ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

「GOTCHA!~Fun's Radio~DJなっち」第2回(9/14)

2007-09-16 12:26:58 | Weblog
早くも、なっちの北海道発信ラジオも2回目になっていましたが、
今回も、面白トークを連発していました。
そして、何と、なっちが自動車普通免許に見事、合格した事も
報告していましたね。(^^)

では、オープニングトークから、お楽しみ下さい。

後、今回は、録音ミスから後半の1部が欠けてしまったので、その分は
又、後日にレポしたいと思っていますのでご了承下さい。

(N=なっち R=鎌田理奈)

“オープニング”

N 「大通り公園で寝そべりたい、安倍なつみです!」
R 「こんばんは!鎌田理奈です。世代もジャンルもごっちゃ混ぜで
GOTCHA!~Fun's Radio~です。」

<テーマミュージック後>

R 「改めましてこんばんは!鎌田理奈です。」
N 「安倍なつみです!」
R 「何?大通り公園で・・フフ」
N 「そうなの~!大通り公園の原っぱの所で~、大の字になって、お休みしていた
かたが居てね~!」
R 「アハハハ」
N 「私も、やりたいなと思ったんです!」
R 「寝たいなァ~と!」
N 「私も、そこでノンビリしたいと思って!」
R 「そうなのよね~!」
N 「北海道の風を感じて土や草のニオイを感じながら、やってみたいと思って!フフ」
R 「フフ、思っちゃったの?ねぇ~、せっかく、こうやって来てくれてるんですけどね~、
なっち、忙しくてね~!」(なっちの過密スケジュールを見て言っているようです)(^^;

N 「そうなんですよ。何だかね~!フフフ」
R 「でもね、そんな忙しい中、何と、最近、なっち、免許取ったそうで!」
N 「そうなんですよ。最近と言っても、マァ、7月なんですけど~、免許取ったんです!」
R 「イヤ~、よくそんな時間が!」
N 「ねぇ~、何か仕事の合間を縫って、結構、大変じゃないですか!何回も
こう、教習所に通わなきゃいけないし~、技能テストとかも有ったり、技能教習とか
一杯有って、ホント、何か、こう、友達っていう友達も出来ないじゃないですか。
時間、バラバラで!」
R 「そうだよね~!」
N 「ホント、友達の居ない大学生活みたいな!1人で通って、フフフ」
R 「ア~、1人で通って~・・。」
N 「ちゃんと、何時から何時までは、ここの勉強、出来るんだ、とかっていうのを
やって、そう!それでテストも受けて、もう、初めての事だらけじゃないですか!
毎日、毎日が、もう~、ドキドキしましたね。でも、26歳なんですけどね、今、
26歳の誕生日までに取るぞ!って思って~、7月中に試験を受けに行って~!」
R 「落ちなかった?1回も?」
N 「1回も落ちなかったの。仮免から!」(流石なっち!素晴らしいですね)(^^)

R 「オ~!凄い、優秀!」
N 「もう、メチャメチャ勉強してですね~、アノ、休みの日も、5~6時間、アノ、
そのテスト?問題に出るよ~!っていうやつの、受けれるんですよ。何か
コンピューターとかで!」
R 「あ~、そのテストのテスト、みたいな感じね。フフ」
N 「そうそう、そうそう!で、それも受けたり、先生に聞きまくって!フフフ、
ホントに聞いて、聞いて!で、落ちたくなかったから、最終の試験場でね、
安倍なつみだ!ってやっぱ、なる訳ですよ。」
R 「アハハハ」
N 「そこで何か、こう、落ちた人が教室から出て来るシステムじゃないですか!
絶対、落ちたくなかったの!もう~、フフ、ホントに、ここはね、プライドとしてね。
絶対ね!もう、一発合格だと思って!」(なっちの意地を見ましたね)(^^)

R 「イヤイヤ、中々、こう、負けず嫌いでガッツが有る~!」
N 「そうだ、気合で取りました!」
R 「ね、じゃあ、免許、おめでとう!」
N 「有難うございます。フフフ」

