ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

「歌ドキッ!~ポップクラシックス~」143日目(4/27)

2007-04-30 00:53:36 | Weblog

今週のWeekly DJは、絵里ちゃんでしたが、
遂にこの日で5日目、最終日となっていました。

「古き良き歌を今に歌い継ぐ、歌ドキッ!ポップクラシックス!
今週は、私、モーニング娘。亀井絵里が、Weekly DJとして
お送り致します。

(CM後)

本日のリクエストは川崎市のペンネーム“ネコ耳田中さん”から!
母が大好きな“あの素晴らしい愛をもう一度”を、お願いします!“との事!

私も小学校の学校コンクールで歌ったコトがあるんですよ~!
いい曲ですよね。では、杉田二郎さん、保田圭さん、後藤真希さんで
“あの素晴らしい愛をもう一度”」

絵里ちゃんの紹介のあと、画面に、ギターを奏でる杉田さんと、
圭ちゃん、ごっちんの3人が登場していました。

圭ちゃんは、4月12日に“別れても好きな人”を歌って以来、14回目、
ごっちんは、4月16日に“シークレット”を歌って以来、実に17回目の
出演となっていて、これは、歌ドキッ!での最多出演回数になっていました。
因みに第2位は、圭ちゃんとやぐっつぁんの14回でしたね。

尚、この日の2人のフッションは、圭ちゃんが前回と同じ、グレー系の
細かいプリント柄のミニスリップ風ドレスで登場、ごっちんは、白に黒い大きな
水玉模様入りドレスで黒いカーディガンを羽織っていました。

そして、短いイントロに続いて2人が一緒に歌い始めていましたが、
今回は、2人ともデュエットを楽しむような感じで、終始、笑顔を絶やさず
明るい雰囲気で歌っていましたね。(^^)

杉田さんも、途中から一緒に歌っていましたが、1番の歌詞の最後のフレーズ
♪あの素晴らしい愛をもう一度~♪と歌う部分から、綺麗にハモっていました。

ごっちんと圭ちゃんは歌っている途中、何回も、お互い、視線を交わし、そして
本当に楽しそうに歌っていました。

2番の歌詞で♪広~い荒野に~ぽつ~んといるよで~♪のフレーズから
半音上がっていましたが、この辺りから、かなりハモる部分も多くなり、
3人が、それぞれの音域をしっかり歌い上げて、素敵なハーモニーを
聴かせてくれました。

いつもは、感情を込めて情熱的に歌うコトが多い、ごっちんも今回だけは、
常に余裕の表情でリラックスしながら、圭ちゃん、そして杉田さんとの
競演を楽しんでいました。

そんな、ごっちんを見ながら圭ちゃんも、とても嬉しそうな様子で、
最後まで明るく元気に歌い上げていましたね。(^^)




コメント

「里田まいの産地直送!カントリー娘。スペシャルフライデー」NO147(4/27)

2007-04-29 23:41:53 | Weblog

よっすぃ~、ミキティを迎えての産直も最終日となっていましたが、
今回は、よっすぃ~スペシャルとなっていました。

(M=まいちゃん Y=よっすぃ~ MK=ミキティ)

M 「・・サァ!っと言う訳で、今日はスペシャルフライデーです。
え~、今日も2人には参加して頂きたいと思います。!
モーニング娘。吉澤ひとみ&藤本美貴!」
MK 「はい!」
Y 「は~い、お願いします。」
MK 「よろしくお願いします。」
M 「え~、お二人は、よく、金曜日とか、ま、土曜日の次の日、休みだからさ、
ま、どっか、出掛けたくなるじゃないですか!よく、遊びに行ったりしましたか?」
Y 「金曜日~?」
M 「でも、ま、2人はアノ~、フツーのねぇ、アノ・・」
Y 「でもね、いっつも金曜日だと、今日、13日じゃないよな?っと、いっつも
そう思う!」
MK 「アァ、13日!フフフ、あ~、今月、そう言えば、あったね。13日の金曜日!」
Y 「あったでしょ?4月の13日!」
(今年は4月だけですよね)(^^;

M 「何か、コワいよね。」
Y 「そう?コワくないんだけど~、何か、13日の金曜日だと、ウワ~、13日の
金曜日だって!フフ、未だに言ってる!」
M 「居た、居た、そういうヤツ、居た!・・・でもさ~、もうさ~、2人、
私も、そうだけど、こういう仕事をしてましたら、土曜日とかは、コンサートが
多かったりするから、あんまり、何か、次の日、休み!って言って何処か遊びに
行くコトも無いかな?」
MK 「無い~!早く寝なきゃ!って感じ。」
M 「そうだよね、ま、そんなコトも有りますけど~、ま、今日はですね、
最後!最後だ、今日で、アノ、みんなとも、お別れなので、楽しくトークして
行きたいなと思います。よろしくお願いします!」
MK 「はい、そうです。」
Y 「よろしくお願いします!」

