ、コワいワ~!なっちの口癖って、色々、
有るんだろうね~?!だけど、だって~!って、言うワ!ラジオに関して!でも、これ、普段ね、
言わないよ。多分、フフフ、そう~、だって~!・・フフ、面白いね!」と話していました。
なっちが“だって~!”と言う時はリスナーのメールの中身が少しだけ自分と違う考えの時とかに最初に、
出て来るコトが多いと思います。マァ、それだけメールの内容に感心しているのかも知れませんね。(^^)

続いてのメールはラジオネーム“かずっちさん”からで
“・・・今回は質問したい事が有ってメッセージ、書きました。数年前から、なっちの写真などのメッセージに、
ネコのイラストを描くようになりましたよね?何で、ネコのイラストを描くようになったのか、良かったら
教えて下さい。なっちの描く、あのネコが凄く面白く、気に入ってます“との内容でした。

なっちは読んだ後「だって!・・ア~、だって!って、叉、言った!フフ、ウケる!フフ・・そうそうそう、
マァね、私、そうなの、ネコを描くようになったの。これはね~、意味は無いんだよ!そうなの、
自然となったのよ!考えたコト無いの。考えたコトって無いの、あんまりね!自分が、ちょこちょこ・・・
私も、その、色紙だったりとかマァ、ファンクラブの書き物とかね、自分が、みんなにメッセージを書く時って、
あんまりね、考えないのよ。ヴヮ~!って描いちゃうの。感覚で!そうなの、後はバランスが大事!
アノ~、イラストをね、良く、こう、思い付いたまま描くんだけど、バランスを気にしてるかな?
そうなの、だからネコちゃんもね、何か、自然と描いちゃう自分が居るみたいな感じ!ねぇ~、
服を着せてみたりとか、リボン付けてみたりとか、ほっぺをポッと赤くさせてみたりとか、するんだけど、
そうなの!そんな感じです。フフフ・・」と語っていました。
マァ、なっちのメッセージ写真には、その他、色んなイラストが描かれていますが、中にはブタちゃんの顔も
描かれていた時も有りました。何か、なっちの色んな状況が覗けて楽しいですよね。(^^)

続いてのメールはラジオネーム“ポコポコポコポコポンビーさん”からで
“なっち、こんばんはで~す!なっちは歌手活動以外にドラマや映画や、お仕事、お芝居の方も、
頑張っていますが、初めて言った台詞は何だったか覚えてますか?“との内容でした。

なっちは「う~ん?・・覚えてないよね~?だけどね、私ね、そういう、お芝居って言う部分で~、
初めて人の前で演じたのって小学生2年生の時なんです。実は!それはね、学校の
学芸会って有るでしょ!その時に~“ネズミの嫁入り”って言うね、劇を、みんなでステージの上で、
やるコトになって、それね、立候補者が居たのに~、何故か、その時の担当のね、先生、
石川先生って言うんだけど石川ヨウゾウ先生が、その主役をね、私に、やりなさい!って言ったの。
“チュー子”って言うね、ネズミの嫁入りの、チュー子、嫁に行っちゃうのね。チュー子なんだけど~、
私にやって!って言ったの。私は、エ?!って、ビックリしたの。何で私なの?先生!と思ったんだけどさ、
ま、やるコトになった訳ですよ。で、当日、スッゴイ綺麗な~、オレンジとか白とかが一杯入った、
お着物を着せて頂いて、で、オデコのトコに、アノ、ネズミのね、イラストのヤツをしてさ、で、一言目、
覚えてんの!もう、スッゴイ、キンチョーしたんだけどマァ、ステージに出て行きながら~、もう、
ステージの上にはね、お父さんと、お母さん役の2人が居るの!して、私は~、チュー子の格好して~、
“は~い!何ですか?お父さん、お母さん~!”っていう台詞を言うの!それがね、凄い覚えてて~、
スッゴイ私はね、ステージ袖でキンチョーしてた中~、隣のクラスの担任の先生が私にね、
“大丈夫だよ!”って“あなたが出て行って~、会場が笑うから!”って“それだったら成功だから!”って、
“はい~、何ですか?お父さん、お母さんで判るから”って!で、私がファ~って行ってチョコチョコチョコって、
その台詞を言ったら会場が、ド~!と笑ったの!ウワ~!って拍手と笑いと共に始まったんですよ!
それから、その他のね、台詞は覚えてないのさ、だけどね、そのネズミの嫁入り?のコトは覚えててね、
そうなの!そうそう、そうそう!そんな私の、こう、小学生時代の経験も有るんですけどもね、
初めて話したかな?これ!」と語っていました。僅か、小2の時に既に、なっちの才能を感じ取った
その先生も凄いですね。(^^)