この後、しばし、なっちはお休みで、GOTCHA!ライブの様子が紹介されていました。

R 「サア、ここからは、私となっちで、皆さんのね、メッセージに色々、お答えして
行きたいと思います。」
N 「そうですね。じゃあ、なっちから行きましょうか?なっちに質問ですかね?
これは、そうですね・・・」

札幌市の“サオリーヌさん”からのメールで
“なっち、お帰り~!(なっちが「アッ!ただいま~!フフフ」と言ってます)・・
先週の10年記念隊のコンサート、行きました!やっぱり、いつ見ても、
なっちは変らず自然体でした。久しぶりに、なっちの優しい歌声が聴けて
嬉しかったです。秋のツアーも絶対に見にいきま~す!“との内容でした。

R 「う~ん?ね、サオリーヌさんという名前ですから、女の子かな?」
N 「っぽいですね!」
R 「そう、なっち、どうでしたか?アノ、10年記念隊のコンサート!」
N 「イヤ~、ファイナルだったんですけどね、9月1日の日、イヤ~、マァ、
感動しました!何か、その日、2回公演が有ったんですけど、もう、1回目から
緊張してて、何か、やっぱり、ファイナルだ!ファイナルだ!って、自分で何か、
自分を追い込んでいるっていうか、ファイナルなんだな~!もう、この瞬間は、
もう、2度と振り返れないんだぞ~!なっち!みたいな、自分で、ドンドン、ドンドン!
緊張してて、で、ホントにラストの公演も、あ~、泣いちゃいそう!ヤバいなっと思って
みんなで気合入れするんですけど、気合入れの時からヤバくて~、ウワ~っと思って、
(ファイナル開始の時から、危なかったんですね)(^^;

もう、スタッフの皆さんとかの手、握ったり、よっしゃ~!行くぜ~!みたいな
感じになってて~、で、最後まで、こう歌い切って踊ったんですね。
で、終わってからですね。ずっと初期の頃から、こう、見てくれてる夏先生と
いうかたと~、ホント、久々に振り付けて貰って、もう初期の頃から知ってて~、
その先生は、やっぱり、深く言葉を交わさなくても色々、もう、判っちゃうんですよ。
アイコンタクトとかで!で、ステージ終わって~、袖に履けた瞬間に、先生が
居たんですね。先生が!もうね~、その瞬間に涙が、バ~ッて!もうね、
目の幅で!ワンワ~ン泣いちゃって~、子供のように抱きついて~、声をあげて
泣いたのは、ホント、小学生ぐらいからかな?フフフ、みたいな~、それ位、泣いて~!」
(なっちも夏先生を見た時に色んな思い出が蘇ったんでしょうね)(^^)

R 「ね~、でも、やっぱりダンスのレッスン?とか、でも、やっぱ、大変だった、
辛かった~?うん!」
N 「そうですね。大変なコトも、色々、今回は試練が多くて、フフ、色んな部分でも!
でも、楽しい部分も一杯有って~、何か、そういう一気に何か、バ~ッ!て、
流れ落ちた感じで~、イヤ~、ホントに色々、学んだツアーでしたね。」
(垣さん、小春ちゃんだけでなく、なっちも学んだんですね)(^^)

R じゃあ、ホントに10年分の~、何か、思い出が全て~・・。」
N 「そう、記念隊ライブ、ホントに記念のツアーでしたね。」
R 「又、サオリーヌさん、秋のツアーも来てくれるという事で!」
N 「是非、お越し下さい。お待ちしております。」
(11月の凱旋コンは、なっちのソロツアーなので今から楽しみですね)(^^)

続いて、もう1通、メッセージが紹介されていました。

ラジオネーム“ぬるりひょん@さん”からで
“今日は、相談したい事が有ってメールしました。実は好きな子がいるんですが、
ずっと片想いのままなんです。それとなく好きなことは伝えているんですが、
中々、振り向いてもらえません。一目惚れから10年が過ぎて20代だった私も
気が付いたら30ウン歳になっていました。それでも、その子の事を想うと、
大好きな気持ちが消える事は有りません。どうしたらいいんでしょう?
何か、解決策を教えて下さい“との内容でした。