<タイトルコール>

M 「今夜は、吉澤ひとみ、モーニング娘。卒業に!・・一緒に行くよ!せ~の・・
(2人を促しています)
全員 「CHU~チュッ!目!」(ゆっくりと3人でチュッ~!と言ってました)(^^)

MK 「恥ずかしいね。コレ!」
Y 「やらされた~!」
M 「アハハハ、でも、ちゃんと今、合わせてくれたね!絶対、やってくれないと
思ったんだ!ちゃんと一生懸命、合わせようとする2人の姿勢がちょっと
可愛かったけど!」
Y 「フハハ」
MK 「アハハ」(若干、照れています)(^^)

M 「は~い!っと言う訳で、ちょっとメールが来ているので、ご紹介します。
え~、こちらはですね。ラジオネーム“ばっはさん”です。有難うございます!」
“皆さん、こんばっは!”
Y 「こんばっは!フフ」
MK 「こんばっは!フフ」
“よっすぃ~、北海道でのライブ、お疲れ様でした!”
Y 「いいえ!」
“もう直ぐ、卒業ですね!”
Y 「うん!」
M 「フフフ」(一言ずつ反応する、よっすぃ~に笑っています)(^^)

“7年間、モーニング娘。でカッコ良く、過ごしてきた、よっすぃ~らしく、
ラストシングルもカッコいいですね!“
Y 「ありがと!」
“リーダーとして、みんなを纏めているよっすぃ~は、とても素敵で僕は大好きです!
卒業まで、あと、少し!最後まで全力で突っ走れ~!“
Y 「オッ、サンキュー!」
M 「嬉しいですね。」
Y 「嬉しいですね!」
M 「ねえ~、凄いねぇ~!産地直送、私の番組だって言うのに、一言も
私のコト、書いてない!」(ちょっとスネています)(^^;

MK 「アハハ、確かに~!」
Y 「アハハハ!」
M 「こう、確実にね~、もう、よっすぃ~のみが好き!」
MK 「もう、まいちゃんのコトが見えてないと思う!ばっはさんには!」
M 「見えてないね。」
Y 「ばっはさん、うん!」
M 「ホントによっすぃ~のコト、好きだったんだね。フフフ」
Y 「ばっはさんね!フフ」
(これだけ、よっすぃ~に名前を言って貰えたら本望ですよね)(^^)

M 「ハハハ、サア~、っと言う訳で~、マァ、もう直ぐか!え~と、5月の・・」
Y 「6!」
MK 「6!ホント、もうちょっとだね~!」
Y 「だね~!」
M 「6で、マァ、7年間のホントに1番最後、締めくくる訳ですけれども・・。」
Y 「うん、そう言うコトだね~。」
M 「今、現段階では、実感は有る?」
Y 「無い!」
MK 「無いよね~!」
Y 「いつも、ホラ、送り出してたから~、だから、ホラ、送り出す側としてはさ、
こう、もう、判るじゃん!ア~、どうなって行く~!とかさ、卒業後!して~、
あとのグループの状況判るけど~初体験だからさ!何せ、何処をどうなんだろう?
ちょっと楽しみよ。だから!」
(湿っぽい卒業式は、よっすぃ~には合わないと言うコトでしょうね)

MK 「でも、こないだね、北海道でライブ、やった時に~、アノ、よっちゃんが
ソロ曲、歌ってるときに楽屋でメイク直し、してる子達もいて、で、よっちゃんが、
あと何日!何日って毎回、カウントしてるのよね~!」
Y 「言ってるの、カウントダウンしてるの!」
MK 「卒業式まで、あと何日ですって、最初50日ぐらいあったのに・・。」
Y 「そう、最初、50日だった!」
MK 「で、こないだ聞いたときに~、22,3・・?」
Y 「もう、北海道で21日!もう。」
MK 「え?!早え~!とかって言って、やっぱ、メンバーも実感ないみたい。まだ!」
(実際、今でも常に一緒に活動していますからね)(^^;

