ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

「GOTCHA!~Fun's Radio~DJなっち」第7回 後編(10/26)

2007-10-31 20:46:14 | Weblog

(前編からの続きです)

(N=なっち R=鎌田理奈さん)

“ツボチカセブン”のコーナーを挟み
“なっちの北海道カバーソングコーナー”になっていました。

なっちは初日、大阪のツアーが29日からと言うコトで「ねぇ~!もう、3日後だよ~!
みたいな!フフフ」と話していました。
里奈さんが「ドキドキ~!みたいな!フフフ」と言うと「そうですね~、もう、着々と
もう~、かなり、いい感じに、なってますけども~・・」と、なっちも話して、
札幌のライブ日程まどを話していました。

そして、この日のリクエストのコトで、メールが紹介されていました。

ラジオネーム“リースさん”からで
“安倍さんが、コンサートする時に北海道のアーティストの曲を歌うという企画、
私がリクエストするのは、安倍さんの次に好きな、大泉洋さんが・・・
(なっちが「フフ、次に・・凄いジャンルが全然、違ってる!」と言っていました)
・・スターダストレビューと一緒に歌ってる「本日のスープ」という曲です。
いい曲なので聴いてみて下さい。そしてコンサートで歌って下さい!“との内容でした。

R 「この曲はね、AIR-G’の番組の企画から生まれたんですよね。アノ、大泉洋さんも
作詞をして、確かに北海道の景色というか、描かれている・・。」
N 「何か、アレ、方言が入っている感じですか?」
R 「うんとね、方言というか、こう、スープというか、元々はスープカレーを
イメージしたらしいんだけど、フフ、歌にする時に、やっぱりスープカレーじゃなくて、
スープに、フフ、しようと言うコトでなったらしいですよ。うん!」
N 「エ~!?フフ、そうなんだ。凄いなァ~!それじゃあ、聴いて下さい。本日の
スープです!みたいな、フフフ、え~?どんな曲なんだろう?これ、ホントに
聴いてみたい。うん!」

♪本日のスープ♪

R 「これもね、北海道、何か、冬っぽい曲ですからね。ま、確かに、なっちが歌うのも、
私も聴いてみたい気がしますけども~・・。」
N 「う~ん!そうですね。」(何か、聴いてみると親しみを感じるような曲でしたね)(^^)

この後“リクエストコーナー”になっていました。

1曲目は、大塚愛の“チューリップ”
東区の“ヨウイチさん”からで
“今日は嬉しくてメールしました、やっと僕にも彼女が出来ました。何度か告って、
断られていた人なんです。僕の誠意が伝わったのか、やっとOKしてくれました“
との内容で、彼女の好きな曲との事でリクエストしていました。

里奈さんは「イヤ~、良かったですね。私の、お知り合いにも7回、プロポーズして
ようやく結婚した人がいますよ。ずっと幸せに暮しています。」と話していました。
マァ、粘り勝ちと言うコトですかね。(^^)

2曲目は、T-BOLANの“マリア”
函館の“ニューホープさん”からのリクエストで
“嫁さんと付き合っていた頃、挫けそうになったら、必ず、この曲を聴いていました”
との内容で、結婚する前に聴いていた曲との事でした。

3曲目は、Soweliの“誰よりもすきなのに”で
芦別市の“つーさんパパさん”からのリクエストで
ファイターズファンで、日ハムがクライマックスシリーズと日本シリーズを勝ち上がって
絶対、優勝、間違いないと思います!との事でした。
これって、かなり前に投稿されたメールのようですね。(^^;

この後、メッセージが紹介されていました。
“たんぽぽさん”からで
“読書の秋ですね?・・今年は何故か読書欲にハマっています。そこで、お二人に
質問なんですが、何か、お奨めの本は有りませんか?“との内容でした。

早速、里奈さんが「なっちは、どうですか?読書の秋は?」と振っていました。
すると 「なっちね~、読書は~、あんまりしないんですけども、フフ、正直!」
と話していましたが、先日、なっちの誕生日にコンサートツアーのスタッフさんで、
いつも、お世話になってる照明スタッフで同い年ぐらいの女の子が、なっちに
本をプレゼントしてくれたとの事で「・・で、その本が凄~く、素敵な本で、
これね、タイトルは“まこという名の不思議顔のネコ”って言うタイトルで・・
不思議顔って、もう、ホントに可愛いんですよ。もう、何て言うんだろう?
こう、目がね、変ってるんですよ。フフ、ホントに不思議な顔してて~、
で、そのネコが飼い主さんに貰われて、何か、こういう風に!って、写真も一杯、
載ってて~、こういうコトをするんだよ!とか、で、最後に、どうやって
貰われて来たかってのが、書いてたりするんですけど~、何か、これ、私の妹とか
周りの人も結構、知ってる人がいて~、何か、ブログで話題になっていて~、
で、じゃあ、是非、本にしませんか?みたいな感じで作品になったみたいで~、
そうそうそう!ホント、可愛いんですよ!」と出版されるまでの経緯を話していました。(^^)

その後の遣り取りです。

R 「ね~、ちょっと、写真とかでも癒されそうね、ネコの顔が。アハハ」
N 「そうなんです~~!ホ~ント、可愛いんですよ。ヤバいんです。
是非、見て欲しい!」
R 「アハハ、もう何か、なっちの顔、ネコみたいな感じで、フフ、何か、トロ~ッと!」
N 「イエイエ、何か、目がこう、変ったネコでね~、是非、これはね、
読書って言う感じには、ならないかも知れないけど~、気持ちが何か、いい感じに
癒されるので、是非、見て欲しいなと思います。」
(ネコ顔の、なっちの表情が、何と無く目に浮かびますね)(^^)

続いてメッセージが紹介されていました。

“ぬるりひょん@APさん”からで
“なっちゃん、鎌田さん、お二人は一体、何の秋でしょうか?私は学生時代、
10年以上も、サッカーばっかりやっていたので、スポーツの秋なんですが、
最近は・・見るのが専門になっています。好きなスポーツに何か、有りますか~?“
との内容でした。

なっちは「スポーツの秋と言いますけど、スポーツはしないですよね!」と
アッサリ自分はやらないと認め、直ぐに里奈さんに「ねぇ~!しますか?」と
振っていました。(^^;

里奈さんさんは、いつもストレッチ運動はしてるけど、特に秋だからと言っては
してないと話していました。
そして、なっちは、散歩で出たりするけど、コレ位の時期は、紅葉がドンドン
広がり、それを感じるのが好きで、特に夜とか、凄い癒されると話していました。