N 「凄くないですか?この人!え~、凄~い!」
R 「男性ですね。凄いね~。」
N 「ちょっと女性では、こう片想い、ずっとし続けるって聞いたコト有るけど、
男性でも、こんなに・・エッ?」
R 「10年も片想いって事ですよ。」
N 「10年も片想い!コレ、凄くないですか、これ凄くないですか~!?フフ」
(なっちには信じられない驚きの出来事のようですね)(^^;

R 「解決策、どうしたら?難しいよね。」
N 「え~!凄い、好きである事は伝えても中々、ダメなんだ~!」
R 「でも、これが解決策って言っても、2つに1つですよね。想い続けるか~。
もう諦めて次に行くとか、フフ」
N 「もう、30何歳ですもんね。結婚とかも、好きになった相手の方も、
しちゃうんじゃないですか?結婚とかね!」
R 「それはショックだね、そうだったらね~!」
N ですよね。でも、それ位な年齢ですよね~、もうね、凄い気持ちが大きいというか?
ねぇ~!イヤ~、何か解決策って言っても、どうしたらいいんでしょうかね?コレね!」
R 「私の友人で~、ま、これは女性ですけど、初めて好きになって~、人が!
24歳ぐらいの時に、とある人が好きになって、自分から告白してダメでダメでダメで、
でも、3回ダメで、4回目ぐらいで向こうからも、いいよ!って言われて、その人と
結局27歳位で結婚したって!」
N 「え~!?凄い~、結婚したんですか?凄~い!!」
(これも、なっちには、かなりの驚きのようでトーンが上がっていましたね)(^^)

R 「うん、そういう場合も有る。フフフ、想い続けて結婚まで行っちゃったって
パターンも有る!」
N 「え~?じゃあ、でも、それしか・・諦められないっていうか、もうホントに
大好きな気持ちが消える事は有りません!ってコトは、そのパターンで行くしか
ないじゃないですか!今、鎌田さんが言った~・・。」
R 「ねえ、ちょっと、もう何度もアタックしてみる!」
N 「ですよね~、何回も何回も言って~、でも、ホントに嫌がられてたら、
それは、ちょっとアノ、法律上引っ掛かりそうだから、アレだけど~、フフ
何とも、言うしかないですね。」
R 「やっぱりね、もう、ちょっと、もう大人ですから、いい距離感を計りつつ~。」
N 「そうですね。計りつつ、イヤ~、言うしかないですね!」
R 「ねえ、もう1回頑張ってみたらどうかなァ?」
N 「ねぇ~、それで応援しません?うちらも!」
R 「判りました。応援しましょう。フフ、うん!」
N 「ちょっと頑張って欲しいね。イヤ~、知りたいなァ~!」
R 「この後、どうなったかも引き続き、教えて下さい。」
N 「教えて下さいね~!」
なっちも恋愛が絡む話題には、かなり興味が有るようですね。(^^)

R 「じゃあ、ここでなっちの曲、1曲、お送りしましょう!」
N 「それでは~、フフフ、この曲、いいですね。このメールの流れで!いいですね。
それではお聴き下さい。安倍なつみで・・・。」

♪恋の花♪

この後“オリコントレンドチェック”“ライブツーリングリンク”のコーナーが有り、
この間、なっちは休憩!

そして、又、メッセージ紹介コーナーになっていました。

R 「は~い、ここで、又、メッセージ紹介して行きましょう!じゃあ、なっちから!」
N 「は~い、これはですね、ラジオネーム“キーラさん”中札内にお住みの方ですね。」

“秋ですね。(「そうですね。はい!」となっちが言ってます)僕は農家を
しているんですが、今、収穫の時期で忙しくて大変です。でも、秋は星がホントに
綺麗で星空を眺めると、仕事、イヤだなァと思っても、何とか乗り切れます。
札幌じゃあ、きっと、こんな星空、見えないでしょうね。是非、1度、中札内に
お越し下さい!“との内容でした。