続いてのメールは、ラジオネーム“なっちゃんさん”15歳の方からで
“なっち、こんばんわんこ!やっとやっと、なっちのソロ写真集が全て揃いました。後、アロハロDVDも!
お小遣い5000円の中学生の僕は頑張りました。(なっちは「中3の僕だって!頑張りましたって!」と
言っています)・・・色々、節約したんですよ。頑張った僕を褒めて下さい!“との内容でした。

なっちは「凄いねぇ~、コツコツ、コツコツ貯めて~、なっちグッズを!写真集とかも集めてくれたんですね。
15歳だよ。有難うね~!なっちゃん、もう、ホント、ハグして上げたい位です!有難う。そしてね、アノ、
そう“Angelic”のね、DVDも発売してるんです。今、貯めてる途中かなァ?ねぇ~!どうしよう?
でもね、見て欲しいなと思いまして、今、紹介しました。」と話していました。
マァ、なっちファンなら、その辺の情報は既に把握しているとは思いますけどね。(^^;

ここで、なっちは「サア~、時間的に、もう1個かな?」と言って、メールを紹介していました。
ラジオネーム“マンボウさん”からで
“なっち~!やっと見つけたよ~!ラジオで、なっちの声を聴きたかったよ~!(なっちは「・・って!
ア~、なっちがラジオ、やってるのって最近、知ったのかな?」と口を挟んでます)・・夢プラス努力、
イコール現実!これは、あるDJの人が言っている夢の方程式です。これで頑張ってチョー!
なっち「夕暮れ作戦会議」とか、今じゃなくても来週とかでも掛けてチョー!“との内容でした。

なっちは「っと言うコトはね“夕暮れ作戦会議”と言う私のナンバーですね。早速、この曲、
お届けしたいと思います。安倍なつみで・・・」と言って曲を掛けていました。

♪夕暮れ作戦会議♪

曲が流れた後、なっちは「エ~、安倍なつみで“夕暮れ作戦会議”お届けしました。エ~、この曲はね、
ホント、イベントでやると、メ~チャメチャ、カッコいいんですよ!ねぇ~、ライブで歌ったりもするので、
是非、聴きに行って欲しいなと思います。」と話していました。先日の札幌ディナーショーでも、ラストで
歌っていましたが確かに、この曲では客席も取り込んで最高に盛り上がっていましたからね。(^^)

ここで、アドレス紹介の後「・・サア~、続いて、お届けするナンバーは、私、安倍なつみのお奨めナンバー、
“Raul Midon”の“All In Your Mind”です。この曲、凄く好きで癒されます。それでは、お届けします!」
と言って曲を掛けていました。

♪All In Your Mind♪
続いて4曲目を掛けていました。

♪乙女の祈り♪
曲が流れた後、なっちは「お送りしたのは、3月18日リリースの真野恵里菜のニューシングル、
“乙女の祈り”でした。」と紹介していました。まのえりちゃんも、いよいよメジャーデビューとの事で
こちらも期待したいですね。(^^)

“MY FIVE STARS”