里奈さんは「アッ夜の空気?」と聞いていましたが、なっちは「そう、何か、風でね、
癒されて、何か、アァ~!って、ホント、リセットされる。自然のトコで育ったせいかも
知れないですけど~!」と言っていました。なっちの実家、室蘭は自然が一杯
有りますからね。(^^)

ここで、これが何の秋と言われたらどうか?との話になり、秋と言うコトで
纏めようとの流れになり、結局、食欲の秋で纏めよう!との話になっていました。

その後の遣り取りです。

N 「そうかも!食べるのが好きですもんね!食べるのは美味しいモノが
一杯有るから~!」
R 「うちの実家から、ジャガイモ、ド~ン!と送って来て!」
N 「ホントですか?北海道に居るのに?」
R 「北海道に居るのに!」
(里奈さんの実家、剣淵町は結構、札幌からは遠いですからね)(^^;

N 「何か、今、美味しいヤツ、有りますよね?何だっけな。」
R 「北ひかり?・・・アッ、違う?・・インカの目覚め?」
N 「そう!インカの目覚め!って言うのがシチューに入れるとトロットロに
なるんですよ!ねぇ~、美味しいですね。マァ、食欲の秋で!フフフ」
R 「食欲の秋で纏めさせて貰いますか!」

この後“ミュージックサンライブ、インフォメーション”“アナログの穴”
“麻美のバズステーション”のコーナーを挟んで、又、2人が登場!

ここでもメッセージを紹介していました。

千歳の“マモルさん”からで
“ふとラジオを付けたら番組をやっていたんでメールしました。これから時間が
ある時は聴くようにしますね。こないだ友達の家に遊びに行った時、朝から
友達の、お母さんが陽気に歌いながら朝ご飯を作ってくれました。
その歌って結構、上手いんです。で、食事の時に、その曲、何ですか?って
聞いたら、お母さんが台所から「エッ?オリジナルよ!」って、目を
キラキラさせてました。可愛いというか、朝から大爆笑でした。こういうお母さん
可愛いですよね!“との内容でした。

なっちは読んでる途中でも「可愛い~!」と言っていましたが「何ですか?これ!
フフフ、凄~い!可愛い過ぎる!」と、この、お母さんの振る舞いが、かなり
気に入った様子でした。(^^)

その後の遣り取りです。

R 「演歌、オリジナル!」
N 「自分で、こう、作って真ん中で!みたいな感じなんですね。いいですねぇ~!」
R 「ま、でも、台所から、こういう音楽が聴こえて来るって、フフ、何か、
凄い幸せな光景ですよね。」
N 「幸せ~!何か、フツー、日常なんだけど何かね~!イヤ~、いいですね。」
R 「何か、いいですね。ちょっと、こういう、心温まる話も、フフ、是非、気軽に、
お寄せ頂きたい!」
N 「ねぇ~!いいなァ~!お待ちしてますね。」

ある意味、将来の、なっちが想う、理想の台所風景なのかも知れませんね。(^^)

続いてラジオネーム“ヨーヨーさん”のメッセージで
“初めてメールです。この時間は眠たい目を擦りながら勉強しながら聴いてますよ。
私は日本史なんかの覚える教科が苦手なんです。何か、いい記憶術は、ないですか?
アドバイス、お願いします“との内容でした。

なっちは「記憶術~?!」とビックリして言っていましたが、里奈さんが日本史で
よく聞く“いい国作ろう鎌倉幕府”などのゴロで合わせる言葉を紹介していました。
すると、なっちが通ってた塾の先生も、凄い、面白可笑しく教えてくれたとの事で
「応仁の乱、が、1467とかでしょ?イヨ!胸毛!応仁の乱!とか。」と話していました。(^^;

里奈さんは「アハハ、自分でオリジナルのを作るというのは~!」と感心していましたが
その先生は、他にも“何と立派な平安京!”とか、なっちが忘れられないような
面白い覚え方を教えてくれたとのコトで、里奈さんは、ちょっとお笑い芸人っぽく、
笑いをとってやる!位の勢いで、そういうのを一杯考えていたのかも知れないので
考える方で時間を使っちゃってたら大変だけども!と話していました。
マァ、そういう教え方もユニークで面白いですよね。(^^)

なっちは「ねぇ~!何か、聴いてる先生方がいたら、そういう風に教えて上げて
欲しいなと思いますね。だって、10何年も経っているのに、フフ、覚えてるんですよ!
・・テストの時、出て来るんですよ~!イヨ!ムナゲだ!やった~!胸毛だ~!
アッ、応仁の乱だ。ヤッタ~!来た~、出た!みたいな!フフフ、ホントに、
そうなるので~、フフ」と嬉しそうに話していました。
何か、試験が楽しくなりそうですね。(^^)

ここで、里奈さんが、全然、根拠は無いけど!と前置きして記憶方法についての
アドバイスを語り始めていました。

その後の遣り取りです。

R 「・・やっぱ、記憶って右側じゃないですか!右の脳が司ってる感じで、
左側を刺激するのが、いいと!体をね!だから左手に、フフ、クルミを、こうやって
3つぐらい持って~、クルミを左手で転がしながら~、何か~フフ、覚える!」
(ここでスタッフが声を掛けたようです)(^^;

N 「フフ、怖い!って意見が近くで出てますよ。フフ」
R 「あとは、アノ~、私は右利きなんですけど左手で書く!その覚えたい
英単語とかを!左手を刺激する!左手を使って右脳を刺激するって、フフ、
これは全然!その時に覚えた単語は、覚えてないけど、やってた!フフ」
N 「エ~!そんなのも有るんだ~!私、知らなかった~!でも、いいかも、
知れませんよ~!ヨーヨーさん、ね!左手で書くとか!」
(最初は文字に、ならないかもね)(^^;

R 「そう!何か、クルミゴロゴロとか、手のツボ、刺激とか、何か有るじゃない?」
N 「クルミとかね、いいかも!あとは、ご飯食べる時、左手で食べてみる!みたいなね。」
R 「後は、何か、講義をするって言うのが、いいらしいですね。自分で1人で自分の
先生になる!フフ、その、参考書を元に、自分が、それを誰かに教えるみたいに、
1人で講義をする!」
N 「え~!?面倒臭~い!フフフ、エ~?そっちなの?何か成り切るのが
何か、大変そうじゃない?」
R 「それがね、でも、それが1番覚えられるんじゃないかと言うね、話も
有りますよ!フフフ」(教える立場に立つと頭に入る!という感じですかね)(^^)