N 「ですって!札幌でも見えますよね?」
R 「見えます。見えます!うん。」
N 「ねぇ~!札幌に、お住まいなんですか~?」
R 「私は今、札幌に住んでます!はい。」
N 「どうですか、見えませんか?」
R 「ま、ちょっと街の中はね、割とネオンが明るいんで、アノ・・。」
N 「ネオンがね!」
R 「でも、ちょっと外れたりすると、藻岩の方とか行くと、そこそこ見えるし~・・。」
N 「はァ~、でも、札幌、都会ですもんね!」
R 「フフ、そうね~。」
N 「私も~、思いました~!って言うか、今、来ても思います。やっぱり、札幌は
都会ですよ!ねぇ~、中札内って行ったコト有りますか?」
R 「中札内は取材で1回、行った事、有るかなァ?」
N 「アッ、有りますか、どんな?」
R 「結構、乳製品も美味しいし、あと、美術館が有ったりとか~・・。」
N 「フフ、乳製品も美味しいって、いいですね!スッゴイ広い!何?みたいな、
フフ、バター?みたいな!フフフ」
(なっちは乳製品の言葉にハマったようで嬉しくなって拍手していましたね)(^^)

R 「そう、牧場とか、一杯有るしね。フフフ」
N 「面白い!そっか~、中札内か?行ったコト無いな、どこら辺なのかな?」
R 「え~と、帯広の、もうちょっと釧路に向う前って言うのかな?フフ、何て、
いうのかな?うん!」
N 「何か、こう、自然が一杯有るとかですか?馬とか!」
R 「有る有る!牛のほうが多いとかね!」
N 「ア~、そっか~、乳製品ですもんね。フフ、そうか、エ~、そうなんですか!
でも、私の地元の室蘭も、メチャメチャ、星が見えてましたよ!」
R 「ねぇ~、やっぱり北海道の田舎は凄いよね~!」
N 「そう、何か、やっぱり夜中、暗いんですよ。中島町って所に行けば、ちょっと
キラキラしてるんですけど、私が住んでたトコなんて、本当に街灯がポチポチポチって、
ある程度で、公園に行ってね、ベンチに寝転がると、ホント、プラネタリューム
なんですよ!空が何か、ホントに、一面、星空で~、・・あ~、いいなア、
見たくなって来たけど、今!」(なっちも天体を見るのが大好きですからね)(^^)

R 「ねぇ~、私も夏休みに、アノ~、地元に帰ったときに、実家は、ちょっと
道北の剣淵町って凄い小っちゃい、フフ、町なんですけど、夜中に1人で、こう、
車、走らせ~・・。」
N 「ウワ~!大人~!」(なっちは囃し立てて喜んでいます)(^^)

R 「流星群を見に行ったりとか。」
N 「オ~イ!!フフ、ホントですか?!」
R 「何か、ペルテウス座流星群とか何か、凄く良く見える時で~」
N 「ホントですか?1人で?」
R 「1人でした~!U2を聴きながら1人で星空を眺め、フフフ。」
N 「ちょっと~!なんて大人~!」
R 「でも、何か、この感動を誰かに伝えたいのに伝える人が居なかったのが、
ちょっとフフ、寂しかったんだけど~!」
N 「しかも、星空って綺麗だなと思うじゃないですか!写メで撮ろうとすると、
全然、判んないんですよね。」
R 「アッ、そうなんだよね。」
N 「星空に限っては~、判るわ~、そううなんですよね・」
R 「ねぇ、キーラさんもそうだし、こう、やっぱり、この美しい自然から、パワー、
貰えるってのは、北海道に居る特権ですよね。」
N 「ホント、そうですね~、何か、東京2年?私は、今、もう、住んでいますけど~、
ホントに北海道の風だったりとか、自然てホ~ントにね、何か離れてみて、
贅沢さだって、こう、判るんですよ。フツーに有るでしょ?日常生活に!
いいんですよね~!しかも農家だって、キラーさん!」
R 「ね、ホントに自然の近くで美味しいモノ、一杯獲れそうですね。フフ」
N 「食べたいなァ~!フフフ」
R 「そうですよ。フフ、是非、あなたの町の自慢なんかも、教えて下さい。私も、
なっちも北海道出身ですけど!」
N 「そうです!」
R 「知らないコト、一杯、まだまだ有りますから!」
N 「有ると思いますよね~、ホントにね、教えて下さいね!」
なっちの呼び掛けに応じ、田舎に住む道民の声が今後も一杯、届きそうですね。(^^)