なっちは「安倍なつみが、お送りしているFIVE STARS月曜日!続いてはMY FIVE STARSの
コーナーです。エ~、今日の五つ星はですね、実はエ~と、家に置いてある、観葉植物の話をしようと
思っていたら、丁度、メールが届いていたので紹介しますね。」と言って関連メールを読んでいました。

ラジオネーム“なっちが大好きさん”からで
“こんばんにゃ!我が家には父親の会社の愚痴を黙って聞いてくれる観葉植物が有るんですけど、
なっちの家にも何か、育ててる植物は有りますか?“との内容でした。

なっちは「・・っと、こう言うメッセージを貰いました。凄いね、父親の会社の愚痴を黙って聞いてくれるって!
聴いてくれるって、イヤでも聞かなきゃイケないだろうねぇ?可哀相~!イヤ~ン!そうなんだ~、
でも、本当にね、植物達は生きてるからさ、ホント聞いてくれてると思うんですけど、マァ、家でね、
今、飼ってるエ~と、植物達は、エ~と、まずは“オーガスター”と言う葉っぱが大っきい~、凄くね、
暖かい地方で育つ植物らしいんですけど、これもね、感謝の木とも言われていて、マァ、有難う!
有難う!って一杯、伝えながらね、私はフフ、育ててるの。感謝の木だけにね!
(結構、植物は人間の言葉や気持ちを感じ取って反応すると言われてますからね)(^^)

ホントに葉っぱが大きくて~、ま、最初はねぇ、芽が、こう、木と木の間?・・木って言うか、こう、
何て言うの?葉と葉のね、所からこう、間からニョキ!って出て来るんだけど、最初はね、こう、
何か、こうね、ロールケーキのように、こう、クルクルクルって葉っぱが、なってるの!包まれてる訳ね、
巻き付いてるの!それを~、私、手伝っていい~!って聞いたから~、手伝って上げるの!
こう、巻き付いているモノを途中までね、そう!それで~、凄くね、太陽の光が一杯の日は~、
外に出して~、一生懸命~・・す~んごく重いの!重いねぇ~!って、ちょっと軽くなってね~!とか、
フフ、言いながら窓の外のバルコニーのトコに出して上げるんですけど、それで~、お水は一杯!
もう、いいよ、これ以上~!って言う位、お水は上げるといいって聞いたから、ホントに上げて!
そう、でもね、今年の、もう、春ぐらいにはね~、植木ごと、ちょっと替えなきゃいけないかな?って言う位、
大っきくなってるの!ホント、天井に届きそうな位、大っきくなってるんですよ!フフ、
(なっちの愛情を一心に浴びて、スクスク成長した感じですかね)(^^)

それ位、大っきな~、オーガスターって言う子がね、可愛い子が居まして、後はね、小っちゃ目で
エ~と“ハートリーフ”ってのを飼ってます。これはね、あんまり~、お水を上げなくても、いいんだけど、
葉っぱの形がね、ハートみたいになってて、可愛くて、ホントにね、可愛いよ!この子達もね、
色々ね、葉っぱも生まれ変わって~、ちょこちょこ、ちょこちょこ、もうホント、黄緑色から、
真緑ぐらいの色に変化したりね、フフフ、凄く可愛い!してね、水を一杯、上げた時にはね、
葉っぱの、そのハートの先っぽ?そこからね、水を出すのよ!ちょっと多いですよ~、って!
メッセージみたいな感じで、ちょっと多いよ。なっち~!って教えてくれるの。だからね、いつも、
お水を、やる時は、こう、葉っぱを触ってね、会話をするようにしてるの。お水、欲しいかなァ?って、
アッ、欲しいね?って思った時は、ちょこっと上げたりとか、ア~、ちょっと一杯、貰ってるから
大丈夫だねって言う時には上げない!そうなの。そういう風に、ちゃんと葉っぱに触れて上げて、
言葉を掛けて育てて上げて!だからね、前はね、観葉植物、飼った時に、そんなにね、
実は持たなかったの!でも、私の、こう、愛が、ちょっと足りなかったんだなァと思って、今は、
ホント、毎日、毎日、アノ、そういう風に、やってるんですけど!
(なっちも、色んな経験の積み重ねを活かして育て方を学んだようですね)(^^)