N 「それ、面白いなァ~!ちょっと!でも、いいかもね。色んなね、何か有るか
判らないからね。色んなチャレンジしてね!」
R 「フフフ、そう、ごめんね!ちょっと、無駄な時間、使わせちゃった、ゴメンね!」
N 「イヤイヤ、ね、私達もね、是非、覚えて欲しいのでね。」
R 「何か、今の中でヒットするの有ったら是非、使ってみて下さい。」
マァ、記憶の方法は色々有りますからね。でも、1番大切なのは、覚える気になる!
と言う本人の気持ちかも知れませんね。(^^;

♪小説の中の二人♪

エンディングナンバーで、なっちの新曲のW/C曲が流れていましたが、
なっちが「共に聴いて欲しいなと思います。ホントに!」と話すと、里奈さんが
「ね、コレ、アノ、ジャケットもね、アノ~凄く、写真が結構、たくさん入ってて
可愛いんですよ!フフフ」と説明していましたが、なっちは「そうですね。新しい感じで
ポップを感じて撮ったんですけどね、ピンクが、こう、効いてる感じの
ジャケットなんです!」と話していました。

最後に、なっちが「では、又、来週、金曜、深夜1時にお会いしましょう!」と呼び掛け
里奈さんが「バイバ~イ!」と言った後、なっちが「したっけね~!」と懐かしい言葉で
挨拶して終っていました。

序々になっちも、GOTCHA!に馴染んで来たようですね。(^^)
コメント

「歌ドキッ!~ポップクラシックス~」283日目(10/29)

2007-10-31 12:22:03 | Weblog

5thシーズン、3人目の担当DJは、さゆみんで
この日で通算29回目に、なっていました。

「心に残る名曲を今に歌い継ぐ、歌ドキッ!ポップクラシックス!
フィーチャリング、メロン記念日!担当MCは道重さゆみで、お送り致します。

<CM後>

本日のリクエストは、東大阪市の“なぎらみのるさん”からです。
“中村あゆみさんの、アノ、パワフルな大ヒット曲、
「翼の折れたエンジェル」をリクエストさせて下さい“とのコトです。

はい!ハロプロ1、パワフルな斉藤ひとみさん、26歳に歌って貰いましょう!
フィーチャリング、メロン記念日に相応しい、この曲、
ドカ~ンと行っちゃいましょう~!」

さゆみんの、紹介の後、画面にひとみんが映っていました。

尚、ひとみんは、これまでメロン記念日として12回出演していて、
ソロでは、今回は始めての登場となりますので、通算では、
前日の村っち、マサオ君と一緒で13回目と、なっていましたね。(^^)

そして、この日の、ひとみんのファッションは、茶系で、胸の谷間が見える
大胆なセクシー衣装に黒のミニスカルック、そして黒のロングブーツ姿で登場!
ひとみんオーラーを一杯、放っていましたね。(^^)

イントロの後♪ドライバーズ、シートまで~、横なぐりの雨♪
ワイパー、きかない夜のハ~リケ~ン♪と歌い始めていましたが、
最初から、ひとみん風な感じの個性的な歌い方で、リズムに乗って元気よく、
パワフルに歌っていました。

Bメロに入って♪もし~俺がヒーローだったら~、“悲しみを近づけやしないのに~♪
のフレーズでは、かなり、ひとみんのテンションも上がって来ていましたが
Cメロ♪Ohhh 翼の折れたエンジェ~ル~♪あいつも~翼の折れたエンジェル~♪
のフレーズに入ると、一気にトーンも最高に上昇!振りも交えて、
更に気持ちを込めて熱唱していました。

1番を歌い終り「オ~ライ!」と気合を入れ、
軽快なテンポのリズムに乗って、体を上下に動かしていましたが、
その度に、胸が揺れて弾ける感じで、歌声と共に、
もう1つの、ひとみんの魅力を存分に味わう事が出来ましたね。(^^)

全体を通して見た印象では、ひとみんも、歌いだしでは、ちょっと表情が
硬く見えましたが、ラストに近づく辺りでは自然と笑みが浮かんで来て
余裕も感じられました。

これまで、歌ドキッ!では、メロン記念日の中で、柴ちゃんだけが、
ソロで登場していましたが、今回、他の3人の個性的で素敵な歌声や
パフォーマンスを一杯、味わう事が出来て、とても楽しかったです。

是非、今後は、他のメンバーもソロで歌う機会を、たくさん与えて
楽しませて欲しいと思いましたね。(^^)

尚、この日からエンディングPVがモーニング娘。の
”恋愛レボリューション21”になっていました。


コメント (4)

「里田まいの産地直送!カントリー娘。」NO276(10/29)

2007-10-31 02:13:21 | Weblog

オープニングで、早速、お便りが紹介されていました。

ラジオネーム“あっきさん”からで
“さとちゃん、こんばんは!最近も、益々、忙しいみたいですね。
前に、さとちゃん、9月に、お休みが取れる!とか言ってましたが~、
お休みは取れましたか?いつも元気な、さとちゃんですが、少し、
疲れてるのかなァ?って!やっぱり、人間、休養は必要です!
お休み、取れてると、いいんだけど~!?“との内容でした。

まいちゃんは読み終わると直ぐに「っと言う、心優しいメールで、ございます。
私の体調のコトまでね、気遣ってくれてね。本当に有難うございます!
アノ、休み、貰いました!エ~とね、先々週かな?うん、10月の上半?
上半って、フフフ、何て言うの?上・・・上旬?(スタッフからアドバイス)
上旬に、アノ、貰って~、母親と2人で沖縄に行って来ました。
これが大変だったのよ!これ10分、掛かっても、もうね~!説明、出来ない位、
色んなコトが有ったんだけど~、まず、え~と沖縄に行くってコトは、大分、前から
決めてたのよ!一応ね、お母さんと!だけど~、何か、こう、中々、
何処の宿にするとか、アノ、飛行機の手配はどうする?とか、ホントに沖縄で
いいのか?とか、そういうコトを、色々ゴチャゴチャしてたら、結局、航空チケット
取ったのも、宿、取ったのも、前の日!行く前の日に取ったの!
(かなり、切羽詰った中で手配したようですね)(^^;

だから割引も付かなくて、フフフ、赤字です!フフフ、それで最初は家族4人で
行くって言ってたんだけど~、ま、みんな仕事がアレだったから、お母さんと2人で
行ったんですよ!(マァ、女同士のほうが、まいちゃんも気楽で良かったかもね)(^^)

で、行って~、で、マァ、一緒に北海道から飛行機乗って、沖縄に行くのに、
やっぱ、羽田空港で乗り換えて、で、又、行く訳じゃないですか!
北から南へ大移動ですよ!で、ま、着いたら意外と、そんなね、暑くなかったの!
ま、暑いんだけど~、夕方とかは、ホントに上着、ちょっと1枚、羽織る位だったから、
それで、お母さんのテンションが落ちる訳、まず!フフフ
(お母さんは、ハワイのような常夏のイメージを抱いていたようですね)(^^;