この後、日ハム坪井選手の“トモチカ7”のコーナーを挟み、
今度は“なっちカバーソング企画コーナー”になっていました。

N 「はい、なっちのカバーソング企画のコーナーです。10月からスタートする、私の
アコースティックなっち北海道はですね、11月16日、札幌ファクトリーホールで
行われますが、このライブで歌って欲しい、北海道ならではの、カバーソングをですね、
リスナーの皆さんから大募集しようと言うのが、この企画です!カバーソングの
リクエストは毎週、お掛けしながら最後には1曲、選ばせて頂いて実際に私の
北海道のライブで、その曲をカバーしちゃおうというモノですね!」
(この後、なっちが応募先のアドレスを紹介していました)

R 「はい、まずはね、これ正式に北海道の、なっちのライブ観に来て貰わないとね、
確信して貰わないといけないので、ラジオの詳細も今、お知らせしますね。」
(この後、11月16日のなっち凱旋ライブの詳細を理奈さんが紹介していました)

R 「サア~、このコーナー、続々と人気でね、・・。」
N 「う~ん、嬉しいですね!」
R 「今日もご紹介しましょう。」
N 「は~い!ラジオネーム“和。さん”ですね。」

“なっちの北海道カバーソング企画で是非、やって貰いたい曲は、GLAYの
「Winter again」です。この曲は正に北海道を代表する冬の曲でもあり、
もしライブで実現しても、ファンの方も知っているからです。是非とも、なっちに
GLAYの「Winter again」を女性アーティストとして歌って貰いたいです!“との
内容でした。

R 「成る程~!」
N 「ですって!」
R 「GLAYですよ~!」
N 「ねぇ、私もGLAY聴いてました~!」
R 「ア~。ホント~?フフフ」
N ホントです。フフフ、もうね、ジ、ウォ-クが大好きで・・。」
R 「あ~、そうなんだ。」
N 「アノ、言葉を多く喋らずに、こう、何か、ただただ、ずっと、デデデデって!」
R 「でも、何か、オシャレだし!」
N 「そうなんですよ~!ホントに~素敵ですよね。TAKUROさんとかもね~、
イヤ~、ホントに~“ずっと2人で・・”とか“together”とか、もう聴いてました。
“Winter again”も、もう、私が何?このシングルが多分リリースされて、
GLAYがテレビに出て歌ってた頃、私もテレビに出てて、で、年末の番組で
初めて一緒になったんですよ!」(紅白ですね)(^^)

R 「へぇ~!」
N 「で、GLAYさんが歌ってて、次、モーニング娘。がメドレーを歌うって時で
袖で待ってたんですよ。私!して“Winter again”歌ったんです。もうね、涙が
ウルウル、ウルウル!出てきそうになって、ヤバい!この後、LOVEマシーンとか
歌わなきゃいけないのに、泣いててどうする、なちみ!みたい、なってて!」
R 「フフフ、結構、聴き込んじゃってるね。」
N 「やっぱり、この曲は素敵な曲じゃないですか!」
R 「やっぱりね、北海道、雪、冬って言うとね、これですよね。」
N 「そうなの~!思い浮かぶし~、もう、ジャケットもみんなで、こうね、
ファーの帽子を被って~、もう、ホントにTHE北海道!じゃないですか。」
R 「これ、じゃあ、もしも、なっちが歌ったらどうなるのかなァと言うのも、ちょっと
イメージして、フフ、お聴き頂きましょう!」

♪Winter again♪

こんな感じで、今回も、なっちの素のトークが満載でしたね。(^^)

尚、ここで残念ながら録音がストップしていたので、残りは音源が確保出来たら、又、
レポさせて頂きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「里田まいの産地直送!カン... | トップ | 「歌ドキッ!~ポップクラシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事