後はね、一輪だけガーベラが有ります。これはアノ~、こないだ、ちょっと、お知り合いの方に頂いて、
なっち~!って言って貰ったから!そう、一輪だけなんだけど、す~んごいよ!ズ~と生きてるの!
ホ~ントに!一輪だけなんだけど~、お水も換えて上げてさ、すんごいの!ビ~ンとしてる!
そうそうそう、凄いね、植物とかは生きてるんだなァと思います。ねぇ~、みんなが、こう、育ててる
観葉植物とか、植物達の話とか是非是非、教えて下さい。っと言うコトで、今日は、可愛い可愛い
植物達に星五つ!」と話していました。
なっちの愛情を、いつも浴びながらスクスク育つ植物達が、ちょっぴり羨ましいですね。(^^)

♪やんなっちゃう♪

“エンディング”

なっちは「安倍なつみがお送りしてきたInter FMFIVE STARS月曜日エンディングのお時間です~!
早いね。イヤ、でもねぇ、何か、やっぱり、ねぇ、何週間か前からメッセージを一杯紹介出来てるから、
何か、嬉しい!ねぇ~、みんなのメールに、お応え出来てるのかなァと!・・エ~と三文オペラ!
そうです。これもですね、4月の5日から4月の29日まで!“bunkamuraのシアターコクーン”で、
音楽劇、三文オペラをやります。これはですね。20周年記念企画に、なっているので、もう、マァ、
スペシャルな感じです。ここに私、出演させて頂けるなんてホントに感激で!もうね、ホント、
ちょこちょこ始まってるんですよ。お稽古は!そうなんです。演出は宮本亜門さんで、もう、
三上博史さんだったり、私の、お父さん役、ビックリですよ!デーモン小暮さんですからね。フフ、
どんな親子関係で、ど~んな感じの、お芝居になるのか、ホ~ントに、これから、ね、
作って行く段階なので、是~非、もう、ホ~ントに凄いスペシャルな、もう最高にパワフルな
舞台になると思うので是非、観に来て下さいね。
(なっちと、デーモンパパが、どんな掛け合いをするのか楽しみですね)(^^)

その後ねアノ、東京公演の後に大阪公演も有りますので詳しくはホームページの方、チェックしてみて下さい。
そして今ですねぇ、私のDVD、ライブDVD”Angelic“のね、これが発売中なんですけど、これは
去年の秋に、エ~と、ツアーを、やった模様が入ってるんですけども、初の試みで、やらせて頂いたコトなど、
盛りだくさんな映像になってますので、是非、チェックしてみて下さい。
サア~、安倍なつみのFIVE STARS月曜日、皆さんからのメッセージ、お待ちしてますよ。
恋愛相談とか~、ね、フツーの、こういう何?日常で起きたコトだったりとか、何でも大丈夫です。
自由に書いて送って下さい。待ってます!(この後、アドレス紹介、告知がありました)・・
私、安倍なつみとは来週の月曜日に、お会いしましょう。っと言うコトで、フフ、したっけね~!」と言って
終っていました。
最近、なっちは最後の決め言葉「したっけね~!」で色々、アクセントを変えて
挑んでいるようですが、
今回は、ちょっと甘えるような感じでコールしていたのが何か、可愛くて良かったですね。(^^)
コメント

「里田まいの産地直送!カントリー娘。」NO427 後編 (2/21)