何で、暑くないの?と、沖縄なのに!もっと暑さを感じたいと言い出し!
で、尚且つ、急の予約だったから、宿が和室しか無かったんですよ!フフ、
沖縄なのに和室!しかも、窓、開けたら、スゲー、工事現場だったりとか~!
フフ、丁度、海側も空いてなくて~!で、それで、又、テンション、落ち~・・・
で、マァ、こんな落ちてても、しょうがないから!って言って、プールに行ったの!
そしたら~、マァ、彼女は~、私の水着に期待してたらしく~、私の水着を着て~、
茶色のビキニですよ!54歳が!フフフ、(まだ、気持ちは若いんでしょうね)(^^)

物~凄い、プールの中を扇いでた!フフフ、もう、泳いでたって言うか、もう何か、
もう、飛んでたよね。ホントに!何か、もう、そういう複雑な絵を見ながら、
ま~、でもね、楽しい旅行でした!ホントに色んなエピソードが有るので、
又、追々、ここでも色々発表して行きたいと思っております!」と語っていました。
(お母さんは本心は、まいちゃんと旅行出来たコトだけでも大満足だったでしょうね)(^^)

この日のタイトルテーマは前置きで「北海道のフットサルを盛り上げようと
結成されたSapporo CBRBIES!」と言った後、
“今夜は、みんなスピカに集まれ~!にCHU~チュッ!目!”となっていました。

いよいよ11月4日はノービスリーグ第7節と言うコトで、それに因んだメールが
紹介されていました。

産直ネーム“神奈川産直ヒデさん”からで
“こんばんは!最近、神奈川県までも、産直が聴ける事が判り、聴き始めた
産直リスナーです。カッコ、神奈川県、判りますか?・・・“

まいちゃんは途中で口を挟み「・・だって!判るよ~!そんなの!
東京近辺でしょ?判ってますよ~!そんなの~!ねぇ~!でも、
神奈川まで聴けるんだね。北海道から!ホントに正に産地直送って感じで
凄く嬉しいです。有難うございます!」と言って喜んでいました。
まいちゃんにとっての東京近辺って何処のエリアまで指すんでしょうかね?(^^;

ヒデさんのメールの続きです。
“ ・・今度、11月4日、日曜日、STVワクチンスペシャル特別試合、
Sapporo CBRBIES VS Gatas Brilhantes H.Pを観に行きます!質問です。
生まれて初めての札幌なので、全然、判りません!まいちゃん、お奨めの場所とか、
お土産が有ったら教えて下さい。カッコ・・まいちゃん、よっすぃ~FCツアーに
行くので、まだ行き先の行程が判らないのですが・・あと、特別試合は、ガッタスを
応援したらいいのか、チェルビーズを応援したらいいのか、迷っています。
北海道上陸、今から楽しみにしています。これからも聴きます!“との内容でした。

まいちゃんは、メールを読んだ後「え~、そうですね、ま、完全に、ま、今回、
11月4日に来るって言う時点でガッタス目当てですよね。彼!フフフ、
チェルビーズ、だって、1回も来たコト無いんでしょう?来て下さいよ~!」と
訴えていました。マァ、内地から遠征するっていうコトは、1回でも、かなり
大変ですからね。(^^;

でも、このリスナーが、まいちゃんとよっすぃ~のFCツアーを兼ねて来るとの事なので
許すと語った後、更に「そうですね、アノ、ま、生まれて初めての北海道、勿論、
チェルビーズ、ガッタスの試合も凄く、アノ~、北海道に来るなら是非、見て
欲しいんですが、ま、それよりも、やっぱり、アノ~、第7節ノービスリーグ、
やっておりますので、チェルビーズとノービスメンバーの戦いっていうのは、勿論、
そこのほうが、私達は賭けていると言うところ有りますので、アノ、ホント、
リーグ戦なので、そっちが本番なので、ま、その辺も、ちゃんと、アノ、観て、
アノ、応援してくれれば、嬉しいと思います。
(当日はチェルビーズの応援も、いつもより、かなり盛り上がりそうですね)(^^)

そしてですね、初めての札幌!色んな所、有るよ!う~ん!私とかは、さっき、
アノ、ラーメン屋さんとか食べに行って~、フフフ、美味しかった!
ラーメン屋とかも有るし、言っちゃっていいのかな?これって!ね、アノ~、
ヒントを言うと札幌駅の近くの、月から始まるラーメン屋?フフ、
月○○みたいな!うん、そことか行きましたし~、スッゴイスッゴイ美味しい!
で、結構、色んな芸能人の方達も来てるみたいで~、サインとか、バ~!って
貼って有るんだけど~、正に北海道と言えばま、味噌ラーメンとかも有るし、
そこが凄く美味しかったりするので、その辺も、やっぱ、ラーメン、食べて欲しいな!
味噌ラーメン!うん、味噌ラーメンは、私は食べて欲しいと思います。
(このラーメン屋さんは、結構、ハローメンバーも行っているようですね)(^^)

後、そうだな、お土産!お土産も色々有るけど、やっぱりね、生キャラメル!フフフ
これはね、私ね、今日、朝ね、ビックリしたよ!アノ~、来る途中に、東京の羽田から
飛行機、乗ったんですけれども、エ~ト、ま、JALの15番ゲートの、アノ、ソバ屋で、
立ち食いして、うどんを食ってたんですよ。1人で!そしたらね、パっと正面見たら、
自分と義武さんが、ツーショットの、フフ、生キャラメルの広告が貼って有って、
凄い気まずくて~、ちょっと席を避けました。フフ、
(逆に胸を張ってサインとか書き込んだら良かったのにね)(^^;

みたいな感じで、ま、生キャラメルも、ホントに、アノ、花畑牧場から、
推してるね、アノ~、モノなので、是非、その辺も、フフ、アノ、チェックして
頂きたいなァと思っております。そして特別試合のほうは、ガッタス、応援しても、
ま、チェルビーズ、応援しても、もう、いいですよ!この際!アノ、半分半分で
ユニフォーム、着て下さい!半分、白で、半分、オレンジ、みたいな!フフ、
(マジで、そんなユニフォーム作るサポーターも居るかもね)(^^;

もう、それぐらいね、アノ~、対応力が有れば、非常に嬉しいなと思っております。
ま、何が、どうなってもですね、やっぱ、北海道初めての上陸ろ言うコトなので、
ホントにアノ、楽しんで、いい思い出を作って帰って頂きたいなと思います。」と
アドバイスしていました。
マァ、札幌でも、ソロソロ、初雪の便りが聞かれる昨今なので、寒さ対策も、しっかり
準備して来道して欲しいですね。(^^)