M 「アッ、じゃあ、特に何か、こう、卒業、もう直ぐ、近いから~、何か、こう、
今まで一緒には活動して来たけど~、そんな、ちょっと、こう、あんま、
話した事ないメンバーと、ちょっと一杯話してみよう!みたいな!」
Y 「ないよ~!」
M 「全然、ないんだ?」
MK 「ちょっと何か、フフ、気まづくない?それでさ~、何か、例えば美貴と
話して貰って、え?ミキティさ~、全然、喋ってなかったけど!って、何か言われても、
こっちも、ア~、そうかなァ?みたいな~・・・」
M 「ないの?私、そういうの、凄い有るのかなァと思ってた!無いんだ~!」
Y 「ないよ~!」
MK 「ないんじゃな~い!?」
M 「そうなんだ~、アッ、でも、そうだったかもね!まいも、そうかも?
カントリーの2人卒業したとき~!」
MK 「変わらないでしょ?」
Y 「変わらなかったね。」
M 「うん、変らなかった!何か、逆に凄い、仲良くなった。まい達はね、
うんうん、アッ、そうなんだ~、無いんだ~!え~?でも、美貴は、ホラ、
次のリーダーになる訳だけど~!」(今度はミキティに話を振っています)(^^)

MK 「そうなの、リーダーなの。ビックリじゃない!でも、別に私も、実感ないから~、
フフ、全然!何か~、でも、マァ、みんな、しっかりしてるから
大丈夫なんじゃないかなって!」
Y 「そうだね。」
M 「そうなんだ!でもさ~、あんま、リーダーって言うタイプじゃないよね。」
MK 「タイプじゃないでしょ?」
M 「だって~、何て言うんだろう?どっちかと言うとさァ~、例えばリーダーが居て
その違う所で、何かさ、ちょっと異種業団的にさ、自由奔放にさ、ワ~ワ~!ワ~ワ~!
言ってるタイプなんじゃないの?」
MK 「多分、だから逆に~、私が思うのは~、ま、いいようにしか思ってないんだけど~、
こう、一匹狼タイプだからこそ、みんなが纏まってくれるんじゃないかなと!
逆にね、フフフ」(娘。メンバーの結束力は、しっかりしていますからね)(^^)

M 「あ~、成る程ね!」
MK 「良く考えすぎだよね。」
M 「イヤ、でも、そういうリーダー像を自分の中で、ちょっと、こう考えてる訳だ!」
MK 「うん、そうそうそう!フフフ」
M 「考えてる訳だ。でも、そんなコト考えながら出来ないでしょ?」
Y 「でもね~、変るよ~!」
M 「変るかなァ?」
MK 「変るかなァ~?」
Y 「だって、私だってリーダーなんか、やる格じゃ無かったもん!」
M 「そうだね。何年か前のよっすぃ~だったら想像付かないもんね。」
Y 「フフフ、つかないでしょう?」
(人間は、色々と環境が変った時に大きく成長する事が多いですからね)(^^)

M 「そうか~、でも、7年もやってたら、色々な思い出、有ると思うけど、
モーニング娘。にとって1番、思い出に残ってるの?・・マァ、一杯有るから~!」
MK 「7年間だよ~!」
Y 「一杯、有るよ~!何か、その!でもね、何?誰か、何?常にさ、
同じ、ずっとメンバーが、同じじゃ無いじゃん!だから、そのメンバー!その時の
メンバーの、アレの思い出が、凄い一杯有る訳ね。」
MK 「中澤さんが居た思い出~・・。」
Y 「居た時の思い出~、そう、出てからの思い出、そして、誰か入ってからの
思い出~!とか、あん時、あん時って、言う思い出、一杯有るよね。」
(目を瞑れば走馬灯のように色々思い浮かぶんでしょうね)(^^)

M 「そうなんだ~!ま、色んな思い出は有ると思うけれども、じゃあ、マァ、
道民の皆さんに、フフフ、アノ~、一言貰っていい?」
Y 「そうだね~、ホラ、北海道はコンサートでも~、何か、こう、何回か来れたし、
やっぱり~、何か、こう、北海道でも~、やっぱ、やれる位、みんな
応援してくれてたので、又、マァ、モーニングでは来れないんだけども~、
ま、吉澤ひとみとして、又、来たいなと思いますので、その時はですね、暖かく!
暖房いいからね。北海道は!」
M 「そうね~床暖房!」
MK 「ビックリしちゃった!ヨダレ出ちゃったよ!フフ」
(ミキティも床暖は、まだ経験、無かったんですね?)