2009-02-24 00:00:54 | Weblog

前編からの続きです。

この日、2つ目のテーマタイトルは前置きで「里田まいの発した何気ない一言からコーナーが始まる産直!
こんなんで、いいんですか~?産直!3番にゴールしたら3着!・・はい、すみません~!」と言った後、
“今夜は、誕生日プレゼントにCHU~チュッ!目!”となっていました。

まいちゃんは「・・言っててイヤになる。フフ、言った後に気が付くって凄く、イヤだ。すみませんって、私、
心の底から言いました。フフ、はい、早速、行きましょう!これはですね~、以前、私が誕生日プレゼント、
何を渡したらいいか、判んない!って、叉ね、言ったコトがキッカケで、叉、皆さん、優しいですね。
ホントにリスナーの皆さんは優しい!エ~、メールを下さいました。」と言って、まず、最初の関連メールを
紹介していました。

札幌市厚別区の“コーヘさん”からで
“・・・先日は、リクエスト、掛けてくれて有難うございます。誕生日プレゼントですか?そうですね、
貰って嬉しいのは、サプライズパーティを開いて貰えるだけで充分、嬉しいと思います。自分の為に、
やって貰えると思うと感動しますね。う~ん?と思うのは、家に有るヤツで使わなくなった物を
プレゼントする!って言うのは、如何なモノかと思います“との内容でした。

読み終えた、まいちゃんは直ぐに「エ~?そんな人、居る~?!着なくなったTシャツとか~?
パジャマとか~?イヤだ~、そんなの~!気を付けよう。みんな、そう言うコト、してないよね~?
大丈夫ですよね?私はねぇ、最近、思うんですけど~、アノ~、ホテルのバイキングのチケットとか、
そういうの、いいんじゃない?何かさ、そういうってさ、有るけど~、自分で買ってまで行こうって言う、
感じじゃないモノがいい!・・アッ、今、思ったんだ。オープニングで、まだ迷ってたも、叉!でしょ?
困ったまま、居たから!アッ、それは、いいかも知れない。ケーキバイキングのチケットとか~、
それ、何か、貰う!絶対、消費するようなモノを~、敢えてプレゼントする!でも、自分じゃ買わないけど!
みたいな、アッ、それ、いいっすね!アッ、解決しちゃった!フフフ、成る程!でもね、パーティは、やっぱ、
嬉しいですね。それは、何か、こう、記憶に残るじゃない?記録じゃ無くて記憶に残るプレゼント!
は~い、いいコト言った?フフ(スタッフから声が掛かったようです)・・使い古された言葉ですか?
私も、何度か、聞いてる言葉です!」と話していました。やはり、まいちゃんは、食に関するプレゼントが
お好みのようですね。(^^)

続いてのメールは神奈川産直ヒデさん“からで
“まいちん、こんばんは!人に貰って困らず、嬉しいのは誕生日ケーキです。食べて美味しいし、
みんなで食べれるので!困る物は、貰った後に、置き場所に困る大きな置物ですかねぇ?
収納スペースも限られているので!本当に貰って1番、嬉しいのは、お誕生日、おめでとう!って、
直接、言って貰う事じゃないですか~?心の篭った言葉が1番だと思います“との内容でした。

まいちゃんは「そう~、成る程、上手いコト、言いますね~!確かに、そうなんですけど、一応、
誕生日プレゼント、上げた方がいいじゃ~ん!より嬉しいじゃん!ア~、やっぱ、そうですね~、
家に持って帰って、これ、何処に飾ろうか?どうしよう?みたいなのは確かに有りますよね~!
だから電化製品とかは、ま、嬉しい方じゃないですか?電池とかは?電池!使わない?
(スタッフも同意しているようです)・・使わない!全然、使わない。はい、判りました~!エ~と、
後は~、フフフ、何だろう?私がね・・・トイレットペーパーは?(叉、スタッフが拒否してるようです)・・
イヤだ?だって、絶対、使うじゃん!嬉しくない?でも、助かる、助かる。生活費が浮く!フフフ
(誕生日プレゼントと、トイレットペーパーは、ちょっと似合いませんよね)(^^;