エンディングで、まいちゃんは「いよいよ11月4日です。ノービスリーグ
STVスピカにて行われます。まだまだ前売り券も売っております。チケット前売り
2500円!当日券は3000円になります。ちなみにですね。この日は、
チケットの半券で、何と、コカコーラのペットボトルと引き換えになると言うコトなので、
コカコーラね、え~と、コーラと言えば!みたいな所、有りますからね。タップリ飲んで
たくさん炭酸を体に取り入れて、フフ、尚且つ、フットサルのね、試合も応援して
頂ければと思っております!」と語っていました。
しっかり、大会スポンサーの宣伝をする、まいちゃんですが、この際、CMにも
まいちゃんが起用されたら嬉しいんですけどね。(^^)
コメント (2)

「おはスタ」不思議な指輪編、第4話 (10/29)

2007-10-30 00:02:38 | Weblog

謎の指輪が、指に飛び込んで嵌まってしまった、きらりちゃんですが、
今回は指輪を落したと思われる、マネージャーを追いかけ、
ブングリーノ刑事が、更に、その後を追うシーンから始まっていました。

(K=きらりちゃん B=ブングリーノ刑事 I=伊藤マネージャー O=荻野ディレクター)

B 「待て~!・・・」
K 「ア~、もう、何とかしなくちゃ~・・」

きらりちゃんが刑事から逃れ、更に、マネージャーを追い掛けている所に、
別の男性が近づいて来ました。

O 「ア~、きらりちゃん、きらりちゃん!今度の曲だけどさ~!」
K 「ア~、荻野ディレクターさん、ちょっと・・・」(焦っています)
B 「きらリーノ!」

きらりちゃんが、ディレクターから離れ、1人になった時、急に嵌めていた
指輪が光り出し、画面が変って音楽が流れて、何と、きらりちゃんが
ナース姿に変身していました。
どうやら、この指輪、変身能力も有るみたいですね。(^^;

B 「待て~!」
K 「は~い!KOしますよ!」

ナース姿のきらりちゃんが、何故か、大型の温度計を持っていました。

K 「これを、しっかり脇に挟んで下さ~い!」
B 「イヤ~・・・。」(戸惑っています)(^^;

K 「最新の、しっかり計れる体温計です!はい、脇に挟んで下さ~い!
しっかり、これを脇に挟んで、しばらく寝てて下さ~い!判りましたか?」
B 「はい・・。」

ナース言葉の、きらりちゃんに圧倒されたのか、刑事は素直に従っていました。
そこに、ディレクターが来ましたが、一瞬でナースに変身した、きらりちゃんに
気が付かない様子でした。(^^;

D 「ア~、きらりちゃんは~?」
K 「では、そのままにしてて下さいね~!」
B 「はい。」

この後、画面のは、又、女子高生姿に戻った、きらりちゃんが廊下を歩いている様子が
映っていました。

K 「忙し・・・アッ、あそこに!すみませ~ん!」
ようやく伊藤マネージャーを見つけたきらりちゃんが声を掛けています。

I 「はい?」
K 「私、月島きらりです。山ちゃんのマネージャーさんの伊藤さんですよね?」
I 「そうですけど。」
K 「アノ~、この前、廊下で何か、落としませんでしたか?」
I 「何で、それを?」(ちょっと動揺しています)(^^;

K 「私、見たんです!」
I 「拾ったのか?」
K 「アレは、もしかして盗まれた伝説の秘宝、ラバーズリングじゃありませんか?」

ここでマネージャーの携帯電話が鳴りました。
I 「アッ、電話だ!アッ、もしもし、山ちゃん?メガネ30個、持って来いですって?
判りました。はい、ア~・・・。」

マネージャーは、焦って何処かに立ち去ろうとしています。
K 「アッ、待って下さい!ホントに知らないんですか?!」
I 「いい加減にしろ!」(キレ掛けています)(^^;
K 「でも、確かに、あなたが~!」

きらりちゃんは負けじと追求していましたが、ここにブングリーノ刑事が
又、追い掛けて来ました。

B 「見つけたぞ!きらリーノ!」
K 「ア~、刑事さんだ~!」
I 「刑事さん?・・・アッ、この人、指輪が、どうの、こうのって言ってましたよ!」
B 「何~?やっぱりか~!」
K 「エッ?違うんです!アッ、アノ~、待ちなさ~い!」
B 「待て~!質問に答えろ~!」

尚も、きらりちゃんがマネージャーを追おうとしますが、刑事が行く手を阻んで
います。

K 「違うんです!逃げられちゃうじゃないですか~!」
マネージャーは、不気味な笑みを浮かべて去ってしまいました。(^^;

ここで、字幕に“リングを探し出せるのか?”と文字が出て終了!
不思議なマネージャーの行動など、まだまだ謎が深まるばかりですね。(^^;

では、次回をお楽しみに!

コメント

「GOTCHA!~Fun's Radio~DJなっち」第7回前編(10/26)

2007-10-29 21:09:45 | Weblog

9月7日からスタートしたGOTCHA!DJなっち編ですが、
すでに2ヶ月近くが経ち、残りも少なくなって来ました。
2人の息もピッタリ合っているし、トークも楽しいので
何とか、なっちのDJを延長して欲しいんですけどねぇ。(^^)

っと言うコトで、今回も、なっち中心でトーク部分をレポしてみましたが、
又、内容が厚くなりましたので、前後半を2日間に分けて載せたいと思います。

(N=なっち R=鎌田理奈さん)

<オープニング>

N 「一昨日、新曲出ました!安倍なつみです。」
R 「こんばんは!鎌田理奈です、時代もジャンルもGOTCHA!混ぜ!
“GOTCHA!~Fun's Radio~です!」

<テーマミュージック後>

R 「改めまして、鎌田里奈です!」
N 「安倍なつみです。」
R 「なっちのニューシングル、発売になりましたね!」
N 「はい!ね~、一昨日ですよ!」
R 「もう10月も26日ですよ!」
N 「ね~、早いです!2007年は?・・・」
R 「後、2ヶ月!」
N 「エ~~~?凄い!凄いですね。」
R 「アハハハ、笑っちゃいます。何か、笑っちゃうっていう!」
N 「笑っちゃいます~!ね~、でも、北海道、もう、やっぱり、毎日、こうやってね、
来るじゃないですか!空港、着いて、風を感じると、や~ぱり私は道産子なので~、
この冷たい、こう、風と、このニオイが有るじゃないですか!独特な!」
R 「ア~、うんうん、海に浮かぶニオイね。」
N 「そうなの~、もう、何か切なくてね、キュ~ンとなるんです。何か、この風を
感じながら、こう、学校行ったりとか、ね、したコトを何か、一気に思い出して~、
いいなァ~!って。」
R 「そうか、何か、こう、切ないけど寂しいけど、でも何か好きだなァ、これ、
寒い感じっていうね、有る有る!」
N 「そうですね、そうなんです~!ね、雪虫、見ました?今年!」
R 「私、見てないんですよね。見たよ!って情報はね、フフ、来てました。」
(もう、札幌市内でも、結構、飛んでますからね)(^^;