M 「そうだね~って、紹介せんけど、そっちか?フフフ」
Y 「マァ、それ位、ホラ、外は寒いけど人は暖かい!北海道はね、みんなね、
だから、又、来るので、その時は、お願いします!」
MK 「暖かいよ!うん。」
M 「は~い、ま、でも、いいね。明るい卒業だから!ごめんね、だから、私だけだね、
湿っぽくなってたのは。」(それだけ、よっすぃ~とは親しい関係でしたからね)(^^)

Y 「そうだよ~!止めてくれる?ホントに!フフフ」
M 「申し訳ない。心の中から謝るワ。フフ、イヤ、でも、サブリーダーとして・・・
アッ、違う、違う!リーダーか?リーダーなるから、マァ、そのまんまで、頑張ってね!」
MK 「そうですね。このまんま、行きます!」
M 「うんうんうん!は~い、っと言う訳で、じゃあ、今日は、よっすぃ~スペシャルと
言うコトで、お届けしました!」

<エンディング>

(宛先、アドレス告知後)

M 「それでは2人とも、1週間、どうも有難うございました。」
Y&MK 「有難うございました!」
M 「又、来週も、私、1人で、お届けしますので、皆さん、2人が居ないからとか言って、
聴かない!とか、有りませんから!よろしくお願いしますよ!」
MK 「アハハハ」
Y 「飽きるなよ~!みたいな。」
M 「はい!っと言う訳で、深夜0時50分から、又・・お会いしましょう!
ホント、ありがとね!」
Y 「アリガトね!又、来るからね!」
MK 「有難うございました!」
M 「うん、はい、来て下さ~い。それでは3人で、せ~の!」
全員 「いい夢、見ろよ~!」

こんな感じで、よっすぃ~、ミキティ特別ゲストシリーズは終了!
まいちゃんにとっても、久しぶりに、くつろいでラジオ収録に望めた、
ひと時だったでしょうね。(^^)

コメント (5)

「今夜もウサちゃんピース!」第30回(4/26)

2007-04-29 16:45:54 | Weblog

オープニングで、さゆみんは、今年になって、
料理をするようになったと言って、その後、
しなくなったとの話をしたけど、又、最近、
料理をしていると言っていました。
(何か、ややっこしいですね)(^^;

新たに作ったのは、エビフライとトンカツと豆腐サラダだそうで、更にカレーも
1人で作ったとの事で「・・しかも、そのエビフライとか、トンカツが大好評で、
外がカリカリで凄く美味しいって言って貰えて凄く嬉しかったんです。でもね、
カレーも食べようと言うコトになって、お母さんが温めてくれたんですけど、
お母さんが焦がしちゃって、全然、食べれる状態じゃなくて、もう、その何?・・
オワンじゃなくて、カレーを入れるヤツ!何て言ったけ?ど忘れ!何だっけ?何だっけ?
鍋!(スタッフから声が掛ったようで)お鍋も~、・・鍋、ど忘れしちゃった!フフフ、
お鍋も捨てなきゃいけない位、焦がしちゃって、もう、アノ、とても切なかったです。
はい!」と話していました。

さゆみんが、そんなに料理出来るようになったとは、ちょっと驚きですね。(^^)

ここでメッセージが紹介されていました。

京都市の、うさちゃんネーム“納豆丸さん”からで
“・・突然ですけど、テレビで山口県民は、鳥居を見ると石を投げずには、
いられない!って言ってたんですけど、さゆみんも、やってみましたか?それで、
鳥居の上に石が乗ると願いが叶うらしいんですけど、この方法で願いが叶った事が
ありますか?教えて下さい“との内容でした。

この質問は他にも、たくさん来ていたそうですが、さゆみんは知らないけど、
何となく話は聞いた事が有るし、気にもしなくはないけど、実際、やったコトは無いし
鳥居も、実際、見に行ったコトも殆ど無いとの事で「・・ホントに自分が
山口県民なのかな?フフ、疑っちゃうぐらい、はい!申し訳ないです。フフ、はい!
っと言う訳で、マァ、その石は投げたコトは無いんですけど、願い事が、たくさんの
道重さゆみと今晩も30分、お願いします!」と語っていました。

どうやら、放送後に、さゆみんが、お母さんに確認した所、鳥居の件は本当だったそうで
色々、地域によって面白い風習が有るようですね。(^^)

♪“悲しみトワイライト”

“さかさま☆パニック”

与えられたお題を、耳で聴いただけで瞬時に逆さまにして答えると言う、
パニック必至のコーナーで、シンキングタイム20秒の間に正解を言わないと
アウト!となり、3つのお題のうち、2つ失敗すると、メチャクチャ痛い
ゴメンナサイ台詞を言わされるとのルールで、早速、今週もチャレンジしていました。

(<>=投稿者の住所&うさちゃんネーム 【】=お題 「」=さゆみんのトーク&感想)