ウェ~・・じゃあ、でもさ、そのトイレットペーパーにしても、フツーのじゃ無くて、ちょっと何か、匂い付きとか、
何か、今、高級!みたいなの有るじゃん!それも、自分じゃ買わないけど、ひつ・・使うモノでしょ?
イヤ~、フフ、ダメか!・・ケーキ、ケーキ、いいね。でもさ、ケーキだとか・・・イヤ、ケーキです。だったら私は、
カニとか!カニ、いくないっすか?カニ!冷凍して置けるし、はい!フフ、は~い!っと言う訳で、今日は、
ちょっと参考になりました。色々!でも、やっぱり自分で言った、バイキングのチケットが1番、フフ、
いいかも知れない!ふと、思い付いたヤツ!」と言っていました。マァ、身内へのプレゼントとしては、
その辺りが妥当かも知れませんね。(^^)

この日3つ目のテーマタイトルは前置きで「里田まいと言えばフットサル!フットサルと言えば、
札幌チェルビーズ!」と言った後、 “今度はチェルビーズの時間にCHU~チュッ!目!”となっていました。

まいちゃんは「はい!っと言う訳で、チェルビーズの時間が、やって参りました。まずは・・・」と言って、
関連メールを紹介していました。
産直ネーム“リョウタさん”からで
“・・・今回はチェルメンのブログについてメールします。以前、伊藤沙菜ちゃんのブログで、
沙菜ちゃんに対する質問を募集していたので、チェルメン同士で、産直が話題になるのかを
質問してみた処、メンバーは結構、産直を聴いているとのコトでしたよ。まいちゃん、ご安心を!
でも、照れが有ってメールは、送らないんだとか!・・・処で、最近、スタブロに引っ越した、
あっきーのブログに「まいだよ!」っていう名前の人物が現れたのですが、まいちゃんなんですよね?“との
内容でした。

読み終えた、まいちゃんは「私です!フフ、私は結構、昔から、人のブログにコメントするタイプなんですよ!
自由でしょう?でも、それは!自由ですよね~!でもね~、たまに審査が通らない時が有るんですよ~!
フフフ、イタズラだと思われたのかなァ?ねぇ、そう言う時有るんですけどね、マァ、でも、だから、
ちゃんとしたコメントをね、まっとうなコメントを、あっきーのブログに載せたりとか、他の芸能人の方の
ブログに!流石に、面識の無い方のブログに~、フツーにファンを装って~、コメントはしないです!
そこまでじゃないです。アノ~、一応、同じ職業なので!だけど~、何か、友達っぽい人とかは、アノ~、
コメントしたり、しますね。うん!(まいちゃんも最近は芸能人と接する機会が増えてますからね)(^^)

それよりも問題はチェルメンです!ねぇ~!聴いてるの?ホントに!ウソだね、絶対、ウソウソウソ!
聖菜の、お父さんしか聴いてないと思う!間違いなく!だって、メンバーが、もしも聴いてたら、
もうちょっと反応が、いいハズだし~、結構、こういう風に、メンバー!メンバー!って話をしてるから~、
会った時とかに~、イヤ~、まいちゃん、あんなコト言ってましたね?こんなコト言ってましたね?
みたいな話、するのよ!だから沙希とかも~、“テレビ、アノ、テレビ見てましたよ!”とか、言いますけど、
あの時の産直、聴きましたよ!みたいな話は無いし~、聖菜が前に♪革命チックなKISSをして~♪
って歌ったら“何、その歌?”って言った位ですよ~!フフ、暴言にも、程が有るでしょ?!
散々、私をヨイショして、おきながら!聖菜が“革命チックKISS”と言うカントリー娘。の有名な、
このメジャーな曲をですよ!歌った途端!“何、その歌?”フフ、これヒドイ!もう~、メール、
今、直ぐ下さい!じゃあ、今からチェルメン、大集合です!よろしくお願いします!エ~アドレス、
musume@stv.jpです!いいですか?musume@stv.jpもう、これで大丈夫でしょ?メモった?
(敢えて連呼してアドレス告知していました)(^^;