N 「だけど、雪虫って、何か、結構、ビックリするみたいですね。知らない人はね、
そうなの!何?それ!みたいな!ね、何か、フワフワフワって雪みたいなの!」
R 「そう、白いのが、こう、服にね、付いちゃったりしてね。」
N 「そうそう!付いちゃったりして!自転車、乗ると凄い付くみたい!
そこ、坂とかをガ~!って降りたりして!」
R 「ね、イヤ~、もう、ホントに、これからは雪の便りが、ドンドン、ドンドン、
各地から届くようになっちゃいますね!」
N 「ね~、そうですね。う~ん?」
R 「そんな中ですが、フフ、このラジオで、ちょっとだけ温まって貰ったら
嬉しいですね。」
N 「ね~、うん、はい!そうですね。」

この後、アドレスや、各コーナーの紹介がありました。

そして、メッセージが紹介されていました。

恵庭の“シュウイチさん”からで
“久しぶりに明日は仕事が休みで遅くまでラジオが聴けます。久しぶりですが、
パーソナリティの方も変っていてビックリしました。凄い!なっちさんって、
元モーニング娘。の、なっちさんですよね?(「なっちです!フフフ」と言ってます)
昔は良くテレビも見ていました。土曜日に仕事が無い時は、これからも聴きます“
との内容でした。

N 「オ~!嬉しいですね、そうですよ!」
R 「なっちですよ!アハハ」
N 「なっちです!何て言ったらいいか、判んないですけど、なっちですね!フフ」
R 「安倍なつみ、こと、なっちです!みたいな。」
N 「ア~、そうなんだ~!そっか、そっか、元モーニング娘。の、
なっちさんですよねって、“なっちさん”って、フフフ、そう、良く言われるんですよ!」
R 「フフ、何て呼んだらいいかな?うん。」
N 「そうそう、周りの、やっぱり、初めて、お会いするスタッフさんとかも、アノ~、
よろしくお願いします!って“ア~、じゃあ~、なっち・・さん!”みたいな。フフフ
付けた感じで!」
R 「そうね、デビュー当時の、ほら、まだ16歳ぐらいの時はね、みんな、なっち!
なっち!って、こう、フツーに呼んでたけど、でも、今は大人のなっちを目の前に、フフ
ま、私も聞きましたけどね。なっち!って呼ばせて頂いて、フフ、いいか?って!」
N 「そうです!全然、いいですよ。もう、ホントに~!是非、これからも聴いてね
頂けると嬉しいですね。有難うございます!」
(もう、これだけ、なっち!で定着してると、・・さん、を付けると逆に
違和感が有りますよね)(^^;

続いて、もう1通、メッセージが紹介されていました。
深川のラジオネーム“なつをさん”からでしたが、ここで、里奈さんが「なっちサンって
書いて有りますよ。フフ、この方も!」と言うと、なっちは「又だ!フフ、イヤイヤ、
カタカナで、サン!だけど。フフフ」と言っていました。なっちは、ちゃんと、その辺の
リスナーの気配りを判っていたみたいですね。(^^)

“なっちサン、鎌田さん、おばんで~す!いつも楽しく聴いています。2人のコンビの
放送も、もう、大分、慣れてきましたよね。そこで2人が初対面の時の、
第一印象を聞きたいです。そして、今までコンビを組んできて印象は変わりましたか?“
との内容でした。

N 「フフ、コンビ~!フフ」(表現方法にウケているようです)(^^)
R 「特に、鎌田さんに聞きたい!って事ですが、何か、なっちの印象を
聞きたいんですね。」
N 「オ~!そうか~!」
R 「じゃあ、申し上げましょう!私から。アハハ」
N 「エ~~?!」
R 「なっちは~!なっちは、って、フフ、アノ、ホント、そのまま、もう、まず、
在り来たりですけど、可愛い~!って言うのが第一印象で~・・。」
N 「イエイエイエ・・。」
R 「あとは本当に人の目を真っ直ぐ見て話す人だなと思いました。はい!
そこが、素敵です。フフ」
(そういえば握手会でも、なっちは、しっかり目線を合わせていましたね)(^^)

N 「私は~、私はね、鎌田さんに会った時、大人だなと思いました。」
R 「オッと!エ?それは、フフ、微妙~!フフフ」
N 「何か~、やっぱり~、こう、ね、そういう何か大人の女性と、あんまり、こんなに、
一杯、喋ったりとかっていう機会は、私、ホントに無いんだけど~、やっぱり何か、
色んな面でも~、アッ、そっか~!って色んなコトで、色んなコト経験して、今、
ここに居るんだなァと思うと・・・。」
R 「フフフ、そう、何か、どんだけ、年寄りなんだ!みたいな、今、フフ、
気持ちなんですけど。アハハ」
(確かに2人を比較すると、鎌田さんは、かなり大人っぽく見えますからね)(^^;

N 「何か、こう、尊敬心と言うか、やっぱし、凄いなァ~って、・・年寄りとかじゃ無~い
じゃないですか~!やっぱり、私はね、そんなね、こう、そんなコト思わないですよ。
年寄りとか、もう、何か!」
R 「有難う!フフフ」
N 「そんなコト、思わないです。やっぱり積んで来てるから凄いなァって言う、
尊敬の眼差し?が、有るんですよ!やっぱり色んなコトも知ってるし、学ぶ事が
多いなァと思います!」
R 「イヤイヤ、とんでもないですよ。」(なっちに褒められ、ちょっと照れています)(^^)

N 「ホントです、あと、ナチュラリストですしね!」
R 「アッ、健康オタクね!」
N 「そうそう、健康のコトね。」
R 「なっちと、その辺は違いますよね。うん!」
N 「ね、そう、テニスやってたり~、油のコト~、フフ、たくさん!油のコトって、
オイル?フフ」
R 「健康とかは、どのオイルがいいかとかね。」
N 「そうなんです。やっぱ、そういう事を、やってるじゃないですか!普段からね、
凄いなァ~!って。」
R 「イヤイヤ、もうね、段々、努力もしないとイケない、こう、年齢に、なって
来てますからね!アハハハ」
N 「イヤ~、イヤイヤイヤ・・そうですね。色々、学びますよ!」
R 「はい、そんな感じで、いいんじゃないでしょうか?なつをさん!」
N 「ねぇ~、フフ、いいんじゃないでしょうか?第一印象は、そんな感じですね。」
(なつをさんに2人で語り掛けていましたね)(^^)