1問目 <豊田市 ポポンタさん> 

【端午の節句】

「何?タンゴ、タンゴ?タンゴ!・・ゴンタ・・待って!ゴンタ、待って、
タンゴノセック・・クツセノゴンタ!(ピンポ~ン!)やった~!ゴンタって言うのは
凄い、覚え易かった!知り合いのワンちゃんで、ごん太って居るんですよ!」
(名前的言葉で、すぐ閃いたようですね)(^^)

2問目 <徳島県 スタートピーズ> 

【おはようございます】

「え~、簡単だけどね、待って、おはようございます。でしょ?待って、スマ・・
オヒョウゴザイ・・ゴザイマス・・あ、難しい!ゴザイマス、スマイザゴ、
スマイ・・う~ん?判んなくなった、スザマ・・違うよね?(ドボ~ン!時間切れのSE)
長い~!って言うか、それで濁点って言うの?難しい~!」
正解は「スマイザゴウヨハオ」
(9文字で、更に、間に濁点が有るので、かなり難しかったようですね)(^^;

3問目 <埼玉県 まっち隊長さん>
 
【マカダミアチョコレート】

「マカダミアだけでいいじゃん!ちょっと待って!マカダミヤ・・違う?アッ、マカダミア・・
アミダ?マカダミ・・アミダカマ!チョコレートでしょ?チョコレート、トレ・・トレ・・
(ドボ~ン!)あ~、もうヤダ~!ここで正解を読んでいます)
“トーレコヨチアミダカマ”あ~、アミダって所でイケると思ってたんですけど、
ダメでしたね~!」

そして、ゴメンナサイ台詞は神奈川県の“初めの一歩さん”の投稿作品でした。

“え~ん、シクシク、エ~ン!得意の逆さま、又、言えなかったずら!
出来なかったずら!慰めたってダメずら!あっち行ってずら~!“

「フフ、ま、最初の“エ~ン!”で、ちょっと助かる、助か・・助かられ・・
(噛んでいます)もう!ちょっと動揺してますね!フフフ」

“さゆの小部屋”

ここでは、コーナー以外のお便りを紹介していました。

松坂市の、うさちゃんネーム“さやさん”からのメールで
“・・私は最近、お部屋の模様替えをしました。それ以来、掃除をするのが大好きに
なりました。さゆみんの、お部屋は、どんな、お部屋ですか?模様替えなど、
してますか?掃除は好きですか?“との内容でした。

さゆみんの部屋は、家具が白と赤で決められてるそうで、初めは結構シンプルな
感じで、結構、綺麗目だったものの、さゆみんはUFOキャッチャーが大好きで
一杯、そういう人形を取ったとの事で「・・で、ファンの方のプレゼントとかも、
凄い可愛いの、くれるので、そういうのが、たくさん、お部屋に有るので、何か、
お人形だったりとか、髪飾りとか、カチューシャで、ゴチャゴチャしてて、別に、
そんな汚いって訳じゃないんですけど、纏まりが無いんですよね~!マァ、
そんな感じです!」と説明していました。

何か、掃除に関しての話は有りませんでしたが、それだけ部屋が埋まっていたら
掃除も出来ないと言うコトでしょうかね?(^^;

滋賀県の、うさちゃんネーム“モモンガ頭さん”からは
“・・ハワイでのファンクラブツアー、お疲れ様でした。ところでハワイでの新キャラ、
ひとピンクと、みきピンクにはビックリしました。最近では、しげブラックなど、
様々なキャラを表していますよね。そこで質問です。ズバリ、ひとピンク、みきピンクの
感想は?あと、2人で他のメンバーに、やって欲しいキャラなど有ったら教えて下さい“
との内容のメールが来ていました。

さゆみんは「そうですね。ズバリ!何で~、みきピンクが、あんなに
ノリノリだったんだろう?っと思う!何か~、吉澤さんはね、凄い、ちょっと
照れてたんですよ。あ~、どうしよう?どうして出来ないとか、こんな振り付けで
出来ないよ~!とか、言ってたんですけど、みきピンクの~、アノ~、ノリノリさん!
凄い!どこで、どう開き直ったんだろう?って、凄い!そこが1番、さゆみは気に
なってました。フフフ、はい!」と話していました。

マァ、ミキティも、あややと組んで、以前はコントを毎週、やっていた頃、毎回、
あんな感じで、はしゃいでいましたからね。(^^)

岩手県の、うさちゃんネーム“愛しのさゆみんさん”からは
“・・・ところで、さゆの、愛しのえりりんが、垣さんにラジオのペアで
取られてしまいました。どうなの?さゆみん!“との内容の質問メールが来ていました。