アノ~、メールアドレスがメモれなくて送れなかった!みたいな感じでも、困るから~、ま、ファックスも
言っときますよ!“011-202―7290”もう、これ、完全に、コレです!マァ、忙しいのかなァ?みんな!
マァ、暇だったらね、送ってみて下さいよ!」と、最後は、ちょっと控え目に呼び掛けていました。
きっと来週のチェルビーズコーナーは、チェルメンのメール紹介で盛り上がると思いますけどねぇ・・。(^^)

続いての関連メールは産直ネーム“ベースマンさん”からで
“・・・最近、野球部での筋トレがグレードアップしました。その1つがタイヤを横に倒して、
雑巾掛けを、するように、グラウンドを駆け回ると言う筋トレなのですが、半分位、行った所で、
みんな、スピードダウンするんです。やってる時は、ホントに辛いですが、最近、体脂肪率が減ってたり、
体格が前と変っていたりと、自分が成長している事を実感すると、遣り甲斐が有ると言うか、
考え方によっては、筋トレも楽しくなります。まいちゃんも学生時代にテニス部では、筋トレをする事が
多かったのでは?後、いい筋トレが有ったら、自主トレ用に教えて下さい!“との内容でした。

まいちゃんは「成る程~、では、高校生とか、中学生なのかな?私が高校生の時はメッチャ有りましたね。
特に冬場!北海道って、ホラ、雪が降るから~、エ~と体育館になるんですよ!テニス。なんですけど、
体育館だと、他の元々、室内でやる部活と、時間が交代交代に、なるから、その分、やるコトが
無くなる分、筋トレなんですよ!だから冬になると、いつも足が太くなるのね。それがイヤだったんですけど、
階段ですよね!とにかく階段!メッチャメチャ登りましたよ!多分、人生で、あんなに階段、登る日有る?
ってぐらい~、階段!でも、平気だったんだよね。今、考えると、やっぱね、積み重ねって凄いですよね。
(毎日続けるコトによって、体も、その筋トレに馴れていますからね)(^^;

久しぶりに、やると辛いけど~、毎日、アァやって階段、登ってたら~、今だったら、ハロプロのコンサートで、
こないだ、5段の階段、5段だけの階段、登るのね、ゼ~ゼ~、ハァハァしてたから~、ビックリしちゃって~、
ヤバいですね。やっぱ、階段をもっと使わないとな!って言う、フフ、後は、マァ、腹筋、背筋とか~って、
感じかなァ?う~ん、でも、やっぱ、スポーツをやるに当って、やっぱ、その基本的なのが、筋トレなのかな?
って、私も思いますので、その辺ね、やっぱ、普段の生活でも出来るので、スポーツやってる方はね、
やって見るといいんじゃないですか~、はい!」と話していました。
まいちゃんは芸能人の中では、フットサルもやったりして、かなり体も鍛えてる方だと思いますが、
5段の階段に、手こずる辺りは、やはり筋力は少しずつ低下しているようですね。(^^;

エンディングで、まいちゃんは「エ~、チェルビーズのメンバーだけじゃなく、勿論、リスナーの皆さんも、
メールのほう、お寄せ下さい。やっぱりね、リスナーの皆さんのメールが有ってこそが、番組だと
思ってますので、皆さんよろしくお願いします。フットサル、やってるよ~!とか、言うメールも
募集しております。では、来週も土曜日、夜8時に、叉、お会いしましょう!いい夢、見ろよ!」で、
終っていました。
果たして、チェルメンのメールは産直に寄せられるのか?来週以降を注目したいですね。(^^)
コメント