R 「うん!ね、でも、ホントに色んな話が出来て私も凄く新鮮で楽しいですし、
なっちのね、アノ、この後、お送りしますけど、なっちの選曲のコーナーとか、
私も楽しみです。うん!」
N 「イヤイヤイヤ・・うん。フフフ」
R 「なので引き続き、お付き合い下さい!」
N 「はい、よろしくお願いします。フフ」

続いて、又、メッセージが紹介されていました。
“流れ星さん”からで
“初めてメールします。鎌田理奈さん、初めまして!そして、なっち、こんばんは!
なっち、10枚目のシングル発売、おめでとうございま~す!ミディアムテンポのリズムに
なっちの声と歌詞が合わさってスゴーク、心地良い感じの曲となりましたね。
たくさんの人に聴いて頂きたくてリクエストします・・・“
まだ、メールには続きが有りましたが、ここで先に曲が流れていました、

♪息を重ねましょう♪

“京都での大御所の方とのイベント、緊張すると思うけど頑張って~!”との内容でした。

R 「これ、すでに終ってまして~・・。」
N 「こないだね、そうなんですよ~!御呼ばれしまして凄い先輩ミュージシャンの中、
凄かったんですよ~!伊勢正三さんだったりとか、杉田二郎さんだったり、
ばんばさんだったりとか、もう、ホ~ント、凄い人です!」
R 「もう、何か、なっちを、こう、孫のように見つめる方達なんじゃ、フフ、
ないかって言う~!」(なっちが、引き立て役になっていたようですね)(^^)

N 「ホントに~、もう、何か、いいんですかァ?って感じで~、そう、京都の
円山音楽堂っていう歴史あるステージで、アノ、ホント、野外で、もう凄い景色が良くて
緑が、バ~!って一面に広がっている~!もう、ステージの作り方とかも、凄い、
変っているんですけど~、もう、アットホームというか、凄く、お客さんも近くに~、
こう、みんなで1つの曲を歌えたりとかする、凄く温かい感じで、空間で生演奏で
歌わせて頂いたんですけど~・・・。」
R 「なっちは、どんな曲を?」
N 「“far away 女の心”をピアノ1本で・・・」
R 「ア~、いいですね!」
N 「・・やらせて頂いたんですけど、もう~、何か今までに無い感じでしたね!」
R 「ア~、やっぱり!場の何かエネルギーとか、しますもんね!」
N 「違います。何か、ここに、ア~、導かれて、ここに来たのかなァ?って、
思ってしまった位に、ウワ~!っていう何か、こういう感じで~、もう!」
R 「う~ん、ラインナップが凄いですよ。最後、皆さんで、最後、ステージ?」
N 「みんなで、その~、もう、右向いても左見ても、後、見ても、ワ~!スゲー!
みたいな、ワ~!みたいな。」
R 「フフフ、20代、なっちだけですもんね!」(何か、かなり目立ったでしょうね)(^^;

N 「でも~、何か逆に先輩ミュージシャンの皆さんは、何か、なっちのファンが
たくさん来てくれたので、フフ、そう!その声援だったりとか、ウワ~!って言うのが
新鮮で、ウワ~、凄いね~!みたいな感じで、う~ん、コレいいよ!みたいな、
何か、若いパワーを貰ったよ~!とか言って~。」
R 「アハハ、ア~、じゃア、ホント、世代を越えて、いい交流がね!」
N 「でも、凄い素敵な感じでしたね。もう~、凄い勉強になりましたね。うん!」
R 「ですって!勉強だったみたいですね。」
N そうですね~!」
R 「そしてね、ま、この後のツアーでね、え~、なっち、このニューシングルもね、
披露してくれると思いますので!」
N 「そう、歌いますよ~!」
R 「楽しみにしていて下さい。」

この後“オリコンランキング”のコーナーを挟み、又、メッセージが紹介されていました。

ラジオネーム“和尚さん”からで
“ちょっと相談が有るんです。それは髪型の事なんですが、今、実は僕は、
坊主なんですよ!そろそろ髪の毛を伸ばしてみようと思うんですが、友達や、
周りの人は、坊主頭が似合っているから、そのままの方がいいよ!って
言われるんですけど、どうしたらいいですか?今までの人生で髪の毛を
伸ばした事が無いので、チャレンジしてみたい事も、あるんですが、何か、
似合わないかも?マァ、ぶっちゃけ、僕の写真でも見ないと、お答えしづらいとは
思いますが、何卒よろしく!“との内容でした。

R 「っと言う、フフ、相談です!」
N 「成る程~、エ~?私、坊主の人ね、好きって言うかね~、ホラ、私のね、
よく知ってるスタッフの方が、今、近くに居るけど~、好きなんですよ!フフフ
だって、フフ、何かね、関係ないんです。髪型は!何か、その人から出てる
オーラだったり、雰囲気だったり~、っと言う所に、ガ~!って、こう、
引き寄せられるから~、良くね!フフ、その、スタッフとかと一緒に、こう、ライブとか
観に行くんですけど~、何かね、判んない、偶然なんですけど、スキンヘッドの人が
気になるみたいで~・・・。」
R 「アハハハ」
N 「う~ん、好き!みたいに、なっちゃうんですよ!ウワ~!素敵、みたいな!」
R 「ア~、身近に居るスタッフが坊主なだけに、何か、気になっちゃうのね?」
N 「そう!何か、気になっちゃって、そう、外国のアーティストさんとかもね!それと、
松山千春さんだったりとか~、フフフ、好きなんですよ~!何か、こう、気になると
いうかね、偶々~、でもそう言うコトが重なって、スキンヘッド好き~!みたいな、
フフ、なっちゃうんですけど、そんな、そこ、ピンポイントで好きな訳じゃ無いみたいな!
偶々ですね。そうなんです!」
(あまり、なっちが坊主頭を好きな深い理由は無いようですね)(^^;

R 「アハハ、そうね~、だから、ま、だからいいんじゃな~い!」
N 「そうなんです。だから似合ってればって言うか、全然、髪の毛は関係ない!」
R 「でも、マァ、伸ばしてみたいって思ってるんだったら、1回、伸ばしてみてもね、
いいしね!」
N 「うん、髪の毛はね、自由自在にね、その人らしくあれば!」
R 「ま、切るのは簡単ですからね。」
N 「そうなんですよ!ね。」
R 「ま、この伸ばすのを我慢するか~、もう、切り続けるか、どっちかしか
ないですよね。フフフ」
N 「う~ん?ホントにツルツルにしちゃうか!みたいにね。うん、成る程ね。うん!」
R 「うん、チャレンジする価値は有りますから。フフ」