さゆみんは、今は1人で、ゆったりとしているのが好きなんで嬉しいと話し、ここで、
絵里ちゃんと遊園地に行った時の様子を語っていましたが、行ったコト自体は
楽しかったものの、絵里ちゃんは、マイペースと言うか、ペースが崩れないとの事で
「・・ホント、自由なんですよ。なので、アノ~、そんなにね、大してコワくない
乗り物でも、ホントにギャ~ギャ~うるさくて“さゆ、どうしよう?
どうしよう!?”って!イヤ、もう全然コワくないから!って言っても
“凄い怖かったね~!”って言うんですね。で、かと言ってね、ゆったり乗ろうか?
って言ったら“眠い~!”とか言うんです。ホントにね、もう、そんなちょっと
マァ、そのプライベートだけにして欲しいなと思うので、垣さん、よろしく
お願いします!」との事で、絵里ちゃんの面倒を垣さんに託すような表現で
語っていました。
マァ、きっと絵里ちゃんも、垣さんの前だと態度が変ると思いますけどね。(^^;

新潟県の、うさちゃんネーム“チョコレートケーキさん”からは
“・新潟でのライブを観に行きました。小春ちゃんの地元でのライブと言う事だけあって、
凄く盛り上がっていましたね。小春ちゃんコールを聞いて、凄く喜んでいた小春ちゃんが
凄く印象的でした。ところで、さゆみんに質問なんですが、新潟での公演中に、
亀井絵里ちゃんのスカートを、めくっちゃってましたね。アレは、とっさに、
しちゃったんですか?それとも、前から、やろう!と作戦していたんですか?
あの日、何だか、さゆみんのテンションが、いつもより高めだなァと思っていたので、
気になって質問してみました。教えて下さい!“との内容のメールが来ていました。

さゆみんは「そうですね~、何か、さゆみ、最近ライブ中、メンバーに、ちょっかい
出したくて仕方ないんですよね~!フフ、何か、凄いそれが楽しみで~、毎回、
結構、コレ、スカートめくりをした時は~“未来の太陽”と言う曲中だったんですけど、
その曲は凄い自由なんですよ。何か、振りって言う振りがあまり無くて、凄い楽しくて
テンション上がっちゃって、めくっちゃえ~!みたいなノリで~、フツーに
めくっていました。したら、結構、絵里、フツーにビックリしてましたね。フフフ」と
話していました。
何か、さゆみんも、おっさん感覚で自由にステージで遊んでいたみたいですね。(笑)

♪ That’s the POWER ♪


“ダジャレンボー将軍”

ダジャレを思いっ切り面白がっちゃうコーナーで、リスナーから送って貰ったダジャレを
さゆみんが、使える!と思ったら“ダジャレンボー将軍”に認定!
さゆみんは使わないけど、お父さんなら使うと思ったら“ダジャレンボーお父さん”
誰も使わないと思ったら“トイレ行き”の3段階で、さゆみんが独自に
判定するルールで今回も進行していました。

(<>=投稿者の住所&うさちゃんネーム 【】=作品 「」=さゆみんの短評&判定)

① <熊本県 黒ひげさん>

【モーニング娘。の藤本さんが、ご機嫌斜め!モ~、ムスっとしないで!】

「ダジャレンボー将軍!うん、コレ、モーニング娘。とモー娘。に掛けてると思う。
ま、使える時は、たくさん有ると思う・・でも、藤本さんが、ご機嫌斜めの時に・・
言ったら余計、オコられそう!“アッ寒いんだけど!”と言われそう。勇気要りますね。」
(少なくても直ぐにツッコみは入るでしょうね)(^^;

② <埼玉県 ふ~ふ~されたいうわのアイツさん>

【そこのタンカー、待たんか~!】

「ダジャレンボーお父さん! はい、あんまり使える場面、想像出来ないんだけど、
こういう単刀直入なのは嫌いじゃないので!」


③ <福岡県 うさぎ団ピョ~ンさん>

【こんなに綺麗な満月が見られるなんて、月だけにツキが有るなァ!】

「ダジャレンボー将軍! はい、さゆみ、ツキ!っと言う言葉が凄い好きです。
お母さんに言われたけど、前向きに“ツイてる!ツイてる!”って言ってれば、
ホントにツキが来るらしい!」(素晴らしい心掛けですね)(^^)


④ <東京都 うずまきさん>

【一つしか、傘がないので貸さない!】

「ダジャレンボーお父さん!これは、よく昔、お父さんから貰ったダジャレの本に
傘が重なる、というダジャレがあって、それに凄い似てたので・・」


⑤ <兵庫県 明太子パフェさん>

【ダジャレンボー将軍のネタ、思いつかないから、ネタ!】

「トイレ行き!フフ、ネタと睡眠を掛けてると思うんですけど、一生懸命、
頑張って欲しいですね!」(中身の薄さに少し呆れていました)(^^;


⑥ <山口県 甘口さん>

【この味噌汁、ホントに美味しいね~!おみそれしました!】

「トイレ行き!イヤ~、おみそれしました、は、ちょっと固過ぎるので、さゆみは、
使わないと思いました。」(少々、年配者の投稿かも知れませんね)(^^;


⑦ <岡崎市 のっささん>

【コンドルが食いこんどる!】

「トイレ行き!フフ、コンドルは何か、知らないもん!鳥?何?どういう意味?
食い込むの?パンツが?それ、藤本さんに、お願いしたいです!」
(やはり、投稿作品も、さゆみんが知ってる言葉にしないと評価されないでしょうね)(^^;



⑧ <東京都 さゆ流さん>

【もう、すっかり春!コタツはコタツけなくっちゃ!】

「トイレ行き!さゆみん家、コタツ無いんですよ。すみません!」
(ダジャレとしても、苦し過ぎますね)(^^;


⑨ <紀北町 ひなさん>

【ゴキブリの動きっぷりにはビックリ!】

「ダジャレンボー将軍!はい、さゆみ、ゴキブリが出た時、ビックリしました。
ホントに何か、シャシャシャ!って動く!さゆみ、それ、コオロギと思っていた。
未だにさゆみ、コオロギと見分けがつきません。」
(マァ、コオロギの方が、多少、厚みが有りますかね)(^^;


⑩ <兵庫県 りょうさん>

【この、もんじゃ焼き、誰のもんじゃ?】

「トイレ行き!うん、マァ、よくある感じかなァって感じますね。この、
もんじゃ焼きって言えば、垣さんってイメージなんですけど、垣さんに、
このダジャレ、どうですか?って聞いたら、ウケる!って言いました。
だから、これ、垣さんの判断ですね。フフ」
(ウケる!って言うコトは、トイレ行きなんですかね?)(^^;

♪BEポジティブ♪

エンディングでもメッセージが紹介されていました。

大阪市の、うさちゃんネーム“大阪美男さん”からのメールで
“・・質問なのですが、もし、さゆみんがリスナーの立場になって、ラジオ番組に
お便りを送るとしたら、うさちゃんネームは何にしますか?メチャメチャ気になるので
教えて下さい!“との内容でした。

さゆみんは「そうですね。アノ~、さゆみも何か、アイドルとか凄い好きで、
アノ、ラジオにはあんまり、してないんですけど、そういう何かテレビとかで、
何か、そういう募集してるのとか見ると凄い送りたくなっちゃって、
たまに送るんですけど~、一番最近送ったのは、その、うさちゃんネームは
“シルブシラズ”です。フフフ、誰でもいいんですけど!」と話していました。
ひょっとしたら他にもハローメンバーで、この「うさピー」や、色んな番組に
投稿している子が、結構、いるのかも知れませんね。(^^)

尚、うさピー大賞は“チョコレートケーキさん”(さゆの小部屋)
“のっささん”(ダジャレンボー将軍)に送られていました。
コメント

「おはスタ“ハッピー☆彡編”」その6(4/27)

2007-04-28 12:05:27 | Weblog

いつものようにスタジオで、山ちゃんが、
小春ちゃんこと、月島きらりちゃんの新曲について
「・・でもね、この歌、歌うまでは大変だったんです。
レコーディング、色々有ったんです!イヤ、でも、
何か閃いたみたいですね。」と語っていました。

そして画面には、これまでの経緯が流れ、きらりちゃんが、なーさんに
話し掛けていました。

(K=きらりちゃん S=ジェイク島村 I=石山プロデューサー N=ナレーション 
NS=なーさん)

K 「ね~、なーさん、幸せって、いい言葉だよね。」
NS 「な~!」
K 「あ、そう言えば、幸せって、英語で何って言ったっけな?辞書、辞書!・・・」
(カバンの中から辞書を取り出して調べています)

K 「幸せ、幸せって、う~ん(ページを捲っています)アッあった!happy!
ハッピー!これで、私も、みんなの幸せの1つに、なりたい。みんなを歌で
幸せな気持ちに、してあげたい!」
NS 「な~な~な~!」
K 「そうよ。なーさん、その気持ちが伝わる言葉を歌に入れれば!よ~し!」