今まで、ずっと坊主だった人が髪を伸ばしたら、かなりのイメチェンになるでしょうね。(^^;

続いてのメッセージは、ペンネーム“なっち応援歌さん”からで
“初めまして、こんばんは!私は高校2年生から、なっちの笑顔が大好きで、
メッチャ、応援しています。現在は大学4回生で、少林寺拳法部の主将をしていて、
中々、就職活動が出来なかったんですが、無事に飲食業に内定が決まったので、
ホっとしています。ホントは警察官に、なりたかったのですが、相次ぐ部活動の怪我で
叶いませんでした。でも来年もあるので就職しながら頑張ろうと思っています。
そこで、もし安部さんが歌手でなかったら、どんな仕事に就いてましたか?
是非、教えて下さい!“と内容でした。

N 「え~?何だろうなァ?私は歌手、ずっと追い掛けてた気がするけど、そういう
職業が、もし無かったとしたらね~?う~ん、料理人かな?」
R 「ア~、お料理、好きだからね!」
N 「料理は好き!だから~、自分なりに色々アレンジしたりとか、何か食べて貰って、
笑顔になって貰えたりとか、何か、そうかな?何か、そこで表現したいかな~!」
R 「アッ、成る程ね!アッ、それは、でも、もしかして、その、歌手活動しながら~、
いつか何か、フフ、そういう事も出来るかも知れないですよね!」
N 「そうね、実はね、フフフ、ちょっとね、そう、いいなァって!ちょっと
夢だったんです。夢があるんですよね~、何も無~いところから出来上がって
行くっていうのが~!こないだも家でマドレーヌっていうの、初めて作ったんです。
いつか作りたいと思って型は買ってあったんです!」
R 「アハハハ」
N 「でも、ず~と作ってなくて~、何しよう?と思った時、アッ、料理だ!っと思って~、
そうそうそう!作ってみたんですけど~、中々、アノね、貝のね、線が出来ないんですよ!
(貝のような模様ってコトでしょうかね?)(^^;

だって~・・・これ、ちょっとやり方、知ってる方がいたら、フフ教えて欲しいなァって、
今、ふっと思ったんですけど・・。」
R 「アハハ、美味しい美しいマドレーヌの焼き方!作り方!」
N 「そう、どうしても剥がれないんですよ。型から!そう、ちょっと置いとけば
いいのかなァ?っと思って!置いといて離そうとしたら張り付いちゃって!
だから、焼き立てのまんま、こう、パカって、やったほうがいいみたいで~、
でも、グサってなっちゃうから~!でも、膨らむ過程が可愛くてね、ま~、
いいんですけどね。フフフ」
R 「アッ、でも、この“なっち応援歌さん”も飲食業が決まったと言うコトで是非、
美味しい物を届けてね!」
N 「ね~!幸せになりますからね。美味しいモノ食べるとね!」
R 「新しいお仕事頑張って下さい。」
N 「頑張って下さ~い!」

ここから“なっちのipod”のコーナーになっていましたが、最初に曲が流れていました。
ちょっと渋い感じの男性外国人歌手の声でしたね。(^^)

N 「クレイグ・デイヴィッドの“ブーティ・マン”なんですけど好きですね。もうね~!
イントロからヤバいんですよ。この曲はね、アルバムを、こう、ずっと聴いてるんだけど、
この曲が来たら、あ~、やっぱ、この曲がいいなと思うから、今日は、みんなに
聴いて貰おうと思って!何かね~、何て言うんだろう?優しい気持ちに、
なれるんですよ!何か、こう、何か、好き!って、このメロディが好き!声が
好きなんですね。もう、このアルバムは好きですね。」
R 「デビューアルバム“ボーン・トゥ・ドゥ・イット”2000年頃かな?発売されたの。」
N 「アッ、そんな前になるんですか?ア、ラ、ラ、ラ・・そうですね。今、知った!フフ」
R 「なっちがアルバムから選曲した“ブーティー・マン”でした!」

続いて、2曲目が流れていました。
今度は、爽やかなイメージの日本女性歌手の曲でした。

R 「サア、なっちのipod、2曲目は、又、これ、いい曲ですね。」
N 「いい曲なんです~!好きなんです。ウリさん!フフフ」
R 「中山ウリさん!ね、アコーディオン弾きながら・・・。」
N 「もう、弾きながら歌ってる。何か、こういう生の空間とかでアコースティックな
感じの、音楽で、何か、変った世界観が有りますね。声が凄い好きで~!」
R 「なっちは、何処で出逢ったんですか?」
N 「う~ん?何でだっけ?フフフ」
R 「何か、お奨めして貰った?」
N 「そう!何かね、ジャケットが良くて~、何かジャケット買いみたいな!
よく、それで聴くコト有るんですけど聴いてみたら、何~という、独特な声を持っていて、
素敵!と思って、色んな曲を聴いてみたら凄く素敵で、聴き始めて~!
そうなんですよ。たまたまね、前に行ってた美容院で、そこで、この曲が、
流れてきたんですよ!このアルバムが!アレ?っと思って、中山ウリさんですよね?
って!その、いつも切って貰ってる人に聞いたら“え?何でウリちゃん、知ってるの?”
って言われて、え?知ってるっていうか、聴いてるし!みたいな、聴いています!って
言ったら“え?ウリちゃんね、ここにね、バイトしに来てるよ!”とかって!
エ~!?みたいな!ウソ~、何か、世間、狭いなァ~と思って“そう、今日はね、
たまたま、ウリちゃん、出勤日じゃないんだけど!“みたいな、何か、言っとくよ!とか、
聴いてるの?とか、喜ぶんじゃな~い!とかって!」
(なっちが、聴いてると知ったら、きっと喜ぶというか、ビックリするでしょうね)(^^)

R 「フフ、ね、伝わってるかも知れないですよね、ご本人にもね~!」
N 「そうなんですよ~!ホ~ント、ビックリしちゃって、アラララ!みたいな!
たまたま、そんなコトが有って!そうなんですよ~!」
R 「ね、新しいアルバム“DoReMiFa”聴いて貰ってますが、このアルバムも、
可愛いですよね。中がジャバラで、アコーディオン仕様になっていると言うね!」
N 「可愛いの~!赤くてね。うん!」
R 「中山ウリさんの“DoReMiFa”から“月とラクダの夢を見た”」


この後は、後編に続きます。
コメント (2)