きらりちゃんは、ノートを取り出し、自分で言葉を書き始めていました。
そして、出来上がった詩を持ってスタジオに向います。
スタジオ前の廊下では、相変わらず石山プロデューサーがオロオロしていました。

I 「アッ、きらりちゃん、もう、大変だよ~!」
K 「お願いが有ります。アノ、ディレクターさんに会わせて下さい!」
I 「エ~?だって、この前の一件でカンカンだよ!」
K 「判っています。でも、お願いします!」
I 「今、レコーディングスタジオに入っているけど・・・」

その言葉を聞くと、さっさと、きらりちゃんはスタジオに入って行きました。

I 「・・でもね~、きらりちゃん、ものすご~く怒っているから~・・
え?きらりちゃん!」

スタジオでは、ジェイク島村ディレクターが、ヘッドホンでラップを聴いていました。

S 「♪ズンズンチャッカ、ズンズンチャカチャカ♪」
(大音響でノリノリで聴いています)
K 「失礼します。月島きらりです!」
(きらりちゃんは、強引にヘッドホンを外して耳元で大声を出していました)(^^;

S 「君か?!何?歌わせないと言っただろ!♪ズンズンチャッカ、ズンズンチャッカ♪」
K 「話を聞いて下さい!って言ってるんです。」(又、ヘッドホンを外しています)
S 「耳、痛!あのな~、今、忙しいんだよ!帰れ、帰れ!♪ズンズンチャッカ、
ズンズンチャッカ♪」(きらりちゃんを無視して、又、ラップを聴いています)(^^;

N 「来週、音楽ディレクターときらりが対決!きらりの想いは伝わるのか~?」

ここで、映像が終っていました。
果たして、きらりちゃんの書いた歌詞が採用されるんでしょうか?
次回を、お楽しみに!

コメント

「歌ドキッ!~ポップクラシックス~」142日目(4/26)

2007-04-28 11:16:31 | Weblog

今週のWeekly DJは、絵里ちゃんが担当!
この日で4日目に入っています。

「古き良き歌を今に歌い継ぐ、歌ドキッ!ポップクラシックス!
今週は、私、モーニング娘。亀井絵里が、Weekly DJとして
お送り致します。

(CM後)

「本日のリクエストは北海道札幌市のペンネーム“ウオノメちゃん”から!

“私にとって、80年代、半ば、すっごい懐かしい荻野目洋子さんの
「ダンシングヒーロー!」この曲を、リクエスト、お願いします!“
との事です。

この曲のコトを、お母さんに聞いたら、ダンスが特徴的で、とても印象に
残っていると言っていました。今日は、シャ乱Qたいせいさんのダンスにも
是非是非、ご注目!それでは、お聞き下さい!シャ乱Qたいせいさんと、
辻希美さんで、荻野目洋子さんの“ダンシングヒーロー!”

絵里ちゃんの紹介の後、画面が、スタジオに変り
辻ちゃんと、キーボードを弾くたいせいさんが登場していました。

辻ちゃんは、かなり久しぶりの出演で、前回は何と、昨年11月7日に登場して
“六本木心中”を歌って以来、4回目となっていました。

又、この日のファッションは純白のドレスで頭のリボンや、ブーツも全て白で
統一していましたね。(^^)

イントロから辻ちゃんは、ノリノリで派手なアクションを交えて元気に踊っていました。

そして♪愛してるよなんて、誘~ってもくれない!・・♪と歌い始めましたが
歌う事を楽しんでいる感じで途中では、クル!っと1回転するなど
振りでも、色々なパフォーマンスを見せていました。

中盤の♪今夜だけでも、シンデレラボ~イ♪と入るフレーズから、
辻ちゃんのテンションは、更にヒートアップ!
たいせいさんもノリノリで辻ちゃんがマイクを向けるとキーボードを弾きながら
一緒に歌ったりしていました。(^^)

その後も、辻ちゃんは、カメラに向かってポーズしたり、スタジオを歩き周り、
♪銀のシューズで踊ってDo you Wanna hold me tight ~♪のフレーズでは
手拍子も加えていましたね。(^^)

終盤の♪・・ハート。赤く、火花散らして♪もっと!(I love you)♪のフレーズでは
カメラに向かって、マイクを差し出し、何か挑発するようなポーズも見せ、
最後まで元気に歌い踊って終了していました。

何か、こんなに楽しそうに歌う、辻ちゃんを見るのは、久しぶりな感じで
見ている側も、思わず微笑みたくなるような楽しい雰囲気でしたね。(^^)

コメント